また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2039766 全員に公開 ハイキング丹沢

蓑毛より大山・三峰・辺室・仏果縦走

日程 2019年09月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候午前晴れ 午後曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
丹沢フリーパス 仏果方面だとかえって高くつくようだ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
22分
合計
6時間43分
S蓑毛08:5909:5916丁目10:0410:27大山10:2810:56唐沢峠11:02バリルート出入口(2)11:33バリルート出入口(1)11:48大山三峰山12:48物見峠13:10辺室山13:1113:38土山峠13:5014:27革籠石山14:56仏果山14:5815:34愛川ふれあいの村野外センター前バス停15:3515:42撚糸組合前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三峰、辺室 人少なくアップダウン多い健脚者向き
唐沢峠〜三峰VR 多少ルーファイできれば問題なし
三峰周辺 急傾斜、岩、やせ尾根
辺室 倒木枝有り
仏果尾根道 三峰周辺と同じく岩、やせ尾根
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

なじみの蓑毛ボーイからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なじみの蓑毛ボーイからスタート
1
今回は大山方面へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は大山方面へ
1
下社からの合流点の一つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下社からの合流点の一つ
ホトトギスが咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホトトギスが咲いていた
16丁目ベンチで休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16丁目ベンチで休憩
結構咲いているもんですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構咲いているもんですね
トリカブトも発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトも発見
久々に大山の山頂に着いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々に大山の山頂に着いた
1
ここから初ルートへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから初ルートへ
人はいないけど歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人はいないけど歩きやすい
ところどころ痩せ尾根が鎖の手すりでカバーされている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ痩せ尾根が鎖の手すりでカバーされている
1
VRへの分岐点
明確に角度が変わるポイントだから見落とさないでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
VRへの分岐点
明確に角度が変わるポイントだから見落とさないでしょう
オマケに小さく書いてるのでまず間違えない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オマケに小さく書いてるのでまず間違えない
ちょっとだけワイルドな道になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけワイルドな道になる
1
VRよりもNRの三峰周辺の方がきついんですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
VRよりもNRの三峰周辺の方がきついんですが
1
丹沢三峰かしら?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢三峰かしら?
1
落ちた枝で歩きにくいところもあり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちた枝で歩きにくいところもあり
煤ケ谷と物見峠の分岐
物見峠への道はちょこっとだけわかりづらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煤ケ谷と物見峠の分岐
物見峠への道はちょこっとだけわかりづらい
鍋割から西に向かう時も見たような看板
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割から西に向かう時も見たような看板
1
ちょこっとだけルーファイ能力が試される
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこっとだけルーファイ能力が試される
1
登山口付近は彼岸花が咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口付近は彼岸花が咲いていた
1
革籠石山(かごいしやま)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
革籠石山(かごいしやま)
1
この先確かに道が悪くなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先確かに道が悪くなる
ベンチと展望塔あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチと展望塔あり
1
せかっくなので登ってみる
宮ケ瀬ダムが見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せかっくなので登ってみる
宮ケ瀬ダムが見える
ふもとの街並みも見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふもとの街並みも見える
1
下山して鉄塔を横目に曲がる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山して鉄塔を横目に曲がる
とりあえずロード到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえずロード到着
こいつを探して結局バス停まできた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こいつを探して結局バス停まできた
ここが仏果登山口ということにしましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが仏果登山口ということにしましょう

感想/記録

日帰りスピードハイクトレをしたく丹沢へ。

秦野駅よりバスに乗車。ヤビツ行きはおなじみの混み具合。蓑毛で下車して準備、スタート。

大山は5年ぶりくらい。蓑毛からのルートは9年ぶりで懐かしさを覚える。浅間山に寄る計画だったがすっかり忘れてそのまま大山方面へ。
下社からのルートと合流すると人が増える。丹沢らしくランナーもちらほら。こちらはマイペースに予定タイムで山頂到着。

大山から三峰方面に進む。三峰は今まで何となく足が向かずここから先は初ルート。
ハイカーが一気に少なくなりルートも獣臭が立ちこめる場所あり。丹沢メインルートに比べると倒木など多いがルートは明瞭。小走りに進む。

唐沢峠〜三峰はVR扱いだが要所にピンクテープがあったり、マイナールートってくらいの扱い。ルーファイできるなら問題なしだが細かいアップダウンが続き想定よりタイムがかかる。
三峰周辺は急傾斜と痩せ道、鎖場の連続の健脚者コース。

三峰の北峰を越えてしばらく歩くと傾斜が緩くなり再び小走りに進む。物見峠でベンチに座ってパンをかじる。
物見峠から辺室、登山口までは踏み跡が少なめで倒木や枝も多い。そんなにきつい場面は無いのだがあまり歩かれてないのだろう。

辺室登山口から仏果登山口(バス低迷と異なる場所)までは100m程度のロード小走り。休憩して気分を入れ直して400mの登り返し。さすがに疲れてペースが上がらない。
仏果の尾根道はやせ尾根で岩も目立つ。注意しながら進むと仏果山頂。ベンチがいくつかあり展望塔もある手の入れよう。せっかくなので登って景色を眺める。

仏果から半原本面へ下山する。辺室に比べると管理が行き届いており歩きやすい。小走りに下る。ロード到着するも仏果登山口という看板がない。代わりに半原バス停まで〇キロの看板。バス停まで行かないとゴールと言えないようだ。
道沿いにロード歩きと小走り。メイン道路に着くと撚糸組合バス停そばに神社の鳥居が有り、ここに仏果ハイキングコース入口の看板。ようやくゴール確定でログ終了。終わってみれば予定タイムどおり。

今回は軽装デイハイクとは言え、2週連続だとちょっと疲れました。
今まで歩いてなかったルートの線も引けて、予定タイムどおりにしっかり歩けたので良しとしましょう。
今回も無事下山できてお疲れちゃんでした。
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ