また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1840861 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

525 仙丈ケ岳

日程 2019年04月27日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候27日曇り、28日快晴、29日快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
26日 20時半調布インター⇒上諏訪 23時頃着(渋滞なし)
29日 高遠13時頃、茅野駅14時頃、調布インター16時頃(渋滞なし)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間27分
休憩
19分
合計
2時間46分
S歌宿10:5211:15標高1719mポイント11:2010:52丹渓新道登山口11:32平右衛門谷11:50藪沢12:00休憩12:0812:23大平山荘12:2912:45山道合流点12:50北沢峠12:55仙丈ヶ岳二合目登山口13:00行き過ぎ13:10長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)G
日帰り
山行
6時間53分
休憩
1時間23分
合計
8時間16分
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)06:1006:17仙丈ヶ岳二合目登山口06:26衣類調整休憩06:3307:02二合目合流点07:1007:38三合目07:4007:57四合目08:0608:27夏道合流08:31藪沢分岐(大滝の頭)09:00標高2650m地点09:1009:52小仙丈ヶ岳10:0510:25八合目鞍部10:47仙丈小屋分岐11:18仙丈ヶ岳11:3511:47仙丈小屋分岐12:10八合目鞍部12:30小仙丈ヶ岳12:4012:59六合目13:11藪沢分岐(大滝の頭)13:24四合目13:3113:41三合目13:53二合目分岐点14:20仙丈ヶ岳二合目登山口14:26長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)
日帰り
山行
1時間41分
休憩
1分
合計
1時間42分
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)06:4306:50仙丈ヶ岳二合目登山口06:58北沢峠07:01山道合流点07:12大平山荘07:1307:35藪沢07:57平右衛門谷08:05丹渓新道登山口08:25歌宿08:25ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
その他周辺情報下山後は 高遠の「さくらの湯」モンベル・JAF割引あり。
辛味大根で食べる高遠そば・・・楽座紅葉軒にて。おそば美味しいし、馬肉のさくら丼がすごいボリューム。でも、団体が入っていて、出てくるのに1時間弱。電話で状況を確認した方が良い。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 行動食 非常食 水筒(保温性) 食器 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ テントマット シェラフ ヘルメット シュラフカバー、シュラフマット
共同装備 調理用食材 調味料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ポール テント

写真

仙流荘前 バス事務所
2019年04月27日 09:38撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙流荘前 バス事務所
車窓から
2019年04月27日 10:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車窓から
結構高いとこを通っている。
2019年04月27日 10:26撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構高いとこを通っている。
歌宿バス停。プレハブ待合室とトイレあり。
2019年04月27日 10:40撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歌宿バス停。プレハブ待合室とトイレあり。
歌宿バス停広場。
2019年04月27日 10:46撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歌宿バス停広場。
鹿窓の解説。往路はガスで見えませんでした。
2019年04月27日 11:18撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿窓の解説。往路はガスで見えませんでした。
藪沢を過ぎると雪の壁が・・・
2019年04月27日 12:11撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪沢を過ぎると雪の壁が・・・
雪に埋まる大平山荘。
2019年04月27日 12:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋まる大平山荘。
アタック日の北沢峠テント場。快晴だぁ!
2019年04月28日 05:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アタック日の北沢峠テント場。快晴だぁ!
水場も絶好調。
2019年04月28日 05:47撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場も絶好調。
二合目付近。
2019年04月28日 07:07撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合目付近。
北岳様が見えた!
2019年04月28日 07:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳様が見えた!
四合目の標柱。
2019年04月28日 08:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目の標柱。
五合目。藪沢小屋分岐。藪沢方面にトレースはなかった。
2019年04月28日 08:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目。藪沢小屋分岐。藪沢方面にトレースはなかった。
甲斐駒様。
2019年04月28日 08:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒様。
早川尾根かな?
2019年04月28日 08:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早川尾根かな?
鳳凰三山方面。
2019年04月28日 08:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山方面。
甲斐駒に鋸に、奥は八ヶ岳。
2019年04月28日 08:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒に鋸に、奥は八ヶ岳。
北岳がさらに大きくなったぁ。
2019年04月28日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳がさらに大きくなったぁ。
甲斐駒。かっくいい~
2019年04月28日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒。かっくいい~
遠くに見えるは北アルプス。
2019年04月28日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えるは北アルプス。
あれに見えるはまだ小仙丈。
2019年04月28日 09:06撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれに見えるはまだ小仙丈。
白い壁・・・キツイ
2019年04月28日 09:34撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い壁・・・キツイ
でも北アルプスが見えてきてうれしい~。
2019年04月28日 09:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも北アルプスが見えてきてうれしい~。
やっと小仙丈。
2019年04月28日 09:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと小仙丈。
富士山と北岳。
2019年04月28日 10:00撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と北岳。
やっと本体が見えてきた!
2019年04月28日 10:19撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと本体が見えてきた!
環水平アーク
2019年04月28日 10:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
環水平アーク

感想/記録
by kokudo

昨年、歌宿までのバスが不通で諦めた春の仙丈ケ岳。今回は満を持してリベンジに挑む。
26日金曜日。連休前の慌ただしい会社を、逃げるように定時で上がり、S号の集合場所である南武線矢野口駅に向かう。
南武線に大ザックを抱え込んで迷惑をかけつつ、集合時間の20時には余裕で到着。
調布地区でもう1名メンバーを拾って、調布インターから中央高速へ。

思いのほか順調に走行でき、途中で夕食をとっても12時前には上諏訪に到着。
今日は駅近くの温泉付きビジホで1泊して、明日に備える。

27日。ビジホの6時半からの朝食をとって、7時50分頃出発。
杖立峠を経由して約1時間で仙流荘に着いた。
途中、標高の高い所ではまだ桜が咲いていた。

仙流荘では仙流荘駐車場に前泊したÝ号が待っていた。
聞けば1時過ぎに到着して、仮眠をとったとのこと。

10時のバスは2台乗車で補助席使用なしだった。
今日は天気はイマイチ。鋸岳方面もガスってなにも見えない。
歌宿に着くと、小雪まで舞う始末・・・。
今日は林道歩き2時間半。テントと食料が肩に食い込む。
展望が開けないまま、黙々と歩いて北沢峠のテント場に到着。

それなりに混んでいたが、2張り並んで張れる場所を確保できた。
テント設営後、風よけブロックを積み上げる。結構重労働。
水場はじゃぶじゃぶ出ていて汲み放題。トイレは冬季用あり。小屋ではビール(自販機扱い・350ml)、日本酒、酎ハイ等を売っていた。

夕飯は鍋。
会話と明日への期待で食もお酒も進むが、今日は早めに切り上げて就寝。

28日。
起床時間よりも早めにテントから這い出ると、ピーカン! 予報通り素晴らしい天気。
朝食を取って、テントを張ったまま、6時過ぎに出発。

はじめは、林の中をトラバースしながら、高度を上げ、2合目で北沢峠からの尾根道に合流した。
五合目の少し上までは樹林帯の中の尾根道であったが、以後は視界が開ける。
木の間越しにちらちらと見えていた北岳や甲斐駒などが、バーンと見えるようになって、テンションがあがる。

そして、苦しい登りをこなしていくと、徐々により遠くの山が見えてくる。
はじめは、北岳、鳳凰三山、甲斐駒、鋸岳などだけであった眺望が、左手では間ノ岳や富士山。右手には北アルプス。そして後方では八ヶ岳がぐんぐん見えてくる。

八合目の鞍部を超えると、環水平アークと言われる珍しい虹が北岳方向にかかる。塩見岳や北アルプスに行っていた友人からも見えたという話があったので、この日は広い範囲で見えたのかもしれない。

そして、いよいよ頂上。
さえぎるもののない大展望。富士山、北岳、間ノ岳の標高BEST3が揃い踏みなうえに、北アルプスもバッチリ。浅間山も見えている。

大展望に満足したら、下山にかかる。

途中踏み抜き、足首が引っ掛かり抜け出せなくなり、Tリーダー他に掘り出していただく。(ルートを外れると腰まで踏み抜くこともあった。あんまりルートを外れてはだめですね。)

テント場に着いても、しばらくは、へとへとで動けない。
荷物はほとんどテントにデポしていたのに、雪山の8時間行動は結構疲れることを実感した。特にアイゼンを履いての歩行はやっぱり疲れる。

今回は、やらなかったがアイゼンのひっかけも圧倒的に疲れてきた下りでやってしまっている。気をつけねば・・・。

お隣りのテントが夏ペグだけだったので、風で飛ばされそうになっていたが、直してやる気力も起きない。いかんなぁ・・・

そんな中でもビールがうまい。
皆と2年越しの登頂を祝して、杯を上げた。

29日。今日も天気が良い。
でも、今日は下山。
朝食を済ませてから、テント撤収。
予定より、少し早いがじっとしていても寒いので出発する。

往路と異なり、今日は天気が良く、林道からも甲斐駒や鋸岳がよく見える。
鹿の窓の視力検査は、当然の如く見えなかったが、写真を撮ってみたらバッチリ。
こちらの方もいつか行きたいなぁ。(もちろん雪のない時でないと私には無理)

歌宿のバス停には、10時のバスよりも1時間半以上も早く到着。テントを干して、お茶をしようということで、分担して準備を始めると、下から1台のバスが上がってきた。

当パーティ以外にも沢山の方が下ってきたので、臨時で定時より早く出発すると言う。
大慌てで撤収して、8時50分にバスは出発。仙流荘には9時前に着いた。

この後は、高遠の「さくらの湯」に10時の開店と同時に入って汗を流して、高遠そばでおなかを満たした。

復路も杖突峠を経由し、GW後半戦を北アルプスで過ごすメンバーを茅野駅で降ろして、中央高速の人となったのでした。

ちなみに渋滞は殆ど無く、スムーズに帰宅できました!
訪問者数:83人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ