また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1868850 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

憧れの大無間山 ある意味満腹になる?山行

日程 2019年05月26日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間19分
休憩
1時間16分
合計
11時間35分
Sスタート地点05:0605:42雷段07:14小無間小屋07:1707:44P307:4608:05P208:0608:21P109:18小無間山09:2709:41唐松谷の頭10:08中無間山10:0911:07大無間山11:5012:39中無間山12:4013:00唐松谷の頭13:11小無間山13:53P113:5414:08P214:33P314:55小無間小屋15:0816:15雷段16:1716:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大崩落地
ナイフリッジよりも崩落を横目の下りが要注意
その他周辺情報田代温泉
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

スタート 登山届け
2019年05月26日 05:08撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート 登山届け
小無間小屋
2019年05月26日 07:17撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小無間小屋
小屋からの目指す大無間山
2019年05月26日 07:21撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋からの目指す大無間山
大崩落地 崩落の左側をロープで登ります
2019年05月26日 08:25撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大崩落地 崩落の左側をロープで登ります
崩落アップ(左端を登ります)きついです
2019年05月26日 08:34撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落アップ(左端を登ります)きついです
崩落ナイフリッジ(結構幅がありノーロープでも行けます)
2019年05月26日 08:36撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落ナイフリッジ(結構幅がありノーロープでも行けます)
3
崩落地からの富士山1
富士山大好き!元気が出ますhi
2019年05月26日 08:40撮影 by COOLPIX B500, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地からの富士山1
富士山大好き!元気が出ますhi
1
崩落地からの富士山2
2019年05月26日 08:43撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地からの富士山2
1
崩落地からの富士山3
2019年05月26日 08:40撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地からの富士山3
富士山4(富士山大好き!)
2019年05月26日 08:47撮影 by COOLPIX B500, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山4(富士山大好き!)
1
唐松の頭からの大無間山
2019年05月26日 09:41撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松の頭からの大無間山
南アルプス
上河内(手前)、聖(奥)、赤石、荒川
左奥に薄っすら中央アルプスも
2019年05月26日 10:50撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス
上河内(手前)、聖(奥)、赤石、荒川
左奥に薄っすら中央アルプスも
南アルプス
光 易老渡方面
2019年05月26日 10:51撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス
光 易老渡方面
池口岳(ここも結構キツカッタ〜)
2019年05月26日 10:56撮影 by COOLPIX B500, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池口岳(ここも結構キツカッタ〜)
1
少し雪あり 踏み抜き注意
アイゼン不用
2019年05月26日 10:56撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雪あり 踏み抜き注意
アイゼン不用
1
大無間山 山頂
眺望なし 残念
2019年05月26日 11:07撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大無間山 山頂
眺望なし 残念
下山時、崩落地下から
ここをヘロヘロ状態で下ります。特に注意必要
やっぱ下山は怖い。慎重に!
2019年05月26日 13:42撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時、崩落地下から
ここをヘロヘロ状態で下ります。特に注意必要
やっぱ下山は怖い。慎重に!
3
今回の登山に関係はないですが、横窪沢尾根からの大無間山山容
(大無間山が一番綺麗に見えるスポットです2018.7.11撮影)
2018年07月11日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の登山に関係はないですが、横窪沢尾根からの大無間山山容
(大無間山が一番綺麗に見えるスポットです2018.7.11撮影)

感想/記録

憧れで最強の山(私では) 大無間山に行って来ました。

小無間小屋までの2時間強は、急登ありの普通の南アルプス深南部登山ルートですが
これを過ぎると3つのピーク鋸歯がキツイ!
それを過ぎるとこの山の核心部である大崩落地があり、崩落横のロープ登りと四つん這いでの小無間までの急登。今までで一番キツイ登山かも? 足が出ませんhi。
でも大好きな富士山が出迎えてくれましたので頑張れました。

4時間20分掛かりやっと片道行程約半分の小無間山に到着 ヘロヘロ

ここから山頂までは約4kmの軽い(今までと比べたら)アップダウンの稜線歩きですが1時間40分掛かりました。(頂上手前は雪の無い所を選んで歩くと楽です)

11:07大無間山頂(2329m) 眺望はありません。
6時間掛かりました。キツカッタ〜
しかし問題は下りです。ヘロヘロ状態であの核心部を乗り越えなければいけません。

まずは小無間から大崩落地までの激下り。足を滑らしたら十数m滑落!ロープを持つ手も汗がにじみます。下りは細心の注意を!
約20mのナイフリッジ(思ったより幅はあります。恐れることはありません)まで何とか辿り着きました。

もう放心状態ですが、これからピーク3つ越えなければなりません。
2つ目のピークを前に完全にエネルギー切れ!足が出ません。ダウン
座り込んでバナナを食べてエネルギー補給(ほんとバナナは瞬間的にパワーが出ます。実感)

何とか3ピークを通過し、小無間小屋に15時到着 ここからは1時間40分の下りだが足が痛い!
1.5Lの水分も底を尽き、ヘロヘロ脱水症状で何とか16:45下山 ほんとキツカッタ〜!

この状態では220kmの道のりは帰れないので、途中の川根温泉道の駅でもう一泊車中泊 温泉後、お食事処で呑んだビールは旨かった。(^^)v

今までで一番キツイ山行でしたが、達成感は半端ないです。
訪問者数:648人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/15
投稿数: 1157
2019/5/29 7:41
 憧れの大無間山
sakakibaraeさん、おはようございます。
はじめまして。

早いですね!
自分は昨年いっぱい名古屋に長期出張していまして、年末の12月28日に登りましたが、休憩を除いても13時間近くかかってしまいました。

「あの大崩壊地の崩壊がさらに進んだら、あのルートは通行止めになるかもしれない!」といわれていましたが、まだ大丈夫なようですね。
ただ、あそこを登山者が歩いたり、雨風によって崩壊が進んでいるのは確かだと思います。

>達成感は半端ないです。
同感です!
登録日: 2017/5/7
投稿数: 31
2019/6/4 22:31
 Re: 憧れの大無間山
MonsieurKudo さん

コメント有難うございます。(返信遅くなりスミマセン🙇)

いや〜雪の有るその時期に登られたとは凄いです。
私なら13時間どころか完全リタイヤですわhi

初めて登ったので崩落がどれぐらい進んだかは不明ですがまだ大丈夫です。
ナイフリッジは意外と幅があり恐れることはなかったですが、やはり下りで崩落地を右に見ながら下降するのが怖かったです(´;ω;`)

私も色々な書き込みで「近い内に登れなくなる?」と書かれているので意を決して挑みました。厳しいけど人気がある?のか8組ぐらいの方とお会いしました。
いつもソロなので安心して登ることができました。

やはりここを挑戦するみなさんは足に覚えのある方ばかりですね!(私は???)
自身の体力測定で毎年登るのもいいかもしれませんが危険過ぎます。
(私はやらないかも…?)
この達成感を味わいたくドンドン山にハマっていくのですね(笑)

今回の前泊/後泊(車中泊)の行程をやったことで登れる山のレパートリーが広がったことも
大きな収穫でした。

家に帰って諏訪神社の湧き水で作った水割りも美味しかった〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ