また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1991532 全員に公開 ハイキング中国山地西部

男三瓶山(姫逃池コース往復)

日程 2019年08月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三瓶自然館サメヒルの奥に登山者用の駐車場があります。トイレ工事中で仮設トイレがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち97%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間31分
休憩
30分
合計
3時間1分
S北の原登山口10:5412:21三瓶山12:5113:54北の原登山口13:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道というより遊歩道のような感じです。この時期なら天候さえよければ問題ないと思います。
その他周辺情報日帰り温泉の三瓶温泉があり。三瓶山の自然博物館のサメヒル・キャンプ場・コテージが登山口すぐ近くにあります。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 カメラ 携帯トイレ ショートスパッツ

写真

三瓶自然館サメヒルの裏側に登山者用の駐車場がある。そこに停めて10時50分に出発した。
2019年08月25日 10:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三瓶自然館サメヒルの裏側に登山者用の駐車場がある。そこに停めて10時50分に出発した。
登山口にヤマジノホトトギスが咲いていた。
2019年08月25日 10:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口にヤマジノホトトギスが咲いていた。
2
ここが男三瓶山(姫逃池コース)登山口
2019年08月25日 10:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが男三瓶山(姫逃池コース)登山口
1
遊歩道のような道が続く。
2019年08月25日 11:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道のような道が続く。
1
気持ちの良い森
2019年08月25日 11:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い森
3
いったん笹の下地になるが登るとまたなぜかなくなった。
2019年08月25日 11:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん笹の下地になるが登るとまたなぜかなくなった。
2
東屋がでてきた。
2019年08月25日 11:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋がでてきた。
東屋から登ってすぐのところで中国自然歩道が横切っている。
2019年08月25日 11:23撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋から登ってすぐのところで中国自然歩道が横切っている。
オヤマボクチ
2019年08月25日 11:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマボクチ
2
カニコオモリ
2019年08月25日 11:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニコオモリ
2
時々ベンチがある。
2019年08月25日 11:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々ベンチがある。
尾根を歩いていく。
2019年08月25日 11:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を歩いていく。
1
フシグロセンノウ、もうすぐ終わりかな。
2019年08月25日 11:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フシグロセンノウ、もうすぐ終わりかな。
2
オトギリソウ。終わっている花が多かった。
2019年08月25日 12:02撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オトギリソウ。終わっている花が多かった。
1
男三瓶山5分→実をいうと15分で誰かが「1」を消している。また騙されるところだった。
2019年08月25日 12:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男三瓶山5分→実をいうと15分で誰かが「1」を消している。また騙されるところだった。
5
樹木の高さがだんだん低くなってきた。もうすぐ山頂だろう。
2019年08月25日 12:12撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木の高さがだんだん低くなってきた。もうすぐ山頂だろう。
強い風の影響か、いろんな恰好をした木々がある。
2019年08月25日 12:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強い風の影響か、いろんな恰好をした木々がある。
3
ホタルブクロ
2019年08月25日 12:15撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホタルブクロ
12時18分、山頂の草原帯に出てきた。
2019年08月25日 12:18撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時18分、山頂の草原帯に出てきた。
1
シコクフウロ(伊予フウロ)がたくさん咲いている。
2019年08月25日 12:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクフウロ(伊予フウロ)がたくさん咲いている。
4
シコクフウロ(伊予フウロ)とホソバノヤマハハコ
2019年08月25日 12:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクフウロ(伊予フウロ)とホソバノヤマハハコ
1
カワラナデシコ
2019年08月25日 12:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワラナデシコ
2
こんな天候だからかハイカーは少ない。
2019年08月25日 12:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな天候だからかハイカーは少ない。
3
避難小屋が見えている。
2019年08月25日 12:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えている。
2
遠望はできないものの大万木山やその左に猿政山が見えている。
2019年08月25日 12:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠望はできないものの大万木山やその左に猿政山が見えている。
3
カワラナデシコ
2019年08月25日 12:44撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カワラナデシコ
1
縦走しようかとだいぶん迷ったがあきらめた。
2019年08月25日 12:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走しようかとだいぶん迷ったがあきらめた。
秋の花、マツムシソウ
2019年08月25日 12:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の花、マツムシソウ
5
12時50分に登ってきた道を下りていく。
2019年08月25日 12:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時50分に登ってきた道を下りていく。
登山口まで戻ってきた。東広島の自宅から二時間半、意外と近い。秋になると雲海が見れそう。
2019年08月25日 13:54撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきた。東広島の自宅から二時間半、意外と近い。秋になると雲海が見れそう。

感想/記録
by ohkamo

秋の長雨の合間の曇りなので
昨日の白木山に続いて三瓶山
へ(家の仕事は・・)。サメ
ヒルの裏にある登山者用駐車
場に車を停めて(トイレは工
事中にて仮設トイレあり)姫
逃池コースで男三瓶山を往復
しました。

気温は低いものの湿度が昨日
の白木山と同じく高いのか歩
くと汗だくで立ち止まるとひん
やり。ポシェットの温度計は
20度でした。急な登りを経て
あと5分の道標が。でもあの高
みにどうかんがえても5分では
無理だと思ったところで前回15
分の1を誰かが消して5分にして
いたことを思い出しました。

樹林帯を抜けると男三瓶山山頂
部の草原帯へ。シコクフウロ(
伊予フウロ)・カワラナデシ
コ・ホソバノヤマハハコ・マ
ツムシソウなどが咲いていま
した。残念ながら昨日同様霞
がひどくて大万木山や猿政山、
大江田高山、北に日本海が
みえるものの遠望はできませ
んでした。女三瓶山との間は
通行止めなのでそこを迂回し
てぐるっと回ろうかとだいぶ
ん考えたけれども雨が降りそ
うだし遅くなるのであきらめ
て戻りました。高速代がかか
らず東広島の自宅から二時間
半と意外に近い。早朝に登る
と秋の雲海を楽しめそう。蒜
山とともにチェック。
http://sengamine.sakura.ne.jp/homepagenew/yamakiroku/2019/sansanbesan190825/sansanbesan190825.html
訪問者数:144人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ