また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2052468 全員に公開 アルパインクライミング 槍・穂高・乗鞍

明神岳主稜

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年10月04日(金) ~ 2019年10月06日(日)
メンバー
 kedosin(SL)
 ohdebara(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あかんだな駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間14分
休憩
3時間21分
合計
12時間35分
S上高地バスターミナル06:1106:15無料トイレ06:1606:22日本山岳会上高地山岳研究所06:30岳沢湿原・岳沢登山口06:547番標識07:2109:45明神5峰南西尾根の肩09:4810:23明神岳5峰10:3811:23明神岳4峰11:2411:37明神岳3峰11:4712:07明神岳2峰13:0913:18明神岳13:3314:08奥明神沢のコル14:4616:02前穂高岳16:1616:40紀美子平16:5518:46岳沢小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【10/5日土)】3:30駐車場→5:30平湯あかんだな駐車場バス停→6:10上高地→7:107番標識→10:405峰→13:30明神岳→16:00前穂高岳→18:45岳沢小屋
【10/6(日)】7:00岳沢小屋→8:40上高地→平湯あかんだな駐車場→湯治・昼食→17:00西宮北口駅
過去天気図(気象庁) 2019年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 クライミング用具 ヘッドランプなど
共同装備 50mWロープ1本 30mWロープ1本 無線機 ツェルト2張など

写真

奥穂吊り尾根の右に明神主稜が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂吊り尾根の右に明神主稜が見える
1
南西尾根に取付く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西尾根に取付く
1
標高差1000mの急登にあえぐ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差1000mの急登にあえぐ
1
樹間から天狗岩とコル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間から天狗岩とコル
1
虎ロープ帯に入る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虎ロープ帯に入る
1
ジャン、ロバの耳、馬の背
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャン、ロバの耳、馬の背
1
南西尾根の頭から5峰を見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西尾根の頭から5峰を見上げる
1
幕営適地から5峰の登り「ここが一番しんどかった」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営適地から5峰の登り「ここが一番しんどかった」
1
有名なピッケル 後ろは4峰、3峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名なピッケル 後ろは4峰、3峰
1
主峰〜3峰の明神3ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主峰〜3峰の明神3ピーク
2峰からの懸垂 Fさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰からの懸垂 Fさん
1
2峰の懸垂壁を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2峰の懸垂壁を振り返る
1
奥明神沢のコルをクライムダウン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥明神沢のコルをクライムダウン
1
前穂への最後の登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂への最後の登り
1

感想/記録

【10/4(金)】JR三ノ宮駅に4名が集まり、車で阪神高速から名神へ。途中、1名と名神多賀SAで合流、車2台に分乗し平湯あかんだな駐車場へ。
【10/5日土)】駐車場ゲートが開くと、平湯あかんだな駐車場の上高地行きバス停に並び、始発から2便目のバスに乗り込み上高地へ。上高地バスターミナルから、まだ観光客のいない河童橋を渡り、前穂高登山道へ。登山道途中の7番標識の所で装備を整え、登山道を外れ明神岳へ向かうルートへ。ここから五峰まで1000m程の高度を稼ぐのに、急登や細尾根のようなルートを登るのはなかなかでした。五峰からアップダウンを繰り返し、二峰へ。二峰からは、25mと15mの懸垂下降で、ふたたび登り主峰へ。主峰ではホッと一休みし達成感を感じました。しかし、ここからまだまだ先は長く、ドンとそびえる前穂高岳の山頂を経由し、重太郎新道を下り岳沢小屋へ。疲れたところで重太郎新道はこたえました。岳沢小屋では温かい食事を頂き、早々に就寝。
【10/6(日)】起床後、小屋で朝食を頂き、上高地へ下山。まだ、観光客の少ない上高地で、少しまったりした後、バスに乗り込み、駐車場へ。帰りに、ひらゆの森で温泉に浸かり、自然薯の茶々で食事をし、帰神。途中、福田さんと別れ、西宮北口駅で解散。(OOT)

感想/記録

予定通り長丁場の山行となりました。標高差1000mを一気に登る5峰は応えました。バテバテで、その後はペースダウン。主稜線は3峰の迂回路でルーファイに苦しんだ以外は、明瞭なトレースで歩きやすかったです。2峰から懸垂は25mと15mの2回。Wロープを2本持って行ったのでスピードを稼ぐことだ出来ました。
主峰に登ると達成感がありホット一休み。しかし、ここからの残りのルートが長かった。奥明神沢のコルの下りは残置ロープに助けられクライムダウンを選択。西穂の登りはトレースが薄いが、頂上が視認できたので助かった。
そして、重太郎新道は疲れた体に厳しい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1277人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ