また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1829556 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

島津義弘(戦国武将)の退却道を訪れる

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
路肩に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間45分
休憩
1時間5分
合計
2時間50分
Sスタート地点10:2010:55五僧峠11:1011:25鍋尻山駐車地12:1513:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全コース舗装林道。ただし、道狭くて対向車が現れたらバンザイしてね。
その他周辺情報河内の風穴が有名。

写真

ここは多賀町河内を過ぎた権現谷林道です。
2019年05月03日 10:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは多賀町河内を過ぎた権現谷林道です。
3
近江カルスト帯なんで、山も川も石灰岩がゴロゴロ。
2019年05月03日 10:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近江カルスト帯なんで、山も川も石灰岩がゴロゴロ。
5
崖の斜面にウツギ。
2019年05月03日 10:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖の斜面にウツギ。
5
ヤマブキも咲いとるね。
2019年05月03日 10:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキも咲いとるね。
7
オーバーハングの崖。ガッチリして崩れはせんけど、コワ〜〜なので出発。
2019年05月03日 10:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーバーハングの崖。ガッチリして崩れはせんけど、コワ〜〜なので出発。
7
行者窟って、どこって?
2019年05月03日 10:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者窟って、どこって?
2
あそこだがや。河川の向こう側やけど、道があります。
2年前、孫のチュンタロとお参りしたけんネ。
2019年05月03日 10:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこだがや。河川の向こう側やけど、道があります。
2年前、孫のチュンタロとお参りしたけんネ。
4
ここにはムラサキキケマンが咲いとるね。
では出発!
2019年05月03日 10:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにはムラサキキケマンが咲いとるね。
では出発!
2
アサハギ谷林道の分岐に到着。↓の方から来ました。
以前はここから五僧(ごそう、集落の名前)へ山道を歩いて行ったぞ(40年前だわさ)
2019年05月03日 10:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサハギ谷林道の分岐に到着。↓の方から来ました。
以前はここから五僧(ごそう、集落の名前)へ山道を歩いて行ったぞ(40年前だわさ)
この場所では、イチリンソウがイッパイ咲いてます。
五僧へ行くでね。今は車で行けるんだよ。
2019年05月03日 10:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この場所では、イチリンソウがイッパイ咲いてます。
五僧へ行くでね。今は車で行けるんだよ。
11
五僧の集落です。2軒しか残ってません。勿論廃屋。
40年前は10軒近く残っていたと思う。
2019年05月03日 10:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五僧の集落です。2軒しか残ってません。勿論廃屋。
40年前は10軒近く残っていたと思う。
3
先ずはこの家。
2019年05月03日 10:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずはこの家。
3
畳が畳み上げてますね。
2019年05月03日 10:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畳が畳み上げてますね。
3
座敷。白と黒のワンちゃんのぬいぐるみが・・・。
2019年05月03日 10:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座敷。白と黒のワンちゃんのぬいぐるみが・・・。
5
奥のもう1軒は、床が抜け落ちてます。
2019年05月03日 10:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥のもう1軒は、床が抜け落ちてます。
4
座敷もご覧の通り。では五僧峠へ。歩いて1分。
2019年05月03日 10:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座敷もご覧の通り。では五僧峠へ。歩いて1分。
4
ここが五僧峠で、別名島津越え。
通行止めで上石津町へは行かれんです。
おや!ハイカーさん達が。腰掛けている手前のお姉さんにお聞きしました。
2019年05月03日 11:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが五僧峠で、別名島津越え。
通行止めで上石津町へは行かれんです。
おや!ハイカーさん達が。腰掛けている手前のお姉さんにお聞きしました。
5
SHIGA1トレイルのメンバーだって。「これから御池岳と藤原岳に登るんヨ、ウフフ」って言ってました。
寅は島津義弘が通った道で戻ります。
2019年05月03日 11:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SHIGA1トレイルのメンバーだって。「これから御池岳と藤原岳に登るんヨ、ウフフ」って言ってました。
寅は島津義弘が通った道で戻ります。
5
島津義弘が退却(撤退)した道を、寅は車で撤退します。義弘は五僧峠からアサハギ谷へ曲がったらしい。
左です。
2019年05月03日 10:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
島津義弘が退却(撤退)した道を、寅は車で撤退します。義弘は五僧峠からアサハギ谷へ曲がったらしい。
左です。
2
ありゃりゃ〜?義弘クン、鞍が落ちとるで〜。
2019年05月03日 11:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありゃりゃ〜?義弘クン、鞍が落ちとるで〜。
2
鞍じゃないくって、木の根っ子でした。
邪魔なんで脇に退けました。
2019年05月03日 11:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍じゃないくって、木の根っ子でした。
邪魔なんで脇に退けました。
1
多賀町保月に着きました。
義弘トイレ?違うって!
元小学校のトイレで、公衆便所となってます。使用には不向きでした。
2019年05月03日 11:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多賀町保月に着きました。
義弘トイレ?違うって!
元小学校のトイレで、公衆便所となってます。使用には不向きでした。
3
この集落は多賀町保月(ほうづき)。
廃村ですが、夏場は家のメンテに戻って来る人もいるようです。八重桜が満開。
2019年05月03日 12:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この集落は多賀町保月(ほうづき)。
廃村ですが、夏場は家のメンテに戻って来る人もいるようです。八重桜が満開。
7
「おー見事じゃ!これはよか〜」言ったかどうか諸説あり。
2019年05月03日 11:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「おー見事じゃ!これはよか〜」言ったかどうか諸説あり。
7
保月の様子。
2019年05月03日 12:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月の様子。
7
脇ヶ畑小学校は更地です。
今から45年前に訪れた時は木造の校舎が建ってました。先ほどのトイレが唯一の現存建屋だね。
2019年05月03日 12:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脇ヶ畑小学校は更地です。
今から45年前に訪れた時は木造の校舎が建ってました。先ほどのトイレが唯一の現存建屋だね。
3
保月は鍋尻山の登山口なんです。軽トラで登ろうとしているハイカーさんもおるんだ!(ご安心を!駐車しているだけです)
2019年05月03日 12:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保月は鍋尻山の登山口なんです。軽トラで登ろうとしているハイカーさんもおるんだ!(ご安心を!駐車しているだけです)
2
ヤマビルがイヤで島津軍勢も登らんかったと言う鍋尻山を後にして、多賀町杉(すぎ)に着きました。
ここも廃村。朽ち果てた家が多いね。
2019年05月03日 12:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマビルがイヤで島津軍勢も登らんかったと言う鍋尻山を後にして、多賀町杉(すぎ)に着きました。
ここも廃村。朽ち果てた家が多いね。
2
この家は建ってますが、
2019年05月03日 12:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この家は建ってますが、
2
お隣の家は跡形もなく、お釜だけが残ってます。しかし、大きな釜だね。島津軍勢に炊き出しした?
2019年05月03日 12:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お隣の家は跡形もなく、お釜だけが残ってます。しかし、大きな釜だね。島津軍勢に炊き出しした?
4
杉坂峠に来ました。ここには多賀大社のご神木があるんです。
2019年05月03日 12:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉坂峠に来ました。ここには多賀大社のご神木があるんです。
3
詳しく教えてって?
じゃ、これ読んでくれる。
2019年05月03日 12:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詳しく教えてって?
じゃ、これ読んでくれる。
3
これがご神木。幹回り12mもある巨木杉です。
2019年05月03日 12:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがご神木。幹回り12mもある巨木杉です。
5
無事に薩摩の国に帰れますように!義弘がタッチー。
(再現の図)
2019年05月03日 12:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に薩摩の国に帰れますように!義弘がタッチー。
(再現の図)
3
杉坂峠。
2019年05月03日 12:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉坂峠。
2
やっと多賀町来栖(くるす)に下りて来ました。
「やれやれでごわす」なんて。
2019年05月03日 12:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと多賀町来栖(くるす)に下りて来ました。
「やれやれでごわす」なんて。
2
この橋を渡って島津義弘は彦根市高宮町へ向かったと言う。渡ったら左に曲がって。
2019年05月03日 12:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡って島津義弘は彦根市高宮町へ向かったと言う。渡ったら左に曲がって。
3
高宮町に来ました。ここは中山道高宮宿で、多賀大社の門前町でもあったんだね。大鳥居と大型の御神燈。
島津義弘軍勢は蒲生郡日野町へ向かわれました。
寅はここで失礼します。
2019年05月03日 13:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高宮町に来ました。ここは中山道高宮宿で、多賀大社の門前町でもあったんだね。大鳥居と大型の御神燈。
島津義弘軍勢は蒲生郡日野町へ向かわれました。
寅はここで失礼します。
5

感想/記録

物語は話が長いんで、簡単にまとめました。
時は慶長5年(1600年)9月15日、そう関ヶ原の合戦の日なんです。
西軍の指揮者石田三成は「何で島津義弘が西軍側にいるんだろう?」と理解出来てなかったらしい。
(総大将は毛利輝元で、関ヶ原には出陣せずに大阪にいたとは)
と言うのも、合戦前までは徳川側だったからね。
合戦は西軍が負けて伊吹山の方へ逃げて行ったが、この島津義弘だけは徳川家康本陣に向かって退却を開始した(島津の敵中突破)。
家康クンはビックリ仰天したらしい。
島津追撃をした井伊直政は、このとき鉄砲で狙撃され重傷を負った。
牧田川(大垣市上石津町)を通って、近江の五僧峠〜保月〜杉〜高宮〜
日野町〜水口〜奈良〜大阪堺港→船で薩摩に逃げ帰ったのだ。
退却時約1000の兵は、薩摩に無事戻れたのは約80名だったらしい。
甲賀忍者が道案内したと言う説もある。

遠い昔の出来事なんで、俗説もあれば後日の作り話も含まれているかも知れません。と、歴史本にも注釈が書かれてます。
今回、五僧峠(島津越え)から彦根市高宮町まで、島津義弘の退却道を訪れてみました。

脇ヶ畑小学校:多賀町と合併する前は、脇ヶ畑村立の小学校。
明治の頃、寅の儀曽祖父が校長を務めていたことも。
元彦根藩の武士で、井伊直政と行動を伴にしていた。

島津製作所:播磨の国で検地をしていた島津義弘は、大変協力してくれた現地人の井上茂一にお礼として島津姓と家紋(○十字)を授けた。
島津製作所の創始者と薩摩の島津家とは血縁はないんです。

戦国の時代から幕末維新まで、薩摩の殿様に「バカ殿様はなし!」と言われてますね。
最後まで読んで頂いき感謝です。
文章を書くって、頭の活性化にええね。でも、疲れたです。
全コース、移動はマイカーにて。
訪問者数:183人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/1
投稿数: 3078
2019/5/5 13:02
 ビックリした〜
とらさん、こんにちは(*^▽^*)
距離見てびっくりしたがや!
ドーピングでもしたんか・・・(@[email protected])
レコ見て、な〜んや車か~(^_^;)

戦国武将って歴史で習ったのに、ほとんど覚えてない(;一_一)
でもドラマで見ると頭に入って来るって不思議!
とらさんの解説もバッチリやわ〜(^_-)-☆
                     mitti
登録日: 2014/4/9
投稿数: 2959
2019/5/5 13:24
 さすが〜。
とらさん、こんにちは。
さすが歴史本好きのとらさんですね。
僕も、まだ山やってない頃にこの辺りの林道は走り回りました。毎週のように彦根へ抜けていましたね。懐かしいです。
今は、鞍掛峠も、時山の林道も通行止めなのでいきにくいですわ。
いい渓谷沿いの道ですよね。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/5 14:03
 Re: ビックリした〜
馬持ってないけん、車だがや〜
mittiさん、最後まで見れくれた訳だ。うれしいです。
島津義弘の敵中突破や撤退方法は、のちに「島津の退き口(ときぐち)」とか「捨て奸(すてがまり)」って言い伝えられてますよ。
これも説明しようかと思ったけど、長ーい感想文になって、読む人もイヤだ!
ってるんで、 詳しいことはグーグル検索してな。
島津義弘の奮戦ぶりの解説は、よかと? 嬉しいね、ありがとう。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/5 14:21
 Re: さすが〜。
シゲさんも懐かしい林道なんだ。
コメントありがとうございます。
寅が20代のころはさ、未舗装の岩露出で落石だらけ道でしたよ。
ウッカリすると床にヒットするんで、大変だった。
まぁ中古の車だったので「ゴツーン」ときても、平気なもんだったけどね。
しかし、鞍掛峠の通行止めは長いね。
シゲさん、国交省に顔が効くってウワサやけど
だったら「コ、コラー!寅さんが”遅ーい!”って怒り狂っとるぞー!」
って伝えてくれない?
通行止めは不便この上ないね。
登録日: 2014/4/9
投稿数: 2959
2019/5/5 14:49
 Re[2]: さすが〜。
どんな噂ですか〜(^^)
鞍掛はこの夏に開通するんじゃないですか?
鈴鹿スカイラインも3年くらいかかったもんね〜(^^)
登録日: 2013/2/2
投稿数: 409
2019/5/5 16:59
 廃村シリーズで
寅さんこんにちは♪
榑ヶ畑辺りの廃村レコを思い出しました
400年ほど前の歴史を振りかえる山行お疲れさまです
SHIGA1トレイルのお姉さん
チェアーで随分くつろいでると思い検索したら
440kmを8日間かけて走るトレランの大会で、、
6日目なので300kmくらいは走って休憩中?
どえりゃーメンバーと遭遇しましたね
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/5 17:22
 Re[3]: さすが〜。
あっはは〜、ごめん。
シゲさんは顔が広いけん、国交省に知り合いがいるんじゃないかと思っただけですよ 残念やな〜。
しかし、早く開通してほしいですね。
この夏か〜 待ち遠しいです。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/5 17:37
 Re: 廃村シリーズで
そうなんよタカちゃん。
大津をスタートして、県境に沿って湖西の赤坂山や金糞岳も登って、伊吹山から天神経由でこの五僧峠に着いて、只今休憩中だって。ビックリだよね
雨の日は?って聞いたら「カッパ着るんよ ウフフ」だって
二度ビックリだがね。
SHIGA1トレイルメンバーって、まるで令和時代の島津義弘の軍勢だね。
登録日: 2015/3/13
投稿数: 1843
2019/5/6 8:22
 歴史解説
よくわかりました(^○^)
おはよーさんです toraさん。

とても興味深い土地柄です。

島津製作所と島津藩の血縁はないのか〜。気になってました。
登録日: 2014/9/30
投稿数: 3121
2019/5/6 8:36
 さすが寅さん、渋いねえ!
さすが寅さん、渋いねえ!
歴史を地で行くとは!
寅の儀曽祖父が校長を務めていたこともさすがです。
空き家屋が凄まじいいお姿
時代の流れの中で翻弄されるのは今も昔も同じですね!
いい勉強になりました。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/6 11:25
 Re: 歴史解説
島津製作所、気になっていたことが解決出来ましたね
ヤンヤンさん、コメありがとうございます。
滋賀県北部地域は、歴史の舞台に事欠きませんよ。
続きで、義弘は近江の国から大和の国へ退却してます。
奈良県にある”三輪山平等寺”ってお寺に逃げ込んで、僧侶に助けてもらった記録が残っているそうですよ。
三輪山って山号が付いているから、素麺で有名な桜井市にあったお寺かもね。
ヤンヤンさん、今も平等寺ってお寺は存在するのか、おヒマな時に見に行ってくれる?
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/6 11:54
 Re: さすが寅さん、渋いねえ!
アッハハ〜渋いレコですね
歴史好きって分かるよね、アッハハ〜のアッハハ〜だね。
多賀町、彦根市には廃村や無住村があって、特に多賀町は山深いので多いです。
戦後の生活環境の変化で離村する人が後を絶たず、ついに住民登録から名前が消えると廃村と指定されるんですよ。
廃屋でも朽ち果て荒れ放題の家、倒壊して消滅した家、今も手入れされ住めそうな家など、集落によって色々です。
廃村間近の集落もあって、令和の時代にも耐えられるのか心配だね。
群馬県には、このような集落ってあるんかね・・・。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 2935
2019/5/6 16:15
 戦国歴史の真実を探る
寅さん こんにちは。
寅さんしか書けない滋賀県の戦国史にどえりゃー引き込まれたぎゃー。
1600年の関ケ原の戦いにタイムスリップ。 →→
面白かったです、此のシリーズ続けてください。
80,81より
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/6 21:47
 Re: 戦国歴史の真実を探る
歴史好き丸出しレコだね。
80さん、81さん、関ヶ原の合戦にようこそ。
レコ読んで頂き感謝です。嬉しいですね。
関ヶ原の合戦は天下分け目の合戦と言われるけど、実は”しこり”を残す合戦でもあったんですよ。
こんな意味ありげな事を書くと、益々引き込まれそうだって?
島津義弘の名前を覚えてもらっただけでも嬉しいね。
近江の歴史探訪、折りをみてアップします。お楽しみに!
コメントありがとうございます。
登録日: 2013/11/11
投稿数: 3076
2019/5/7 10:50
 天下分け目
寅さんこんにちは!
戦国史の講義ありがとうございます、勉強になりました。
島津が逃げ延びたルートが保月や杉だったんですね〜

このあいだ男鬼へ行った時、時間があれば杉集落近くのご神木に会って、多賀大社で御朱印を頂こうと思っていたんですが、遅くなって断念しました。また次の機会に行ってみます。
登録日: 2017/12/14
投稿数: 24
2019/5/7 13:57
 歴史歩き
toraさんこんにちは。

歴史好きなtoraさんらしいレコいいですね。歳月を経て令和の時代を生きているtoraさんが巡るなんて当時の方は想像していなかったでしょう。生き抜くのに必死な時代…どんな思いで退却道を歩いたのでしょうね。toraさんのレコをみると歴史がとても身近なものに感じます(^-^)
座敷のワンチャンにゾクッと…🤭
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/7 14:13
 Re: 天下分け目
teppanさん、受講していただきありがとうございます
五僧峠はゲートがあって、時山へ行かれんのが悔しいね。
なので、五僧峠(島津越え)から彦根市高宮町までの現地研修となったワケなんです。お役に立ててよかったです。うれしいね。
近江鈴鹿のシリーズの一環でご神木と杉、保月も訪れてみて下さい。
多賀大社で御朱印もええね。
(多賀町役場の駐車場に駐車したら無料だよ  大社まで徒歩3分ほど)
登録日: 2014/2/2
投稿数: 3820
2019/5/7 14:23
 歴史を辿って…
とらさん、こんにちは〜。

とらさんは、本当に地元を愛してらっしゃるんだな〜
って感じました。素敵です

とらさんの解説読んで戦国時代をちょっとだけイメージできました。
先祖に纏わる歴史も辿って、とらさんカッコイイですよ〜ヽ(^o^)丿

なんと歩くのが早すぎる〜(◎_◎;)
と思ったら最後に車って( *´艸`)
良かった…
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/7 21:52
 Re: 歴史歩き
sakoさん、どこに住んでいても、その地には歴史があるよね。
改めてじっくり散策すると何かが見えて来るかもよ。
歴史秘話の続きを紹介です。
島津義弘は「多勢に無勢の戦いでは勝てん。切腹して自害する」って言ったが、島津豊久(甥)は「自害されたら薩摩の島津家は滅亡する。私が徳川の追撃を引き止めてみせます。その間に逃げて下され!」
豊久は少数の兵を率いて戦ったが、最後は全員討死(うちじに)した。
このような戦法を「捨て奸(すてがまり)」と言うんですよ。
壮絶ですね。
座敷のワンちゃん、今も子供たちが帰って来るのを待っているんだね。
sakoさん、コメントありがとうございます。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 4477
2019/5/7 22:05
 Re: 歴史を辿って…
フルお姉さんも全部読んでくれたんだね。うれしいです。
こっちはね、古墳や遺跡や城跡でイッパイなんよ。
でも、興味をそそるのは戦国時代だね。
姉川の合戦、賤ヶ岳の合戦、佐々木氏と京極氏の戦い、安土城の築城、明智光秀の城跡、石田三成の佐和山城、山城は数え切れんです。
今回はさ、マイカーで行きましたよ。
車高が高いから、床にゴツンはまずないね。
一度乗せてって? いいですよ

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ