また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1827970 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳、西岳と編笠山周回

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れのち雷雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士見高原スキー場駐車場(B-1)道路側が登山者様の駐車場のようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間25分
休憩
1時間48分
合計
10時間13分
Sスタート地点06:0306:28五叉路分岐06:2906:36不動清水06:4708:06林道出合10:08西岳10:2511:19乙女の水11:2311:32青年小屋12:4713:26編笠山15:19臼久保岩小屋15:43盃流し15:55五叉路分岐16:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは危険箇所はありませんが、残雪期なので、標高2000m以上では、残雪が溶けて凍りとても滑り、軽アイゼンが必要です。
その他周辺情報温泉施設は近くに鹿の湯。また、道の駅こぶちざわには足湯あり

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

富士見高原リゾート手前で、朝日を浴びた甲斐駒ケ岳がいい感じ。
2019年05月04日 05:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見高原リゾート手前で、朝日を浴びた甲斐駒ケ岳がいい感じ。
1
いつ登れるかなぁ〜。
2019年05月04日 05:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ登れるかなぁ〜。
富士見高原スキー場駐車場。
2019年05月04日 05:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見高原スキー場駐車場。
この看板の矢印側が道路側なので、そちらに駐車。
2019年05月04日 05:49撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板の矢印側が道路側なので、そちらに駐車。
おはようございます。がんばっていきましょう。
2019年05月04日 05:58撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。がんばっていきましょう。
駐車場から5分くらいでゲートがあります。
2019年05月04日 06:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から5分くらいでゲートがあります。
約半年ぶり、おっと、iPhoneのヤマレコMAP起動し忘れてた。
ここから記録開始。
2019年05月04日 05:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約半年ぶり、おっと、iPhoneのヤマレコMAP起動し忘れてた。
ここから記録開始。
1
ゲートの先に登山届のポストがあり、ここから登山道という感じになります。
2019年05月04日 06:02撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートの先に登山届のポストがあり、ここから登山道という感じになります。
なにやら開けた場所に。
2019年05月04日 06:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにやら開けた場所に。
土石流が通った跡のようです。
2019年05月04日 06:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土石流が通った跡のようです。
上流側には今にも転がってきそうな3mくらの石が・・・
2019年05月04日 06:17撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流側には今にも転がってきそうな3mくらの石が・・・
迂回路の指示に沿って進みます
2019年05月04日 06:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路の指示に沿って進みます
カラマツ林の道。朝清々しい時間。
2019年05月04日 06:30撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ林の道。朝清々しい時間。
不動清水到着。
2019年05月04日 06:36撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動清水到着。
調理用の水を2リットルいただきました。ということは2キロザックが重くなったってことか。
2019年05月04日 06:37撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調理用の水を2リットルいただきました。ということは2キロザックが重くなったってことか。
西岳へ向かいます。
2019年05月04日 06:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳へ向かいます。
お地蔵様もいらっしゃいました。
2019年05月04日 06:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様もいらっしゃいました。
途中、倒木で登山道が塞がれてます。左側に迂回路?踏み跡があったので、そちらで迂回します。
2019年05月04日 07:09撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、倒木で登山道が塞がれてます。左側に迂回路?踏み跡があったので、そちらで迂回します。
リスが朝のご挨拶に現れてくれました。
2019年05月04日 07:20撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リスが朝のご挨拶に現れてくれました。
1
徐々に傾斜がきつく・・
2019年05月04日 07:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に傾斜がきつく・・
半年ぶりの山と太ってしまったせいで、以前のように足がすすみません。
2019年05月04日 07:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半年ぶりの山と太ってしまったせいで、以前のように足がすすみません。
木々の向こうに南アルプス。
2019年05月04日 08:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の向こうに南アルプス。
八ヶ岳らしい、苔の道になってきました。
2019年05月04日 08:27撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳らしい、苔の道になってきました。
途中開けた場所で小休止。
2019年05月04日 09:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中開けた場所で小休止。
正面に編笠山。
2019年05月04日 09:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に編笠山。
甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳。北岳は雲の中。
2019年05月04日 09:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳と仙丈ケ岳。北岳は雲の中。
1
鳳凰三山
2019年05月04日 09:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山
中央アルプス。
2019年05月04日 09:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
御嶽山。
2019年05月04日 09:52撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山。
1
山頂近くはハイマツの中のゴーロ帯。
2019年05月04日 09:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くはハイマツの中のゴーロ帯。
西岳山頂到着。
2019年05月04日 09:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳山頂到着。
1
いつものパシャ!
2019年05月04日 10:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものパシャ!
2
ギボシと権現岳、左に阿弥陀岳。
2019年05月04日 10:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギボシと権現岳、左に阿弥陀岳。
そして編笠山。
2019年05月04日 10:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして編笠山。
北岳方面の雲はとれませんねぇ〜。
2019年05月04日 10:08撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳方面の雲はとれませんねぇ〜。
雲行きがかなり怪しい。
2019年05月04日 10:09撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲行きがかなり怪しい。
青年小屋へ向かいます。
2019年05月04日 10:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋へ向かいます。
西岳から青年小屋は残雪路。踏み抜きに気をつけながら進みます。
2019年05月04日 10:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳から青年小屋は残雪路。踏み抜きに気をつけながら進みます。
踏み抜いたあとがたくさんあります。
2019年05月04日 11:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜いたあとがたくさんあります。
また、土石流のあととうか、崩落?
2019年05月04日 11:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また、土石流のあととうか、崩落?
かなりヤバイ感じです。
2019年05月04日 11:19撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりヤバイ感じです。
今にも動きそうな土砂。
2019年05月04日 11:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今にも動きそうな土砂。
すぐ上に崩落の場所が見えます。
2019年05月04日 11:22撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上に崩落の場所が見えます。
青年小屋到着。
2019年05月04日 11:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋到着。
テント場はぬかるんで張る場所が限定されて大変そうでした。
2019年05月04日 11:29撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場はぬかるんで張る場所が限定されて大変そうでした。
外のベンチを借りてランチ。今日はドライカレー(アルファ米)と、
2019年05月04日 11:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外のベンチを借りてランチ。今日はドライカレー(アルファ米)と、
豆いりフォー。
2019年05月04日 11:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豆いりフォー。
1
昼食後コーヒーブレイクして出発。編笠山へ向かいます。青年小屋からは前半ゴーロ帯です。
2019年05月04日 12:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後コーヒーブレイクして出発。編笠山へ向かいます。青年小屋からは前半ゴーロ帯です。
振り返って
2019年05月04日 12:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
青年小屋と権現岳
2019年05月04日 12:51撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋と権現岳
ゴーロ帯の上は残雪路。
2019年05月04日 13:13撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロ帯の上は残雪路。
編笠山到着。
2019年05月04日 13:14撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山到着。
2
やっと北岳が顔見せてくれました。
2019年05月04日 13:21撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと北岳が顔見せてくれました。
南八ヶ岳の峰々。左から、阿弥陀岳、中岳、中だけの奥に横岳、赤岳、ギボシ、権現岳。
2019年05月04日 13:22撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳の峰々。左から、阿弥陀岳、中岳、中だけの奥に横岳、赤岳、ギボシ、権現岳。
2
北八ヶ岳の峰々。蓼科山、北横岳、ちょっととんで、西天狗岳、東天狗岳。
2019年05月04日 13:22撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の峰々。蓼科山、北横岳、ちょっととんで、西天狗岳、東天狗岳。
北アルプス方向は霞んでわかりませんでした。
2019年05月04日 13:25撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス方向は霞んでわかりませんでした。
編笠山から、富士見高原登山口方面へ下ります。
2019年05月04日 13:26撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
編笠山から、富士見高原登山口方面へ下ります。
1
ゴーロの急な下り。先が見えません。
2019年05月04日 13:26撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロの急な下り。先が見えません。
矢印が頼りです。
2019年05月04日 13:28撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢印が頼りです。
もうそこだ!って山頂のことですね。
2019年05月04日 13:34撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうそこだ!って山頂のことですね。
奥、慎重に下ります。
2019年05月04日 13:40撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥、慎重に下ります。
ゴーロの下は凍った残雪が溶け、ツルツルです。
再び軽アイゼン装着。
2019年05月04日 14:01撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴーロの下は凍った残雪が溶け、ツルツルです。
再び軽アイゼン装着。
だいたい標高100mくだるごとにこのような道標が立っています。
2019年05月04日 14:12撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいたい標高100mくだるごとにこのような道標が立っています。
このあたりからアイゼンを外しました。
2019年05月04日 14:47撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりからアイゼンを外しました。
いきなり、きました。カミナリ!
雨そして、雹が降りはじめた。どっかに避難するか迷います。
2019年05月04日 15:04撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり、きました。カミナリ!
雨そして、雹が降りはじめた。どっかに避難するか迷います。
そんな中ですが、細くて綺麗な白樺林があり、写真に撮ります。
2019年05月04日 15:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな中ですが、細くて綺麗な白樺林があり、写真に撮ります。
この岩窟ですこし、様子を見ます。
2019年05月04日 15:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩窟ですこし、様子を見ます。
少し明るくなってきたので、下山をいそぎます。
2019年05月04日 15:33撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し明るくなってきたので、下山をいそぎます。
盃流し。この涸れ沢を渡渉します。
2019年05月04日 15:41撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盃流し。この涸れ沢を渡渉します。
渡渉点には石に赤いペンキが塗られています。
2019年05月04日 15:43撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点には石に赤いペンキが塗られています。
この辺りからまたカミナリがひどくなり、崩落迂回路のおおきな看板で再び身を低くして様子を見ます。
2019年05月04日 15:53撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからまたカミナリがひどくなり、崩落迂回路のおおきな看板で再び身を低くして様子を見ます。
雨は上がらないけど、陽が射し始め、雷鳴もなくなったので、移動。
2019年05月04日 15:55撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨は上がらないけど、陽が射し始め、雷鳴もなくなったので、移動。
無事下山しました。
2019年05月04日 16:16撮影 by PENTAX K-5 II s, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山しました。

感想/記録

約半年、山から足が遠のいてしまった。
今年初めての山行は南八ヶ岳の西岳と編笠山。
編笠山は昨夏にもきているが、今度は西岳を絡めての周回。

なんか、とっても久しぶりな感じで、初めて山に登った頃に帰った気分。
編笠山周辺はマイナーがルートだけど、静かな登山ができていい感じのエリアだ。

夕方から天気の崩れがある予報で、西岳山頂までは好天に恵まれた。
しかし北東側には積乱雲も見え、青年小屋に着く頃には曇りとなる。

少しのんびりと青年小屋で過ごし、編笠山山頂へ向け出発する頃には、赤岳方面は暗くなってきていた。
編笠山山頂まではなんとか天気はもった。
眺望もそこそこ楽しめ、下山となる。

残雪期の下り、特に午後は氷が溶けてツルツル。
アイゼンがありがたさを感じながら、下山を急ぐ。
が、標高2200mあたりで雨が降りはじめ、カミナリ雹も。

途中2回ほど、やり過ごし無事下山となる。

今回、気になったことはアイゼンが緩んだまま、歩いている登山者を数名みかけ、声をかけた。
アイゼンが緩んだまま歩くことが、どんなに危険かをもっと認識していただきたい。
訪問者数:247人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ