また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2042303 全員に公開 沢登り 白神山地・岩木山

追良瀬川支流 三の沢(シラワの沢)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年09月26日(木) ~ 2019年09月28日(土)
メンバー
天候 晴、晴、くもり
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
追良瀬大橋まではダートが続く
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間8分
休憩
0分
合計
5時間8分
Sスタート地点09:3611:42天狗沢分岐13:26四十八滝沢分岐13:58中ノ沢(二の沢)分岐13:58中ノ沢(二ノ沢)分岐14:44宿泊地
2日目
山行
6時間51分
休憩
51分
合計
7時間42分
ゴロサブロウの沢分岐05:5806:00シワラノ沢(三の沢)分岐06:0512:25向白神岳13:1113:40宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:35 スタート(0.00km) 09:35 - その他(9.40km) 14:57 - その他(15.47km) 18:07 - ゴール(108.56km) 16:11
コース状況/
危険箇所等
追良瀬大橋〜三の沢出会い
1箇所ゴルジュでへつりが難しい所がある。泳げば容易だが寒い。そこ除けばは河原歩きで面白くない。
三の沢出会い〜向白神岳コル
主な滝はF12まであり、我々は高巻きを2回、直登(ロープあり)5回、直登(ロープなし)5回、高巻きした滝は簡単に巻けた。その他の滝は下手に巻くよりも直登した方が良い。コル直前まで沢地形が明瞭に残っている。下降の際は15m以上のラッペルが必要なので30mロープ2本が必要。
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

写真

五郎三郎沢出会いの滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五郎三郎沢出会いの滝
F2(上から)
2019年09月27日 07:24撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F2(上から)
コルでおにぎり
2019年09月27日 12:36撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルでおにぎり
1
F1(ラッペル中)
2019年09月27日 17:19撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1(ラッペル中)
ラッペル後の泳ぎ
2019年09月27日 17:22撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラッペル後の泳ぎ
1

感想/記録

 追良瀬川支流の一、ニ、三の沢は弘前大学山岳部の昔の先輩達が初遡行で名前も命名された。今回はその三の沢に後輩Wと遡行した。(ちなみに沢の難易度は難しい順で一、ニ、三)
 三の沢は難しいと聞いていたので登攀装備を多めにもって五郎三郎の沢出会いでBCにすることにした。メンバーが2人なのと大量の食料のため荷が重い。幕営地は平で快適。三の沢は水がなくなるまで滝がいくつも連続している。装備はビバーク装備、30mハーフロープ×2と個装。ザックは10Lのサブザックと30Lのサブザックを用意してリードが身軽で登る事にした。登攀装備はハーケンを多めに持っていった。Wがリードで登れる用に成長してきたのでリードは交代交代でやることにした。三の沢は滝が多く標高差もあるためBC方式でやるなら体力が必要。個人的にはF2、F6の2人が核心である程度登れる人でないと突破できない。稜線は藪が酷く三角点まで行くのを辞めた。下降はクライムダウンとラッペルを多用した。
 三の沢は聞いていたよりは難しくはなかった。今年はたかじょの方と沢に行かせてもらって沢登りが少し上手になった気がする。機会があればニと一もやりたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:565人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ