また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1971738 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

伯耆大山(ユートピアコース)

日程 2019年08月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
風がなく湿度が高いので蒸し暑い
ユートピア避難小屋での気温は25℃程度
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■ルート:
米子道の溝口ICを降り、県道48号を東に。枡水高原より県道158号(大山環状道路)に入り、大山寺方面へ。
■駐車場:
博労座(ばくろうざ)駐車場(1000台以上駐車可)を利用。冬季以外は無料。
http://www.daisen.jp/p/kankou/4/yamagawa/33/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
2時間1分
合計
7時間55分
S大山寺バス停08:3408:42大山火の神岳温泉「豪円湯院」09:07大神山神社09:14元谷・下宝珠越分岐09:1509:46下宝珠越09:5210:28中宝珠越10:2911:33上宝珠越11:51ユートピア避難小屋11:5211:57ユートピア分岐12:03ユートピア避難小屋13:2613:32ユートピア分岐13:35ユートピア避難小屋13:3613:49上宝珠越13:5014:31中宝珠越14:4615:08下宝珠越15:1316:12豪円山入口16:1916:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
万歩計では19000歩程度
コース状況/
危険箇所等
弥山の夏山登山道と違って、ユートピアコースは自然の登山道って感じで結構ハードなコースです。全般的には踏み跡は明瞭でした。
0ニョロ、0ヒルでした。

■大山寺〜三鈷峰・ユートピア小屋分岐
登山口からユートピアコースに分岐すると、自然な感じの登山道となっておりひたすら登りになります。急な登りを終えると展望も開けてきます。いくつかのアップダウンを繰り返しロープのある急登を登ったりしながらハードな尾根道を通過し、稜線まで辿ります。
■三鈷峰・ユートピア小屋分岐〜ユートピア小屋
稜線に上がると、そこはユートピア。展望がよく、お花も結構咲いていました。稜線上は腰位までの背丈の草木が生い茂ってました。
※砂走りルート
とても荒れてそうなので今回は近づきませんでした。
その他周辺情報■温泉
豪円湯院(大山寺参道沿い)
http://www.goenyuin.com/
大人380円(以前はタオル付きで600円だったと思います。)
※サウナと水風呂は無し、露天風呂あり
■キャンプ場
下山キャンプ場
https://tottoridaisen.web.fc2.com/camp.html
大人:500円、持込テント料:300円
※薪と着火剤の販売あり
※豪円山キャンプ場は営業停止となっていました
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツバ広帽子 長袖のドライ服(行動着) 夏用半ズボン 膝下タイツ 登山用靴下 ミッドカットカット登山靴 レイン上(着用せず) レイン下(着用せず) LEDヘッドランプ ラジオと鈴 テーピングテープ・絆創膏等 日帰り用ザック 水600mlx2本 ガスストーブ カレーメシ ココア シングルストック

写真

朝、蒜山高原SAより
2019年08月11日 06:49撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、蒜山高原SAより
1
博労座(ばくろうざ)駐車場より出発します。
気温は既に28℃。
2019年08月11日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
博労座(ばくろうざ)駐車場より出発します。
気温は既に28℃。
大神山神社に向けて参道を登ります。
2019年08月11日 08:40撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社に向けて参道を登ります。
1
大神山神社の階段。
ここまでの参道が苔むしていて滑りやすい。
2019年08月11日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社の階段。
ここまでの参道が苔むしていて滑りやすい。
大神山神社の裏手にある登山口。
2019年08月11日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大神山神社の裏手にある登山口。
元谷・下宝珠越分岐を左に折れ、ユートピア方面へ。
2019年08月11日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元谷・下宝珠越分岐を左に折れ、ユートピア方面へ。
あまり人の手が入っていない登山道。
2019年08月11日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり人の手が入っていない登山道。
1
最初の急登を終え、尾根に乗るといろんな花が咲いています。
2019年08月11日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の急登を終え、尾根に乗るといろんな花が咲いています。
徐々にロープも出てきます。
2019年08月11日 10:50撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々にロープも出てきます。
1
大山の北壁も見えてきます。
2019年08月11日 10:52撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山の北壁も見えてきます。
5
三鈷峰の右手にユートピア小屋も見えてきました。
2019年08月11日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三鈷峰の右手にユートピア小屋も見えてきました。
1
ユートピア小屋をアップで。
2019年08月11日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユートピア小屋をアップで。
1
北壁が目の前に迫ってきます。
2019年08月11日 11:21撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北壁が目の前に迫ってきます。
1
崩落が酷い核心部を通過。
2019年08月11日 11:21撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落が酷い核心部を通過。
3
日本海が見えています。
2019年08月11日 11:23撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海が見えています。
1
三鈷峰とユートピア小屋の分岐に到着。稜線に乗りました。
2019年08月11日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三鈷峰とユートピア小屋の分岐に到着。稜線に乗りました。
1
ユートピア小屋はもうすぐ。
2019年08月11日 11:54撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユートピア小屋はもうすぐ。
1
反対側を見ると三鈷峰。
2019年08月11日 11:54撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側を見ると三鈷峰。
2
ユートピア小屋の中で食事にしました。
京都からのかたと一緒でした。
2019年08月11日 12:18撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユートピア小屋の中で食事にしました。
京都からのかたと一緒でした。
2
オニユリ。
2019年08月11日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オニユリ。
3
一面の花畑。
2019年08月11日 13:07撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面の花畑。
1
博労座(ばくろうざ)駐車場が随分下に見えています。
2019年08月11日 13:08撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
博労座(ばくろうざ)駐車場が随分下に見えています。
1
ガスが出てきました。
2019年08月11日 13:09撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが出てきました。
1
三鈷峰を望む。今回は三鈷峰はパスします。
2019年08月11日 13:12撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三鈷峰を望む。今回は三鈷峰はパスします。
下りです。ロープが無いと滑りやすい。
2019年08月11日 14:14撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りです。ロープが無いと滑りやすい。
今年もたくさんのホトトギス。
2019年08月11日 14:49撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年もたくさんのホトトギス。
1
クワガタ君登場。メスですが何クワガタかは分かりません。2匹見つけました。
2019年08月11日 15:01撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クワガタ君登場。メスですが何クワガタかは分かりません。2匹見つけました。
2
林道からは遊歩道を辿ることにしました。
2019年08月11日 15:40撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からは遊歩道を辿ることにしました。
整備されていて歩きやすい。滑りやすい参道を下るより楽チンでした。
お疲れ様〜。
2019年08月11日 15:57撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されていて歩きやすい。滑りやすい参道を下るより楽チンでした。
お疲れ様〜。
下山後、豪円湯院の湯へ。
炭酸で喉を潤しました。
2019年08月11日 17:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、豪円湯院の湯へ。
炭酸で喉を潤しました。
1
その夜は下山キャンプ場でBBQ。ビールとお肉が美味しかった〜。
2019年08月11日 20:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その夜は下山キャンプ場でBBQ。ビールとお肉が美味しかった〜。
1
おまけ:
帰りに立ち寄った鍵掛峠。
2019年08月12日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ:
帰りに立ち寄った鍵掛峠。
おまけ:
大山の南壁を望めます。今度は南側からも登ってみたいですね。
秋は紅葉がとても綺麗だとのこと。
2019年08月12日 09:31撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ:
大山の南壁を望めます。今度は南側からも登ってみたいですね。
秋は紅葉がとても綺麗だとのこと。
2
おまけ:
うま〜。
蒜山高原でソフトクリームを頬張り、岐路につきました〜。
2019年08月12日 10:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ:
うま〜。
蒜山高原でソフトクリームを頬張り、岐路につきました〜。
1

感想/記録

山の日ということで涼を求めて大山へ。少し遅めのスタートで朝から既に28℃の状態からスタート。
昨年もこのユートピアルートを上りましたが、木陰のなかを進む感じなので、暑い日でも直射日光を避けれる登山ができます。ただ、尾根道が少々ハードなのでやっぱり汗だくになります。
登山者は少なくゆっくりと登れるので鈍った体にはちょうどいい感じの山歩きになりました。

■2018年08月13日のユートピアコースのログ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1555634.html
■2015年08月10日のユートピアコースのログ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-694401.html
訪問者数:129人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ