また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1832818 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

白馬鑓ヶ岳 杓子沢 長走沢

日程 2019年05月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ!!
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間39分
休憩
28分
合計
8時間7分
S猿倉荘04:4205:32猿倉台地(1502m)05:3306:31小日向のコル(1824m)10:14鑓温泉分岐10:1510:55鑓ヶ岳11:1012:14樺平(2120m)12:24中山沢12:28猿倉台地(1502m)12:2912:30水芭蕉平12:3412:40猿倉荘12:4312:46猿倉登山口駐車場12:4912:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース全般 沢状地形のためデブリ跡多数。
特に、長走沢ジャンクションピーク下より点発生雪崩が下流側で増大、大きなデブリ跡となっていた。湯ノ入沢は本筋は小さなデブリのみできれい。当日、気温上昇大きかったが雪崩発生目撃はしていない。

装備

個人装備 ハードシェル グローブ 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 日よけ帽子 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 時計 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール アイゼン

写真

猿倉登山届を提出。
4:40発。
2019年05月04日 04:39撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉登山届を提出。
4:40発。
林道に出るまで板を担ぐ。
連休中、数多の登山者登行後、朝はガリガリでシール登行に難儀。
長走沢から猿倉台地を目指すことに。
先行する登山パーティーは大雪渓方面へ行くようだ。
2019年05月04日 04:59撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出るまで板を担ぐ。
連休中、数多の登山者登行後、朝はガリガリでシール登行に難儀。
長走沢から猿倉台地を目指すことに。
先行する登山パーティーは大雪渓方面へ行くようだ。
晴れてます!白馬が綺麗。
2019年05月04日 05:11撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてます!白馬が綺麗。
長走沢へin。
クトーをつけて。
2019年05月04日 05:11撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長走沢へin。
クトーをつけて。
5:46 猿倉台地へ。
ジャンクションピークから点発生雪崩跡が・・・。
2019年05月04日 05:46撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:46 猿倉台地へ。
ジャンクションピークから点発生雪崩跡が・・・。
振り返る。
金山沢上部は雪がべったりあるが、下部途切れていた。
2019年05月04日 05:46撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
金山沢上部は雪がべったりあるが、下部途切れていた。
小日向のコルへの登り。
多くの登行跡でガタガタ。
夜〜朝方の冷え込みで雪面硬く、シール登行に難儀。
2019年05月04日 05:58撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小日向のコルへの登り。
多くの登行跡でガタガタ。
夜〜朝方の冷え込みで雪面硬く、シール登行に難儀。
6:30
とりあえず、コルに登り上げる。
以外に疲れてます。
前日娘・姪とのアスレチック結構激しく、そのせいか??
先行者3名スキーヤー、女性パーティー湯ノ入沢へドロップ。
2019年05月04日 06:30撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:30
とりあえず、コルに登り上げる。
以外に疲れてます。
前日娘・姪とのアスレチック結構激しく、そのせいか??
先行者3名スキーヤー、女性パーティー湯ノ入沢へドロップ。
杓子沢拡大。
予定しているルートがよく見える。
ここから見る分には問題なさそう。
2019年05月04日 06:31撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杓子沢拡大。
予定しているルートがよく見える。
ここから見る分には問題なさそう。
先行パーティーに続いて湯ノ入沢へドロップ、当たり前だが朝なので雪面は硬い。下部トラバース気味に滑り沢床着。

これから上るルート、距離感が分かりません。
2019年05月04日 06:48撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行パーティーに続いて湯ノ入沢へドロップ、当たり前だが朝なので雪面は硬い。下部トラバース気味に滑り沢床着。

これから上るルート、距離感が分かりません。
すぐに後続者に抜かれる。
この人登行べら棒(死語??)に早い!!
2019年05月04日 07:20撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに後続者に抜かれる。
この人登行べら棒(死語??)に早い!!
振り返る。
小日向のコルから湯ノ入沢への斜面が見える。
2019年05月04日 07:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
小日向のコルから湯ノ入沢への斜面が見える。
徐々に鑓温泉が近づく。
数名の泊組がいるようだ。
2019年05月04日 07:28撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に鑓温泉が近づく。
数名の泊組がいるようだ。
7:50
鑓温泉を通過。かなり疲れてきた。
休憩を取り登行再開。

この後ペース上がらず、休んでは登行を繰り返す。
2019年05月04日 07:50撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:50
鑓温泉を通過。かなり疲れてきた。
休憩を取り登行再開。

この後ペース上がらず、休んでは登行を繰り返す。
鑓温泉上部、沢の湾曲部より下流方向。
この時点では景色を楽しむ余裕あまりなし。
2019年05月04日 08:10撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鑓温泉上部、沢の湾曲部より下流方向。
この時点では景色を楽しむ余裕あまりなし。
右岸からの小さなデブリを通過。
相変わらず、距離感分からず。
足元が緩み不安定、緩斜面に思えるところも直登できない。
ジグを切り休み休み高度を上げていく。
2019年05月04日 08:27撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸からの小さなデブリを通過。
相変わらず、距離感分からず。
足元が緩み不安定、緩斜面に思えるところも直登できない。
ジグを切り休み休み高度を上げていく。
ここら辺が大出原でしょうか??
日差し激烈に照らし熱い!!!のども異常に乾く。
バテ気味になり首筋に雪を当てて冷却しながら・・。
2019年05月04日 09:54撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺が大出原でしょうか??
日差し激烈に照らし熱い!!!のども異常に乾く。
バテ気味になり首筋に雪を当てて冷却しながら・・。
稜線方向、斜度が増す。
2019年05月04日 09:54撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線方向、斜度が増す。
10:10 やっとのことで稜線着。
と、どこからともなく「コロコロ、コロコロ」??と聞きなれない鳴き声が・・・。
2019年05月04日 10:10撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:10 やっとのことで稜線着。
と、どこからともなく「コロコロ、コロコロ」??と聞きなれない鳴き声が・・・。
ライチョウ君(さん)が2羽お出迎え。
冬毛から夏毛へ生え変わりはじめかな?
スキーをザックに括り付け、
2019年05月04日 10:11撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウ君(さん)が2羽お出迎え。
冬毛から夏毛へ生え変わりはじめかな?
スキーをザックに括り付け、
1
夏道分枝を通過し、
2019年05月04日 10:21撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道分枝を通過し、
山頂へ、夏道を辿る。ほんの一部夏道上に雪がついている箇所、氷化している箇所あった。
稜線は微風だがそれなりに寒く感じる。

夏道移動していると途中猛スピードで抜き去られ
先行していたスキーヤーがドロップしてきた。
気持ちよさそうだ!
2019年05月04日 10:21撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ、夏道を辿る。ほんの一部夏道上に雪がついている箇所、氷化している箇所あった。
稜線は微風だがそれなりに寒く感じる。

夏道移動していると途中猛スピードで抜き去られ
先行していたスキーヤーがドロップしてきた。
気持ちよさそうだ!
振り返ると剱岳が!!
ソロリソロリとザレ場を登り、
2019年05月04日 10:39撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると剱岳が!!
ソロリソロリとザレ場を登り、
と!、またまた「コロコロ、コロコロ」と鳴き声が、
なんと足元近くにライチョウ隊長!!ハイマツの実をつついているようだ。
2019年05月04日 10:53撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と!、またまた「コロコロ、コロコロ」と鳴き声が、
なんと足元近くにライチョウ隊長!!ハイマツの実をつついているようだ。
1
と!!・・・「〇〇、〇〇」と先ほどとは異なる小さな鳴き声が!!
すぐ奥にもう一羽。幼鳥さん?、それともメス・オスの違い?!!(鳴き声忘れました。先ほどの個体とは違ったような・・気がします。雄雌とするとペアだろうか??夏には子連れを見るから、今時分からペアになるのだろうか?うーん生態よくわからない、後で調べてみよう。)
2019年05月04日 10:54撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と!!・・・「〇〇、〇〇」と先ほどとは異なる小さな鳴き声が!!
すぐ奥にもう一羽。幼鳥さん?、それともメス・オスの違い?!!(鳴き声忘れました。先ほどの個体とは違ったような・・気がします。雄雌とするとペアだろうか??夏には子連れを見るから、今時分からペアになるのだろうか?うーん生態よくわからない、後で調べてみよう。)
1
そんなこんなで、
11:05 やり(鑓)ました山頂着。
(所要時間:6h25min、キツーございました。)
2019年05月04日 11:05撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんなこんなで、
11:05 やり(鑓)ました山頂着。
(所要時間:6h25min、キツーございました。)
1
白馬方面。
2019年05月04日 11:06撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬方面。
1
五竜、鹿島槍、立山方面。
2019年05月04日 11:07撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜、鹿島槍、立山方面。
毛勝、劔方面。
2019年05月04日 11:07撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛勝、劔方面。
そして、これから落とす斜面。
メンツルで良さげ。
2019年05月04日 11:07撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、これから落とす斜面。
メンツルで良さげ。
1
山頂には大雪渓から登った方が数名。
話を聞くと、大雪渓からでも所要時間は同じような感じで好みの問題らしい。
山頂で休み、滑降準備していると大出原方向からの
登山者2名、スキーヤー1名が山頂到着された。

滑降準備し、ドロップ。
2019年05月04日 11:08撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には大雪渓から登った方が数名。
話を聞くと、大雪渓からでも所要時間は同じような感じで好みの問題らしい。
山頂で休み、滑降準備していると大出原方向からの
登山者2名、スキーヤー1名が山頂到着された。

滑降準備し、ドロップ。
1
上部は表面(厚手のフィルム)クラスト気味で、ちょっと硬めだが滑りやすい。
2019年05月04日 11:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は表面(厚手のフィルム)クラスト気味で、ちょっと硬めだが滑りやすい。
素晴らしい斜面。
2019年05月04日 11:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい斜面。
1
が、中間部から落石多く、その上に新雪積もった個所あり、
どこにあるか判らない。
2019年05月04日 11:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、中間部から落石多く、その上に新雪積もった個所あり、
どこにあるか判らない。
板のことはあまり考えずに滑走継続!!・・・(涙)。
2019年05月04日 11:32撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板のことはあまり考えずに滑走継続!!・・・(涙)。
11:41
長走沢への移行ルート、トラバース終了後撮影。
2019年05月04日 11:41撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:41
長走沢への移行ルート、トラバース終了後撮影。
登りに使った湯ノ入沢。滑る人、登る人が行き交うのが見える。
2019年05月04日 11:41撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りに使った湯ノ入沢。滑る人、登る人が行き交うのが見える。
長走沢へ。
下で見て想像していた以上にデブリ大きい。
デブリを避け、一旦左岸側へ移動しようとするが、
右岸のほうがよさそげな斜面あり、戻りトラバース気味に
移動、途中良い斜面で少し遊び、その後は猿倉台地へ。
2019年05月04日 12:22撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長走沢へ。
下で見て想像していた以上にデブリ大きい。
デブリを避け、一旦左岸側へ移動しようとするが、
右岸のほうがよさそげな斜面あり、戻りトラバース気味に
移動、途中良い斜面で少し遊び、その後は猿倉台地へ。
ほぼ夏道沿いに戻り駐車場へ帰還。
雪解け水でスキーを洗い、終了。13:00

今年はこれで最後か??もう一回行けるだろうか???
2019年05月04日 13:01撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ夏道沿いに戻り駐車場へ帰還。
雪解け水でスキーを洗い、終了。13:00

今年はこれで最後か??もう一回行けるだろうか???
1

感想/記録

連休後半、天気良く家族行事もいろいろ行った。
タイミングを見計らって山スキーメジャールートの杓子沢へ。
上部は状態良いが途中からやはり落石多数、それでも上部急斜面、下部広く気持ちのいい景観のなか滑ることができた。
長走沢もデブリを避けて遊びながら帰って来ることができ、大満足の山行となった。
訪問者数:214人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ