また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1932124 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

海の日だけに水に縁?剣山から三嶺縦走

日程 2019年07月14日(日) 〜 2019年07月15日(月)
メンバー
天候14日:雨時々止む 15日:曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
剣山:JR徳島線貞光下車町営バス見の越行終点下車(町営バス2,000円)
名頃:JR土讃線大歩危下車四国交通久保行終点下車三好市営バス見の越行名頃下車(四国交通1,040円+市営バス500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間41分
休憩
43分
合計
6時間24分
Sリフト西島駅09:5510:15大剣神社10:2310:41剣山頂上ヒュッテ10:4210:48剣山10:5811:42次郎笈11:5513:14丸石13:1813:38丸石避難小屋13:4314:35高ノ瀬14:3716:09平和丸16:19白髪避難小屋
2日目
山行
3時間33分
休憩
1時間22分
合計
4時間55分
白髪避難小屋05:1605:58カヤハゲ06:0607:06三嶺08:1408:22三嶺ヒュッテ08:2508:28三嶺ヒュッテ下の水場08:59ダケモミの丘09:43林道登山口09:4610:11名頃登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨で泥濘多い。三嶺の鎖場、雨で非常に滑りやすい。
その他周辺情報名頃登山口からいやしの温泉郷・奥祖谷二重かずら橋は近い。大歩危駅に行く途中かずら橋あり、秘境の湯、大歩危峡、道の駅大歩危(妖怪屋敷)など観光スポット多数

写真

リフト終点西島出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト終点西島出発
頂上ヒュッテ、剣山本宮
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上ヒュッテ、剣山本宮
剣山山頂 暴風雨 展望全くなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山山頂 暴風雨 展望全くなし
間もなく普通の登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく普通の登山道
次郎笈山頂 展望全くなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次郎笈山頂 展望全くなし
コメツツジありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コメツツジありました
ガスの中を泳ぐ?ように歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中を泳ぐ?ように歩く
なんかガスが晴れてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんかガスが晴れてきた
シコクザサと白骨林が綺麗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクザサと白骨林が綺麗
会えました!オオヤマレンゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会えました!オオヤマレンゲ
白髪避難小屋 ここで1泊 貸切
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白髪避難小屋 ここで1泊 貸切
15日 今日も雨 三嶺が霞む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15日 今日も雨 三嶺が霞む
1
登山道を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を振り返る
咲いていました!コメツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲いていました!コメツツジ
三嶺山頂 展望なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三嶺山頂 展望なし
1
ちょっとガスが晴れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとガスが晴れた
名頃バス停 トイレあり(木にかかし)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名頃バス停 トイレあり(木にかかし)
大歩危駅 児啼爺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大歩危駅 児啼爺

感想/記録

〇 海の日だけに、笹、ガス、雨の中を泳ぐ?ように歩くことになった。
〇 剣山、次郎笈、三嶺とも雨で見えないと諦めていたが、一瞬ガスが晴れて見ることができた。
〇 シコクザサ、樹林帯も特色があり、同じ四国の石鎚山系と異なる景色だった。
〇 雨・ガスに始終し、びしょ濡れで展望も一瞬以外ほとんどなく、縦走の満足感は少ないが、コメツツジ、オオヤマレンゲなど季節の様々な花たちに会うことができたのは救いだった。
訪問者数:210人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ