また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1929713 全員に公開 ハイキング飯豊山

飯豊連峰縦走 飯豊山〜杁差岳〜丸森尾根

日程 2019年07月13日(土) 〜 2019年07月15日(月)
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間41分
休憩
14分
合計
4時間55分
Sスタート地点13:5414:40祓川駐車場14:4215:53上ノ越16:40巻岩山16:51疣岩分岐17:00疣岩山17:0117:29三国岳17:31三国岳避難小屋(三国小屋)17:3218:04七森18:0518:21種蒔山18:34切合・種蒔山分れ18:38切合避難小屋18:4718:49宿泊地
2日目
山行
10時間1分
休憩
1時間31分
合計
11時間32分
宿泊地05:0505:31草履塚05:39姥権現05:42御秘所05:4706:00御前坂下06:0306:19一ノ王子06:24本山小屋06:3306:47飯豊山07:00駒形山07:10玄山道分岐07:21草月平07:34御西岳07:3607:41御西岳避難小屋07:4609:16御手洗ノ池10:43烏帽子岳11:12梅花皮岳11:27梅花皮小屋12:1912:39北股岳12:4013:19門内岳13:2013:23門内小屋13:47扇ノ地神14:06地神山14:17地神北峰14:1914:38頼母木山14:53頼母木小屋14:5915:17大石山15:25大石山の分岐15:59鉾立峰16:0416:31朳差小屋16:34朳差岳16:37朳差小屋
3日目
山行
4時間23分
休憩
13分
合計
4時間36分
朳差小屋04:3504:48鉾立峰04:5505:24大石山の分岐05:32大石山05:51頼母木小屋06:08頼母木山06:28地神北峰06:3207:07丸森峰09:09飯豊山荘上駐車場09:1109:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・磐越西線野沢駅発のデマンドバスで弥平四郎。事前予約必要。
・弥平四郎〜三国小屋:林道歩き〜登り。特に問題なし
・三国小屋〜飯豊山:岩場、雪渓歩きがありますが、一般登山道の範囲。
・飯豊山〜御西小屋:穏やかなアップダウンで歩きやすい。
・御西小屋〜烏帽子岳:何度も雪渓上を歩きます。転ぶと雪渓に滑落する箇所も。(日々、状況が変わると思いますが)
・烏帽子岳〜杁差岳:それなりにアプダウンがある登山道。危険箇所は特になし。
・丸森尾根:1300mの下り。つづら折り、階段のような下りやすいところはほぼなく、大きな段差、急坂の連続です。少なくとも地図を見て登る気がしない方は下りでも使わないほうがいいと思います。感覚的には黒戸尾根の下りよりきついです。さらに、雪渓が一部コースを塞ぎ、雪渓を下るところがありました。
・飯豊山荘から小国駅行バス。700円。

写真

磐越西線野沢駅前の同気でボリューミィな親子丼(800円)。
2019年07月13日 12:14撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐越西線野沢駅前の同気でボリューミィな親子丼(800円)。
「集落」行きデマンドバスで弥平四郎へ。駅を出ると弥平四郎まで30Km信号なし。この日は、どこかの集落で降りた青年と自分だけ。
2019年07月13日 12:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「集落」行きデマンドバスで弥平四郎へ。駅を出ると弥平四郎まで30Km信号なし。この日は、どこかの集落で降りた青年と自分だけ。
上ノ越へ登る途中、会津盆地が見渡せます。
2019年07月13日 15:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上ノ越へ登る途中、会津盆地が見渡せます。
1
この日の宿泊地の切合小屋。
2019年07月13日 19:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日の宿泊地の切合小屋。
2
雨の中、飯豊山到着。風が強く体感温度は0〜5度くらいか。
2019年07月14日 06:45撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中、飯豊山到着。風が強く体感温度は0〜5度くらいか。
御西避難小屋。ここまでは2000mの高度とは思えないなだらかなトレイル。
2019年07月14日 07:41撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御西避難小屋。ここまでは2000mの高度とは思えないなだらかなトレイル。
1
雪渓とお花畑。
2019年07月14日 07:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓とお花畑。
1
北股岳までは、何度もコースが雪渓に遮られ、視界が悪い中、雪渓を越えてルートに戻るのに苦労します。
2019年07月14日 08:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北股岳までは、何度もコースが雪渓に遮られ、視界が悪い中、雪渓を越えてルートに戻るのに苦労します。
こんなところも歩いていきます。
2019年07月14日 08:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところも歩いていきます。
1
天狗の庭で一息。
2019年07月14日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の庭で一息。
1
ここはまだ怖くなかったほう。そういえば目の前でおじさん(といっても私より年下か)が転んで雪渓の方に3mくらい滑り落ちましたが、少し平らなことがあったのでそこで止まりました。止まらなかったら数百メートル下まで滑落したと思われ、、、
2019年07月14日 08:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはまだ怖くなかったほう。そういえば目の前でおじさん(といっても私より年下か)が転んで雪渓の方に3mくらい滑り落ちましたが、少し平らなことがあったのでそこで止まりました。止まらなかったら数百メートル下まで滑落したと思われ、、、
御手洗の池。
2019年07月14日 09:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御手洗の池。
1
豪雪地帯らしく分厚い雪渓。最近、雪の量は少なくなって来たが今年の冬は3.5m降ったとのこと。8月になるとなくなる雪渓も今年はいつもより残っているみたい。
2019年07月14日 09:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪雪地帯らしく分厚い雪渓。最近、雪の量は少なくなって来たが今年の冬は3.5m降ったとのこと。8月になるとなくなる雪渓も今年はいつもより残っているみたい。
1
烏帽子岳を過ぎた頃から雨が止み少し青空が見えるようになります。
2019年07月14日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岳を過ぎた頃から雨が止み少し青空が見えるようになります。
飯豊連峰らしい景色が見え感動。来てよかったと心底思います。
2019年07月14日 10:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊連峰らしい景色が見え感動。来てよかったと心底思います。
2
大きなカタツムリ。
2019年07月14日 11:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなカタツムリ。
1
このシャチのような山並みが見たかったんですよね。
2019年07月14日 11:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このシャチのような山並みが見たかったんですよね。
2
大日岳付近。梅花皮小屋でこの景色を見ながら大休止(お昼)。ツェルトその他を広げ乾かします。地元のおじさんにいろいろと教えていただきました。
2019年07月14日 11:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳付近。梅花皮小屋でこの景色を見ながら大休止(お昼)。ツェルトその他を広げ乾かします。地元のおじさんにいろいろと教えていただきました。
2
トレールランナーが飯豊を好きなことがよくわかります。
2019年07月14日 13:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレールランナーが飯豊を好きなことがよくわかります。
お花畑の向こうに二日目の宿泊地の杁差避難小屋が見えてきました。
2019年07月14日 16:30撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑の向こうに二日目の宿泊地の杁差避難小屋が見えてきました。
1

感想/記録

・天気が気になりましたが、金曜の天気予報をみて決行。晴れ→雨→晴れ→雨と天気が変わりましたが、飯豊らしい景色も堪能できたし、いろんな経験ができました。
・アクセス、雪渓、テン泊可否などの制限から、行くまでに何度もコース変更しました。結果的には、満足できるコース設定でした。アクセスがゆるせば、杁差岳→飯豊山の方が歩きやすいのかな。
・食料は水以外は自前、杁差小屋は管理人さんが不在でしたので、山で使ったお金は切合小屋のテン泊料1000円だけでした。
・丸森尾根の下りで雪渓が分岐してコースを塞いでいるところで、右に行くべきところ左に行ってしまいました。しばらく恐る恐る下ったのですが、GPSをみておかしいことに気づき登り返しルートに戻りました。ビビりました。
・丸森尾根を登ってきた方が、ポールの部品を落としたとのことで、見つけたら駐車場の車のところに置く約束をしたのですが、見つけられませんでした。バス時間ギリギリでメモも置きにいけませんでした。お役に立てずすみません(ご覧になられてたら、)。
・雨と雪渓に泣かされましたが、コース沿いの花、時々見えた景色に癒やされました。盛りだくさんの満足の山行でした。
訪問者数:519人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ