また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1867445 全員に公開 沢登り六甲・摩耶・有馬

長峰山 ハチノス谷遡行

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候「晴れ」のひと言。夏のような日でした
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
1時間16分
合計
5時間36分
Sスタート地点09:0209:09護国神社前09:29杣谷堰堤09:3209:45ハチノス第二堰堤10:0111:37ハチノス大滝11:5512:42長峰山(天狗塚)13:1513:24しるべ岩13:2513:49ハチノス第二堰堤13:5213:58山寺尾根 分岐点14:0014:02杣谷堰堤14:38灘温泉 水道筋店14:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
晴天が続いたことで水流が細り「沢登り」というには水不足でしたが、このジャンルで登録させて頂きました
コース状況/
危険箇所等
ハチノス谷は山慣れた人向けのマイナールート。
主な滝には巻き道やお助けトラロープ(使用に際しては要注意)があります。
この日の滝は水量が少なくて乾いている箇所が多く比較的登りやすかったですが、濡れている場合は滑りやすい岩質なので、決して無理をされませんように。
その他周辺情報下山後の立ち寄り湯 灘温泉水道筋店 430円(ボディソープ、リンスインシャンプーあり)
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

阪急六甲で二人合流。昨秋、六甲全縦でご挨拶して以来です(H)
今日一日よろしくお願いします(ku)
2019年05月26日 08:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪急六甲で二人合流。昨秋、六甲全縦でご挨拶して以来です(H)
今日一日よろしくお願いします(ku)
3
kurokuwaさんに教えてもらい、ここから杣谷堰堤の河原に出ます(H)
2019年05月26日 09:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kurokuwaさんに教えてもらい、ここから杣谷堰堤の河原に出ます(H)
3
あっさり堰堤河原に出ました(H)
東谷、杣谷、ハチノスの3川が合流します(ku)
2019年05月26日 09:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっさり堰堤河原に出ました(H)
東谷、杣谷、ハチノスの3川が合流します(ku)
4
おかげで最短ルートでハチノス谷に入れました。あれっ、水が流れてませんね(H)
2019年05月26日 09:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかげで最短ルートでハチノス谷に入れました。あれっ、水が流れてませんね(H)
3
最初に現れた黒汚れ堰堤。左を巻きました(H)
2019年05月26日 09:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に現れた黒汚れ堰堤。左を巻きました(H)
2
この谷がただ者ではないと感じさせるゴルジュを通過すると、(H)
2019年05月26日 09:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この谷がただ者ではないと感じさせるゴルジュを通過すると、(H)
4
3m小滝が登場! 水チョロチョロですがちょっと怪しい黒光り。滑りやすいので注意しましょう(H)
なんと、いきなりの仰向けドボンでした💦(ku)
2019年05月26日 09:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3m小滝が登場! 水チョロチョロですがちょっと怪しい黒光り。滑りやすいので注意しましょう(H)
なんと、いきなりの仰向けドボンでした💦(ku)
5
スタンスをパッと見極め登っていかれます(ku)
2019年05月26日 09:39撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタンスをパッと見極め登っていかれます(ku)
3
気を取り直して今度は確実に登って来られました(H)
地下足袋だけだと滑りやすいです(ku)
2019年05月26日 09:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して今度は確実に登って来られました(H)
地下足袋だけだと滑りやすいです(ku)
3
よだれ堰堤登場。ここも左側(右岸)を巻きます(H)
ウォーミングアップにはいい感じの巻きです(ku)
2019年05月26日 09:41撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よだれ堰堤登場。ここも左側(右岸)を巻きます(H)
ウォーミングアップにはいい感じの巻きです(ku)
3
巻道から水道橋が見えます(H)
2019年05月26日 09:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道から水道橋が見えます(H)
1
ハチノス谷の語源?「ハチ―ス」(ku)
諸説あるようですね^^(H)
2019年05月26日 09:44撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハチノス谷の語源?「ハチ―ス」(ku)
諸説あるようですね^^(H)
2
2つ目の3m小滝。ここも直登しましょう(H)
2019年05月26日 09:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ目の3m小滝。ここも直登しましょう(H)
2
水が無いからと、サクッと越えて行かれます(ku)
2019年05月26日 09:49撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が無いからと、サクッと越えて行かれます(ku)
2
ここでkurokuwaさん、ワラジを装着(H)
おまたせしました(ku)
2019年05月26日 09:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでkurokuwaさん、ワラジを装着(H)
おまたせしました(ku)
2
お馴染みのスリット堰堤(H)
段差がちょっと高いですね〜(ku)
2019年05月26日 09:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みのスリット堰堤(H)
段差がちょっと高いですね〜(ku)
4
裏から見ると肋木堰堤です(H)
2019年05月26日 09:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏から見ると肋木堰堤です(H)
3
ハチース谷気象観測所。もう稼働してない様子。右を通過します(H)
イメージと違ったので、新鮮でした(ku)
2019年05月26日 10:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハチース谷気象観測所。もう稼働してない様子。右を通過します(H)
イメージと違ったので、新鮮でした(ku)
2
4番目の滝は滑滝F1(以後、六甲山系アラカルートに準じてFNo.を記します)(H)
2019年05月26日 10:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4番目の滝は滑滝F1(以後、六甲山系アラカルートに準じてFNo.を記します)(H)
3
Hamさん、出来るだけ流芯をとの事で、従います(ku)
すみません。自分勝手な流儀に従って頂きまして(H)
2019年05月26日 10:02撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Hamさん、出来るだけ流芯をとの事で、従います(ku)
すみません。自分勝手な流儀に従って頂きまして(H)
3
二段の滝F2。右にトラロープありますが直登します(H)
2019年05月26日 10:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二段の滝F2。右にトラロープありますが直登します(H)
2
ど真ん中直球を狙って登ります(H)
角が丸まってるので慎重にのぼります(ku)
2019年05月26日 10:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ど真ん中直球を狙って登ります(H)
角が丸まってるので慎重にのぼります(ku)
6
何のためのコンクリでしょう?(ku)
取水口跡かな?(H)
2019年05月26日 10:11撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何のためのコンクリでしょう?(ku)
取水口跡かな?(H)
1
F3 ルートを読むHamさん(ku)
ここも右にトラロープありますが直登します(H)
2019年05月26日 10:12撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3 ルートを読むHamさん(ku)
ここも右にトラロープありますが直登します(H)
1
開脚登り(ku)
凹角に有効なステミングです。要は突っ張り棒ですね(H)
2019年05月26日 10:12撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開脚登り(ku)
凹角に有効なステミングです。要は突っ張り棒ですね(H)
6
ステミングは体の硬い人向けです^^(H)
体が硬いとダメですね(ku)
2019年05月26日 10:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステミングは体の硬い人向けです^^(H)
体が硬いとダメですね(ku)
3
更に開脚!!(ku)
F3上部。精一杯の大股開き^^;(H)
2019年05月26日 10:14撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に開脚!!(ku)
F3上部。精一杯の大股開き^^;(H)
5
次はkurokuwaさんの番ですよ〜(H)
開脚の前に、足場を探します(ku)
2019年05月26日 10:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次はkurokuwaさんの番ですよ〜(H)
開脚の前に、足場を探します(ku)
3
ルート選定するHamさん(ku)
確かここで二俣。左の水流がある階段滝に進みます(H)
2019年05月26日 10:16撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート選定するHamさん(ku)
確かここで二俣。左の水流がある階段滝に進みます(H)
3
F4 徹底して流芯を進む(ku)
F4、F5はどの滝かイマイチよく判りませんでしたが、存在感あったこの滝をF4とします(H)
2019年05月26日 10:20撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F4 徹底して流芯を進む(ku)
F4、F5はどの滝かイマイチよく判りませんでしたが、存在感あったこの滝をF4とします(H)
3
20m滝F6に到着。Hamさんが、トップロープ&ビレイをしてくれました(ku)
この谷の中ボス。ここを登るのが本日のメインイベントです(H)
2019年05月26日 10:23撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20m滝F6に到着。Hamさんが、トップロープ&ビレイをしてくれました(ku)
この谷の中ボス。ここを登るのが本日のメインイベントです(H)
4
「ロープ!!」と、何度も途中の樹に引っかかり手こずります(ku)
枝や木に引っ掛かって苦労しましたが何とか下まで届きました(H)
2019年05月26日 10:40撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ロープ!!」と、何度も途中の樹に引っかかり手こずります(ku)
枝や木に引っ掛かって苦労しましたが何とか下まで届きました(H)
5
落ち口の左に小さくHamさんの頭が見えています。この滝を今から登ります。(ku)
真ん中の岩を越えるのが核心でした(H)
2019年05月26日 10:40撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口の左に小さくHamさんの頭が見えています。この滝を今から登ります。(ku)
真ん中の岩を越えるのが核心でした(H)
3
いよいよ登攀開始。先ずはkurokuwaさん(H)
ハングをクリアした中段、まだまだ気を抜けません!(ku)
2019年05月26日 10:48撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ登攀開始。先ずはkurokuwaさん(H)
ハングをクリアした中段、まだまだ気を抜けません!(ku)
5
kurokuwaさんにビレイを交代して頂き登ります(H)
さすが余裕の表情(ku)
2019年05月26日 11:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
kurokuwaさんにビレイを交代して頂き登ります(H)
さすが余裕の表情(ku)
5
上から見たらやっぱり怖いわ💦(ku)
来た甲斐がありましたね(H)
2019年05月26日 11:22撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見たらやっぱり怖いわ💦(ku)
来た甲斐がありましたね(H)
3
チョックストーン滝F7。8m位。チョックストーンを越えるところが面白い(H)
2019年05月26日 11:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーン滝F7。8m位。チョックストーンを越えるところが面白い(H)
3
チョックストーンを越えるkurokuwaさん(H)
最後、右手に指が入る小さな穴をガイドしてもらいました(ku)
2019年05月26日 11:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョックストーンを越えるkurokuwaさん(H)
最後、右手に指が入る小さな穴をガイドしてもらいました(ku)
3
これも8m位のF8。上の岩が落ちてきませんように...(H)
2019年05月26日 11:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも8m位のF8。上の岩が落ちてきませんように...(H)
3
チムニー登り!(ku)
がカッコイイんですが、ザックが邪魔で外に出ました ^^;...(H)
2019年05月26日 11:31撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チムニー登り!(ku)
がカッコイイんですが、ザックが邪魔で外に出ました ^^;...(H)
3
トップの滑りやすいところもクリア(ku)
大岩、安定していました
2019年05月26日 11:33撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トップの滑りやすいところもクリア(ku)
大岩、安定していました
4
なかなか器用ですね(H)
関節突っ張り登り〜💦(ku)
2019年05月26日 11:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか器用ですね(H)
関節突っ張り登り〜💦(ku)
4
到着しました(H)
ヒエーッ!!腕力が(ku)
2019年05月26日 11:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着しました(H)
ヒエーッ!!腕力が(ku)
4
二段の滝F9(H)
2019年05月26日 11:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二段の滝F9(H)
1
F9の中段から先を観察する(ku)
2019年05月26日 11:35撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F9の中段から先を観察する(ku)
2
上段の滝にはトラロープありましたが、気にも掛けず直登します(H)
2019年05月26日 11:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上段の滝にはトラロープありましたが、気にも掛けず直登します(H)
3
流芯を攻め続けるHamさん(ku)
そろそろボスの出番?(H)
2019年05月26日 11:39撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流芯を攻め続けるHamさん(ku)
そろそろボスの出番?(H)
3
高さ20m超、この谷の大ボス、ハチノス大滝F10の登場です(H)
あ、これはアカンでしょう。無理(ku)
2019年05月26日 11:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高さ20m超、この谷の大ボス、ハチノス大滝F10の登場です(H)
あ、これはアカンでしょう。無理(ku)
6
これには手が出せず降参。右側(左岸)を高巻きます(H)
2019年05月26日 11:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これには手が出せず降参。右側(左岸)を高巻きます(H)
1
盍きも、ズルズルでそれなりに困難です(ku)
2019年05月26日 11:47撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盍きも、ズルズルでそれなりに困難です(ku)
2
この岩をプチ登攀すれば、大滝の滝口に出ます(H)
ロープは使わなくても大丈夫です(ku)
2019年05月26日 11:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩をプチ登攀すれば、大滝の滝口に出ます(H)
ロープは使わなくても大丈夫です(ku)
4
大滝の滝口(H)
先が見えない!(ku)
2019年05月26日 11:51撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝の滝口(H)
先が見えない!(ku)
4
すんなり通過(ku)
2.5mF11。この後、F12は水が無くて滝と気付かず通過してしまったようです(H)
2019年05月26日 11:54撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すんなり通過(ku)
2.5mF11。この後、F12は水が無くて滝と気付かず通過してしまったようです(H)
1
滝は全て終了。ここからは地味な谷道となります。二俣分岐を左の本谷へ(H)
2019年05月26日 12:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝は全て終了。ここからは地味な谷道となります。二俣分岐を左の本谷へ(H)
1
地図で方向を確かめます(ku)
またもや二俣。kurokuwaさんと相談し左の本谷へ。赤リボンもありました(H)
2019年05月26日 12:07撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図で方向を確かめます(ku)
またもや二俣。kurokuwaさんと相談し左の本谷へ。赤リボンもありました(H)
1
水流は消え、ひたすら谷を詰める展開に(ku)
ここからが長かったですね(H)
2019年05月26日 12:11撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水流は消え、ひたすら谷を詰める展開に(ku)
ここからが長かったですね(H)
2
会いたくない輩に出会ってしまいました。下流で一匹のカラスヘビ。ここでマムシ一匹 (゜ロ゜ノ)ノ(H)
ワクワク(ku) エーッ!?(H)
2019年05月26日 12:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会いたくない輩に出会ってしまいました。下流で一匹のカラスヘビ。ここでマムシ一匹 (゜ロ゜ノ)ノ(H)
ワクワク(ku) エーッ!?(H)
1
やがて浅く広い谷となります。予想より楽に稜線に出れるのではという雰囲気です(H)
急登手前の広くなだらかなエリア、地味にしんどい(ku)
2019年05月26日 12:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて浅く広い谷となります。予想より楽に稜線に出れるのではという雰囲気です(H)
急登手前の広くなだらかなエリア、地味にしんどい(ku)
2
コルのスカイラインが見えた!後少し(ku)
徐々に急登になりましたが、日柳川のようなラスボスも現れず稜線に出ることが出来ました(H)
2019年05月26日 12:34撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルのスカイラインが見えた!後少し(ku)
徐々に急登になりましたが、日柳川のようなラスボスも現れず稜線に出ることが出来ました(H)
1
最後はハチノス谷東尾根と西尾根間のコルへ(H)
ドンピシャの地点に詰め上がりました(ku)
2019年05月26日 12:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後はハチノス谷東尾根と西尾根間のコルへ(H)
ドンピシャの地点に詰め上がりました(ku)
2
いい感じです(ku)
おお、いつの間に(H)
2019年05月26日 12:41撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じです(ku)
おお、いつの間に(H)
4
固い握手をした後、昼食としました(H)
激闘を称えあいます(ku)
2019年05月26日 13:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
固い握手をした後、昼食としました(H)
激闘を称えあいます(ku)
10
ハチノス谷西尾根、下り偽トレースの地点です(ku)
ウッカリすると間違って入ってしまいそうですね。ご注意を(H)
2019年05月26日 13:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハチノス谷西尾根、下り偽トレースの地点です(ku)
ウッカリすると間違って入ってしまいそうですね。ご注意を(H)
1
ただいま〜、でもあんた誰?(H)
2019年05月26日 14:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただいま〜、でもあんた誰?(H)
2
行き過ぎてから振り返ると...この地の有名人でした(H)
ただいま〜(ku)
2019年05月26日 14:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行き過ぎてから振り返ると...この地の有名人でした(H)
ただいま〜(ku)
3
下山後はコンビニでいつものものをゲット。kurokuwaさんお付き合いありがとうございます(H)
灘温泉までのクールダウンです。ウマシ(ku)
2019年05月26日 14:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後はコンビニでいつものものをゲット。kurokuwaさんお付き合いありがとうございます(H)
灘温泉までのクールダウンです。ウマシ(ku)
3
地元住人kurokuwaさんに教えてもらい川沿いの道を下ります。杣谷川と六甲川が阪急鉄橋下で合流し都賀川になる様子を初めて見ました(H)
2019年05月26日 14:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元住人kurokuwaさんに教えてもらい川沿いの道を下ります。杣谷川と六甲川が阪急鉄橋下で合流し都賀川になる様子を初めて見ました(H)
2
そして灘温泉で汗を流してサッパリし、(H)
今日の灘温泉は熱かった(ku)
2019年05月26日 14:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして灘温泉で汗を流してサッパリし、(H)
今日の灘温泉は熱かった(ku)
2
水道筋商店街で反省会。ここでの話題は....ヒ・ミ・ツ(H)
楽しかったです、ありがとうございました(ku)
2019年05月26日 15:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水道筋商店街で反省会。ここでの話題は....ヒ・ミ・ツ(H)
楽しかったです、ありがとうございました(ku)
7

感想/記録

Hamさんと初のコラボ、ハチノス谷遡行へ同行させていただきました。遡行開始そこそこ3m程の、なんてない滝で滑落ドボンであおむけに・・まぁおかげで後は気が楽に濡れていけます(笑)。
ハチノス大滝の手前にある、途中ハングを交えながらの20mの滝はHamさんが用意してくれたトップロープで無事クリア。この滝フリーでも登れそうですが、落ちたらただでは済まない高さなので、ビレイの有りがたさがよく分かりました。
今日は、最後までハチノス谷を詰める目標ですが、西尾根と東尾根の連絡路を過ぎたあたりから稜線までの谷筋が地味にきつかったですね。
ともあれ、一日たっぷりのアドベンチャールートに大満足です。ありがとうございました。

感想/記録

ヤマレコつながりのkurokuwaさんとの初のコラボが実現。行き先はもちろん摩耶山か長峰山のマイナールート。暑いこともあって沢歩きに決定。
ハチノス谷では頭から水を浴びてシャワークライミングと思っていたのですが、晴天続きで沢の水はチョロチョロ。用意したサワーシューズを履くこと無く、滝登りというより快適な岩登り?の連続を楽しみました。
特に一人では登ることが出来なかったF6 15m超を登れたことが嬉しかったです。
kurokuwaさんはとっぱしの小滝でドボン! かくいう私も下りのハチノス谷西尾根の初っぱなで滑って転んで大分県。油断大敵でした!
kurokuwaさんはハチノス谷が初めてとのことでしたが、周辺の状況にすごく詳しいこと。普段御観察眼が違いますね。勉強になりました。
反省会では共通の趣味「等圧線」の話題も出て、楽しく過ごした一日でした。ありがとうございました。

p.s.
本レコ作成においても参考にさせていただいた「六甲山系アラカルート」のホームページが5月末をもって閉鎖になるようです。
週末どこを歩こうかと困った際に「六甲山系アラカルート」を見て行き先を決めたことが多々あります。私にとり六甲マイナールートのバイブルというべきサイトでした。大変お世話になりました。この場を借りて感謝の意を表します。
そして、可能ならば再びどこかで閲覧できるようになることを願っております。
訪問者数:367人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/1/2
投稿数: 237
2019/5/28 12:02
 kurokuwa65さん, Ham0501 さん、初めまして。
これを見てから、
いいえ、見ながら登れば良かった、と、
筋肉痛の脚をさすりながら、反省しきりです。

梅雨までに、再チャレンジできれば、
そのときは、スマホに仕込んで置きます。
登録日: 2015/2/3
投稿数: 200
2019/5/28 17:04
 Re: kurokuwa65さん, Ham0501 さん、初めまして。
_rara_ さん、はじめまして。
カスケードバレーから岩ケ谷への迷走?ご無事でなによりでした
ハチノス谷は巻きも多くあり、先人の努力で新しいトラロープも随所にあります(ありがたいです)。この季節、ニョロや羽虫が多く発生しますので、足元にくれぐれもご注意ください。
梅雨までにとありますが、もう少し水量があった方が楽しめそうです。タイミングよく今日は雨、この週末位がいいかもです。お気を付けて!
登録日: 2016/1/31
投稿数: 288
2019/5/28 18:43
 Re: kurokuwa65さん, Ham0501 さん、初めまして。
_rara_さん、はじめまして
残念です。_rara_さんのトレース見ると、ハチノス谷の河口近くまで来られてますよね。あと一日早くこのレコが完成していたら、_rara_さんが迷走?することも無かったでしょうに。
でも迷走しながら、岩ヶ谷をサクサク登ってしまうなんてスゴイですね。

今度来られるときはぜひこのレコのトレースを参考にして下さい。
この地にとても詳しいkurokuwaさんのおかげであっさりハチノス谷に取り付くことが出来ましたし、目標としたコルに出ることも出来ました。
なお主要な滝については巻き道がありますので、技量と安全性に応じて直登するか巻くかを判断していただければと思います。
楽しい沢歩きになることを願っております

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ