また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1845098 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

林道アシ谷→根古峰→ダイトレ→林道砥石谷

日程 2019年05月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴・湿度低く風が常に吹いていて気持ち良かった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口付近は公共の駐車場は無し・車で向かう際、登山口(林道)手前までの車道は狭い。登山口付近に道路が3倍くらい幅広になってるところがありそこに停めました。Google earthで確認可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間54分
休憩
6分
合計
3時間0分
S砥石谷林道入口分岐11:5313:31根古峰13:3813:52岩湧山三合目13:5314:19ダイトレ砥石谷道分岐14:2014:26砥石谷送電鉄塔14:2614:54砥石谷林道入口分岐G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り・林道アシ谷ルートは、中盤〜根古峰までは急登・S字でジグザグで進むが道幅がかなり狭く歩きにくく神経を使う。下り・林道砥石谷ルートはダイトレ分岐点からすでに標高が低いこともあり、道も整備されていて非常に歩きやすかった
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

左の砂利道が林道アシ谷の入口
2019年05月12日 11:49撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の砂利道が林道アシ谷の入口
車が通った過去の痕跡がありますが、車での通行は不可。入口横に車進入禁止の立て看板が倒れてました
2019年05月12日 11:55撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車が通った過去の痕跡がありますが、車での通行は不可。入口横に車進入禁止の立て看板が倒れてました
かなり先まで車が通れる道幅とコンクリート整備が見受けられるんですが、たび重なる土砂崩れがあったのか画像のように何ヶ所も道が細くなっていました。車進入禁止の意味を理解
2019年05月12日 12:08撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり先まで車が通れる道幅とコンクリート整備が見受けられるんですが、たび重なる土砂崩れがあったのか画像のように何ヶ所も道が細くなっていました。車進入禁止の意味を理解
緩やかな林道が終わると急斜面に出る。画像では見えないが、目視では見上げると樹々の隙間から空が見えていて尾根の近さを感じる
2019年05月12日 12:37撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな林道が終わると急斜面に出る。画像では見えないが、目視では見上げると樹々の隙間から空が見えていて尾根の近さを感じる
急斜面をジグザグに登る。急登。道幅は広くても40cm位?踏んでる体感は20〜30cm。綱渡りのように歩くような感じで本当に狭い。斜面側に斜めになってる所が多くて体幹が鍛えられる…
2019年05月12日 12:51撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面をジグザグに登る。急登。道幅は広くても40cm位?踏んでる体感は20〜30cm。綱渡りのように歩くような感じで本当に狭い。斜面側に斜めになってる所が多くて体幹が鍛えられる…
ぜぇぜぇしながらようやく尾根に出る、と言っても想像してた見晴らしは無し。しばらく歩くと急斜面では無く広い尾根になりホッとする
2019年05月12日 13:08撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぜぇぜぇしながらようやく尾根に出る、と言っても想像してた見晴らしは無し。しばらく歩くと急斜面では無く広い尾根になりホッとする
ここまで来れば根古峰まであと少し
2019年05月12日 13:23撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来れば根古峰まであと少し
根古峰・本日の目的地!ダイトレルートから少し離れた場所にある三角点
2019年05月12日 13:32撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根古峰・本日の目的地!ダイトレルートから少し離れた場所にある三角点
根古峰を後にして歩くと出るダイトレ分岐点まで来た
2019年05月12日 13:34撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根古峰を後にして歩くと出るダイトレ分岐点まで来た
通ってきた道を見上げ振り返る。看板の裏
2019年05月12日 13:35撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ってきた道を見上げ振り返る。看板の裏
ダイトレは広くて歩きやすい。この付近は初めて歩く
2019年05月12日 13:35撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレは広くて歩きやすい。この付近は初めて歩く
さくさくここまで来た
2019年05月12日 13:52撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さくさくここまで来た
紀見峠方向へ進みます
2019年05月12日 13:52撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紀見峠方向へ進みます
ひたすら階段だが段差が低めなのでかなり歩きやすい
2019年05月12日 14:28撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら階段だが段差が低めなのでかなり歩きやすい
ダイトレから、帰る方向の林道砥石谷ルートへ入る
2019年05月12日 14:36撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレから、帰る方向の林道砥石谷ルートへ入る
砥石谷ルートに入ってすぐ1分で、え?もう林道?とビックリ。実際にはもう車では進入できません。途中に何ヶ所か人しか通れない短い橋が新設されてました。送電鉄塔管理用の橋かな。こちらも土砂崩れがあった??
2019年05月12日 14:37撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥石谷ルートに入ってすぐ1分で、え?もう林道?とビックリ。実際にはもう車では進入できません。途中に何ヶ所か人しか通れない短い橋が新設されてました。送電鉄塔管理用の橋かな。こちらも土砂崩れがあった??
開花時期で登り下りも綺麗に群生してました
2019年05月12日 14:44撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開花時期で登り下りも綺麗に群生してました
帰りは本当に楽でした
木に隠れて見えませんが、出たところ左側に車が置いてあります
2019年05月12日 14:54撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは本当に楽でした
木に隠れて見えませんが、出たところ左側に車が置いてあります

感想/記録
by wappi

今回は根古峰にいかに最短で行くかという目的の山行でした。初めて行くのでヤマレコの標高マップをじっくり見て検討し、出発地点を決めましたが…上手い話は無いもんで。

同じルートで引き返す予定が根古峰到着時点で急斜面を下るしんどさを想像した途端、標高マップを確認し、予定してなかった別ルートで帰ることに。その選択は本当に正解でした。登りで使わなかった理由は、岩湧山3合目下の長ーい階段を嫌った為でした。

もう一度行くとしたら、アシ谷を選ばないかもしれないなぁ。地元の人は使ってるんでしょうけどね。ダイトレ岩湧山近くまで早く上がれますからね。安全・歩きやすさを優先なら砥石谷。アシ谷の急登序盤で気がついたんですがこの一帯、沢筋な上、土質がもろい。乾いてる土砂がサラサラしててビビる。
昔土砂崩れがあって、そうなった地形はほぼそのまま・今後防ぐ為に木を植えまくったと推察できました。防災林の看板もありましたしね
訪問者数:62人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 三角点 山行 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ