また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1839725 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

浅間嶺

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
車は檜原中学校前の村営駐車場に停めました(無料)

払沢の滝入口から浅間尾根登山口へは、バスを利用。
(運賃 ¥650 )
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
42分
合計
6時間28分
S浅間尾根登山口バス停08:1008:20浅間坂 木庵 浅間湯08:3009:12数馬分岐09:1409:23猿石09:2609:47一本松10:13石宮ノ頭10:1410:24人里峠11:07浅間嶺11:0811:16浅間尾根休憩所11:2911:36浅間嶺展望台11:4113:04584m独標13:0513:09時坂峠13:1013:17時坂路傍施設便所13:1813:49払沢の駐車場14:04払沢の滝14:0714:30払沢の滝入口バス停14:37檜原村村営駐車場14:3814:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
浅間尾根登山口バス停から、しばらくは車道歩き。
浅間尾根に入り展望台ピークまでは、なだらかな尾根が続きます。
展望台ピークから払沢の滝までは特に展望も無い登山道です(唯一、峠の茶屋 高嶺荘の前の広場からは奥多摩の山が一望できます)
高嶺荘から払沢の滝までは、登山道と車道が交錯し、少し分かりにくいですが、登山道・車道のどちらを歩いても、払沢の滝方面に到着すると思います。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし。
あえて挙げると、浅間尾根(人里峠周辺)登山道が所々狭いのですれ違い注意。
その他周辺情報払沢の滝入口・浅間尾根登山口の両バス停と、浅間嶺休憩所・払沢の滝入口付近にトイレ有り🚻

また、両登山口から少し(?) 歩くと山の中に蕎麦屋さんが営業してます。
払沢の滝近くには、お豆腐やさん有り。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

払沢の滝入口バス停。
7時34分の始発バスに乗車です。
これに乗り遅れると、3時間半待たねばなりません。
払沢の滝入口から浅間嶺に向かうのか数組の登山者が降車します。
2019年05月05日 07:06撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝入口バス停。
7時34分の始発バスに乗車です。
これに乗り遅れると、3時間半待たねばなりません。
払沢の滝入口から浅間嶺に向かうのか数組の登山者が降車します。
30分ほどバスに乗り、浅間尾根登山口バス停到着。
ここから暫くは、民家もある舗装道を歩きます。
2019年05月05日 08:07撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほどバスに乗り、浅間尾根登山口バス停到着。
ここから暫くは、民家もある舗装道を歩きます。
祠です。
2019年05月05日 08:50撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠です。
登山道に入ります。
2019年05月05日 08:50撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入ります。
新緑が美しい!
2019年05月05日 09:03撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が美しい!
なだらかな登りになり・・・
2019年05月05日 09:04撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな登りになり・・・
浅間尾根に達したようです。
2019年05月05日 09:09撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根に達したようです。
馬頭観音 1
この尾根は、古の街道なのだそうです。
2019年05月05日 09:13撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬頭観音 1
この尾根は、古の街道なのだそうです。
馬頭観音 2
この後も、多数の観音像と祠があったのですが、全てを撮影した訳ではありません。
2019年05月05日 09:16撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬頭観音 2
この後も、多数の観音像と祠があったのですが、全てを撮影した訳ではありません。
樹林の間から、山が見えます。
2019年05月05日 09:18撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の間から、山が見えます。
御前山です(おそらく)
2019年05月05日 09:22撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山です(おそらく)
岩の模様が、猿の手形に見えるらしいのですが、私には分かりませんでした(笑)
2019年05月05日 09:24撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の模様が、猿の手形に見えるらしいのですが、私には分かりませんでした(笑)
一本松(一本杉)
松なのか杉なのか、はっきりして欲しいところです(^ω^)
2019年05月05日 09:45撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松(一本杉)
松なのか杉なのか、はっきりして欲しいところです(^ω^)
馬頭観音 3
2019年05月05日 09:45撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬頭観音 3
浅間石室標識
2019年05月05日 09:54撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間石室標識
浅間石室
2019年05月05日 09:54撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間石室
登山道直下の樹木が伐採され、見晴らしの良い場所にでました。
2019年05月05日 10:29撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道直下の樹木が伐採され、見晴らしの良い場所にでました。
しばらく休憩します。
2019年05月05日 10:30撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく休憩します。
奥多摩の山々を望む。
2019年05月05日 10:31撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩の山々を望む。
大岳山(たぶん)
2019年05月05日 10:39撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山(たぶん)
御前山
2019年05月05日 10:39撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山
浅間嶺休憩所に到着。
2019年05月05日 11:14撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺休憩所に到着。
桜が咲いています。
2019年05月05日 11:26撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜が咲いています。
浅間嶺山頂標識。
後述しますが、ここが浅間嶺のピークではないらしいです。
2019年05月05日 11:38撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺山頂標識。
後述しますが、ここが浅間嶺のピークではないらしいです。
山頂(正式には展望台ピーク)からの眺望。
2019年05月05日 11:38撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂(正式には展望台ピーク)からの眺望。
遠くに富士山が頭をのぞかせてます。
山頂に別れを告げ、払沢の滝方面に一気に下山開始です。
2019年05月05日 11:40撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに富士山が頭をのぞかせてます。
山頂に別れを告げ、払沢の滝方面に一気に下山開始です。
旧瀬戸沢の一軒家。
お蕎麦屋さんです。
2019年05月05日 12:38撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧瀬戸沢の一軒家。
お蕎麦屋さんです。
峠の茶屋前の大山祗神社。
2019年05月05日 12:46撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋前の大山祗神社。
峠の茶屋高嶺荘。
店は閉まってます。定休日? 休業中?
2019年05月05日 12:47撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋高嶺荘。
店は閉まってます。定休日? 休業中?
払沢の滝入口に到着。
観光客で賑わっております。
2019年05月05日 14:03撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝入口に到着。
観光客で賑わっております。
払沢の滝
2019年05月05日 14:04撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢の滝
写真には写っていませんが、人がいっぱいいます。
2019年05月05日 14:04撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真には写っていませんが、人がいっぱいいます。
浅間嶺の静さとは、対照的。
私は、人混みと行列は大嫌いなので、早々に退散しました。
2019年05月05日 14:06撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺の静さとは、対照的。
私は、人混みと行列は大嫌いなので、早々に退散しました。
村営駐車場に戻りました。
2019年05月05日 14:37撮影 by 601SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
村営駐車場に戻りました。

感想/記録

ゴールデンウィーク登山第2弾は、奥多摩の浅間嶺です。
実は私、今年の2月から失業中で毎日がゴールデンウィークでございます(ちゃんと就職活動もしてますよ、念のため😁)

さて、私の持っている古いガイドブックでは、払沢の滝入口の駐車場に登山者も駐車できるように書いてあるのですが、駐車場の立て看板によると「長時間駐車の方は、檜原中学校前の村営駐車場に停めて下さい」との事。
私の到着した時間(朝の6時半)は、まだ観光客もいませんでしたが、恐らく観光客で激混みするのでしょう。車で5分とかからない村営駐車場に移動します。
私は常々、登山者の駐車マナーの悪さに閉口しているので、しつこいようですがもう一度言います。

⚠🅿 長時間駐車の登山者は、必ず車は檜原中学校前の村営駐車場(無料)に駐車する事 🅿⚠

駐車のルール・マナーも守れないようでは、山のルール・マナーも守れる訳は無いのです❗

話が登山自体から脱線して、すみません。
写真の説明でも触れましたが、山頂標識の立つ展望台ピークは、浅間嶺の最高地点ではないらしいです。
山と高原地図によると、展望台ピークから休憩所広場を隔てた西側の富士浅間神社の祠の先の小高いピークが浅間嶺との記載です。
私は全く気づかずに通りすぎてしまったようです。
まあ、このようなピークハントを目的としない尾根歩きでは、私を含め最高地点にこだわる人は余りいないと思いますが。

同じく写真の説明で、山名をかいていますが、山座同定は自信ないです。間違っていたら御教示ください。

穏やかな尾根歩きを楽しむのに最適なルートだと思います。紅葉の秋に再訪しようかな🍁

書き忘れました、浅間尾根登山口行きバスは、豆腐屋さんから道路をはさんだ向かいのバス停(払沢の滝入口バス停、ロータリーがある側)で待ってください。方向感覚的には逆方向ですが、バスが五日市方向に一旦戻り数馬方面に向かうからです。

訪問者数:28人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

山座同定 紅葉 高原 馬頭観音
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ