また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1900102 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

政次郎尾根〜表屋根〜ニノ塔尾根

日程 2019年06月21日(金) [日帰り]
メンバー
天候くもり、時々ガス
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
1時間4分
合計
6時間50分
S大倉バス停07:1007:45竜神の泉07:5008:20新茅山荘08:30作治小屋08:3508:37戸沢山荘08:4010:05政次郎ノ頭10:1510:30行者ヶ岳10:3510:50烏尾山10:5511:25三ノ塔地蔵菩薩11:28三ノ塔11:4211:53二ノ塔12:0013:10葛葉ノ泉13:2014:00菩提原バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ニノ塔尾根は林の中を通ることが多いので、トレース跡を良く見て歩いてください。
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ

写真

大倉バス停です。始発のバスは登山客で混んでいました。もう少しで座れないところでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉バス停です。始発のバスは登山客で混んでいました。もう少しで座れないところでした。
知りませんでしたが、丹沢賛歌というのがあるのですか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知りませんでしたが、丹沢賛歌というのがあるのですか。
つり橋。何度も見かけていますが、渡るのは久々です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つり橋。何度も見かけていますが、渡るのは久々です。
間違って三ノ塔の方に行きそうになりました。危ない危ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違って三ノ塔の方に行きそうになりました。危ない危ない。
つり橋を潜る様に、戸沢林道が通っているわけです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つり橋を潜る様に、戸沢林道が通っているわけです。
しばらくは、何の変哲も無い林道をとぼとぼ歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは、何の変哲も無い林道をとぼとぼ歩きます。
なんだか、でっかい要壁ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか、でっかい要壁ですね。
こんなところに、国定公園の看板が。見る人少ないだろうなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところに、国定公園の看板が。見る人少ないだろうなぁ。
竜神の滝。煮沸して飲みなさいと書いてありましたので、顔をじゃぶじゃぶする程度にしておきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜神の滝。煮沸して飲みなさいと書いてありましたので、顔をじゃぶじゃぶする程度にしておきます。
チャッピー(仮称)登場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャッピー(仮称)登場。
1
あ、ここで表丹沢林道が終わるんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、ここで表丹沢林道が終わるんですね。
新茅荘。ちょうどご主人が出勤のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅荘。ちょうどご主人が出勤のようです。
作治小屋。ここはだれもお泊りの人は居ないみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作治小屋。ここはだれもお泊りの人は居ないみたい。
戸沢となり、まっすぐ行くと天神尾根経由で花立となります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢となり、まっすぐ行くと天神尾根経由で花立となります。
裏にこっそり看板があり、ここが政次郎尾根の登山道となります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏にこっそり看板があり、ここが政次郎尾根の登山道となります。
まずは、横にある休憩所で、装備の最終チェックをします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは、横にある休憩所で、装備の最終チェックをします。
いきなりの渡河。でも水量少ないので問題ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの渡河。でも水量少ないので問題ありません。
政次郎尾根よりも、もっと大切にしたいことがある、とも思える看板の配置。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根よりも、もっと大切にしたいことがある、とも思える看板の配置。
予想どおりの急登です。これが90分続くらしいです。汗びっしょりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想どおりの急登です。これが90分続くらしいです。汗びっしょりです。
あれれ、見事に剥がれた木の根っこ。これぐらいしか見所ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれれ、見事に剥がれた木の根っこ。これぐらいしか見所ありません。
一時間以上登るとやっと表屋根が見えてきます。遥か向こうに烏尾山小屋、三ノ塔小屋があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間以上登るとやっと表屋根が見えてきます。遥か向こうに烏尾山小屋、三ノ塔小屋があります。
やっと、表屋根に着きました。長かった。尾根道は誰とも会いませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、表屋根に着きました。長かった。尾根道は誰とも会いませんでした。
シロヤシオ。完全なるピンボケ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオ。完全なるピンボケ。
1
これは何のお花でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何のお花でしょうか。
三ノ塔方面に向かいますが、いきなりの崩落箇所。登りの時は感じませんでしたが、下りは結構怖いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔方面に向かいますが、いきなりの崩落箇所。登りの時は感じませんでしたが、下りは結構怖いです。
いつもの鎖場。待ち人なしです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの鎖場。待ち人なしです。
1
いつもの鎖場第二段。ここも待ち人なしです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの鎖場第二段。ここも待ち人なしです。
行者ガ岳です。ここまではすれ違う人なしです。まだ時間的に早いのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ガ岳です。ここまではすれ違う人なしです。まだ時間的に早いのかな。
終わりかけのシロヤシオ。結構散っていますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わりかけのシロヤシオ。結構散っていますね。
烏尾山山荘。ここにも誰も居ません。ゆっくり独り占めでのおにぎりタイムです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏尾山山荘。ここにも誰も居ません。ゆっくり独り占めでのおにぎりタイムです。
三ノ塔が目の前で、ガスってきました。あー、登り返しが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔が目の前で、ガスってきました。あー、登り返しが。
何だが泡を吹いた植物があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だが泡を吹いた植物があります。
へーへーとなりながら、奈落の底から三ノ塔直前まで登ってきました。いつもお地蔵さん。こんにちは。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へーへーとなりながら、奈落の底から三ノ塔直前まで登ってきました。いつもお地蔵さん。こんにちは。
1
三ノ塔休憩小屋。ここにきてやっと人が目立ち始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔休憩小屋。ここにきてやっと人が目立ち始めます。
新しいトイレがあったので、使用してみました。快適でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しいトイレがあったので、使用してみました。快適でした。
こんどはニノ塔。10分ほどで行ける筈ですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんどはニノ塔。10分ほどで行ける筈ですが。
最後の登りでスローダウンですね。疲れ気味かもしれので、ここ二ノ塔でゆっくり休憩します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りでスローダウンですね。疲れ気味かもしれので、ここ二ノ塔でゆっくり休憩します。
今日は二ノ塔尾根を下ります。こんな感じの細めの道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は二ノ塔尾根を下ります。こんな感じの細めの道を進みます。
あれ地図にはない分岐が。丹沢詳細地図には点線でありました。ここのまっすぐ、二ノ塔尾根を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ地図にはない分岐が。丹沢詳細地図には点線でありました。ここのまっすぐ、二ノ塔尾根を進みます。
1
以降、こんな感じの林の中が続きます。目を離すとトレース跡がわからなくなるので、最新の注意です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以降、こんな感じの林の中が続きます。目を離すとトレース跡がわからなくなるので、最新の注意です。
一旦、林道に出て、またすぐに登山道になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、林道に出て、またすぐに登山道になります。
昔は車も通れる砂利道だったのに、今は草ボーボーです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔は車も通れる砂利道だったのに、今は草ボーボーです。
桜沢林道の終点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜沢林道の終点。
葛葉の泉。ここはタンクなどで水を持ち帰っても良いそうで、空いたペットボトルに入れて、飲みながら帰りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛葉の泉。ここはタンクなどで水を持ち帰っても良いそうで、空いたペットボトルに入れて、飲みながら帰りました。
すぐ隣の公園。有料公衆トイレもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ隣の公園。有料公衆トイレもあります。
表丹沢野外活動センター。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表丹沢野外活動センター。
新東名高速道路の工事をしています。橋+トンネルとは、すごいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新東名高速道路の工事をしています。橋+トンネルとは、すごいですね。
菩提原バス停に到着。お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提原バス停に到着。お疲れ様でした。

感想/記録

塔ノ岳に登るにあたって、以前から気になっていた政次郎尾根経由で行くことにします。破線ルートでもなさそうなので、道迷いの心配はないです。

[渋沢駅バス停]
朝一番の大倉行きバス停に乗ろうとしたら、一杯の人。辛くも座れまして、皆さん朝早くからご苦労様です。

[大倉、風の吊り橋]
皆さん、塔の岳、鍋割山方面に足が進み、吊り橋方面はわずか二人。そうですよね、こっち方面、あまり人気コースではないですからね。

[戸沢林道]
でもなぜか、1名のハイカーが前方を歩いており、ソロではありませんでした。竜神の泉で一休みして、90分長いこと林道を歩いていきます。これといった見ものは巨大な要壁と泉ぐらいでしょうか。

[作治小屋、戸沢山荘]
施設はありますが、利用者は居ない模様です。まだ季節が早いのかな。臨時休憩所で一休みして、いよいよ政次郎屋根に臨みます。

[政次郎屋根]
予想通りの急登。1000mぐらいまでは、踊り場的緩やかな場所もなく、淡々とかつ汗びっしょりでひたすら登ります。眺望もありません。1000m過ぎると尾根道になり、両側から涼風を受けるようになり、少し気持ちよくなってきます。最後の10分で表屋根が見え始め、へーへー言いながら政次郎の頭に到着します。あー疲れた。

[ここで考える]
今居る場所から上を見ると相当ガスっています。午後から天気も悪くなりますし、,海里泙淌礇粒戞疎臍匆虻〜大倉、にするか、∋哀療磧岨哀療稟根〜萩山林道〜牛首〜大倉、にするか、三ノ塔〜二ノ塔〜桜沢林道〜菩提にするか、はたと考えます。,和進雨に会うのでボツ、後は↓ですが、が行ったことがないルートなので、にすることにしました。

[表屋根逆ルート]
行者が岳、烏尾山、三ノ塔、二ノ塔と逆にたどって行くことになります。烏尾山までは誰にも会いません。まだ時間的に早いのでしょうね。烏尾山から三ノ塔の登り返しがしんどかったです。ここで政次郎の急登疲れが出てきたようです。

[二ノ塔尾根]
二ノ塔から菩提まで下ります。初めてのルートで迷うことはありません。ただし、林の中を通ることが多いので、トレース跡をきちんと追っていかないと、「おや?」と思わせるところはあります。ここは終始だれとも会わずです。

[菩提]
桜沢林道に出ると、林業関係者のチェーンソーの音があちらこちらで鳴っていて、作業中にようです。ゲートを過ぎると「葛葉の泉」があり、水を汲んでいっても良いとの事なので、ペットボトルに詰めて、歩きながら飲んでいました。
訪問者数:139人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ