また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1843281 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳 BC ざらめ&湿雪を気持ち良く滑走

日程 2019年05月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候まあまあの晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉の登山者用駐車場に車を駐めました。早朝は2割ほど、戻ってきた時も8割ほどの感じでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間16分
休憩
45分
合計
9時間1分
S猿倉登山口駐車場05:5207:23白馬尻荘07:26白馬尻小屋09:52岩室跡10:20避難小屋10:4512:21白馬山荘12:4113:10避難小屋13:21岩室跡14:14白馬尻小屋14:53猿倉登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
スタート時点から残雪が出てきます。ほぼ雪の上の歩きになります。アイゼン、ピッケルは必須でしょう。
朝は雪も締まっていましたが、午後にはすっかり緩んでつぼ足では膝上の踏み抜きという感じでした。
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

白馬村から眺めた五竜岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬村から眺めた五竜岳。
1
白馬鑓、杓子岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬鑓、杓子岳。
2
駐車場脇から雪はつながっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場脇から雪はつながっていました。
長走沢は20mほど上流を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長走沢は20mほど上流を渡ります。
ここが小屋かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが小屋かな。
1
そしてものすごい量のデブリ。雪渓をほぼ埋め尽くしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてものすごい量のデブリ。雪渓をほぼ埋め尽くしています。
デブリの脇を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリの脇を進みます。
ここから雪崩れたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから雪崩れたようです。
1
この先は雪渓はきれいになります。まだ雪が多いせいか石があまりありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は雪渓はきれいになります。まだ雪が多いせいか石があまりありません。
4
こちら側からの落石もたまにある程度でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側からの落石もたまにある程度でした。
1
急斜面は板はザックに付けアイゼンで登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面は板はザックに付けアイゼンで登ります。
斜度はこれくらい。雪のコンディションによっては滑落に要注意です。(経験あり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度はこれくらい。雪のコンディションによっては滑落に要注意です。(経験あり)
ここは柔らかい新雪が20cmほど積もっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは柔らかい新雪が20cmほど積もっていました。
1
強い日差し&ほぼ無風でかなり暑かったです。この辺りから一気にペースダウン(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強い日差し&ほぼ無風でかなり暑かったです。この辺りから一気にペースダウン(^^;。
1
白馬岳頂上宿舎。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳頂上宿舎。
1
なかなか稜線にたどり着かず、もうばてばて(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか稜線にたどり着かず、もうばてばて(^^;。
白馬山荘が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘が見えてきました。
1
今日のピークはここ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のピークはここ。
絶景を眺めながら休憩&食事とします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を眺めながら休憩&食事とします。
1
食事後滑る準備をして、剣岳に向けて滑り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事後滑る準備をして、剣岳に向けて滑り始めます。
新雪は少し重めですが、真っ白なのは気持ちが良いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新雪は少し重めですが、真っ白なのは気持ちが良いです。
気持ち良いです(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良いです(^^)。
6
面ツルノートラックバーンをいただきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面ツルノートラックバーンをいただきます。
1
だんだんとザラメが深くなり、ターンの度に雪玉が転がり落ちていきます。まだ登ってくる人が多いので気を遣います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんとザラメが深くなり、ターンの度に雪玉が転がり落ちていきます。まだ登ってくる人が多いので気を遣います。
4
デブリまでは意外と滑りやすい斜面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリまでは意外と滑りやすい斜面です。
1
すっかりゆるんだ湿雪を滑りますが、それほど重くなく気持ち良くターンすることが出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかりゆるんだ湿雪を滑りますが、それほど重くなく気持ち良くターンすることが出来ました。
4
雪渓を埋め尽くしたデブリ。脇を滑り降りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を埋め尽くしたデブリ。脇を滑り降りていきます。
1
長走沢は登り返すのが面倒で、石の上を渡りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長走沢は登り返すのが面倒で、石の上を渡りました。
長走沢で板を外した以外はここまでスキーで下ってくることが出来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長走沢で板を外した以外はここまでスキーで下ってくることが出来ました。
ここからは帰りに見かけた花たちです。これはミズバショウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは帰りに見かけた花たちです。これはミズバショウ。
1
カタクリも沢山咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリも沢山咲いていました。
1

感想/記録

ほぼ1年ぶりとなる白馬岳にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけて来ました。今年はいつもより早い時期に来たこともあり、雪は猿倉からずっとつながっていました。帰りは駐車場までスキーで滑って下りれましたので、かなり楽ちんでした。
白馬大雪渓の下3分の1は一面のデブリで脇をなんとか通過するだけでした。
デブリ帯をぬけた先は石も少なく、滑りやすい斜面でした。
それにしても今シーズンの初のロングのBCということで体がまだ慣れていなくて最後はばてばてで(^^;、山頂は諦めました。でもその分早く滑り始めることが出来、多分今日大雪渓を滑ったのは5人目くらいでしたので、まだまだ多く残っていたノートラックバーンを滑ることが出来ました。
訪問者数:283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ