また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2018664 全員に公開 ハイキング富士・御坂

【快晴の富士山】富士宮口〜剣ヶ峰〜宝永山〜富士宮口

日程 2019年09月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴&微風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅をAM01:30に出発し,01:46茨城町東IC〜北関東道・常磐道・首都高速・東名道(海老名SAにて約30分朝食休憩)〜04:22御殿場IC〜富士山スカイライン〜05:15富士宮五合目着。260km走行。水ヶ塚公園駐車場に「富士山スカイライン マイカー規制中」の表示が出ていて驚きましたが,実際にはマイカー規制は9月10日(火)で終了しています。

クルマは,富士宮五合目登山口の下にある駐車スペースに駐車しました。
朝の5:15頃に到着したときには,駐車スペースはすでに満車に近く,一番下の1台分だけ空いていた場所に駐車することができました。
下山時には,駐車できなかった路駐のクルマが1劼らい続いていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・ 登山道は大変良く整備されていて,特に危険を感じる箇所は見当たりませんが,落石の危険があるので,下山するまでヘルメットを装着して歩きました。実際,今シーズンに登山者1名の落石死亡事故が発生しているとの注意喚起の看板がありました。落石には要注意です。
・ 富士宮口五合目の標高が2,380mで山頂剣ヶ峰の標高が3,776mですので,山頂までの単純標高差は約1,400mとなります。この間に六合目の雲海荘・宝永山荘から富士宮頂上の頂上富士館まで8ヵ所の山小屋がありますので,休憩のタイミングはとりやすいです。ただし,多くの小屋は9月10日(火)で小屋締めしており,営業していたのは六合目の雲海荘・宝永山荘のみでした。六合目から上ではトイレの利用はできません。
・ マイカー規制が解除後の最初の週末で快晴ということもあり,登山道は多くの登山者で賑わっていました。山頂剣ヶ峰も登山者が多く,山頂碑での記念撮影は順番待ちの状態でした。三脚を持参したのですが,三脚を広げてタイマー撮影できる状況には無かったので,居合わせた方にカメラのシャッターを押して頂きました。
・ 

写真

午前5時15分に到着したときには,すでに満車に近い状態。左端になんとか1台分のスペースを見つけ,クルマを駐車しました。
2019年09月14日 05:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前5時15分に到着したときには,すでに満車に近い状態。左端になんとか1台分のスペースを見つけ,クルマを駐車しました。
富士宮5合目登山口に到着。ここから登山スタートです。
2019年09月14日 05:40撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮5合目登山口に到着。ここから登山スタートです。
すぐに,公衆トイレ。100円募金をして,トイレを済ませます。なお,ここから先は,わずかに営業している山小屋以外で,利用可能な公衆トイレはありません。
2019年09月14日 05:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに,公衆トイレ。100円募金をして,トイレを済ませます。なお,ここから先は,わずかに営業している山小屋以外で,利用可能な公衆トイレはありません。
山頂方面は快晴です。右膝関節痛が治まったばかりだったので,ダブルストックを利用して体重分散させ,ゆっくりしたペースで登ります。
2019年09月14日 05:44撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面は快晴です。右膝関節痛が治まったばかりだったので,ダブルストックを利用して体重分散させ,ゆっくりしたペースで登ります。
最初はこのような緩い登りです。
2019年09月14日 05:55撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はこのような緩い登りです。
15分ほどで,六合目の雲海荘に到着。
2019年09月14日 05:59撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほどで,六合目の雲海荘に到着。
登山道入口は閉鎖されていたので,宝永山荘の建物の脇から登山道に入りました。
2019年09月14日 06:01撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口は閉鎖されていたので,宝永山荘の建物の脇から登山道に入りました。
良く整備された,快適な登山道を登ります。
2019年09月14日 06:16撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く整備された,快適な登山道を登ります。
新七合目御来光山荘に到着。すでに小屋は閉めてあります。
2019年09月14日 06:42撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新七合目御来光山荘に到着。すでに小屋は閉めてあります。
小屋の少し先のところで,少し長めの給水休憩。
2019年09月14日 06:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の少し先のところで,少し長めの給水休憩。
東側は雲海がきれいでした。
2019年09月14日 06:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側は雲海がきれいでした。
1
駿河湾を望む。
2019年09月14日 06:43撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駿河湾を望む。
1
傾斜がきつくなってきました。
2019年09月14日 07:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜がきつくなってきました。
元祖七合目山口小屋に到着。ここの標高は,約3,000m。ほぼ中間地点です。靴紐がきつくて足が痛くなったので,ここで靴を脱いで,長めのオニギリ休憩としました。
2019年09月14日 07:26撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
元祖七合目山口小屋に到着。ここの標高は,約3,000m。ほぼ中間地点です。靴紐がきつくて足が痛くなったので,ここで靴を脱いで,長めのオニギリ休憩としました。
小屋前から,登山道を見下ろす。
2019年09月14日 07:41撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前から,登山道を見下ろす。
登山者が増えてきたので,休憩を切り上げ,登りを再開。
2019年09月14日 07:41撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者が増えてきたので,休憩を切り上げ,登りを再開。
写真で分かるとおり,登山道はとても良く整備され,歩きやすいです。
2019年09月14日 07:41撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真で分かるとおり,登山道はとても良く整備され,歩きやすいです。
でも,次第に溶岩の固まった岩場の急傾斜に変わってきます。
2019年09月14日 07:53撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも,次第に溶岩の固まった岩場の急傾斜に変わってきます。
このあたり,かなりの傾斜で,結構きつかった。
2019年09月14日 08:07撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり,かなりの傾斜で,結構きつかった。
八合目の小屋が見えてきた。
2019年09月14日 08:13撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目の小屋が見えてきた。
八合目池田館に到着。
2019年09月14日 08:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目池田館に到着。
池田館の前から,宝永山を望む。
2019年09月14日 08:22撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池田館の前から,宝永山を望む。
登りに備えて息を整えていると,次々に登山者が追い抜いていきます。
2019年09月14日 08:23撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りに備えて息を整えていると,次々に登山者が追い抜いていきます。
門のような二本の柱に,コインが突き刺さっています。何なのでしょうか?
2019年09月14日 08:46撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門のような二本の柱に,コインが突き刺さっています。何なのでしょうか?
山頂方面は,まだ遙か先。さすがに日本一の山です。
2019年09月14日 08:47撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面は,まだ遙か先。さすがに日本一の山です。
石垣が見えてきました。
2019年09月14日 08:57撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石垣が見えてきました。
九合目にある萬年雪山荘に到着。ここの標高は3,460mだそうです。山頂までの標高差は,残り300mほど。
2019年09月14日 09:00撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目にある萬年雪山荘に到着。ここの標高は3,460mだそうです。山頂までの標高差は,残り300mほど。
小屋前のベンチは登山者で賑わっていたので,休まずに歩き続けます。
2019年09月14日 09:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前のベンチは登山者で賑わっていたので,休まずに歩き続けます。
この鳥居をくぐって,山頂を目指します。
2019年09月14日 09:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この鳥居をくぐって,山頂を目指します。
九合五勺に位置する,胸突山荘が見えてきました。
2019年09月14日 09:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合五勺に位置する,胸突山荘が見えてきました。
胸突山荘に到着。
2019年09月14日 09:31撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突山荘に到着。
宝永山は,すでに遙か下のほう。
2019年09月14日 09:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山は,すでに遙か下のほう。
息も絶え絶えで,休憩している登山者の姿。ここの標高は3,590mですので,空気が薄くて呼吸が苦しい感じでした。
2019年09月14日 09:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息も絶え絶えで,休憩している登山者の姿。ここの標高は3,590mですので,空気が薄くて呼吸が苦しい感じでした。
下からは,登山者が次々に登ってきます。
2019年09月14日 09:32撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下からは,登山者が次々に登ってきます。
ようやく,山頂が近づいてきました。
2019年09月14日 09:41撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく,山頂が近づいてきました。
大鳥居のところに到着。
2019年09月14日 10:09撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鳥居のところに到着。
頂上富士館の前の広場に到着。
2019年09月14日 10:11撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上富士館の前の広場に到着。
浅間大社奥宮へ向かいます。
2019年09月14日 10:11撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間大社奥宮へ向かいます。
奥宮の脇から剣ヶ峰へ。
2019年09月14日 10:12撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮の脇から剣ヶ峰へ。
剣ヶ峰を望む。山頂ドームは旧富士山測候所の跡地。
2019年09月14日 10:12撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰を望む。山頂ドームは旧富士山測候所の跡地。
剣ヶ峰から火口をパノラマ撮影(サイズは1600×600ドット)
2019年09月14日 10:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰から火口をパノラマ撮影(サイズは1600×600ドット)
1
最後の登りはきついです。
2019年09月14日 10:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登りはきついです。
旧富士山測候所。
2019年09月14日 10:28撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧富士山測候所。
剣ヶ峰に到着しました。
2019年09月14日 10:31撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰に到着しました。
1
近くにいた方に,シャッターを押して頂きました。感謝。
2019年09月14日 10:32撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くにいた方に,シャッターを押して頂きました。感謝。
3
剣ヶ峰の北側平坦地で昼食休憩。
2019年09月14日 10:35撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の北側平坦地で昼食休憩。
眼下に火口を望む(1280×600ドット)
2019年09月14日 10:48撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に火口を望む(1280×600ドット)
旧測候所の建屋。
2019年09月14日 10:50撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧測候所の建屋。
北側の展望台からは,南アルプスや八ヶ岳が一望の下。
2019年09月14日 10:51撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の展望台からは,南アルプスや八ヶ岳が一望の下。
南アルプス南部。左から上河内岳〜聖岳〜赤石岳〜荒川三山。
2019年09月14日 10:51撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス南部。左から上河内岳〜聖岳〜赤石岳〜荒川三山。
2
南アルプス北部と八ヶ岳。
2019年09月14日 10:55撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス北部と八ヶ岳。
2
三角点の説明書き。ここの三角点は,二等三角点なんですね。標高日本一なのに不思議。
2019年09月14日 11:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点の説明書き。ここの三角点は,二等三角点なんですね。標高日本一なのに不思議。
1
もう一度剣ヶ峰の標識を撮影して下山します。
2019年09月14日 11:03撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度剣ヶ峰の標識を撮影して下山します。
1
浅間神社奥宮までは,結構な標高差があります。
2019年09月14日 11:03撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社奥宮までは,結構な標高差があります。
剣ヶ峰の肩のところから,火口をパノラマ撮影。
2019年09月14日 11:04撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰の肩のところから,火口をパノラマ撮影。
ここの下りは滑りやすいです。転倒注意!
2019年09月14日 11:06撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの下りは滑りやすいです。転倒注意!
広く平坦な道を歩いて,浅間神社奥宮へと戻ります。
2019年09月14日 11:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広く平坦な道を歩いて,浅間神社奥宮へと戻ります。
浅間神社奥宮に到着。
2019年09月14日 11:18撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間神社奥宮に到着。
残念ながら,参拝は来年までお預けです。
2019年09月14日 11:19撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら,参拝は来年までお預けです。
1
銀明水に向かいます。
2019年09月14日 11:21撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀明水に向かいます。
銀名館は休業中。
2019年09月14日 11:24撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀名館は休業中。
御殿場ルートは通行止めとなっていますが,多くの登山者が歩いています。
2019年09月14日 11:26撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場ルートは通行止めとなっていますが,多くの登山者が歩いています。
御殿場ルートを下って,宝永山を目指します。
2019年09月14日 11:29撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場ルートを下って,宝永山を目指します。
赤茶けた斜面を下ります。
2019年09月14日 11:35撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤茶けた斜面を下ります。
山頂方面を振り返る。
2019年09月14日 12:00撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面を振り返る。
御殿場口八合目から山頂方面を見上げる。
2019年09月14日 12:14撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場口八合目から山頂方面を見上げる。
小屋跡かな?
2019年09月14日 12:16撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋跡かな?
赤岩八合館前を通過。
2019年09月14日 12:29撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩八合館前を通過。
公衆トイレ?施錠されていました。
2019年09月14日 12:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公衆トイレ?施錠されていました。
砂走館の前で給水休憩。
2019年09月14日 12:54撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂走館の前で給水休憩。
山頂方面を望む。かなり下ってきました。
2019年09月14日 12:54撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面を望む。かなり下ってきました。
わらじ館はまだ営業中でした。一泊二食9,800円だそうです。
2019年09月14日 13:01撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わらじ館はまだ営業中でした。一泊二食9,800円だそうです。
傾斜の緩い,歩きやすい登山道です。
2019年09月14日 13:08撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜の緩い,歩きやすい登山道です。
七合目,日の出館に到着。
2019年09月14日 13:08撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目,日の出館に到着。
御殿場ルートの標識。
2019年09月14日 13:11撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場ルートの標識。
大砂走りを下ります。
2019年09月14日 13:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大砂走りを下ります。
大砂走りの途中から,山頂方面を振り返る。
2019年09月14日 13:16撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大砂走りの途中から,山頂方面を振り返る。
宝永山が近くなってきた。
2019年09月14日 13:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山が近くなってきた。
宝永山の背景には,雲海が広がっていました。
2019年09月14日 13:34撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山の背景には,雲海が広がっていました。
望遠で宝永山頂をズームアップ。
2019年09月14日 13:34撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠で宝永山頂をズームアップ。
分岐に到着。せっかくなので宝永山へと直進。
2019年09月14日 13:38撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に到着。せっかくなので宝永山へと直進。
奥が山頂。
2019年09月14日 13:45撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥が山頂。
宝永山の山頂方位盤と富士山。
2019年09月14日 13:46撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山の山頂方位盤と富士山。
宝永山から望む富士山頂の姿。迫力があります。
2019年09月14日 13:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山から望む富士山頂の姿。迫力があります。
1
望遠でズームアップ。
2019年09月14日 13:48撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠でズームアップ。
1
少し引いて。
2019年09月14日 13:50撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し引いて。
宝永火口へと下ります。
2019年09月14日 13:57撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永火口へと下ります。
とても良い眺め。
2019年09月14日 13:58撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても良い眺め。
1
砂走りと同じような砂の道を歩きます。下りは楽ですが,登りはきつそう。
2019年09月14日 14:03撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂走りと同じような砂の道を歩きます。下りは楽ですが,登りはきつそう。
宝永火口に到着。周囲はガス。
2019年09月14日 14:17撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永火口に到着。周囲はガス。
先ほどの火口から登り返して,第一火口分岐に到着。
2019年09月14日 14:26撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの火口から登り返して,第一火口分岐に到着。
第一火口分岐から,富士山頂を望む。
2019年09月14日 14:27撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一火口分岐から,富士山頂を望む。
雲海荘に戻りました。
2019年09月14日 14:46撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海荘に戻りました。
山頂方面は,雲一つ無い快晴。
2019年09月14日 14:57撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面は,雲一つ無い快晴。
五合目の公衆トイレに到着。
2019年09月14日 15:02撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目の公衆トイレに到着。
富士宮五合目登山口に下山しました。
2019年09月14日 15:05撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮五合目登山口に下山しました。
クルマに戻りました。
2019年09月14日 15:15撮影 by DMC-GX8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマに戻りました。

感想/記録

・ 夏山シーズンが終了した直後の富士山に登ってきました。これまで,南アルプス縦走や八ヶ岳登山の際などに眺めるだけだった山でしたが,ついに自分の足で日本最高峰の頂に立つことができました。
・ 富士山登山といえば,八合目の山小屋で仮眠し,深夜にヘッドランプを灯しながら行列をなして登山道を登り,山頂から御来光を仰ぐというパターンが一般的です。とにかく登山者が多く,小屋も混雑するというイメージがあり,これまでどうも足が向かず,その端正な姿を眺めるだけで済ませてきました。
・ ところが本年3月末に38年間勤務した職場を定年退職し,再就職までの3ヶ月間,在宅無職となりました。そうなると,生活に張りを持たせるため,何か目標が必要となります。そこで,深田久弥が選定した日本百名山のうち,まだ未踏だった7座を,還暦記念に登ろうかと思いつきました。
・ 5月には天城山,6月には四国の石鎚山と剣山に登頂。7月は梅雨明けが遅れたことに加え,新しい職場に慣れるため登山は諦めましたが,8月のお盆に霧ヶ峰から美ヶ原までを縦走。これにより,深田百名山は富士山と伯耆大山の残り2座となりました。
・ 富士山は例年9月下旬には冠雪となりますので,できるだけ早い時期に登りたかったのですが,8月下旬に持病の右膝関節痛が再発してしばらくは辛抱の期間でした。ようやく数日前に関節痛も治癒したことから,晴れの予報が出ていたこの三連休の初日に狙いを定め,富士宮登山口から富士山頂に登ることにしました。
・ 幸い,天気は終日快晴&微風。絶好の登山日和となりました。膝痛が再発しないよう,ダブルストックで体重を分散し,意識してスローペースで登りました。登山道は整備が行き届いていて膝への負担も少なく,助かりました。
・ 途中の小屋の前で何度も休憩し,登山開始から約5時間かけて標高3,776mの剣ヶ峰に到着。素晴らしい展望と山頂火口の大迫力に圧倒されました。さすがに日本一の山ですね。もっと早く登っておけば良かったと思いました。
・ 下山は宝永山を経由して登山口に戻りましたが,宝永山から望む富士山頂の眺めも見事でした。食わず嫌いで富士登山を敬遠していましたが,大いに反省です。「富士山は観る山であって,登る山では無い」なんてうそぶいている登山愛好家には,「是非登ってみて下さい」と言ってあげたいですね。
・ ところで深田百名山の最後は伯耆大山となりました。10月中旬には誕生日を迎えてしまうので,それまでには,なんとか百名山踏破を果たしたいと考えています。
訪問者数:104人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ