また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1995360 全員に公開 ハイキング 甲信越

諏訪湖から新野峠を越えて豊川へ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年08月23日(金) ~ 2019年08月28日(水)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

1日目
9:24 岡谷駅-9:53 諏訪湖釜口水門-12:00 童謡公園傍-14:13 伊那松島駅傍-15:58 南箕輪村神子柴(宿泊)
2日目
4:48 宿-6:32 沢登駅-8:32 駒ヶ根駅傍-10:34 与田切大橋-13:18鶴部-15:26 市田駅前(宿泊)
3日目
4:31 宿-6:29 伊那八幡駅傍-8:24 天竜峡(姑射橋)-11:34 吉岡城北大橋-14:19 泰阜村田本(やまびこ館)
4日目
4:27 宿-6:37 早稲田トンネル-10:03 道の駅(信州新野)-11:53 新野峠-14:03 上地(宿泊)
5日目
4:43 宿-6:33 新太和金トンネル-8:46 中設楽トンネル-10:38 新本郷トンネル-12:15 池場駅-14:28 宇連ダム(宿泊)
6日目
4:14 宿-6:47 三河大野駅-8:27 新城IC-10:36 川田工業団地-12:23 三河一宮駅
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

写真

雨もやみ、幸先良いスタートの岡谷駅。
2019年08月23日 09:33撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨もやみ、幸先良いスタートの岡谷駅。
1
先ずは天竜川の源流、諏訪湖の釜口水門へ。
2019年08月23日 09:53撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは天竜川の源流、諏訪湖の釜口水門へ。
1
白鳥の銘板と広がる諏訪湖の湖面が素晴らしい。
2019年08月23日 09:54撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳥の銘板と広がる諏訪湖の湖面が素晴らしい。
1
釜口水門。諏訪湖一周以来の再訪です。
2019年08月23日 09:55撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜口水門。諏訪湖一周以来の再訪です。
1
水位の異なる諏訪湖と天竜川を往来する舟のために、ここで水位調整をします。実際に舟が通過する状況を見たいが、空振りです。
2019年08月23日 09:56撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水位の異なる諏訪湖と天竜川を往来する舟のために、ここで水位調整をします。実際に舟が通過する状況を見たいが、空振りです。
1
知らなかった!
木曽義仲四天王の一人、直江兼続は兼光の子孫だとか。
2019年08月23日 12:47撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知らなかった!
木曽義仲四天王の一人、直江兼続は兼光の子孫だとか。
長野は道祖神や庚申碑が多く、何気ない光景の中に人々の歴史が偲ばれる。
2019年08月23日 13:08撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野は道祖神や庚申碑が多く、何気ない光景の中に人々の歴史が偲ばれる。
1
甲子碑。
右から二つ目は昭和59年の碑。
最右の碑は日付はないが、位置と石の風化具合からさらに60年前のものと思われる。
2019年08月23日 13:46撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲子碑。
右から二つ目は昭和59年の碑。
最右の碑は日付はないが、位置と石の風化具合からさらに60年前のものと思われる。
松島追分。伊那街道と岡谷街道の分岐点です。
右 諏訪道
左 松本道
2019年08月23日 14:05撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松島追分。伊那街道と岡谷街道の分岐点です。
右 諏訪道
左 松本道
今回の旅はネット予約できる宿が、少なくGoogleマップで探したところが多く、不安だった。
初日は一安心です。
2019年08月23日 16:43撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の旅はネット予約できる宿が、少なくGoogleマップで探したところが多く、不安だった。
初日は一安心です。
1
天竜川河畔に近い宿で、南箕輪村の最南端、前方は伊那市です。
2019年08月23日 16:47撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天竜川河畔に近い宿で、南箕輪村の最南端、前方は伊那市です。
伊那街道の標識に心強いです。
宮下創平は知っているが、おそらく息子でしょう。
2019年08月24日 04:57撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那街道の標識に心強いです。
宮下創平は知っているが、おそらく息子でしょう。
立派なお屋敷です。
2019年08月24日 05:02撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なお屋敷です。
1
伊那北駅です。
2019年08月24日 05:15撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那北駅です。
権兵衛峠を越えるR361(権兵衛街道)は北上して中仙道の薮原に通じます。
2019年08月24日 05:24撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権兵衛峠を越えるR361(権兵衛街道)は北上して中仙道の薮原に通じます。
”あの水 この水 天竜となる 水の音”  山頭火

このように素晴らしい句は詠めないが、同じ気持ちを代弁してくれているようでした。
 
2019年08月24日 05:25撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”あの水 この水 天竜となる 水の音”  山頭火

このように素晴らしい句は詠めないが、同じ気持ちを代弁してくれているようでした。
 
伊那市駅前。
2019年08月24日 05:29撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那市駅前。
1
木曽山脈の向こうは木曽です。
そう言えば御嶽海の出身地は上松だ。
2019年08月24日 06:41撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽山脈の向こうは木曽です。
そう言えば御嶽海の出身地は上松だ。
大田切川。
遠くに頭を出しているのは駒ケ岳かも。
2019年08月24日 08:09撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大田切川。
遠くに頭を出しているのは駒ケ岳かも。
色んな元標を見たが、”耕地”元標は初めてです。
圃場整備の原点でしょう。
2019年08月24日 09:59撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色んな元標を見たが、”耕地”元標は初めてです。
圃場整備の原点でしょう。
1
伊那盆地の地名には”田切”が多い。
大田切、中田切、与田切、田切、南田切。
2019年08月24日 10:02撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那盆地の地名には”田切”が多い。
大田切、中田切、与田切、田切、南田切。
1
これも日本の原風景
2019年08月24日 10:06撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも日本の原風景
中川村。
”日本で最も美しい村”連合の加盟地域です。
既に数多くを歩いていますが、どこも都市部から遠い難所が多いです。
2019年08月24日 11:01撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川村。
”日本で最も美しい村”連合の加盟地域です。
既に数多くを歩いていますが、どこも都市部から遠い難所が多いです。
1
中川村が誇る国指定の『登録有形文化財』”坂戸橋”です。中川村を分断する天竜川の東西を繋いでいます。
2019年08月24日 11:23撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川村が誇る国指定の『登録有形文化財』”坂戸橋”です。中川村を分断する天竜川の東西を繋いでいます。
1
牧ヶ原人道トンネル。
シンプルだが清潔なので芸術的に感じます。
2019年08月24日 11:55撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧ヶ原人道トンネル。
シンプルだが清潔なので芸術的に感じます。
1
船山城は片切氏の築城だとか。
そう言えば長野出身の知人に”片桐”姓の人がいます。末裔かも。
2019年08月24日 12:59撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船山城は片切氏の築城だとか。
そう言えば長野出身の知人に”片桐”姓の人がいます。末裔かも。
今夜の宿は市田駅前です。
2019年08月24日 15:28撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜の宿は市田駅前です。
1
凄い岩積みです。もちろん動力で組んだと思われますが、手組みした山口県祝島の”平さんの棚田”が思い浮かびました。
2019年08月25日 07:11撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄い岩積みです。もちろん動力で組んだと思われますが、手組みした山口県祝島の”平さんの棚田”が思い浮かびました。
1
天竜川の気配だけでなかなか川面が見えません。
ほんの少しだけ木立から覗けました。
2019年08月25日 07:25撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天竜川の気配だけでなかなか川面が見えません。
ほんの少しだけ木立から覗けました。
天竜橋です。あそこを渡ります。
2019年08月25日 07:32撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天竜橋です。あそこを渡ります。
時又天竜橋。
昔の親柱が残されています。
上部の開口部は何だろう。吊り橋当時の名残りかも。
2019年08月25日 07:35撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時又天竜橋。
昔の親柱が残されています。
上部の開口部は何だろう。吊り橋当時の名残りかも。
橋ができる前は、この辺りを”舟”で渡っていたのだろう。
2019年08月25日 07:41撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋ができる前は、この辺りを”舟”で渡っていたのだろう。
天竜川らしい景観になってきました。
2019年08月25日 08:21撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天竜川らしい景観になってきました。
遊歩道を進みます。
2019年08月25日 08:23撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道を進みます。
遊歩道が工事中です。
”つつじ橋”は通り抜けできない!
それほど執着せず先に進みます。
2019年08月25日 08:29撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道が工事中です。
”つつじ橋”は通り抜けできない!
それほど執着せず先に進みます。
峰竜太の故郷で有名になった下條村です。
2019年08月25日 09:21撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峰竜太の故郷で有名になった下條村です。
立派な道の駅です。
2019年08月25日 10:00撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な道の駅です。
粒良脇自歩道トンネル。
2019年08月25日 10:30撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粒良脇自歩道トンネル。
果て無く続く山々。
2019年08月25日 11:28撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果て無く続く山々。
左右の甲子と津島神社は読めるが、中央は?
2019年08月25日 11:41撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左右の甲子と津島神社は読めるが、中央は?
名目栗の滝。正真正銘自然の滝と思えるが、300年以上前に作られた農業用水の余り水の終着点だそうです。
人工物も自然に溶け込んで違和感がありません。
2019年08月25日 12:04撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名目栗の滝。正真正銘自然の滝と思えるが、300年以上前に作られた農業用水の余り水の終着点だそうです。
人工物も自然に溶け込んで違和感がありません。
泰阜ダムと発電所です。
昭和11年竣工のダムは当時としては大規模工事であった。ブル、ダンプがなく、ツルハシ、スコップ、モッコの人海戦術だったそうです。
改めて偉容さを感じます。
2019年08月25日 12:26撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泰阜ダムと発電所です。
昭和11年竣工のダムは当時としては大規模工事であった。ブル、ダンプがなく、ツルハシ、スコップ、モッコの人海戦術だったそうです。
改めて偉容さを感じます。
櫓橋。12:26。
櫓橋は本日最低の標高346m。宿のある田本は本日ほぼ最高の標高551m。僅か6Km。
疲れた老体に鞭を打ち、やまびこ館に着いたのは14:20。進みはのろかったが、チェックインには早過ぎる。
写真を撮るのも忘れ宿の前でしゃがみこんでいた。
試しに宿のドアを押すと入館できた。ベルを押し快く受け入れてくれました。ありがたかった。
冷たいペットボトルのお茶も戴きました。
2019年08月25日 12:26撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫓橋。12:26。
櫓橋は本日最低の標高346m。宿のある田本は本日ほぼ最高の標高551m。僅か6Km。
疲れた老体に鞭を打ち、やまびこ館に着いたのは14:20。進みはのろかったが、チェックインには早過ぎる。
写真を撮るのも忘れ宿の前でしゃがみこんでいた。
試しに宿のドアを押すと入館できた。ベルを押し快く受け入れてくれました。ありがたかった。
冷たいペットボトルのお茶も戴きました。
温田(ぬくた)駅。
2019年08月26日 05:18撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温田(ぬくた)駅。
1
あれは南宮大橋。
2019年08月26日 05:21撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは南宮大橋。
この南宮社が橋名の由来でしょう。
垂井町の美濃一ノ宮南宮大社を思い出す。
2019年08月26日 05:24撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この南宮社が橋名の由来でしょう。
垂井町の美濃一ノ宮南宮大社を思い出す。
このような橋の設計もしてみたかった。
主塔の高さは? ロープの太さは? 本数は?
2019年08月26日 05:26撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このような橋の設計もしてみたかった。
主塔の高さは? ロープの太さは? 本数は?
2
雨は降っていないが霧に包まれた阿南町役場。
2019年08月26日 06:16撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨は降っていないが霧に包まれた阿南町役場。
なんとも端的なネーミングだ。
2019年08月26日 06:46撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも端的なネーミングだ。
天竜川とは別れ、帯川トンネルを目指す。
2019年08月26日 07:29撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天竜川とは別れ、帯川トンネルを目指す。
帯川トンネル。
2019年08月26日 07:55撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帯川トンネル。
聖岩トンネル。
2019年08月26日 08:23撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岩トンネル。
大津大橋付近はループ、橋、トンネルが混在しGPSの受信も不安定だったように思います。
新野トンネルの名前に惑わされました。新野峠は近いと早合点しました。峠までは約10Kmありました。
2019年08月26日 08:38撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津大橋付近はループ、橋、トンネルが混在しGPSの受信も不安定だったように思います。
新野トンネルの名前に惑わされました。新野峠は近いと早合点しました。峠までは約10Kmありました。
『新野の雪祭り』に登場する最高位の神様で幸法(さいほう)と言うそうです。
2019年08月26日 10:23撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『新野の雪祭り』に登場する最高位の神様で幸法(さいほう)と言うそうです。
2
右端は舟棺状の中に、”南無阿弥陀仏”と彫られています。仏像でなく題目なのは、ちょっと珍しいかも。
2019年08月26日 11:10撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端は舟棺状の中に、”南無阿弥陀仏”と彫られています。仏像でなく題目なのは、ちょっと珍しいかも。
特に標識は見当たらないが、ここが長野と愛知の県境、新野峠です。
2019年08月26日 11:51撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に標識は見当たらないが、ここが長野と愛知の県境、新野峠です。
今夜の宿です。
どんな宿かと心配したが、素晴らしい宿でした。
2019年08月26日 14:07撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜の宿です。
どんな宿かと心配したが、素晴らしい宿でした。
1
窓の下は坂宇場川です。部屋は一階ですが、窓から落ちると”死ぬよ”と脅かされました。
2019年08月26日 14:21撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓の下は坂宇場川です。部屋は一階ですが、窓から落ちると”死ぬよ”と脅かされました。
1
右の部屋で食事、左の部屋で就寝しました。
完全に貸し切りです。クーラーは付いていませんが、夜中に開放していた窓を閉めるほどひんやりでした。
”旅荘”というのがぴったりする雰囲気の宿でした。
2019年08月26日 14:21撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の部屋で食事、左の部屋で就寝しました。
完全に貸し切りです。クーラーは付いていませんが、夜中に開放していた窓を閉めるほどひんやりでした。
”旅荘”というのがぴったりする雰囲気の宿でした。
1
夜明け前の道の駅。車中泊はいなかったように思います。
2019年08月27日 04:58撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前の道の駅。車中泊はいなかったように思います。
1
”あおり運転”の単語が目立ちます。
時代を先取りしていたのか、キャッチアップが早いのか、いずれにしてもお見事な幟です。
2019年08月27日 06:35撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”あおり運転”の単語が目立ちます。
時代を先取りしていたのか、キャッチアップが早いのか、いずれにしてもお見事な幟です。
トンネルが切り取る光景は時として、感動的である。
他人にとっては何でもない光景ですが、私には感激です。小さく見える”東栄町”。愛知県の全市町村完歩の最後の町です。
2019年08月27日 06:47撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルが切り取る光景は時として、感動的である。
他人にとっては何でもない光景ですが、私には感激です。小さく見える”東栄町”。愛知県の全市町村完歩の最後の町です。
どう見てもこの辺りが”桟道”とは思えない立派でしっかりした道路でした。
2019年08月27日 06:50撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どう見てもこの辺りが”桟道”とは思えない立派でしっかりした道路でした。
旧道と言うより遊歩道らしいのが見えるが、案内板はなかった。
2019年08月27日 07:33撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道と言うより遊歩道らしいのが見えるが、案内板はなかった。
鴨山川沿いの古戸(ふっと)集落のようです。
2019年08月27日 07:42撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨山川沿いの古戸(ふっと)集落のようです。
豊根村、東栄町ではチエーンソーによる彫刻が目立ちます。奥に滝が見えます。村行の七滝の一つと思われます。
2019年08月27日 07:45撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊根村、東栄町ではチエーンソーによる彫刻が目立ちます。奥に滝が見えます。村行の七滝の一つと思われます。
七滝を制覇するならば、丸太道を登ります。
私は失礼しました。
2019年08月27日 07:45撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝を制覇するならば、丸太道を登ります。
私は失礼しました。
アイヌを思わせます。
2019年08月27日 07:51撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイヌを思わせます。
残念ながら、文書箱には案内マップはありませんでした。
2019年08月27日 07:59撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら、文書箱には案内マップはありませんでした。
標高300m程度とは思えない木々の繁茂です。
2019年08月27日 08:41撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高300m程度とは思えない木々の繁茂です。
親柱のプレートに注目。
2019年08月27日 08:42撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親柱のプレートに注目。
中設楽トンネルの洞門に注目。
花祭りに欠かせない鬼面です。
2019年08月27日 08:49撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中設楽トンネルの洞門に注目。
花祭りに欠かせない鬼面です。
あれが宇連山だろうか?
東海自然歩道で歩いたことを思い出す。
標識の距離が出鱈目だったような印象が残っている。
2019年08月27日 08:56撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが宇連山だろうか?
東海自然歩道で歩いたことを思い出す。
標識の距離が出鱈目だったような印象が残っている。
立派な無料休憩所。ファミから自動ドア越しに繋がっている。清掃している人はここもコンビニも駐車場も同じ人です。
日本一のコンビニ休憩所と認定したい。
2019年08月27日 09:44撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な無料休憩所。ファミから自動ドア越しに繋がっている。清掃している人はここもコンビニも駐車場も同じ人です。
日本一のコンビニ休憩所と認定したい。
コンビニと繋がっています。トイレはコンビニしかありません。
2019年08月27日 09:49撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンビニと繋がっています。トイレはコンビニしかありません。
東栄町の中心地、本郷集落
2019年08月27日 10:24撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東栄町の中心地、本郷集落
従是右水久保遠山道
2019年08月27日 12:03撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
従是右水久保遠山道
1
従是左本郷信濃道
2019年08月27日 12:03撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
従是左本郷信濃道
1
秋葉神社でもこの字は珍しい。偏と旁の位置が逆である。珍しくてもこの”穐葉”は見たことがあります。
2019年08月27日 13:58撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋葉神社でもこの字は珍しい。偏と旁の位置が逆である。珍しくてもこの”穐葉”は見たことがあります。
川合から宇連川を遡ります。宿は宇連ダムサイトのすぐ下でした。到着とほどなく雨が降り出し、散策は中止。
宿の写真も取り損ないました。
2019年08月27日 14:13撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川合から宇連川を遡ります。宿は宇連ダムサイトのすぐ下でした。到着とほどなく雨が降り出し、散策は中止。
宿の写真も取り損ないました。
1
懐中電灯がなければ何も見えない、漆黒の中を25分歩いて国道に出た。ホッとします。
2019年08月28日 04:39撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懐中電灯がなければ何も見えない、漆黒の中を25分歩いて国道に出た。ホッとします。
田んぼも色づき始めました。
2019年08月28日 05:34撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田んぼも色づき始めました。
今日は雨の降り始めと競争である。当初計画の旧道や生活道路はパスして、地図やGPSを見なくても進めるR151一本に変更して先を急ぐ。
2019年08月28日 05:56撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は雨の降り始めと競争である。当初計画の旧道や生活道路はパスして、地図やGPSを見なくても進めるR151一本に変更して先を急ぐ。
三河大野駅。東海自然歩道を歩いたときは、このすぐ近くに泊まった。若い女将さんが早立ちの私に道を教えてくれたのが思い出される。
2019年08月28日 06:49撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三河大野駅。東海自然歩道を歩いたときは、このすぐ近くに泊まった。若い女将さんが早立ちの私に道を教えてくれたのが思い出される。
1
”中央構造線の露頭”
九州から諏訪湖方面に延びているが、まだ出くわしたことがない。
2019年08月28日 08:07撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
”中央構造線の露頭”
九州から諏訪湖方面に延びているが、まだ出くわしたことがない。
1
豊橋← 豊川→ の標識を見て、右折した。豊川に行くのだがR151は左折だった。200mで気づきました。
川田工業団地のトンボ鉛筆から引き返す。
2019年08月28日 10:40撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豊橋← 豊川→ の標識を見て、右折した。豊川に行くのだがR151は左折だった。200mで気づきました。
川田工業団地のトンボ鉛筆から引き返す。
1
終戦直後生まれの私には、トンボユニオンズという球団が1年間だけあったことを覚えています。もともと高橋ユニオンズでしたが、一年だけトンボユニオンズと言っていました。
ラジオ中継でアナウンサーが『観客はひとり、ふたり、え〜と30人ぐらいでしょうか』と言っていたのを覚えています。
2019年08月28日 10:40撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終戦直後生まれの私には、トンボユニオンズという球団が1年間だけあったことを覚えています。もともと高橋ユニオンズでしたが、一年だけトンボユニオンズと言っていました。
ラジオ中継でアナウンサーが『観客はひとり、ふたり、え〜と30人ぐらいでしょうか』と言っていたのを覚えています。
1
三河一宮である砥鹿神社に到着です。全国一宮参拝以来の再訪です。
2019年08月28日 12:12撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三河一宮である砥鹿神社に到着です。全国一宮参拝以来の再訪です。
1
三河大野駅でゴールしても愛知県全市町村と自宅を繋ぐ閉ループは完成しますが、ここで完歩御礼をしたくて、頑張りました。
2019年08月28日 12:15撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三河大野駅でゴールしても愛知県全市町村と自宅を繋ぐ閉ループは完成しますが、ここで完歩御礼をしたくて、頑張りました。
2
三河一宮駅。ここから豊橋へ出て、各駅新幹線で帰りました。
2019年08月28日 12:27撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三河一宮駅。ここから豊橋へ出て、各駅新幹線で帰りました。
1

感想/記録
by adoppo

信州岡谷から三河豊川に通じる街道筋は徒歩に限らず観光でも仕事でも行く機会が全くなかった。知らない市町村のなんと多いことか。自らの無知と知ると同時に、長野は平成の大合併とは無縁だったと感じた。隣県の北陸4県の全市町村数合計は81に対し、長野県だけで77もあります。
合併が進んでいないだけに、『日本で最も美しい村』連合に加盟している町村も多いです。今回のルートには”中川村”がありました。
計画段階では宿の確保に苦労して、Googleマップで探した宿に電話して予約する方法でした。そのため施設状況や評判が不明で宿に入るまでは不安でした。結果的には素晴らしい宿に恵まれました。ネット予約できる宿は本当に安心です。かって相手先から予約を受けていないと言われ食事がなかった時があります。経営者が高齢で入院していて、泊ることもできなかった経験もあります。
今回、愛知県の豊根村と東栄町を歩いたことで、愛知県の54全市町村を完歩し、自宅との閉ループが完成しました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:623人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ