また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1832074 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

20190505日向から大山ネクタイ梅ノ木鍵掛尾根

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日向県民の森駐車場、7時頃十数台、帰りは満車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1時間10分
合計
6時間40分
Sふれあいの森日向キャンプ場07:1208:08見晴台08:1608:31大山の二重の滝08:3308:37阿夫利神社下社08:4909:2816丁目09:2909:3720丁目09:4009:5625丁目09:5710:15大山10:3911:14ネクタイ尾根(通称)11:44バリルート出入口(2)11:4511:49唐沢峠12:0012:11矢草ノ頭12:1512:16梅の木尾根分岐12:1913:46ふれあいの森日向キャンプ場13:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 地図(地形図) ヘッドランプ ロールペーパー 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

日向県民の森駐車場。連休だけどまだ十数台。
2019年05月05日 07:21撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向県民の森駐車場。連休だけどまだ十数台。
県民の森キャンプ場のバンガローの中を上ります。
2019年05月05日 07:26撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県民の森キャンプ場のバンガローの中を上ります。
危険な、蟻地獄に落ちないように注意が必要。
2019年05月05日 07:38撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険な、蟻地獄に落ちないように注意が必要。
急な尾根、マムシグサに力をもらいます。
2019年05月05日 07:48撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な尾根、マムシグサに力をもらいます。
ここの一般登山道に出ました。境界杭143.
2019年05月05日 08:18撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの一般登山道に出ました。境界杭143.
すぐに見晴台、正面が大山。
2019年05月05日 08:23撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに見晴台、正面が大山。
今回の食糧。乾パンは非常食で持ち帰ります。炭酸水でなく水道水です。
2019年05月05日 08:24撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の食糧。乾パンは非常食で持ち帰ります。炭酸水でなく水道水です。
大山沢の沢登り禁止と。いい沢なのに。少し上のプールではラッコ泳ぎの練習ができる。
2019年05月05日 08:46撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山沢の沢登り禁止と。いい沢なのに。少し上のプールではラッコ泳ぎの練習ができる。
裏から見るとラーメンが、
2019年05月05日 08:52撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏から見るとラーメンが、
表からはこうなる。
2019年05月05日 08:52撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表からはこうなる。
枝の間から江ノ島が見えます。
2019年05月05日 09:31撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝の間から江ノ島が見えます。
さあ山頂だ。
2019年05月05日 10:26撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ山頂だ。
奥の院。
2019年05月05日 10:29撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院。
1
大山山頂。
2019年05月05日 10:30撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山山頂。
2
北東側にて。好天です。
2019年05月05日 10:31撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東側にて。好天です。
1
北側にて。富士山と表尾根。
2019年05月05日 10:33撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側にて。富士山と表尾根。
1
山頂気温15度。登山には快適です。
2019年05月05日 10:40撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂気温15度。登山には快適です。
大山北根入り口のマイクロウェーブ中継塔。
2019年05月05日 10:46撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山北根入り口のマイクロウェーブ中継塔。
大山北尾根入り口の脚立。
2019年05月05日 10:58撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山北尾根入り口の脚立。
富士山と山桜。
2019年05月05日 11:00撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と山桜。
ネクタイ尾根下降地点、モノレールのポイント。
2019年05月05日 11:11撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネクタイ尾根下降地点、モノレールのポイント。
謎の符丁。今回はネクタイ見つからず。
2019年05月05日 11:25撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の符丁。今回はネクタイ見つからず。
階段が出るとのネクタイ尾根の下部です。
2019年05月05日 12:20撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段が出るとのネクタイ尾根の下部です。
梅の木尾根の入り口。この先、ピーク3つほど超えると左折です。直進遭難多いので注意。
2019年05月05日 12:29撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅の木尾根の入り口。この先、ピーク3つほど超えると左折です。直進遭難多いので注意。
ナナハの頭。梅の木尾根と鍵かけ尾根の分岐です。
2019年05月05日 12:53撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナハの頭。梅の木尾根と鍵かけ尾根の分岐です。
鍵かけ尾根にはモノレールが。
2019年05月05日 13:04撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍵かけ尾根にはモノレールが。
この先急な下り。ここで間違いで面倒なことに。
2019年05月05日 13:07撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先急な下り。ここで間違いで面倒なことに。
以前のジグザグの道は伐採で消失。
ヤマレコマップでみると右のモノレール尾根を皆歩いている。
右へトラバース!
2019年05月05日 13:30撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前のジグザグの道は伐採で消失。
ヤマレコマップでみると右のモノレール尾根を皆歩いている。
右へトラバース!
モノレールに復帰。
2019年05月05日 13:33撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールに復帰。
1
堰堤に出た。この下の川沿いの道で小滑落。服が泥どろに。
2019年05月05日 13:52撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤に出た。この下の川沿いの道で小滑落。服が泥どろに。
見覚えのある東屋まですぐ。登りなら左のモノレール側から登るといいでしょう。
2019年05月05日 13:56撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見覚えのある東屋まですぐ。登りなら左のモノレール側から登るといいでしょう。
駐車場は満車。
2019年05月05日 14:08撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場は満車。
帰路。この辺りの厚木では、こどもの日は大凧を上げます。
2019年05月05日 14:20撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路。この辺りの厚木では、こどもの日は大凧を上げます。
帰宅後。山の幸の木の芽で冷奴です。
2019年05月05日 16:17撮影 by Canon IXY 600F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅後。山の幸の木の芽で冷奴です。
2
撮影機材:

感想/記録

バリルート
日向キャンプ場南の尾根:今回初挑戦。急斜面なるも特に問題ない。登山道の境界杭143に出る。
ネクタイ尾根(石尊沢左岸尾根):下部の鹿柵のフェンスを迂回した後、道がガレています。初心者危険。今回ネクタイは見つからず。
梅の木尾根:二つ目のピーク後、左折します。直進遭難が多いので注意。標高778mのナナハの頭で鍵かけ尾根を右に分けます。
鍵かけ尾根:ナナハの頭で右に分岐すると鍵かけ尾根。日向キャンプ場への指導票の後もモノレールについて下降します(10年前は左にジグザグ道が有り、GPSみると探しているのが分かる)。モノレールが尾根から右に分かれた後、尾根を下ると分岐があり左に行き2m滑落でドロドロになった。モノレールについて右に行く方が良い道でしょう。
一般登山道
二重滝:沢登り禁止になりました。巻けばいいのかな。
唐沢峠:東屋がなくなりました。昨日の鍋割山の落雷死亡事故考えるとまた復活して欲しい。
大山山頂:28丁目。freewifi有り、Oyama-Free-WiFi
訪問者数:151人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ