また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1895232 全員に公開 沢登り御在所・鎌ヶ岳

中ノ谷

日程 2019年06月16日(日) [日帰り]
メンバー
 rom
, その他メンバー1人
天候冬型気圧配置のため足早に雲が通り過ぎる。
時々晴れ間があるものの、小雨が降ったりやんだり。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮妻峡キャンプ場に駐車
ゲートはもう少し上なので、そこまで車で行くこともできる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
7分
合計
5時間38分
S宮妻峡駐車場07:3611:50キノコ岩11:5111:56水沢岳12:10水沢峠12:1312:44水沢峠登山口12:4713:14宮妻峡駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日の低気圧通過のため増水
その他周辺情報温泉:アクアイグニス
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

入渓ポイント
2019年06月16日 08:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入渓ポイント
最初の2段8m
2019年06月16日 08:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の2段8m
1
水量多くてとても登れなさそう
2019年06月16日 08:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量多くてとても登れなさそう
1
右岸側の小沢から巻く
2019年06月16日 08:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸側の小沢から巻く
1
しばらく穏やかな河原歩き
2019年06月16日 08:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく穏やかな河原歩き
1
"く"の字の滝
2019年06月16日 08:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
"く"の字の滝
1
ゴルジュ内5mトイ状
ここも水量が多いので巻くことに
2019年06月16日 08:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュ内5mトイ状
ここも水量が多いので巻くことに
1
右岸側にちょうどいいスロープあり
2019年06月16日 09:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸側にちょうどいいスロープあり
1
その上の滝も巻く
2019年06月16日 10:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の滝も巻く
2
北中ノ谷出合
2019年06月16日 10:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北中ノ谷出合
1
出合すぐの滝はずぶ濡れになりながら越える
2019年06月16日 10:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合すぐの滝はずぶ濡れになりながら越える
2
主稜線から伊勢湾側
2019年06月16日 11:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線から伊勢湾側
1
時折晴れて伊勢湾が見える
2019年06月16日 12:13撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折晴れて伊勢湾が見える
1
下山路も増水
2019年06月16日 12:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路も増水
1
山行中吸い付かれたもの x1
下山後発見 x1
2019年06月16日 13:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行中吸い付かれたもの x1
下山後発見 x1
1

感想/記録
by rom

今シーズン沢初め。
前日の低気圧通過後で増水しており、主だった滝はほとんど登れず巻くことになった。
それでもロープワークの練習ができて行った価値は十分にあった。
初ヒルの洗礼も笑

山科駅6時集合、3月に開通した新名神新ルートをの鈴鹿PAからスマートICで下りて、宮妻峡キャンプ場へ。
小雨降る中、ひとまず様子見てみようか、と言いながら入渓ポイントへ行ってみる。
判断は難しいものの、最初の西へ分岐していく支沢の分岐まで行ってみて、遡行する沢の水量が減ってそうなら行ってみようか、と言いながら遡行スタート。

最初の2段8mはやはり増水しているので登れないと判断、右岸側の小沢を登って巻いていく。
登りきると地形図にある道にぶつかり、そのまま道を進む。
ちょうどいいところで沢へ下りる。懸垂下降は不要。
すぐに支沢の分岐があるものの、単調な河原歩きが続くため進退の判断がつかない。
ゴルジュ状5mトイ状滝で判断しよう、と決めて河原歩きを進める。

"く"の字の滝は簡単に抜け、今回の核心と思われるゴルジュ状5mトイ状滝へ至る。
やはり水量多く、滝は登れない。
戻るか巻くか、と思い周りを見渡すと、右岸側にちょうどよさそうなスロープが。
そこから尾根に乗れそうだったので、巻くことに決定。
ここでリードして登る練習をさせてもらう。
今回は2人だったのでしっかり教えていただく時間が取れて、いい機会となった。
しかし今回の行程では腐った木が多く、遠目から見えるほど手がかり足掛かりが少なくてちょっと苦労した。
そして気づいたら手首には血がにじむ。ヒルにやられた。
幸い(?)ヒルは取れていたので、吸い付かれているところは見ないで済んだ。

2ピッチ登って滝を越えて沢に下りるものの、次の滝も登れず右岸側を巻く。
程なくして北中ノ谷出合へ。
計画では北中ノ谷へ入って鎌ヶ岳方面へ抜けるつもりだった。
北中ノ谷への滝は高くてとても登れないので、記録では中ノ谷方面へ一段行ってから北中ノ谷へ入っている。
同じようにするつもりだったけれど、小滝で転んで左太ももと肩を強打。
出血や骨への影響はなくてケガの影響は軽微であるものの、大事をとって遡行は打ち切り。
最短で稜線の登山道へ上がれる尾根へ取り付き、宮越山(水沢山)近くの登山道へ出た。

そこからは登山道を辿って駐車場へ。
沢中を通る登山道であり、増水していて普通の登山靴では厳しそうなところもあった。


足は痛むもののきつめな筋肉痛程度。
2日後の今ではほとんど痛みは引いてきて問題なし。
しかし一つのケガでパーティの行動が大きく制限されることを身をもって経験して、より一層慎重に行動すべきと感じた。
訪問者数:130人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ