また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1846184 全員に公開 ハイキング東海

【根尾】三等・西ノ水【西ノ水谷左岸尾根】

日程 2019年05月05日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
本巣方面から国道157号→国道418号→県道255号、または山県方面から国道418号→県道255号で上大須→折越林道→越波。河内谷の林道(屏風山へ向かう林道)へ入り、猫峠への林道を過ぎ、岩ノ子谷の橋を渡ってすぐのスペースに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間43分
休憩
2時間36分
合計
11時間19分
S林道岩の子線起点P06:2807:19西ノ水谷左岸尾根取付き07:2908:47820mコブ09:0109:56・81510:0010:45900m10:5310:59根くぐりの大桧11:341050m11:4812:11三等・西ノ水13:3414:33根くぐりの大桧16:04820mコブ16:1316:58西ノ水谷左岸尾根取付き17:1217:47林道岩の子線起点PG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
3日連続のヤブ登山でバテぎみのCTとなっています^^;
コース状況/
危険箇所等
登山道ではありません。出かけられる際は自己責任でお願いします。
西ノ水谷左岸尾根取付きから820mコブまでは登山道とは言いませんが道があります。その先950mあたりまでシャクナゲが続きます。踏み跡はありますが倒木が多く回避しながらで難儀します。950mからは斜面状尾根に灌木ヤブの急登。ここは降りではルーファイに注意です。1050mからは緩みますが放射状灌木ヤブ。
その他周辺情報折越林道入口にトイレあり。コンビニ等はありません。

写真

林道・岩の子線起点からすぐ東に駐車地。駐車地前の林道は屏風山へ向かうもの。情報では現在はゲートのかなり手前までしか入れない模様。
2019年05月05日 06:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道・岩の子線起点からすぐ東に駐車地。駐車地前の林道は屏風山へ向かうもの。情報では現在はゲートのかなり手前までしか入れない模様。
1
林道・岩の子線もゲートにチェーンはかかっていませんが、歩き出したすぐ先で土砂崩れにより通行不能。
2019年05月05日 06:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道・岩の子線もゲートにチェーンはかかっていませんが、歩き出したすぐ先で土砂崩れにより通行不能。
一応ここで終点ということですが、まだ先に続いています。この標識、いいですね。ダメとは言ってないところが(笑)。
2019年05月05日 07:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応ここで終点ということですが、まだ先に続いています。この標識、いいですね。ダメとは言ってないところが(笑)。
1
西ノ水谷を橋で渡ります。自分的には右岸尾根も気になりますが、レイさん案を採用して左岸尾根で登ります。実際、右岸尾根では登頂は無理だったでしょう。
2019年05月05日 07:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ノ水谷を橋で渡ります。自分的には右岸尾根も気になりますが、レイさん案を採用して左岸尾根で登ります。実際、右岸尾根では登頂は無理だったでしょう。
こんなところにこんな案内が。遊歩道でも作る計画があったのでしょうか?
2019年05月05日 07:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところにこんな案内が。遊歩道でも作る計画があったのでしょうか?
左岸尾根末端から先にも地形図通りに道らしきが確認できますが、あてにできそうにありません。
2019年05月05日 07:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸尾根末端から先にも地形図通りに道らしきが確認できますが、あてにできそうにありません。
尾根末端を少し東に回り込んだところから取付きます。
2019年05月05日 07:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根末端を少し東に回り込んだところから取付きます。
植林の急登ですが、踏み跡はあります。3連チャンの3日目ということで、足が重い^^;
2019年05月05日 07:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の急登ですが、踏み跡はあります。3連チャンの3日目ということで、足が重い^^;
すぐに植林は終わり、グリーンシャワーを浴びながらの急登。
2019年05月05日 07:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに植林は終わり、グリーンシャワーを浴びながらの急登。
南からの尾根芯と合流すると傾斜は少し緩みます。ブナ交じりのさわやかな道。今日も素晴らしい奥美濃の新緑美を楽しんでいきます。
2019年05月05日 07:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南からの尾根芯と合流すると傾斜は少し緩みます。ブナ交じりのさわやかな道。今日も素晴らしい奥美濃の新緑美を楽しんでいきます。
・643あたりから松が出てきました。足元には松葉と松ぼっくりがたくさん。ブナと松という面白い混成林が続きました。なんだかすごく和のテイスト。
2019年05月05日 08:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・643あたりから松が出てきました。足元には松葉と松ぼっくりがたくさん。ブナと松という面白い混成林が続きました。なんだかすごく和のテイスト。
720mあたり。ブナはかなり葉を茂らせています。ここまでのところ、怖いくらいヤブなし快適な道が続いています。
2019年05月05日 08:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
720mあたり。ブナはかなり葉を茂らせています。ここまでのところ、怖いくらいヤブなし快適な道が続いています。
820mコブへの登りで灌木が目立ってきました。でも歩行に支障があるほどではありません。
2019年05月05日 08:34撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
820mコブへの登りで灌木が目立ってきました。でも歩行に支障があるほどではありません。
灌木の主役はこのウスギヨウラクとミツバツツジ。
2019年05月05日 08:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木の主役はこのウスギヨウラクとミツバツツジ。
820mコブには立派な桧。その樹皮はまるで獣の様。ここで小休止とします。
2019年05月05日 08:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
820mコブには立派な桧。その樹皮はまるで獣の様。ここで小休止とします。
そこからの下りでいきなりシャクナゲあらわる!踏み跡はあれど完全に覆われています。どうしてもコブ周辺はこうなるよね、ヤレヤレ、とこの時はまだ余裕でした。
2019年05月05日 09:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこからの下りでいきなりシャクナゲあらわる!踏み跡はあれど完全に覆われています。どうしてもコブ周辺はこうなるよね、ヤレヤレ、とこの時はまだ余裕でした。
そして裏年としてはまずまずの花付きで出迎えてくれました。
2019年05月05日 09:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして裏年としてはまずまずの花付きで出迎えてくれました。
ところがこれがいつまでたっても終わらない。まさかこれずっとじゃないよね?^^;
2019年05月05日 09:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところがこれがいつまでたっても終わらない。まさかこれずっとじゃないよね?^^;
花があるのがせめてもの救い。
2019年05月05日 09:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花があるのがせめてもの救い。
820mコブからすぐ次の800mコブ。ここからの降りでプチパニック。進むべき尾根が全く見えない。周りは崖で囲まれてる。と、レイさんから「こっち行けるよー!」と声がかかる。
2019年05月05日 09:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
820mコブからすぐ次の800mコブ。ここからの降りでプチパニック。進むべき尾根が全く見えない。周りは崖で囲まれてる。と、レイさんから「こっち行けるよー!」と声がかかる。
そのコブは末端が北西に向かっており、進むべき道は北方向にシャクナゲに隠れて続いていました。恐れず少し下って右手に直角に折れる感じです。ふぅ〜、あわやここで撤退かと思った。
2019年05月05日 09:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのコブは末端が北西に向かっており、進むべき道は北方向にシャクナゲに隠れて続いていました。恐れず少し下って右手に直角に折れる感じです。ふぅ〜、あわやここで撤退かと思った。
鞍部でいったんシャクナゲが切れ、ぬか喜び。その後・815への登りでちょっとした岩場。
2019年05月05日 09:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部でいったんシャクナゲが切れ、ぬか喜び。その後・815への登りでちょっとした岩場。
・815で、再びシャクナゲ地獄が始まりました。これだけならまだいいんですが、狭い尾根芯にたくさんの倒木が踏み跡を寸断しており、それを迂回したりくぐったりでペースが上がりません。
2019年05月05日 09:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・815で、再びシャクナゲ地獄が始まりました。これだけならまだいいんですが、狭い尾根芯にたくさんの倒木が踏み跡を寸断しており、それを迂回したりくぐったりでペースが上がりません。
鞍部で必ず姿を見せる屏風山が見守ってくれてます。どうぞ我々を無事登頂させてくださいませ。
2019年05月05日 10:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部で必ず姿を見せる屏風山が見守ってくれてます。どうぞ我々を無事登頂させてくださいませ。
2
徐々にシャクナゲの花も新鮮なものに。この花の時期じゃなかったらただの苦行だったことでしょう。
2019年05月05日 10:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々にシャクナゲの花も新鮮なものに。この花の時期じゃなかったらただの苦行だったことでしょう。
・815を過ぎても依然シャクナゲの勢いは衰えず。
2019年05月05日 10:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・815を過ぎても依然シャクナゲの勢いは衰えず。
12時までは頑張ってみようと漕ぎ進めます。
2019年05月05日 10:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時までは頑張ってみようと漕ぎ進めます。
いよいよ西ノ水への登りという820mあたりで大木が根こそぎ倒れた穴のせいでちょっとした岩登り。そのあとしばらく急登。
2019年05月05日 10:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ西ノ水への登りという820mあたりで大木が根こそぎ倒れた穴のせいでちょっとした岩登り。そのあとしばらく急登。
稜線はまだまだ遠いな。
2019年05月05日 10:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はまだまだ遠いな。
900m手前、尾根芯はまともに歩けず、踏み跡も東側斜面へ。
2019年05月05日 10:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
900m手前、尾根芯はまともに歩けず、踏み跡も東側斜面へ。
窪み状をヤブ漕ぎしながらトラバース。
2019年05月05日 10:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪み状をヤブ漕ぎしながらトラバース。
シャクナゲを見ながら尾根芯へ再びはい上がる。900m過ぎ。
2019年05月05日 10:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲを見ながら尾根芯へ再びはい上がる。900m過ぎ。
そのすぐ先の910mで巨大桧。尾根芯にどっかーん!です。
2019年05月05日 10:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのすぐ先の910mで巨大桧。尾根芯にどっかーん!です。
レイさんが吸い込まれる〜。
2019年05月05日 10:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レイさんが吸い込まれる〜。
この巨大桧の根元が西ノ水への唯一の門なのです。よく空いてたもんです。
2019年05月05日 10:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この巨大桧の根元が西ノ水への唯一の門なのです。よく空いてたもんです。
1
門をくぐると、「そう、それでよいのだ、くじけるでないぞ」と屏風山。
2019年05月05日 11:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門をくぐると、「そう、それでよいのだ、くじけるでないぞ」と屏風山。
1
等高線がギュッと詰まってくる950mあたりでようやく尾根芯からシャクナゲが姿を消しました。
2019年05月05日 11:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
等高線がギュッと詰まってくる950mあたりでようやく尾根芯からシャクナゲが姿を消しました。
ここからはイワウチワが慰めてくれます。
2019年05月05日 11:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはイワウチワが慰めてくれます。
灌木を掴みながらの斜面状の急登が続きます。この灌木に覆われているおかげで高度感は感じません。
2019年05月05日 11:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木を掴みながらの斜面状の急登が続きます。この灌木に覆われているおかげで高度感は感じません。
見通しの効くこの時期なら踏み跡を追うことも難しくありません。もう少しで頂上肩に届こうかという1050m手前で休憩適地。ここで呼吸を整えます。焦らない焦らない。
2019年05月05日 11:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見通しの効くこの時期なら踏み跡を追うことも難しくありません。もう少しで頂上肩に届こうかという1050m手前で休憩適地。ここで呼吸を整えます。焦らない焦らない。
そして1050mからは傾斜の緩い台地状。見事に放射状に枝を広げる株立ちのシロモジがじゃれついてきます。
2019年05月05日 11:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして1050mからは傾斜の緩い台地状。見事に放射状に枝を広げる株立ちのシロモジがじゃれついてきます。
これを避けて(避けきれませんが)右往左往。なかなか頂上は踏ませてもらえません。登頂は12時を過ぎてしまいそうですが、ここまできたからには…です。
2019年05月05日 11:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを避けて(避けきれませんが)右往左往。なかなか頂上は踏ませてもらえません。登頂は12時を過ぎてしまいそうですが、ここまできたからには…です。
タムシバもきれいに咲いていました。
2019年05月05日 12:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバもきれいに咲いていました。
そしてついに!我々には無理だと思っていた三等・西ノ水に到着しました。シロモジの枝に覆われていました。葉が茂ったら見つけるのは大変でしょうね。
2019年05月05日 12:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてついに!我々には無理だと思っていた三等・西ノ水に到着しました。シロモジの枝に覆われていました。葉が茂ったら見つけるのは大変でしょうね。
1
三角点からすぐ北のわずかなスペースでお昼の大休止のあと、下山開始。こんな白山展望ポイントがあったのは登りでは気づきませんでした。
2019年05月05日 13:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点からすぐ北のわずかなスペースでお昼の大休止のあと、下山開始。こんな白山展望ポイントがあったのは登りでは気づきませんでした。
2
ブナも大好きな小さな若葉の状態。この3日間、たくさん楽しませてもらいました。
2019年05月05日 13:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナも大好きな小さな若葉の状態。この3日間、たくさん楽しませてもらいました。
灌木急斜面の難しいルーファイに手こずり、いくつかのシャクナゲのコブを必死で漕ぎ抜け、820mコブまで降りたらもう一安心。あとは気を引き締めて快適な道を降りていきます。
2019年05月05日 15:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木急斜面の難しいルーファイに手こずり、いくつかのシャクナゲのコブを必死で漕ぎ抜け、820mコブまで降りたらもう一安心。あとは気を引き締めて快適な道を降りていきます。
そしてタップリ1日かかって今朝の取付き林道に帰還。のんびりと駐車地へと戻りました。
2019年05月05日 16:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてタップリ1日かかって今朝の取付き林道に帰還。のんびりと駐車地へと戻りました。
撮影機材:

感想/記録

昨秋、芋草谷に登った時に望み、大きな存在感と見事な自然林に覆われたその姿にひかれた根尾の三等・西ノ水に登りました。
ネットの情報ではかなりのヤブ山ということでこれまで躊躇していましたが、2日間しっかり奥美濃のGWを満喫したことだし、ダメもとでいいやのチャレンジとなりました。

実際登ってみると灌木やシャクナゲに覆われているものの、道があったことには驚きでした。これがなかったらシャクナゲ地獄の前に撤退していたことは間違いないでしょう。
また西濃とはちがった根尾の奥山らしい林相は新鮮で、大自然感があり景観にも凄みがありました。

今回のGWは山友レイさんがいなければ成しえなかった山行ばかりでした。初めの2つは車2台使っての縦走だったし、西ノ水は単独では心折れていたと思います。
ほんと、物好きな山友に感謝感謝です。
訪問者数:64人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/25
投稿数: 6398
2019/5/13 12:20
 もの好きな山とも
hermitちゃん、こんちは

またまた何処なのかわからないヤブ山、新緑で見事ですねww
私は奥美濃に出かけるときは道の駅とか登山口にハスラーとかXbeeとか
停まってないかチェックするのですがここらは未知の領域
奥美濃の最果てエリア、やっぱもの好きな山友って希少種よりも
希少価値ありますねww
登録日: 2014/6/8
投稿数: 102
2019/5/13 19:34
 Re: もの好きな山とも
neo-nさん、こんにちは。

そうですか、まだここら辺りは目をつけていなかったんですね。
neo-nさんのneoは、てっきり「根尾」なのかと思ってました
車はなるべく目につくように停めておきますね
物好きな山友はお金で買えないですからね。本当に神ですよ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ