また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1982257 全員に公開 ハイキング白山

山行計画最果ての峰 平瀬道から白山 〜ただの人でありたい〜

日程 2019年08月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
1時間0分
合計
6時間25分
S白水湖畔ロッジ06:5406:59大白川登山口08:33大倉山08:37大倉山避難小屋09:46平瀬道・展望歩道分岐09:57白山室堂10:0310:27白山11:0011:16白山室堂11:3011:38平瀬道・展望歩道分岐12:16大倉山避難小屋12:2012:22大倉山12:2313:15大白川登山口13:1713:19白水湖畔ロッジ13:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特段の危険個所無し。通常の登山道。

写真

前夜富山インター前のルートインホテルにIN!
テントで寝るよりはるかに快適なんだけど、、、いろいろあって全く眠れなかった。
2019年08月17日 20:52撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜富山インター前のルートインホテルにIN!
テントで寝るよりはるかに快適なんだけど、、、いろいろあって全く眠れなかった。
大白川口から入る。
マイナールートと思っていたら、6時半時点で駐車場は上も下も7割駐車済み。全然マイナーではなかった。
・・・と、このときは思った。
2019年08月18日 06:54撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大白川口から入る。
マイナールートと思っていたら、6時半時点で駐車場は上も下も7割駐車済み。全然マイナーではなかった。
・・・と、このときは思った。
最初の頃は木陰の道を進むので涼しくて気持ちが良い。
でも寝ていないし、登山より帰路の長距離ドライブの体力が気がかりで体をいたわりながらいつもより随分のんびり登る。
2019年08月18日 07:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の頃は木陰の道を進むので涼しくて気持ちが良い。
でも寝ていないし、登山より帰路の長距離ドライブの体力が気がかりで体をいたわりながらいつもより随分のんびり登る。
所々木々がなくなり直射日光を受ける。
この時間まだ気温が低いけど、日中は堪えるでしょう。
2019年08月18日 07:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々木々がなくなり直射日光を受ける。
この時間まだ気温が低いけど、日中は堪えるでしょう。
入山から1時間足らずで視界が開けてくる。
2019年08月18日 07:34撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山から1時間足らずで視界が開けてくる。
白山本体の峰々が見え始める。
これは別山へ続く稜線だと思われる。
2019年08月18日 07:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山本体の峰々が見え始める。
これは別山へ続く稜線だと思われる。
眼下の湖がスタートの標高。
だいぶ上がってきた。
気温上昇に合わせて標高も上げているので± 0位の感じで来ている感じ。
2019年08月18日 08:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下の湖がスタートの標高。
だいぶ上がってきた。
気温上昇に合わせて標高も上げているので± 0位の感じで来ている感じ。
多分左が御前峰で右が剣が峰。大汝は恐らくこの裏側。
2019年08月18日 08:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分左が御前峰で右が剣が峰。大汝は恐らくこの裏側。
2
中盤はずっとこんな感じの尾根道になります。
とても気持ちいいです。
2019年08月18日 08:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤はずっとこんな感じの尾根道になります。
とても気持ちいいです。
乗鞍岳。山頂は良く晴れている。
2019年08月18日 08:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳。山頂は良く晴れている。
別山へと続く尾根。
2019年08月18日 08:24撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山へと続く尾根。
思っていたよりも大きな山体。
2019年08月18日 08:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思っていたよりも大きな山体。
ここのクーリングスポットは風が抜けて相当気持ちいいです!
2019年08月18日 08:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのクーリングスポットは風が抜けて相当気持ちいいです!
写真で受けるイメージほど暑くないです。
2019年08月18日 08:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で受けるイメージほど暑くないです。
2
白山主峰部の全体像が見えてきた。
予想以上にでかいな。
2019年08月18日 08:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山主峰部の全体像が見えてきた。
予想以上にでかいな。
大倉山避難小屋。
2019年08月18日 08:38撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山避難小屋。
日が当たって風が入ってこない区間がたまにあり、こういうところが一番暑い。
2019年08月18日 08:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が当たって風が入ってこない区間がたまにあり、こういうところが一番暑い。
2
雰囲気が変わってきた。
いよいよ終盤か?
2019年08月18日 09:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気が変わってきた。
いよいよ終盤か?
木々が腰丈ほどになっても、こういうところは心地イイ風があるので暑くないです。
2019年08月18日 09:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々が腰丈ほどになっても、こういうところは心地イイ風があるので暑くないです。
一番遠方が別山だろうか。
こっちからも歩いてみたい。
2019年08月18日 09:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番遠方が別山だろうか。
こっちからも歩いてみたい。
恐らくこれがピークだろう。
2019年08月18日 09:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐らくこれがピークだろう。
はるか遠方に北アルプス(左)と乗鞍(右)。
2019年08月18日 09:32撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか遠方に北アルプス(左)と乗鞍(右)。
立山とか白馬あたりの雰囲気に似ている。
豪雪地帯の特徴なのだろうか。
2019年08月18日 09:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山とか白馬あたりの雰囲気に似ている。
豪雪地帯の特徴なのだろうか。
雰囲気ががらりと変わっていよいよ終盤。
樹木と呼べるようなのはもうほぼなく、高山植物が生息するのみになっていく。
2019年08月18日 09:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気ががらりと変わっていよいよ終盤。
樹木と呼べるようなのはもうほぼなく、高山植物が生息するのみになっていく。
別山からの稜線。気持ちよさそう。
2019年08月18日 09:46撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山からの稜線。気持ちよさそう。
室堂が見えてきた。
大草原の大きな家。
こういうところに住みたい。
2019年08月18日 09:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂が見えてきた。
大草原の大きな家。
こういうところに住みたい。
思っていたよりもはるかに雄大な山でした。
2019年08月18日 09:53撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思っていたよりもはるかに雄大な山でした。
室堂到着!
閑散としていると思ったら、これは裏側で、、、
2019年08月18日 09:55撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂到着!
閑散としていると思ったら、これは裏側で、、、
実は奥側にかなり大きな建物がいくつもあって、、、
2019年08月18日 09:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は奥側にかなり大きな建物がいくつもあって、、、
その周囲は人で溢れていた。
これで確信。
「やはり平瀬ルートはマイナーで殆どの方は別当出会側から登ってきている」と。
2019年08月18日 09:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その周囲は人で溢れていた。
これで確信。
「やはり平瀬ルートはマイナーで殆どの方は別当出会側から登ってきている」と。
2
本宮で参拝を済ませてからピークを目指します。
2019年08月18日 09:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本宮で参拝を済ませてからピークを目指します。
ほとんど石畳の道で歩きやすい。
2019年08月18日 10:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど石畳の道で歩きやすい。
所々ザレているけど整備は十分。
2019年08月18日 10:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々ザレているけど整備は十分。
登頂!
ピークの肩に大きな本宮があって山頂に小さな奥宮があるよくあるパターン。
2019年08月18日 10:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!
ピークの肩に大きな本宮があって山頂に小さな奥宮があるよくあるパターン。
山頂から室堂。
広〜い高原になっていた。
陽射しは強いけど、気温は低い。
たぶん15℃とか。風を浴びていると寒いくらい。
2019年08月18日 10:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から室堂。
広〜い高原になっていた。
陽射しは強いけど、気温は低い。
たぶん15℃とか。風を浴びていると寒いくらい。
三角点と頂標。
立派なものが立っています。
「百名山」とかって自分から名乗らないところがステキですね。
2019年08月18日 10:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点と頂標。
立派なものが立っています。
「百名山」とかって自分から名乗らないところがステキですね。
2
剣ヶ峰と池。
お池巡りコースで下りる計画だったけど、上から見たらあまり魅力的ではなく、明朝8時から群馬の職場に出勤なので寄らずに直帰すると決めた瞬間。
2019年08月18日 10:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰と池。
お池巡りコースで下りる計画だったけど、上から見たらあまり魅力的ではなく、明朝8時から群馬の職場に出勤なので寄らずに直帰すると決めた瞬間。
雲の上に薄っすらと北アルプス。
2019年08月18日 10:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の上に薄っすらと北アルプス。
御嶽。雲の中。
2019年08月18日 10:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽。雲の中。
剣が峰。
国土地理院公認の登山道は無いけど、山頂にはいろいろ立っている。
2019年08月18日 10:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰。
国土地理院公認の登山道は無いけど、山頂にはいろいろ立っている。
2
定刻で下山開始。
思ったより全然楽だったので、帰りは少し煽ります。
2019年08月18日 11:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定刻で下山開始。
思ったより全然楽だったので、帰りは少し煽ります。
室堂まで下りてきた。
立山にも同じ地名がある。
室堂とは「修験者が修行や宿泊をする場所」を意味する単語で、固有名詞では無いようです。
2019年08月18日 11:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂まで下りてきた。
立山にも同じ地名がある。
室堂とは「修験者が修行や宿泊をする場所」を意味する単語で、固有名詞では無いようです。
室堂の施設内は広く、とてもキレイ。
2019年08月18日 11:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂の施設内は広く、とてもキレイ。
それでは登山口に向けてスタート。
目標は2時間。
2019年08月18日 11:26撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは登山口に向けてスタート。
目標は2時間。
スカルパのリベレOD。
先日雷鳥沢のテント場で、そのあと御嶽のピークで、そして今日もこのブーツのことで声をかけて頂いた。
結構人気のようで、皆さん「売ってない」と言われます。
普通に買えた自分は運が良かったのか。
2019年08月18日 11:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカルパのリベレOD。
先日雷鳥沢のテント場で、そのあと御嶽のピークで、そして今日もこのブーツのことで声をかけて頂いた。
結構人気のようで、皆さん「売ってない」と言われます。
普通に買えた自分は運が良かったのか。
画像右上の湖が駐車場の場所。
この湖はチラチラ定期的に見える。
こうやって常に残りの行程が分かると気持ちが楽。
2019年08月18日 11:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画像右上の湖が駐車場の場所。
この湖はチラチラ定期的に見える。
こうやって常に残りの行程が分かると気持ちが楽。
三方崩山。
かなりかっこいい。登山道が無いのが残念。
きっとその名の通りの危険な状態の山なのだろう。
2019年08月18日 12:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方崩山。
かなりかっこいい。登山道が無いのが残念。
きっとその名の通りの危険な状態の山なのだろう。
大倉山の避難小屋の中は非常にきれいでした。
2019年08月18日 12:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山の避難小屋の中は非常にきれいでした。
まだ下の方は緑が濃い。
2019年08月18日 12:20撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ下の方は緑が濃い。
下山完了。
この標高は27℃もあって暑かった。
2019年08月18日 13:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山完了。
この標高は27℃もあって暑かった。

感想/記録

現在持っている山行計画の中で最も遠い白山。
その頂を踏むには前泊が必須と見込んでいたが、前日にならないと正確な天候が読めず、その時には付近のホテルは満室という状態が数年続いていた。
しかし決行の5日前、仕事上の取引先から「お盆休みはビジネスホテルはどこもガラガラ」という情報を入手。
混雑は気になるものの、行くなら今しかない!と思い、天候を伺う。
そんなこの日は100%の快晴が約束された。
しかも連休最終日。もうココしかない!と急遽決行。

樹林帯の木段は開放的な尾根道へ変わり、その先は大草原へと続いていた。
変化に富み、飽きさせない道。
しかし翌朝は出勤のため焦りがあり、忙しない登り方をしてしまった。
兼六園と白川郷をセットで観光し、前泊、後泊の2泊行った方が楽しめたと思う。

強い霊山に入ると重たいものをすべて下し、素の自分で下山できる気がする。
ただ登っただけなのに、、、修験者に怒られそうですが・・・。

ちょっと遠いけど、また行きたい。
訪問者数:256人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ