また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1832798 全員に公開 ハイキング丹沢

檜洞丸〜小岩桜を訪ねて、ツツジ無き北尾根から周回

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神之川林道入口ゲート前 道路脇スペースに駐輪
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
6分
合計
6時間23分
S神ノ川ヒュッテゲート前登山口07:2107:29矢駄尾根登山口07:3007:36孫右衛門谷ゲート(仮)08:18源蔵尾根、北尾根分岐10:52檜洞丸10:5411:22熊笹ノ峰11:2311:29大笄12:02小笄12:18東沢ノ丸12:49犬越路12:5113:40神ノ川ヒュッテ13:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
[啼讃し行き過ぎています(5分)
檜洞丸手前でランチタイム(10分)
コース状況/
危険箇所等
檜洞丸北尾根
 道標の類はないが、全般に踏み跡明瞭で赤テープもある 
 下部杉植林帯は林業作業道なのか明瞭
 上部は尾根が広く踏み跡が不明瞭な箇所もあるが登りは問題なし
 山頂の犬越路側直下に出る
 当日本コースであったのは、登り1パーティー(2名)のみ
他は一般コースで特に問題なし

写真

風巻ノ頭への道を見送ると左から孫右衛門沢大滝が3段で出会う
迫力です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風巻ノ頭への道を見送ると左から孫右衛門沢大滝が3段で出会う
迫力です
25
風巻ノ頭は新緑真っ盛り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風巻ノ頭は新緑真っ盛り
10
あちゃー、ついボーッと林道を辿り過ぎちゃいました
見下ろす広河原
山は左こんもりが袖平山、右平頂が姫次かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちゃー、ついボーッと林道を辿り過ぎちゃいました
見下ろす広河原
山は左こんもりが袖平山、右平頂が姫次かな
9
源蔵尾根(左堰堤への下り)との分岐の筈ですが写真ではよくわかりません右奥に行きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源蔵尾根(左堰堤への下り)との分岐の筈ですが写真ではよくわかりません右奥に行きます
1
植林帯急登小一時間でドラム缶広場に登りつくが
ドラム缶よりヤカンに目が行く
昼間のヤカン(夜間)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯急登小一時間でドラム缶広場に登りつくが
ドラム缶よりヤカンに目が行く
昼間のヤカン(夜間)
6
ヒルは見かけぬが、蛭は見ゆ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒルは見かけぬが、蛭は見ゆ
4
どこにでもいるフタホシシロエダシャク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこにでもいるフタホシシロエダシャク
10
1,100m付近で植林帯突破!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,100m付近で植林帯突破!
7
尾根に光があふれます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に光があふれます
2
素晴らしいブナ林
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいブナ林
12
この日見つけた唯一のツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日見つけた唯一のツツジ
11
でも新緑だけでもワクワクが止まりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも新緑だけでもワクワクが止まりません
16
ツツジはないが桜はちらほら
(マメザクラなのか?)
バックは熊笹ノ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジはないが桜はちらほら
(マメザクラなのか?)
バックは熊笹ノ峰
2
常に左手に蛭が見えているが、すっきり見える箇所はない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常に左手に蛭が見えているが、すっきり見える箇所はない
1
咲き出したオオカメノキも
バックは奥多摩の峰々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き出したオオカメノキも
バックは奥多摩の峰々
2
1300m付近に見事な桜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1300m付近に見事な桜
13
熊笹ノ峰の高さを越える頃
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊笹ノ峰の高さを越える頃
2
キクザキイチゲが現れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲが現れる
21
痛んでいるがパープルのも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛んでいるがパープルのも
10
頂上直下
バイケイソウ畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下
バイケイソウ畑
2
頂上ではなく、一般路合流前の開けた岩の上で南アを見ながらランチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上ではなく、一般路合流前の開けた岩の上で南アを見ながらランチ
6
大群山の上に八、大菩薩連嶺、奥秩父も見えている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大群山の上に八、大菩薩連嶺、奥秩父も見えている
2
御正体の上には悪沢、右塩見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体の上には悪沢、右塩見
2
とりあえず山頂写真
意外に人少なかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず山頂写真
意外に人少なかった
6
頂上にいたコガラちゃんバックショット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にいたコガラちゃんバックショット
19
なかなかお顔は撮らせてくれませんね
さあ犬越路に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかお顔は撮らせてくれませんね
さあ犬越路に
8
稜線の花はキクザキイチゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の花はキクザキイチゲ
15
ガレ縁からの展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ縁からの展望
2
諸峰従える日本一〜!
ただ手前の斜面が無粋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諸峰従える日本一〜!
ただ手前の斜面が無粋
5
南ア北部もまだ見えている
太刀持ち〜、御正体山
露払い〜、三ツ峠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南ア北部もまだ見えている
太刀持ち〜、御正体山
露払い〜、三ツ峠
5
日本一に木もよいしょ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一に木もよいしょ
9
これから下るので最後の白根三山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから下るので最後の白根三山
2
今年は遭えました〜!
小岩桜‼
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は遭えました〜!
小岩桜‼
26
前景が緑一色の富士
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前景が緑一色の富士
4
大コウゲの岩場にも小岩桜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大コウゲの岩場にも小岩桜
6
見上げると桜も多い
桜の間に蛭が岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると桜も多い
桜の間に蛭が岳
1
愛鷹にも桜の花束を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛鷹にも桜の花束を
2
アカタテハも花に酔う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカタテハも花に酔う
10
桜と小岩桜の共演・・・・
て桜が飛んで見えません(涙)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜と小岩桜の共演・・・・
て桜が飛んで見えません(涙)
4
大好きな大群山のボリュームある姿
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな大群山のボリュームある姿
6
小コウゲの岩場にも小岩桜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小コウゲの岩場にも小岩桜
21
ここが最も花数多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが最も花数多い
11
ガレ沢を縁取る新緑のV字
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ沢を縁取る新緑のV字
3
中川下流を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川下流を見下ろす
3
なんと、犬越路で早くも撤退!
(とほほ、脚に来てます)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと、犬越路で早くも撤退!
(とほほ、脚に来てます)
9
下りで見かけた鳥影、カラス大
シルエットは小型の猛禽っぽいが・・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りで見かけた鳥影、カラス大
シルエットは小型の猛禽っぽいが・・・・
7

感想/記録
by odax

 GW10連休は、次男が帰って来たり、姪っ子預かったり、天候も前半良くなかったり、自身の心身も不調であったりと・・・・。最終盤にきてやっと動き出しました。
 最近ミニミニハイクばかりだったので、標高差1,000mクリアは最低条件でコース選定。GWの交通混雑を考え近場丹沢で。
 個人的にはこの時期の丹沢≒コイワザクラでして、芸がないですが檜洞丸の大コウゲ、小コウゲ岩場を3年ぶりに訪ねることに。登路はまだ行ったことがない檜洞丸北尾根から。
 北尾根は植林帯を抜け出た中間部のブナ林が美しい。シロヤシオは頂上直下にたくださん生えてましたが、花どころかまだ芽吹き始めでした。
 コイワザクラはもう終盤かとも思っていましたが、下部の小コウゲ付近でも元気な姿を見せてくれていました。今年は全般に開花が遅れ気味ですかね。
 
 なお、犬越路には12時台に着きましたので、以前なら当然「大群山も稼いどくか?」となるところですが、今回は完全にばてばてで、即下山。情けなや・・・。 
訪問者数:384人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/3
投稿数: 10815
2019/5/6 12:10
 odaxさん
檜洞丸北尾根って…と思ってマイマップを見たら、拙者は歩いたことがありませんでした。
神ノ川ヒュッテから4kmほど道路歩きがあるんですね。
電車バスだと道志みちからヒュッテまでの歩きも加わるからハードルが高いです。
…ってちょっと前だったら「一丁、行ったろか」て気合はあったんですが…

さて小岩桜…可愛い花ですね。
濃い色だから存在感がある。
「岩」が付きますが「コザクラ」系なのでしょうね。

大室山はカット…単純標高差で1000m以上も歩けば十分ですよ

  隊長
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1651
2019/5/6 16:41
 サクラソウ
 yamabeeryuさん、コメありがとうございます。
 檜洞丸北尾根は、一般登山道ではありませんが、登山詳細図にも載っていますし、ヤマレコにも結構レコ がアップされています。今回は開演前でしたが、上部のヤシオツツジ群落が特に良いとの評判のようです。
 なのでバリルートと言っても、ほぼ破線路クラス。yamabeeryuさんなら、無問題でしょう。が、公共輸送機関利用では確かにアプローチが遠いですね
 コイワザクラは、高山帯の代表種の一つハクサンコザクラと同じサクラソウ属ですので、花 もよく似ていますよね。カッコソウ、ユキワリソウ、クリンソウ等もそうですが、サクラソウの仲間は結構好み です。
 ただ、〇〇コザクラが高山帯の湿地をド派手に彩るのに対し、コイワザクラは中低山の岩場にしがみついて生き抜いています。判官贔屓のodaxは、コイワザクラにより入れあげてしまいます。

 といいつつ、”自生のユキワリソウ見たい!”と浮気性 なodaxでした 
登録日: 2011/6/29
投稿数: 6500
2019/5/6 17:22
 odaxさん、こんにちは。
檜洞丸北尾根、シロヤシオがさっぱりとは
意外です。でも、新緑がきれいですね。
山頂の、バイケイソウも、芽吹きだした
ばかりの雰囲気、自分が体験した過去3回は
葉っぱのヤブコギ状態でした。春の遅れを
感じます。そのぶん、展望がすっきりして
いい日和ですね。
コイワザクラは、遅めの訪問で
正解でしたね。最盛期手前のような感じですね。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1651
2019/5/6 21:19
 花期
 komakiさん、コメありがとうございます。
 komakiさんは北尾根既登でしたね、しかもNavecatさんご案内でベストシーズン(シロヤシオ満開時)に。今回、頂上付近に確かにシロヤシオは密生していましたが、まだ蕾もなく葉の新芽が出たばかりでした。
 丹沢のシロヤシオは、もともと5月下旬位がベストと言われていたかと思いますが、最近は温暖化のためかGWでも気の早いシロヤシオを見ることもあります。今年は近年では相当遅れ気味の様に思います。
 その分歩き易かったんですかね、頂上直下の草原帯は確かにもっと”茂り”そうでした。
 その点コイワザクラはちょうどGW付近が花期。遅れ目だったのも幸いして、GW終盤でも結構元気なのが多かったです
 ただ、コイワザクラ自生地から離れた登山道脇で、ふとピンクの花びらに気づき、「ミツバツツジかな?」と見回しても付近にはなく、見るとコイワザクラの残骸。とても悲しく なりました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ