また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2015016 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

[六甲連山バイブルで辿る-須磨2]塩屋梅鼻道→旗振・鉢伏→全縦路・塩屋2019/09/12(木)晴単独

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年09月12日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車
[六甲連山バイブルで辿る-須磨2]
塩屋国道2号線梅鼻神社入り口山陽電車踏切横に駐輪
梅鼻道→旧全縦路東向け→旗振山→鉢伏山・ロープウェイ山上駅→旗振山→
旧全縦路西向け→塩屋こどもえん→塩屋駅→駐輪場所
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
31分
合計
4時間54分
Sスタート地点11:2111:38松江漁港11:40松江公園11:4111:51明石港11:5212:07大蔵公園12:18海神社12:21山陽電車滝の茶屋駅12:24塩屋駅12:2512:39塩屋駅12:4013:28旗振山13:3213:36鉢伏山13:5314:00旗振山14:0514:37塩屋駅14:48塩屋駅14:51山陽電車滝の茶屋駅14:55海神社15:08舞子公園15:16大蔵公園15:25明石港15:38松江公園15:40松江漁港15:4116:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
六甲連山バイブルに載っているルートを辿っていくことにしました。
今後、タイトルに[六甲連山バイブルで辿る-***道]のように付ける予定です。

この日は、先週に続き須磨周辺の登山道巡りで、塩屋起点の旧全縦路を行きます。登り口が分からないので、比較的分かり易い梅鼻道から登り、下山路として旧全縦路を辿ることにしました。
コース状況/
危険箇所等
オオスズメバチの巣【この時期の危険箇所】が、旧全縦路と合流した先にありました。注意看板があります(看板があるにも拘わらず直近を通ってしまい、危うく襲われるところでした)。

登山道自体は問題ありません。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

六甲連山バイブルの記事。この記事を見た後、新長田まで買いに行きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲連山バイブルの記事。この記事を見た後、新長田まで買いに行きました。
旧全縦路からと思い自転車を押して行きますが・・・・・、
2019年09月12日 12:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧全縦路からと思い自転車を押して行きますが・・・・・、
ゴミ袋に気を取られてこの毘沙門への道しるべに気が付かず、かなり登り過ぎて戻ってきました。
2019年09月12日 12:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴミ袋に気を取られてこの毘沙門への道しるべに気が付かず、かなり登り過ぎて戻ってきました。
先週ここに下りてきました。そのときに撮らなかった西向き地蔵の由来を撮りに寄りました。
2019年09月12日 12:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週ここに下りてきました。そのときに撮らなかった西向き地蔵の由来を撮りに寄りました。
参詣人の上には屋根はありますが、地蔵さんの上には屋根がありません。
2019年09月12日 12:46撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参詣人の上には屋根はありますが、地蔵さんの上には屋根がありません。
梅鼻道入り口、踏切を渡って上がって行きます。
2019年09月12日 12:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅鼻道入り口、踏切を渡って上がって行きます。
1
かわいいお宮さん、梅鼻神社。
2019年09月12日 13:05撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいいお宮さん、梅鼻神社。
1
先週下りてきた道に出ました。右から来て左へ行きます。
2019年09月12日 13:11撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週下りてきた道に出ました。右から来て左へ行きます。
1
オオスズメバチの注意看板
2019年09月12日 13:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオスズメバチの注意看板
直近を通ってしまってゾッとしました。遠くに下がり、望遠で撮りました。とにかく大きいのと色が気味が悪いです。
2019年09月12日 13:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直近を通ってしまってゾッとしました。遠くに下がり、望遠で撮りました。とにかく大きいのと色が気味が悪いです。
遊園地上の毘沙門天
2019年09月12日 13:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊園地上の毘沙門天
今日も展望は良いですが、奈良は見えません。
2019年09月12日 13:33撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も展望は良いですが、奈良は見えません。
1
西方向も小豆島は見えません。
2019年09月12日 13:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方向も小豆島は見えません。
今日は先週不通過の鉢伏山経由。
2019年09月12日 13:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は先週不通過の鉢伏山経由。
絶景を見ながらロープウェイ山上駅横のベンチで昼食。
2019年09月12日 13:43撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を見ながらロープウェイ山上駅横のベンチで昼食。
空中で停止、と思ったら細い草の先にとまっていました。
2019年09月12日 14:01撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空中で停止、と思ったら細い草の先にとまっていました。
1
六甲全山縦走路は塩(谷)から始まって塩(尾寺)で終わる、などと考えながら山王神社まで下ってきました。
2019年09月12日 14:30撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲全山縦走路は塩(谷)から始まって塩(尾寺)で終わる、などと考えながら山王神社まで下ってきました。
ゴミ袋が無くなってすっきりした毘沙門道標識。
2019年09月12日 14:35撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴミ袋が無くなってすっきりした毘沙門道標識。
(付録)明石大観橋付近で見た紫のサルスベリ。
2019年09月12日 15:32撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(付録)明石大観橋付近で見た紫のサルスベリ。

感想/記録
by jj3bhn

梅鼻道、住宅街で2度違うところに上がり、3度目にようやく本来の登山道に入れました。住宅街の坂道が半端でない傾斜なのにビックリしました。また、かなり上に廃屋になった宅地があって、車の無い時代の名残かな、と一人で納得していました。

現在の全縦路はいきなり石積みの階段が続くので結構厳しいスタートになりますが、塩屋からの全縦路は一部傾斜がきついところがあるものの、歴史を感じさせる経路で、階段道も斜度をうまくとってあるので身体には少しは優しい登山道だと感じました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:151人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ