また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1831259 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念テン泊〜蝶ヶ岳

日程 2019年05月04日(土) 〜 2019年05月05日(日)
メンバー
天候2日間とも快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三股登山口 駐車場
トイレあります。
携帯電波入りませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間12分
休憩
1時間34分
合計
8時間46分
Sスタート地点06:0006:19三股登山口06:2311:12前常念岳11:2512:42常念岳13:5914:46常念小屋
2日目
山行
7時間33分
休憩
54分
合計
8時間27分
常念小屋04:1205:30常念岳05:3208:29蝶槍08:4908:53蝶ヶ岳三角点08:5409:00蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)09:24蝶ヶ岳ヒュッテ09:3009:33蝶ヶ岳09:5710:02蝶ヶ岳ヒュッテ10:0310:04蝶ヶ岳11:20まめうち平11:59ゴジラみたいな木12:21三股登山口12:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

暗い内に到着してましたので夜が明けてこの景色にびっくり。5:30でほぼ駐車場は埋まりかけてました。
2019年05月04日 05:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い内に到着してましたので夜が明けてこの景色にびっくり。5:30でほぼ駐車場は埋まりかけてました。
1
常念側から登ります。
2019年05月04日 06:20撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念側から登ります。
長野なので、野沢菜入りにしました。
結構美味い。
2019年05月04日 08:56撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野なので、野沢菜入りにしました。
結構美味い。
3
前常念手前は雪が無くなってます。
一部雪面トラバースあり。
2019年05月04日 09:48撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念手前は雪が無くなってます。
一部雪面トラバースあり。
1本満足のプロテイン
2019年05月04日 10:21撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1本満足のプロテイン
1
樹林帯抜けるまで長かったですが、この景色みて回復
2019年05月04日 10:54撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯抜けるまで長かったですが、この景色みて回復
2
常念小屋を捉える。
結構下んのね。
2019年05月04日 11:17撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋を捉える。
結構下んのね。
2
前常念から常念岳までは再び雪道に
2019年05月04日 11:16撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念から常念岳までは再び雪道に
1
常念までの道のりが最高。
2019年05月04日 11:38撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念までの道のりが最高。
3
廃道との分岐
2019年05月04日 11:45撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃道との分岐
2
穂高は迫力満点。
2019年05月04日 11:47撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高は迫力満点。
3
最後の登りが辛い。
2019年05月04日 12:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りが辛い。
3
ラストの登り。
脇目にこの絶景。
2019年05月04日 12:34撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラストの登り。
脇目にこの絶景。
4
蝶ヶ岳への稜線もいー感じ。
余裕あれば蝶ヶ岳泊を考えてましたが、バテて想定以上に時間が掛かってしまい本日は常念泊まりとします。
2019年05月04日 12:47撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳への稜線もいー感じ。
余裕あれば蝶ヶ岳泊を考えてましたが、バテて想定以上に時間が掛かってしまい本日は常念泊まりとします。
3
気分的に余裕が出来たので、山頂でのんびりと絶景を堪能します。
2019年05月04日 12:47撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気分的に余裕が出来たので、山頂でのんびりと絶景を堪能します。
3
目が良いので、肉眼で登る登山者を発見。
といっても動く豆粒を発見した程度でしたが。
同じく山頂で一緒だった望遠レンズ持参の方が確認してくれました。
2019年05月04日 12:47撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目が良いので、肉眼で登る登山者を発見。
といっても動く豆粒を発見した程度でしたが。
同じく山頂で一緒だった望遠レンズ持参の方が確認してくれました。
1
大天井方面も最高。
2019年05月04日 12:49撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井方面も最高。
1
グェ〜グェ〜と所々に雷鳥が。
雷鳥祭りでしたね。
2019年05月04日 12:50撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グェ〜グェ〜と所々に雷鳥が。
雷鳥祭りでしたね。
5
山頂コーヒーに
2019年05月04日 12:59撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂コーヒーに
3
風も無く、暖かい中で寛げました。
2019年05月04日 13:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も無く、暖かい中で寛げました。
2
乗鞍。奥には御嶽ですね。
2019年05月04日 13:53撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍。奥には御嶽ですね。
3
テント張り終わり少しのんびりしてたらアラレがバラバラと降り続く。
2019年05月04日 16:22撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント張り終わり少しのんびりしてたらアラレがバラバラと降り続く。
キャンプと言えばカレー。
2019年05月04日 17:01撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプと言えばカレー。
2
日が暮れるのを外で待ちましたが、特に面白い感じにはならず。
早めに寝よ。
2019年05月04日 18:26撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が暮れるのを外で待ちましたが、特に面白い感じにはならず。
早めに寝よ。
2時半頃起床。
夜明けを常念の山頂で迎える事を予定してます。
2019年05月05日 02:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時半頃起床。
夜明けを常念の山頂で迎える事を予定してます。
6
目覚めてからの行動が遅く、いつものパターンで夜明けに間に合わなさそうな雰囲気に。
2019年05月05日 04:24撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目覚めてからの行動が遅く、いつものパターンで夜明けに間に合わなさそうな雰囲気に。
3
山頂までの中盤で日の出
2019年05月05日 04:51撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までの中盤で日の出
モルゲン 始まります。
2019年05月05日 04:52撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲン 始まります。
7
夜明けのケルン
2019年05月05日 05:10撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明けのケルン
5
絶景が広がる。
もっと早く登れば良かったと毎度の後悔。
2019年05月05日 05:20撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景が広がる。
もっと早く登れば良かったと毎度の後悔。
3
朝方は締まっていて登り易い。
2019年05月05日 05:22撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝方は締まっていて登り易い。
3
続々と登られて来てます。
2019年05月05日 05:29撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続々と登られて来てます。
1
蝶ヶ岳側の稜線。
2019年05月05日 05:30撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳側の稜線。
大キレット
2019年05月05日 05:31撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大キレット
1
爽快な稜線。
2019年05月05日 05:38撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爽快な稜線。
1
いくつかのピークを乗り越えてようやく蝶槍を捉える。
2019年05月05日 07:32撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかのピークを乗り越えてようやく蝶槍を捉える。
1
蝶槍まで来ると穂高のパノラマ感が増します。
2019年05月05日 08:27撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍まで来ると穂高のパノラマ感が増します。
2
蝶ヶ岳到着。
2019年05月05日 09:39撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳到着。
1
蝶ヶ岳ヒュッテのロケーション最高だね。
泊まるならこっち方が良かったな。
2019年05月05日 09:35撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテのロケーション最高だね。
泊まるならこっち方が良かったな。
1
素晴らしい眺めでした。
2019年05月05日 10:00撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺めでした。
1
蝶からの下りは序盤は激下りでした。
下り易くはありましたが
2019年05月05日 10:46撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶からの下りは序盤は激下りでした。
下り易くはありましたが
例の奴発見。
2019年05月05日 11:58撮影 by E-M1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
例の奴発見。
3

感想/記録

噂に違わず最高の景色が広がってました。
何より快晴だった事が一番嬉しい。
最近信頼感抜群のヤマテンのおかげです。
テント張るのは蝶ヶ岳の方が良かったかな?
蝶から下る時に救助でヘリが飛んでました。
捻挫で行動不能に。
すれ違った方から教えて頂きました。
捻挫でも命取りになる場合がありますから
気を付けなければいけないですね。
訪問者数:280人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ