また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1857553 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

燧ヶ岳:御池から俎堯柴安

日程 2019年05月19日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日会津駒ヶ岳に登り尾瀬御池ロッジにて宿泊。
国道352号線(沼田街道)は新潟県側(樹海ライン)は冬期閉鎖ですが、御池までは入れます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
1時間53分
合計
6時間0分
S山の駅御池&御池ロッジ07:1407:16御池登山口07:1708:07広沢田代08:0808:32御池登山口 5合目08:4909:04熊沢田代10:1310:3210:42燧ヶ岳11:1311:2411:5912:20熊沢田代12:2712:38御池登山口 5合目12:48広沢田代13:11山の駅御池&御池ロッジ13:1313:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【全般】
最初から最後まで全て雪道です。夏道は出ていません。
夏道と異なりほぼ直登ルートを取ることになりますので、最初からアイゼンを履いた方が楽です。俎瑤世韻任靴燭薀團奪吋襪鷲要有りませんがストックはあった方が良いと思います。
ルートは特に指定は無くどこでも歩けます。標識等目印はありませんので自分で好きなルートを取ることになりますが、単純に高い方に向かうだけですので視界が良ければ全く困難はありません。
山頂(俎堯砲呂△泙蟇Δ妨かいすぎると岩場になりますので注意が必要です。
この日は全く踏み抜きは無くアイゼンで快適に歩けました。

【柴安堯
柴安瑤椀撕瑤箸楼曚覆蠢蠹急峻で頂上直下は雪壁の様になっていますので、確実なピッケル・アイゼンワークが必要です。
特に雪が緩むと下山には危険が伴いますので、初心者のみでの登頂は止めた方が良いと思います。
コースは俎瑤ら夏道(雪が消えてます)を鞍部まで下りそこから取り付きます。
ルートは向かって右側のハイマツがある方が傾斜が緩くなっています。
私は、登りは真ん中を直登、下りは傾斜の緩い右側(山頂からは左側)を降りました。
その他周辺情報尾瀬御池ロッジで入浴できます。(500円、前泊者は300円)
温泉ではありませんが、展望風呂で快適です。
檜枝岐まで下れば温泉が沢山有ります。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ

写真

前日会津駒ヶ岳を登った後、こちらの尾瀬御池ロッジに泊まりました。一応「山小屋」ですが、施設や食事は完全に「旅館」で、超快適でした。
2019年05月19日 07:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日会津駒ヶ岳を登った後、こちらの尾瀬御池ロッジに泊まりました。一応「山小屋」ですが、施設や食事は完全に「旅館」で、超快適でした。
2
夏道では無く、御池駐車場奥のこの辺りから取り付きます。
2019年05月19日 07:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道では無く、御池駐車場奥のこの辺りから取り付きます。
1
沼山峠へのシャトルバスも開通しましたが、駐車場はまだガラガラです。
2019年05月19日 07:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼山峠へのシャトルバスも開通しましたが、駐車場はまだガラガラです。
1
夏道は出ておらず、雪の上を頂上目指してほぼ直登します。
2019年05月19日 07:35撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は出ておらず、雪の上を頂上目指してほぼ直登します。
2
樹の周りの雪解けが進んでいますのでツリーホールに落ちない様注意が必要です。
2019年05月19日 07:58撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹の周りの雪解けが進んでいますのでツリーホールに落ちない様注意が必要です。
2
まずは広沢田代に向かって登って行きます。
2019年05月19日 08:01撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは広沢田代に向かって登って行きます。
2
踏み抜きは全くなく快適に進んでいます。
2019年05月19日 08:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜きは全くなく快適に進んでいます。
1
振り返ると昨日登った会津駒ヶ岳。
2019年05月19日 08:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると昨日登った会津駒ヶ岳。
2
平ヶ岳から越後三山に続く稜線。
2019年05月19日 08:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳から越後三山に続く稜線。
1
山頂をとらえました。
2019年05月19日 08:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をとらえました。
2
熊沢田代へは小ピーク(P1986)から下って行きます。
2019年05月19日 09:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代へは小ピーク(P1986)から下って行きます。
2
熊沢田代。一部雪が消えています。
2019年05月19日 09:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代。一部雪が消えています。
2
熊沢田代から山頂を望んで。
2019年05月19日 09:03撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊沢田代から山頂を望んで。
1
燧ヶ岳(俎堯忙劃此
2019年05月19日 10:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳(俎堯忙劃此
2
最高点は柴安瑤任垢三角点はこちら(俎堯砲僕ります。
2019年05月19日 10:18撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点は柴安瑤任垢三角点はこちら(俎堯砲僕ります。
1
俎瑤ら柴安瑤鯔召鵑如
2019年05月19日 10:30撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎瑤ら柴安瑤鯔召鵑如
2
最高点、柴安瑤鯡椹悗靴泙后
下山中の登山者が見えます。
2019年05月19日 10:36撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点、柴安瑤鯡椹悗靴泙后
下山中の登山者が見えます。
3
柴安山頂にて。
後から来た方に撮って頂きました。
後から来た方は女性二人組、一人はピッケル無しで登って来る猛者でした。
2019年05月19日 11:04撮影 by SC-01K, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安山頂にて。
後から来た方に撮って頂きました。
後から来た方は女性二人組、一人はピッケル無しで登って来る猛者でした。
2
平ヶ岳と越後三山が気になりますね。
柴安瑤砲董
2019年05月19日 11:05撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳と越後三山が気になりますね。
柴安瑤砲董
1
尾瀬ヶ原の雪は随分消えています。
至仏山も黒い部分が増えてますね。
2019年05月19日 11:05撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原の雪は随分消えています。
至仏山も黒い部分が増えてますね。
5
気になる越後三山をアップで。
2019年05月19日 11:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気になる越後三山をアップで。
3
新潟の山はまだ雪深いですね。
浅草岳や守門岳でしょうか?
2019年05月19日 11:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟の山はまだ雪深いですね。
浅草岳や守門岳でしょうか?
2
柴安瑤ら俎瑤鯔召鵑如
2019年05月19日 11:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柴安瑤ら俎瑤鯔召鵑如
1
会津駒ヶ岳。
柴安瑤砲董
2019年05月19日 11:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳。
柴安瑤砲董
2
尾瀬沼はまだ一部氷が残っていますが、すっかり春の様子ですね
2019年05月19日 11:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼はまだ一部氷が残っていますが、すっかり春の様子ですね
2
会津駒ヶ岳を眺めながら柴安瑤鮓紊砲靴泙后
2019年05月19日 11:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳を眺めながら柴安瑤鮓紊砲靴泙后
2
写真が下手で高度感が出ないのですが、頂上直下は雪壁の様です。
2019年05月19日 11:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真が下手で高度感が出ないのですが、頂上直下は雪壁の様です。
1
俎瑤泙婆瓩辰突茲泙靴拭
風をよけて食事にします。
2019年05月19日 12:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎瑤泙婆瓩辰突茲泙靴拭
風をよけて食事にします。
1
俎瑤倭蠹賑わっていました。
2019年05月19日 12:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎瑤倭蠹賑わっていました。
1
下山します。
雪道の下山は夏と違い本当に楽です。あっという間に熊沢田代まで降りてきました。
2019年05月19日 12:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。
雪道の下山は夏と違い本当に楽です。あっという間に熊沢田代まで降りてきました。
1
燧ヶ岳を振り返って。
二日間好天に恵まれ思う存分春山を満喫しました。
2019年05月19日 12:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳を振り返って。
二日間好天に恵まれ思う存分春山を満喫しました。
1

感想/記録

初日会津駒ヶ岳の記録はこちらです→https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1857552.html

会津駒ヶ岳で春山を満喫した後、御池まで車で移動し、尾瀬御池ロッジに宿泊しました。
ここにロッジがあることは知っていたのですが、泊まるのは初めてでした。
「山小屋」とのことでしたが立派な建物で風呂や部屋、食事等完全に「旅館」でした。
これで料金は「山小屋」ですから凄く得をした気がしました。

快適な「山小屋」で一夜を明かし翌朝も良い天気。
元気いっぱいに燧ヶ岳を目指しました。
この日は残雪がたっぷりで夏道は全く出ていないため最初から好きなところをどんどん登って行きました。
雪の状態が良くて踏み抜きは全くなし、アイゼンもよく利いて最高のコンディションでした。
加えて好天で視界はバッチリ!何の不安も無く好きなルートを山頂に向かって一気に登って行きました。
燧ヶ岳は双耳峰で俎瑤伴動濁瑤瞭鵑弔了劃困あります。(実際にはミノブチ岳、赤ナグレ岳、御池岳を含めた5峰らしい)
登り着いた山頂は俎堯∋鯵囘世有り殆どの人がここを山頂として引き返しているようでした。
私は今回、10年ぶりに来たので最高点の柴安瑤砲盡かってみました。
俎瑤ら柴安瑤呂舛腓辰伐爾辰禿个襪世韻任垢阿修海覆里任垢、雪の着いた柴安瑤話罅控渊圓覇辰忙劃債床爾論稱匹陵佑砲覆辰討り短い距離ですがちょっとしたスリルも楽しめました。
風があったため頂上でのんびりランチとは行きませんでしたが10年振りの山頂を満喫しました。
下山はシリセード天国、このためにわざわざ古いオーバーズボンまで持って来て山頂で履いて準備万端整えて一気に滑り下りました。
途中勢い余ってブッシュに突っ込んだりツリーホールに落ちたりしましたが、それも含めて楽しみました。
ちょっと前までの風雪吹きすさぶ冬山とは違い、明るく暖かい春山は「挑戦」等の言葉とは無縁の「遊山」と呼ぶにふさわしい楽しさでした。
訪問者数:746人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ