また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1848928 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

富士山剣ヶ峰(富士宮口五合目から)

日程 2019年05月03日(金) 〜 2019年05月04日(土)
メンバー
天候2019年5月3日:晴れ
2019年5月4日:晴れ→曇り
アクセス
利用交通機関
バス
「富士駅」⇄「富士宮口五合目」
※富士急行バス
※オフシーズンは1日1往復のみ
http://bus.fujikyu.co.jp/rosen/fujitozan
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間24分
休憩
14分
合計
2時間38分
S富士宮口五合目10:5212:38元祖七合目山口山荘12:5213:30八合目池田館
2日目
山行
3時間34分
休憩
2時間37分
合計
6時間11分
八合目池田館02:5203:18九合目萬年雪山荘03:2003:40九合五勺胸突山荘03:4204:06富士宮口頂上04:0704:07三島岳04:21富士山04:2204:33大内院04:55富士山05:0605:06三島岳05:17富士宮口頂上05:28九合五勺胸突山荘05:3305:40九合目萬年雪山荘05:4205:55八合目池田館07:5208:01元祖七合目山口山荘08:0208:22新七合目御来光山荘08:3709:03富士宮口五合目G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
高山病の話を聞いていたので、ゆっくりゆっくり。休憩はかなりこまめに取った。
コース状況/
危険箇所等
五合目から雪渓。沢筋に雪が残り、尾根上は7〜8合目まで黒い土が露出していた。それ以上は岩と雪のミックス。雪面の固さが日射の有無で大きく変わる。昼間はツボ足でmax膝下まで埋まるズボズボの雪。一方、夜間は硬くなりアイゼンの歯だけは刺さる程度まで締まる。
その他周辺情報五合目のお土産屋さんには、食堂・トイレ・駐車場が整備されており観光客で賑わっていた。ただし、原則、飲料用の水道は無いので水が要るなら持参するか購入する必要有り(高額)。

装備

個人装備 ザック(50+10ℓ) ハードシェル オーバーズボン 長そで 長ズボン インナー上下 防寒着 靴下 テムレス インナー手袋 替え靴下 替えオーバー手袋 替えインナー手袋 バラクラバ ヘルメット アイゼン ピッケル ヘッドライト シュラフ シュラフカバー サーマレストマット 火器 ガス缶(小) ライター トレぺ コッフェル 武器 プラティパス(2ℓ) サングラス ゴーグル 地図(1/25 000) コンパス 電池 携帯 充電器 ラジオ 財布

写真

富士急行バスで五合目まで。
2019年05月03日 08:37撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士急行バスで五合目まで。
五合目でこの景色。五合目には思ったよりも観光客(それも外人が多い)が多かった。外人から"Are you a climber?" "Wow!" "Good Luck!"などと声を掛けられた。
2019年05月03日 10:26撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目でこの景色。五合目には思ったよりも観光客(それも外人が多い)が多かった。外人から"Are you a climber?" "Wow!" "Good Luck!"などと声を掛けられた。
歩きやすい雪渓を選んで脇の方を登る。maxで膝下まで埋まるが基本は足首程度。
2019年05月03日 11:23撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい雪渓を選んで脇の方を登る。maxで膝下まで埋まるが基本は足首程度。
元祖七合目山口山荘
2019年05月03日 12:44撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元祖七合目山口山荘
八合目池田館
2019年05月03日 13:34撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目池田館
八合目富士山衛生センター(オフシーズンも玄関の小スペースのみ解放されている)
2019年05月03日 14:04撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目富士山衛生センター(オフシーズンも玄関の小スペースのみ解放されている)
八合目から上方を望む。フィリピン系の3人組が、ランニングシューズみたいな軽装で登ってきた。
2019年05月03日 14:36撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目から上方を望む。フィリピン系の3人組が、ランニングシューズみたいな軽装で登ってきた。
晩御飯。と思いきや、おかずを忘れる悲劇…
2019年05月03日 18:43撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩御飯。と思いきや、おかずを忘れる悲劇…
AM2:50出発。雪面は締まっているとはいえ、アイゼンの歯はしっかり刺さるので歩きやすい。風もほとんどない。トレースでボコボコになっているが、これは昼間に付けられたものだ。
2019年05月04日 02:59撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
AM2:50出発。雪面は締まっているとはいえ、アイゼンの歯はしっかり刺さるので歩きやすい。風もほとんどない。トレースでボコボコになっているが、これは昼間に付けられたものだ。
謎のボッコが2本。鳥居が壊れたんだろうか?
2019年05月04日 03:08撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎のボッコが2本。鳥居が壊れたんだろうか?
九合目万年雪山荘。ここから斜度が一段階急になる。
2019年05月04日 03:18撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目万年雪山荘。ここから斜度が一段階急になる。
鳥居がある。
2019年05月04日 03:18撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居がある。
またなにかの鳥居。富士山にはいたるところに鳥居があった。端正な美しい山だから、まあいろいろ祀りたくなる気持ちは分かるし、しょうがない。
2019年05月04日 04:06撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またなにかの鳥居。富士山にはいたるところに鳥居があった。端正な美しい山だから、まあいろいろ祀りたくなる気持ちは分かるし、しょうがない。
十合目富士山頂郵便局。
2019年05月04日 04:07撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十合目富士山頂郵便局。
富士宮ルートの山頂に出る。ここまで上がっても風はほとんどない。ここから剣ヶ峰山頂までは一瞬。
2019年05月04日 04:09撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮ルートの山頂に出る。ここまで上がっても風はほとんどない。ここから剣ヶ峰山頂までは一瞬。
剣ヶ峰山頂着。この後、悲劇が…。
2019年05月04日 04:21撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山頂着。この後、悲劇が…。
1
お鉢の底から剣ヶ峰を見上げる。間違えて崖のようなところを下ろしてしまった。アリジゴクの底に落ちた気分だ。
2019年05月04日 04:33撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢の底から剣ヶ峰を見上げる。間違えて崖のようなところを下ろしてしまった。アリジゴクの底に落ちた気分だ。
登り返して御来光。さすがにこの標高では息が切れる。
2019年05月04日 04:57撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返して御来光。さすがにこの標高では息が切れる。
1
気象観測センター
2019年05月04日 05:07撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気象観測センター
ブロッケンが見れるかと思ったが…
2019年05月04日 05:12撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロッケンが見れるかと思ったが…
綺麗なシュプールが付いている
2019年05月04日 05:31撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なシュプールが付いている
謎の2本ボッコまで帰ってきた
2019年05月04日 05:45撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の2本ボッコまで帰ってきた
衛生センターでデポ品を回収。昼寝(朝寝?)して下山。
2019年05月04日 05:56撮影 by SHV40_u, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
衛生センターでデポ品を回収。昼寝(朝寝?)して下山。

感想/記録

初めての本州の山、初めての単独行、五合目が既に人生最高到達点。本州の山の知識はほとんど無かったので、天気が悪ければ(風、雷が怖い展開なら)即中止するつもりだったが、幸い天気には恵まれた。

Day1:晴れ
課金して五合目まで。観光客の群れの中、立ち入り禁止の策を越えるのは少し気が引ける。五合目には水道があると思っていたが、トイレの非飲料用しかなかったので、500mlのペットボトルを2本購入。高い。ワンデイで剣ヶ峰アタックしても、どのみち帰りのバスが無いのでのんびり登るモードに。本州の下界の暑さには辟易したが、この標高ならば雪はしっかりある。真昼の陽光でグサグサの雪。スノーシューはお金が無くて買えなかったので心配していたが、予想外に歩きやすくて安心する。あまり沢筋に入ると雪崩もあるかと思い、雪渓の端のほうを詰めていく。良い高度感。ズボズボだったが、念のため七合目からアイゼンを履く。プラ靴なので蒸れて暑い。これもお金が無くて冬季用登山靴が買えなかったからだ。すぐに八合目衛生センターに着く。ここの玄関がオフシーズンも解放されていることはネットでリサーチ済み。もしも人がいっぱいだったら今日は一旦下山しようと思っていたが、どうやら僕だけのようだ。宿泊決定。ラジオを聞きながらのんびり昼寝をして夜を待つ。FMがばっちり入って嬉しい。さすが富士山。19時の天気概況を聞いて就寝。明日は昼頃からが悪いかもしれないので急いでアタックしよう。外は綺麗な星空だが、街の夜景が眩しすぎて少し萎え…。

Day2:晴れ→曇り
AM1:30起床。1hと少しで支度を済ませるが、夜間行動は初めてなので少し怖くなってうじうじしていた。AM2:50Depa。雪は昼間と打って変わって硬い。アイゼンがキシキシ鳴る。固いとはいえ風は感じないので、あまり緊張感は無い。最後の郵便局に出るところのみ、夏道上を辿った。この標高に立派な建物があるのはなんだか不思議だ。そのままお鉢に沿って剣ヶ峰まで。自撮り写真を撮った直後、その悲劇が。うっかり地面に落としたスマホが、ゆっくりと滑り出したかと思うと、すぐさま音速に近い速度に達し、お鉢の底に吸い込まれていってしまったのである。まさにあっという間の出来事であった。少し呆然とする。時計を見る。日の出まで30min。取りに行くなら雪がガチガチの今しかない。迷っている時間は無かった。そう決心して、底の見えないお鉢に向かって悶絶バックステップを繰り出す。標高差200mを駆け下り底まで行くと、奇跡としか言いようが無いが、僕のスマホが落っこちていた。全速力で登り返して再び剣ヶ峰。日の出の瞬間は見逃してしまった。少し休憩して下る。九合目くらいで一番乗りの人とスイングバイ。衛生センター着。今の出来事が怖くなってちょっと眠ることにする。2hほど休んで下山開始。既に日は高く雪はすっかり緩んでいる。往きでは、帰りは宝永山に寄って帰ろうなどと思っていたが、既にどうでも良くなっていた。
訪問者数:20人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ