また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1833047 全員に公開 ハイキング奥武蔵

武甲山14回目(名郷→ウノタワ〜大持山〜小持山〜武甲山→浦山口)

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】1,480円
JR:大宮〜東飯能(670円)
国際興業バス:東飯能〜名郷(810円)

【復路】1,320円
秩父鉄道:浦山口〜西武鉄道:東飯能(650円)
※16:38発の便は西武直通
※秩父鉄道ではSuica・PASMO等のICカードは使用不可
JR:東飯能〜大宮(670円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
52分
合計
7時間9分
S名郷08:3409:08白岩登山口09:1109:56鳥首峠10:0210:30天神山10:41ウノタワ11:04横倉山11:17大持山の肩11:3311:40大持山11:4311:54雨乞岩11:5812:20小持山12:2212:53シラジクボ12:5413:23シラジクボ・浦山口 分岐13:27武甲山13:3513:37シラジクボ・浦山口 分岐13:37武甲山13:3813:43シラジクボ・浦山口 分岐13:44武甲山13:4513:48シラジクボ・浦山口 分岐13:4914:12長者屋敷の頭15:02橋立林道終点15:36札所28番 橋立堂/橋立鍾乳洞15:4215:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特段危険な箇所はないものの、安全とも言い難い箇所あり。

写真

本日のスタート地点、「名郷」バス停。
ハイカーしか降りません。
バス停に公衆トイレがあります。
2019年05月05日 08:24撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のスタート地点、「名郷」バス停。
ハイカーしか降りません。
バス停に公衆トイレがあります。
3
先ずは普通に道路を歩きます。
バス停出発してすぐに左のやや細い道へ分岐していきます。
2019年05月05日 08:38撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは普通に道路を歩きます。
バス停出発してすぐに左のやや細い道へ分岐していきます。
しばらく名栗側の清流沿いに進んで行きます。
2019年05月05日 08:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく名栗側の清流沿いに進んで行きます。
1
途中、売店がありますが、営業しているところを見たことありません。
しかし、飲み物の自動販売機は稼働しているようです。
2019年05月05日 08:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、売店がありますが、営業しているところを見たことありません。
しかし、飲み物の自動販売機は稼働しているようです。
だんだん登っていきます。
2019年05月05日 08:58撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん登っていきます。
工場跡地が見えてきます。
石灰採掘のための工場だったそうです。
2019年05月05日 09:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工場跡地が見えてきます。
石灰採掘のための工場だったそうです。
工場跡地の横にある階段が登山口となっています。
2019年05月05日 09:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工場跡地の横にある階段が登山口となっています。
1
しばらく整備された道を進みます。
2019年05月05日 09:13撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく整備された道を進みます。
途中から、小さなモノレールの跡が並走します。
かつて下の工場が稼働していたころ、作業員を運ぶために使われていたそうです。
2019年05月05日 09:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から、小さなモノレールの跡が並走します。
かつて下の工場が稼働していたころ、作業員を運ぶために使われていたそうです。
1
モノレールの下をくぐります。
この辺りから本格的な山道になっていきます。
2019年05月05日 09:25撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールの下をくぐります。
この辺りから本格的な山道になっていきます。
しばらく進むと廃集落の跡地に出ます。
2019年05月05日 09:30撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと廃集落の跡地に出ます。
2
廃墟の横を通過していきます。
2019年05月05日 09:31撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃墟の横を通過していきます。
2
ひたすら登ります。
2019年05月05日 10:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら登ります。
1
鳥首峠では、複数の分岐があるので要注意です。
見るからに急登な分岐が、武甲へ続く道です。
2019年05月05日 10:06撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥首峠では、複数の分岐があるので要注意です。
見るからに急登な分岐が、武甲へ続く道です。
3
しばらく進むと、開けた場所にでます。
かつて鉄塔があったそうです。
撤去のため、周辺の木々が切り払われたようです。
2019年05月05日 10:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと、開けた場所にでます。
かつて鉄塔があったそうです。
撤去のため、周辺の木々が切り払われたようです。
4
左側の景色。
2019年05月05日 10:23撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の景色。
8
右側の景色。
2019年05月05日 10:24撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の景色。
3
本日の目的の一つである、カタクリの葉が見え始めてきました。
しかし、この辺りでは咲いている株を一つも見ることができませんでした。
2019年05月05日 10:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の目的の一つである、カタクリの葉が見え始めてきました。
しかし、この辺りでは咲いている株を一つも見ることができませんでした。
森の奥に、木々がまばらなエリアが見えてきます。
2019年05月05日 10:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の奥に、木々がまばらなエリアが見えてきます。
1
そこが「ウノタワ」です。
悲劇とも喜劇ともとれない伝説の跡地。
2019年05月05日 10:47撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこが「ウノタワ」です。
悲劇とも喜劇ともとれない伝説の跡地。
3
アップダウンを繰り返していきます。
2019年05月05日 10:48撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返していきます。
「横倉山」というピークを通過します。
2019年05月05日 11:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「横倉山」というピークを通過します。
1
横倉山の山頂は、こんな感じです。
2019年05月05日 11:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横倉山の山頂は、こんな感じです。
この辺りから、カタクリの咲いている株がちらほらと見えてきました。
2019年05月05日 11:12撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから、カタクリの咲いている株がちらほらと見えてきました。
9
登り続けると、お気に入りの休憩ポイントである、大持の肩に到着です。
2019年05月05日 11:21撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り続けると、お気に入りの休憩ポイントである、大持の肩に到着です。
2
ベンチとして設置されている丸太がいくつかあります。
そこそこ広く、眺めも良いので、休憩の適地です。
大持も小持も山頂は狭いので、座り込むような休憩は、ここでとるのが良いかと思います。
2019年05月05日 11:22撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチとして設置されている丸太がいくつかあります。
そこそこ広く、眺めも良いので、休憩の適地です。
大持も小持も山頂は狭いので、座り込むような休憩は、ここでとるのが良いかと思います。
3
こんな眺めです。
広がる関東平野を見下ろすことになります。
2019年05月05日 11:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな眺めです。
広がる関東平野を見下ろすことになります。
10
大持山の山頂に向かって、さらに登ります。
2019年05月05日 11:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山の山頂に向かって、さらに登ります。
この辺りから、咲いている株が多くなってきました。
2019年05月05日 11:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから、咲いている株が多くなってきました。
2
本日の山頂は混み合っていました。
2019年05月05日 11:44撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の山頂は混み合っていました。
小持に向かって、アップダウンが再開されます。
2019年05月05日 11:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持に向かって、アップダウンが再開されます。
この岩の間を通過するのが難所かもしれません。
小持→大持よりも、大持→小持方向の方が通過難度が高いです。
2019年05月05日 11:53撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩の間を通過するのが難所かもしれません。
小持→大持よりも、大持→小持方向の方が通過難度が高いです。
2
大持〜小持間の有名スポットである「雨乞い岩」。
微妙にコースから外れているので、注意していないと気づかないまま通過してしまいます。
2019年05月05日 12:01撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持〜小持間の有名スポットである「雨乞い岩」。
微妙にコースから外れているので、注意していないと気づかないまま通過してしまいます。
2
小持山付近に「アカヤシオ」が咲いています。
しかし、見頃は若干過ぎてしまったようです。
2019年05月05日 12:20撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山付近に「アカヤシオ」が咲いています。
しかし、見頃は若干過ぎてしまったようです。
7
小持山の山頂も賑わっていました。
2019年05月05日 12:25撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山の山頂も賑わっていました。
シラジクボへ向かって降っていきます。
割と急降です。
逆に、武甲から小持へ向かう場合は、急登となります。
2019年05月05日 12:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボへ向かって降っていきます。
割と急降です。
逆に、武甲から小持へ向かう場合は、急登となります。
木々の合間から、本日の最終目的地である「武甲山」が見えてきます。
秩父側から見える削られた姿とは、全く異なる山容です。
2019年05月05日 12:42撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の合間から、本日の最終目的地である「武甲山」が見えてきます。
秩父側から見える削られた姿とは、全く異なる山容です。
13
シラジクボから、最後の急登が始まります。
2019年05月05日 12:58撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボから、最後の急登が始まります。
コバイケイソウの群落が見えてきたら、山頂が近づいてきた合図です。
2019年05月05日 13:14撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウの群落が見えてきたら、山頂が近づいてきた合図です。
山頂の肩。
広いです。
ここも休憩に適していますが、このコースだと後ろ寄り過ぎるかもしれません。
2019年05月05日 13:29撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の肩。
広いです。
ここも休憩に適していますが、このコースだと後ろ寄り過ぎるかもしれません。
神社があります。
この神社の裏側へ進むと、そこが山頂です。
2019年05月05日 13:31撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社があります。
この神社の裏側へ進むと、そこが山頂です。
山頂から秩父市街が一望できます。
2019年05月05日 13:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から秩父市街が一望できます。
11
芝桜で有名な羊山公園です。
どうやら芝桜も、そのピークが過ぎてしまったようで、見えるピンク色も薄くなっています。
2019年05月05日 13:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝桜で有名な羊山公園です。
どうやら芝桜も、そのピークが過ぎてしまったようで、見えるピンク色も薄くなっています。
9
柵の下を覗くと、武甲山が削られている現場を確認することができます。
2019年05月05日 13:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵の下を覗くと、武甲山が削られている現場を確認することができます。
山頂付近にも咲いていました。
2019年05月05日 13:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近にも咲いていました。
1
浦山口へ向かって降っていきます。
2019年05月05日 13:52撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浦山口へ向かって降っていきます。
沢を渡ると、すぐに山道の終点です。
2019年05月05日 15:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ると、すぐに山道の終点です。
1
本日の一ゴミ。
一山で一ゴミを拾うことにしています。
(気付かぬうちに自分が落としてしまうこともあるので)
2019年05月05日 15:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の一ゴミ。
一山で一ゴミを拾うことにしています。
(気付かぬうちに自分が落としてしまうこともあるので)
8
山道が終わると、長く長く感じる林道の始まりです。
2019年05月05日 15:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道が終わると、長く長く感じる林道の始まりです。
1
この橋を渡ると、すぐに本日のゴールが見えてきます。
2019年05月05日 15:37撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋を渡ると、すぐに本日のゴールが見えてきます。
本日のゴールに設定した「土津園」。
楽しみにしていた手打ち蕎麦は、既に売り切れていました。
秩父地方のお土産や、武甲山の山バッチも売っています。
ここから秩父鉄道の浦山口駅までは、疲れ切った脚でも10〜15分程度でたどり着けます。
2019年05月05日 15:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のゴールに設定した「土津園」。
楽しみにしていた手打ち蕎麦は、既に売り切れていました。
秩父地方のお土産や、武甲山の山バッチも売っています。
ここから秩父鉄道の浦山口駅までは、疲れ切った脚でも10〜15分程度でたどり着けます。
5
撮影機材:

感想/記録

14回目の武甲山となります。
何通りかある武甲山コースの中でも、楽過ぎずハード過ぎない、お気に入りのコースです。
しかし、久しぶりの山であることに加え、全く動かない連休を過ごしていたので、かなり疲れてしまいました。
トレッキングポールを持って行って良かったです。
カタクリはまだ見られそうですが、アカヤシオはそろそろ終わりのようです。
訪問者数:309人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ