また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1853655 全員に公開 ハイキング日高山脈

伏美岳〜ピパイロ岳

日程 2019年05月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道入り口に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間54分
休憩
29分
合計
10時間23分
Sスタート地点05:5007:16伏美岳登山口09:29伏美岳09:4011:56ピパイロ岳12:0813:52伏美岳13:5815:00伏美岳登山口16:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

林道は崩壊箇所が多数
2019年05月18日 06:07撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は崩壊箇所が多数
2
大きく崩壊している箇所
右側に林道が続いている
2019年05月18日 06:46撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく崩壊している箇所
右側に林道が続いている
伏美小屋
よく見るとオレンジ色
2019年05月18日 07:11撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美小屋
よく見るとオレンジ色
5
登山道
合目標識は1合目と5合目しか気付かなかった
2019年05月18日 07:28撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道
合目標識は1合目と5合目しか気付かなかった
稜線は雪が多い
2019年05月18日 08:17撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は雪が多い
標高1400m辺りから雪道歩き
2019年05月18日 08:40撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1400m辺りから雪道歩き
2
伏美岳山頂!
2019年05月18日 09:32撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳山頂!
21
エサオマンとか神威岳方向だと思う
2019年05月18日 09:33撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エサオマンとか神威岳方向だと思う
6
これから向かうピパイロ岳方向
2019年05月18日 09:33撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かうピパイロ岳方向
8
戸鳶別岳、幌尻岳方向
2019年05月18日 09:33撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸鳶別岳、幌尻岳方向
6
芽室岳とかそっち方向だと思う
2019年05月18日 09:34撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芽室岳とかそっち方向だと思う
2
十勝平野は雲の下
2019年05月18日 09:34撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝平野は雲の下
1
ピパイロ岳に続く稜線
2019年05月18日 09:43撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳に続く稜線
6
雪の上を進む
2019年05月18日 10:21撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の上を進む
1
伏美岳を振り返る
2019年05月18日 11:05撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳を振り返る
2
ピパイロ岳が近づいた
2019年05月18日 11:24撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳が近づいた
2
ハイマツ帯を登れば山頂
2019年05月18日 11:46撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯を登れば山頂
3
ピパイロ岳山頂!
2019年05月18日 11:59撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピパイロ岳山頂!
21
日高の主稜線方向
2019年05月18日 12:00撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日高の主稜線方向
11
1967m峰から続く稜線
2019年05月18日 12:01撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1967m峰から続く稜線
4
スキーが欲しくなる斜面
2019年05月18日 12:23撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーが欲しくなる斜面
2
伏美岳までもう少しのところ
2019年05月18日 13:32撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳までもう少しのところ
2
伏美岳山頂から
朝は雲の下だった十勝平野が見えるようになった
2019年05月18日 13:51撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳山頂から
朝は雲の下だった十勝平野が見えるようになった
伏美岳山頂から
朝と変わらない稜線の風景
2019年05月18日 13:52撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳山頂から
朝と変わらない稜線の風景
4
伏美岳からの下り
2019年05月18日 14:01撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏美岳からの下り
2
林道を戻る
穏やかな雰囲気
2019年05月18日 15:13撮影 by Canon PowerShot G9 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を戻る
穏やかな雰囲気
1

感想/記録

伏美岳・ピパイロ岳を登ってみた。

林道崩壊で遠くなった伏美岳。旧登山口まで約7kmの林道歩きが必要。林道は崩壊箇所が多数あるけど、どれも立派な踏み跡が出来ていてスムーズに通過可能だった。

旧登山口から登山道へ入る。登山道は登るにつれ雪が増えてきて、標高1400m付近からは完全に雪道歩きとなる。踏み抜き多数でイライラMax状態の登りだった。特にカッパも着なかったため下半身ビショビショとなった。

伏美岳まで登ると日高稜線の素晴らしい風景が広がっていた。雪が残るこの時期は夏とはまた違う風景が素晴らしい!

伏美岳からはしばらく夏道を進む。ヤブっぽいけど道は明瞭。所々に残る雪にここでも踏み抜き多数で超面倒だった。コル辺りまで下ると完全に雪道となる。この辺りから良く締まった雪でようやく踏み抜き地獄から開放。それでも所々にあるズボズボ地帯には泣かされた。

ピパイロ岳の山頂からはさっきよりも少し近づいた幌尻岳が良く見えた。ピパイロ岳からは1967まで行く予定としていたが、踏み抜き多数の雪道歩きが面倒で中止としてしまった。根性が足りない。

伏美岳へ向けて登って来たルートを戻る。雪道の下りはスキーが欲しい気分だった。コルから伏美岳への登り返しはそれなりにしんどかった。

最後の林道は走ったり歩いたりしながらまったりと戻る。林道歩きも楽しかった。途中、座って休憩したら暖かくて少し居眠りした。

快晴の空で日高稜線の風景を眺めながらの素晴らしい山歩きを楽しめた。ただこんなに雪が残っているのは誤算だったかな。滑りが楽しめそうな斜面がたくさん見えたのでスキーでもぜひ登ってみたいと思った。
訪問者数:676人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ハイマツ 林道 コル 踏み抜き
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ