また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1905732 全員に公開 ハイキング 近畿

夏の笹原を歩く。段ヶ峰。

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年06月24日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口に駐車スペースとトイレ有り
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
1分
合計
5時間31分
S生野高原登山口10:2110:46達磨ヶ峰11:34最低コル12:01フトウガ峰12:0212:44段ヶ峰13:12千町峠15:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年06月の天気図 [pdf]

写真

前々から久しぶりに登りに行こうかと思ってたのがなかなか行けず終いだった但馬地方の南の玄関口、生野町の「段ヶ峰」です。
という訳で駐車場で身支度を済ませてスタート。
2019年06月24日 10:06撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前々から久しぶりに登りに行こうかと思ってたのがなかなか行けず終いだった但馬地方の南の玄関口、生野町の「段ヶ峰」です。
という訳で駐車場で身支度を済ませてスタート。
序盤の樹林帯を進む。
ちなみに登山道上にタヌキやイタチ等の小動物のクソが異常に多かった。
餌になる昆虫や木の実が豊富なのだろう。
2019年06月24日 10:09撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤の樹林帯を進む。
ちなみに登山道上にタヌキやイタチ等の小動物のクソが異常に多かった。
餌になる昆虫や木の実が豊富なのだろう。
樹林帯を抜けて下草が生い茂る登山道へ。
この辺りは笹ではなくススキが下草。
2019年06月24日 10:21撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けて下草が生い茂る登山道へ。
この辺りは笹ではなくススキが下草。
1
達磨の肩を通過。
2019年06月24日 10:32撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨の肩を通過。
達磨ヶ峰へ進む。
2019年06月24日 10:33撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨ヶ峰へ進む。
1
目下の生野高原ゴルフ場。
ゴルフ場が出来る前は今歩いてる尾根も含めて牛の放牧場だったらしい。
下草がススキなのも放牧場だった頃に野焼きをしてた名残り。
2019年06月24日 10:40撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目下の生野高原ゴルフ場。
ゴルフ場が出来る前は今歩いてる尾根も含めて牛の放牧場だったらしい。
下草がススキなのも放牧場だった頃に野焼きをしてた名残り。
3
で。達磨ヶ峰に到着。
2019年06月24日 10:42撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で。達磨ヶ峰に到着。
達磨ヶ峰を経て先に進む。
2019年06月24日 10:43撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨ヶ峰を経て先に進む。
目前にフトウガ峰が見えてきた。
2019年06月24日 10:47撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目前にフトウガ峰が見えてきた。
2
なだらかな山姿の段ヶ峰山頂を望む。
久しぶりに登りたくなったのはこの地形を歩く為。
一見、普通の山なのだが実は段ヶ峰は氷河期に形成されたレアな地形だと知ったので。
2019年06月24日 10:47撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな山姿の段ヶ峰山頂を望む。
久しぶりに登りたくなったのはこの地形を歩く為。
一見、普通の山なのだが実は段ヶ峰は氷河期に形成されたレアな地形だと知ったので。
2
で。雑木の尾根道を進む。
2019年06月24日 11:06撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で。雑木の尾根道を進む。
アップダウンを繰り返しつつ進む。
2019年06月24日 11:16撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返しつつ進む。
2
最低コルを通過。
2019年06月24日 11:22撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低コルを通過。
最低コルを経て杉植林と雑木で混沌とした登山道を進む。
2019年06月24日 11:30撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最低コルを経て杉植林と雑木で混沌とした登山道を進む。
1
樹林帯を抜けた。
2019年06月24日 11:38撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けた。
ここからが段ヶ峰のハイライト。
一面の笹原の登山道に変わる。
2019年06月24日 11:44撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが段ヶ峰のハイライト。
一面の笹原の登山道に変わる。
4
起伏の無い道を進んでフトウガ峰の山頂へ。
序盤の尾根道はタヌキやイタチの痕跡が多かったが笹原に出てからはシカの足跡だらけ。
2019年06月24日 11:45撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起伏の無い道を進んでフトウガ峰の山頂へ。
序盤の尾根道はタヌキやイタチの痕跡が多かったが笹原に出てからはシカの足跡だらけ。
3
モニュメントの如く佇む流紋岩の板状節理。
2019年06月24日 11:45撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モニュメントの如く佇む流紋岩の板状節理。
4
程なくフトウガ峰山頂通過。
2019年06月24日 11:50撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なくフトウガ峰山頂通過。
1
フトウガ峰山頂のちょい先に杉谷登山道への分岐。
2019年06月24日 11:52撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フトウガ峰山頂のちょい先に杉谷登山道への分岐。
段ヶ峰は希少種イヌワシの生息地。
山頂部に木々が無く、餌になる小動物が上空から目視しやすいこの環境が生息に適してるらしい。
2019年06月24日 11:53撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段ヶ峰は希少種イヌワシの生息地。
山頂部に木々が無く、餌になる小動物が上空から目視しやすいこの環境が生息に適してるらしい。
3
一旦下がってフトウガ峰と段ヶ峰の中間点の樹林帯。
2019年06月24日 11:57撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦下がってフトウガ峰と段ヶ峰の中間点の樹林帯。
再び笹原。
2019年06月24日 12:01撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び笹原。
市川の支流倉谷川の起点になる深い谷間。
2019年06月24日 12:09撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市川の支流倉谷川の起点になる深い谷間。
3
山頂までもうちょい。
起伏が無さ過ぎてどこが山頂か分かりにくいが左端の笹と樹林帯のヘリ辺りが山頂。
2019年06月24日 12:08撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までもうちょい。
起伏が無さ過ぎてどこが山頂か分かりにくいが左端の笹と樹林帯のヘリ辺りが山頂。
2
段ヶ峰山頂に到着。
2019年06月24日 13:13撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段ヶ峰山頂に到着。
1
段ヶ峰からフトウガ峰を望む。
起伏の無いなだらかな山姿は「化石周氷河斜面」という氷河期に形成された地形で、岩石の隙間に入り込んだ水が氷河期に凍結→膨張して岩石を粉砕→崩落で今の地形になったらしい。
2019年06月24日 12:30撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段ヶ峰からフトウガ峰を望む。
起伏の無いなだらかな山姿は「化石周氷河斜面」という氷河期に形成された地形で、岩石の隙間に入り込んだ水が氷河期に凍結→膨張して岩石を粉砕→崩落で今の地形になったらしい。
4
なだらかな山頂部に反して中腹からは急峻な斜面と谷。
崩落した岩石はこの斜面や谷間に転がってる。
林道を歩いているとその岩石が確認出来る。
2019年06月24日 12:30撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな山頂部に反して中腹からは急峻な斜面と谷。
崩落した岩石はこの斜面や谷間に転がってる。
林道を歩いているとその岩石が確認出来る。
2
北側の眺望。
氷ノ山が見える。
2019年06月24日 12:31撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺望。
氷ノ山が見える。
1
で。昼休憩。
今回もメスティン炊飯。一合だと量が多いので米100gを炊く。
レトルトカレーは飯が炊き上がるまでの20分乗せておいたら程よく温まってた。
2019年06月24日 12:53撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で。昼休憩。
今回もメスティン炊飯。一合だと量が多いので米100gを炊く。
レトルトカレーは飯が炊き上がるまでの20分乗せておいたら程よく温まってた。
2
下山開始。
夏のアルプス遠征のトレーニングも兼ねてるのでできるだけ長距離を歩きたいので周回コースへ。
千町峠を目指します。
2019年06月24日 13:16撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始。
夏のアルプス遠征のトレーニングも兼ねてるのでできるだけ長距離を歩きたいので周回コースへ。
千町峠を目指します。
1
尾根道を下る。
2019年06月24日 13:18撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を下る。
下山開始15分程で千町峠に到着。
2019年06月24日 13:33撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始15分程で千町峠に到着。
1
ここからは長い林道歩き。
2019年06月24日 13:33撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは長い林道歩き。
尾根は松や常緑樹が多い段ヶ峰。
尾根道に反して林道は総体的に若い樹木なのだが落葉樹が豊富。
特に紅葉の時期は見事。
2019年06月24日 13:44撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は松や常緑樹が多い段ヶ峰。
尾根道に反して林道は総体的に若い樹木なのだが落葉樹が豊富。
特に紅葉の時期は見事。
1
ヤマボウシ
2019年06月24日 13:52撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマボウシ
2
アセビ
2019年06月24日 14:30撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビ
1
ウツギ
2019年06月24日 14:01撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツギ
1
段ヶ峰は地形の恩恵か滝が多い。
2019年06月24日 14:11撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段ヶ峰は地形の恩恵か滝が多い。
2
杉谷登山口を通過。
2019年06月24日 14:39撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉谷登山口を通過。
駐車場に帰還。
2019年06月24日 15:31撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に帰還。
1
下山後、山麓の栃原集落から段ヶ峰を望む。
2019年06月24日 16:34撮影 by X-T1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、山麓の栃原集落から段ヶ峰を望む。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:362人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ