また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1883379 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

赤石尾根から天祖山へ登り大ブナ尾根を下る

日程 2019年06月06日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
58分
合計
7時間19分
S鍾乳洞バス停08:4009:10八丁橋10:30大ブナ別れ10:3612:34会所12:3712:45天祖山13:1613:19会所13:2013:25唐松平13:3114:20大ブナ別れ14:3115:39天祖山を経て雲取山登山口15:59鍾乳洞バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
先週に続き天祖山です。
赤石尾根は仕事道が終り、自然林に入るまでが不明瞭です。
下る場合は要注意です。
登るときは尾根上を目指せば間違いないです。
大ブナ尾根の下りは、入口を間違えないようにして、尾根を外さなければ大丈夫です。
今回下った大ブナ尾根は、先週登った時は鹿などの動物の足跡しか見らませんてしたが、この日は明確な人跡が見られ、一週間の間に結構な人数が入ったようでした。

写真

終点の鍾乳洞バス停から小川谷橋を渡り・・・
2019年06月06日 08:40撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終点の鍾乳洞バス停から小川谷橋を渡り・・・
日原林道に入ります。
2019年06月06日 08:42撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原林道に入ります。
林道下に見える日原川はとても綺麗で涼し気です。
2019年06月06日 08:54撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道下に見える日原川はとても綺麗で涼し気です。
1
しかし、日の当たる林道は暑い!
2019年06月06日 08:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、日の当たる林道は暑い!
ガニ沢のカツラ
2019年06月06日 09:06撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガニ沢のカツラ
天祖山登山口を過ぎると
2019年06月06日 09:10撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祖山登山口を過ぎると
間もなくゲートに到着し、ひと休みします。
2019年06月06日 09:11撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなくゲートに到着し、ひと休みします。
ゲートからは日陰が多くなりますが林道歩きは続きます。
2019年06月06日 09:28撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートからは日陰が多くなりますが林道歩きは続きます。
林道から名栗沢のトチノキを見上げる。
今日は立ち寄りません。
2019年06月06日 09:54撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から名栗沢のトチノキを見上げる。
今日は立ち寄りません。
木段入口に着きましたが、下段は日が当たって暑いので上に登って身支度します。
先週はこの上で迷いましたが、赤テープに惑わされず、右から回り込んで水平歩道に出るのが正解です。
2019年06月06日 10:02撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段入口に着きましたが、下段は日が当たって暑いので上に登って身支度します。
先週はこの上で迷いましたが、赤テープに惑わされず、右から回り込んで水平歩道に出るのが正解です。
大ブナ別れ
木漏れ日がきれいで風も涼しい!
少し上から左へと入ります。
2019年06月06日 10:30撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ブナ別れ
木漏れ日がきれいで風も涼しい!
少し上から左へと入ります。
水平歩道を西へ
しばらくすると仕事道が横切り、鍛冶小屋沢を渡ります。
左下には林道が見えます。
2019年06月06日 10:37撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平歩道を西へ
しばらくすると仕事道が横切り、鍛冶小屋沢を渡ります。
左下には林道が見えます。
杉林に入ると左下から再び仕事道が登ってきて道が合わさります。
2019年06月06日 10:51撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林に入ると左下から再び仕事道が登ってきて道が合わさります。
檜林の中、大きくジグザクに上がっていくと東側に楢平が見えました。
2019年06月06日 11:15撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜林の中、大きくジグザクに上がっていくと東側に楢平が見えました。
尾根に乗るとピンクテープがありました。
明瞭な仕事道はここで終わり、その後道は曖昧になりました。
2019年06月06日 11:23撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗るとピンクテープがありました。
明瞭な仕事道はここで終わり、その後道は曖昧になりました。
突然西に向かう明瞭な道が現れました。
黄黒赤のテープでストップ。
このまま行くと尾根を巻いてしまいそうです。
2019年06月06日 11:38撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然西に向かう明瞭な道が現れました。
黄黒赤のテープでストップ。
このまま行くと尾根を巻いてしまいそうです。
少し戻って高みを目指すとテープと杭が現れました。
ひと安心です。
2019年06月06日 11:42撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し戻って高みを目指すとテープと杭が現れました。
ひと安心です。
自然林に入ると大木が迎えてくれました。
やっと尾根に乗っているのが実感できました。
2019年06月06日 11:48撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林に入ると大木が迎えてくれました。
やっと尾根に乗っているのが実感できました。
1
二本並んだ大木
2019年06月06日 11:52撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本並んだ大木
1
大木倒木が続く中、蝉時雨が降りそそぐ緑の森を歩きます。
2019年06月06日 11:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大木倒木が続く中、蝉時雨が降りそそぐ緑の森を歩きます。
1
岩場が現れ、奥には大木が見えます。
2019年06月06日 12:18撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場が現れ、奥には大木が見えます。
岩場上の大木です。
2019年06月06日 12:21撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場上の大木です。
1
左側にカンバの大木が現れると最後の詰めです。
鹿の足跡を追って急登すると・・・
2019年06月06日 12:26撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側にカンバの大木が現れると最後の詰めです。
鹿の足跡を追って急登すると・・・
会所に出ました。
2019年06月06日 12:33撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会所に出ました。
天祖山です。
今日も扉をそっと開け、中に入ってお参りをしました。
2019年06月06日 12:43撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祖山です。
今日も扉をそっと開け、中に入ってお参りをしました。
3
いつもながらのショボい昼食です。
2019年06月06日 12:54撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもながらのショボい昼食です。
食後は早々に山頂を後にします。
2019年06月06日 13:16撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食後は早々に山頂を後にします。
登山道には踏まれそうながらも可憐な花が。
ピンボケですみません。
2019年06月06日 13:25撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道には踏まれそうながらも可憐な花が。
ピンボケですみません。
唐松平に到着
2019年06月06日 13:28撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松平に到着
先週上がってきた真ん中の枯れ木を目印にして、大ブナ尾根へと入ります。
2019年06月06日 13:31撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週上がってきた真ん中の枯れ木を目印にして、大ブナ尾根へと入ります。
すぐに大きな岩があり
2019年06月06日 13:31撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに大きな岩があり
左へと回り込むと倒木帯があります。
2019年06月06日 13:34撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へと回り込むと倒木帯があります。
ブナとナラ?の大木
2019年06月06日 13:50撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナとナラ?の大木
竜がうねったような巨大な倒木
2019年06月06日 13:52撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜がうねったような巨大な倒木
アカヤシオが見えたのでちょっと寄り道
2019年06月06日 13:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオが見えたのでちょっと寄り道
植林の上部まで降りてきました。
2019年06月06日 14:04撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の上部まで降りてきました。
植林帯を下り切り、傾斜が急な細尾根を下ると
2019年06月06日 14:18撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を下り切り、傾斜が急な細尾根を下ると
大ブナ尾根に戻ってきました。
2019年06月06日 14:28撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ブナ尾根に戻ってきました。
朝方来た水平歩道を戻り、木段入口への分岐に出ます。
名栗沢のネジリモミを見るために左の水平歩道を行きます。
2019年06月06日 14:34撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝方来た水平歩道を戻り、木段入口への分岐に出ます。
名栗沢のネジリモミを見るために左の水平歩道を行きます。
歩く人も少ないのか落ち葉に埋もれています。
今では水源巡視路として使われていますが、いにしえの日原街道です。
昔の人もここを歩いたのですね。
2019年06月06日 14:41撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩く人も少ないのか落ち葉に埋もれています。
今では水源巡視路として使われていますが、いにしえの日原街道です。
昔の人もここを歩いたのですね。
2
名栗沢に出ました。
二股になっており、どちらにも水流がありました。
2019年06月06日 14:44撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名栗沢に出ました。
二股になっており、どちらにも水流がありました。
沢を渡ると小屋の跡と意味不明なものが???
2019年06月06日 14:49撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡ると小屋の跡と意味不明なものが???
しばらく行くと下へと降りる道がありました。
そのまま進んだのですがネジリモミがどこにあるのかわからず、ヤマレコマップから道外れの警告も出たのでここまで戻り、右下へと下りました。
2019年06月06日 14:51撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく行くと下へと降りる道がありました。
そのまま進んだのですがネジリモミがどこにあるのかわからず、ヤマレコマップから道外れの警告も出たのでここまで戻り、右下へと下りました。
名栗沢橋に降りてきました。
再び日原林道を下ります。
2019年06月06日 15:09撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名栗沢橋に降りてきました。
再び日原林道を下ります。
真ん中の切れ込みは日陰名栗沢です。
本当は優雅に写真を撮っている余裕はなく、鍾乳洞からの最終バスに乗るために速足で必死に歩いています。
2019年06月06日 15:14撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中の切れ込みは日陰名栗沢です。
本当は優雅に写真を撮っている余裕はなく、鍾乳洞からの最終バスに乗るために速足で必死に歩いています。
最終バスに間に合いました。
2019年06月06日 15:58撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終バスに間に合いました。
奥多摩駅のトイレの中にはツバメが巣を作っていて、雛も大きくなってきました。
ピンボケですみません。
2019年06月06日 16:37撮影 by SH-03J, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅のトイレの中にはツバメが巣を作っていて、雛も大きくなってきました。
ピンボケですみません。
訪問者数:159人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ