また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2055949 全員に公開 ハイキング比良山系

釈迦岳

日程 2019年10月09日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR湖西線比良駅〜イン谷口 徒歩1時間。江若バス12分(土・日・祝のみ、12月第一日曜まで)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間34分
休憩
27分
合計
4時間1分
Sイン谷口08:5309:03登山ポスト(神璽谷道)09:0409:22神璽谷・釈迦岳分岐09:34神璽の滝(雄滝)09:3509:42カラダケ谷入口09:4511:02登山道に出る11:0311:13釈迦岳11:2812:00比良リフト・比良ロープウェイシャカ岳駅跡12:0512:29神璽谷・釈迦岳分岐12:3012:44登山ポスト(神璽谷道)12:51大津ワンゲル道登山口12:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大津ワンゲル道登山口・イン谷リフト山麓駅跡に登山ポスト有り。
カラダケ谷に登山道は有りません。
その他周辺情報比良川近くに比良トピア(温泉)有り。
堅田に飲食店多数有り。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS ファーストエイドキット 時計 タオル カメラ ロープ 濡れて良い靴 替えの靴下

写真

A9:08 カマブロ洞に寄る。イン谷口A8:54スタート。
2019年10月09日 09:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:08 カマブロ洞に寄る。イン谷口A8:54スタート。
2
A9:45 カラダケ谷の一つ目の堰堤。ここで濡れて良い靴に替える。
2019年10月09日 09:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:45 カラダケ谷の一つ目の堰堤。ここで濡れて良い靴に替える。
1
A9:50 堰堤を越えると右にこの5m溝状の斜滝がある。滝と言う程の水量は無いが・・・
2019年10月09日 09:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:50 堰堤を越えると右にこの5m溝状の斜滝がある。滝と言う程の水量は無いが・・・
1
A9:54 中央の凸部を挟んで左側にある5m滝。こちらはたっぷりとした水量です。
2019年10月09日 09:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:54 中央の凸部を挟んで左側にある5m滝。こちらはたっぷりとした水量です。
8
A9:54 黄色→で越えられるのですが・・・
2019年10月09日 09:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:54 黄色→で越えられるのですが・・・
5
A10:02 次の堰堤は、堰堤中央の丸太の足場で越える。
2019年10月09日 10:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:02 次の堰堤は、堰堤中央の丸太の足場で越える。
3
A10:21 7つ程堰堤を過ぎ暫く進む。ここが分岐の右側入口だと思う。左股は崩落で見えなくなっているみたいだ。
2019年10月09日 10:21撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:21 7つ程堰堤を過ぎ暫く進む。ここが分岐の右側入口だと思う。左股は崩落で見えなくなっているみたいだ。
2
A10:32 右は堰堤は無いが、平凡なルンゼ様の登り。
2019年10月09日 10:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:32 右は堰堤は無いが、平凡なルンゼ様の登り。
1
A10:53 最後の急斜面。見た感じより急です。
2019年10月09日 10:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:53 最後の急斜面。見た感じより急です。
1
A11:02 登山道に出る。奥に鞍部の標識がある。
2019年10月09日 11:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:02 登山道に出る。奥に鞍部の標識がある。
1
A11:05 ドクツルタケの様だが柄のささくれが無いので、シロタマゴテングタケと思われる。傘径も5冂。
2019年10月09日 11:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:05 ドクツルタケの様だが柄のささくれが無いので、シロタマゴテングタケと思われる。傘径も5冂。
6
A11:14~A11:31 釈迦岳でお昼。
2019年10月09日 11:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:14~A11:31 釈迦岳でお昼。
5
P0:04 釈迦岳駅跡付近から琵琶湖。
2019年10月09日 12:04撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:04 釈迦岳駅跡付近から琵琶湖。
9
P0:45 リフト山麓駅跡に着く。
2019年10月09日 12:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:45 リフト山麓駅跡に着く。
2

感想/記録

釈迦岳🛤に行こうと思う。普通に登るのはもう一つなので、カラダケ谷🏞から入る事にする。

リフト山麓駅跡から神璽谷道に入る。渡川点を越え、坂を上がった右手がカラダケ谷。
カラダケ谷は堰堤ばかり。一つ目の堰堤を左側から越えると、中央が凸部。左右に滝がある。右側は5m程の溝状の斜滝。流水量は少ない。ちょっと登りかけたが今日の靴では滑るので止める。
左側も5mの滝で中々の滝。左壁側の凹部が登れる。登ってみて、以前の様に体が動かない。一応越えたが、😓 やっとこさの状態。
前回の南ルンゼも感じたが、・・・年齢でしょうか?

カラダケ谷は、滝はこれでお終い。上の分岐を左に行くともう一つ3m滝があるが、今日は右に行くのでもう無い。
7つ程堰堤を越えると分岐の筈だが分岐が無い。水も切れて、これはおかしいと思ってGPSを見たらちゃんと右側(右股)に入っていた。分岐付近が崩壊地になっていて分岐点が不明瞭になっていたみたいだ。
後はルンゼ状の凹部を詰める。面白い段差は見当たらない。最後の急斜面を登ると釈迦岳とカラ岳の間の鞍部近くに出た。

釈迦岳へ行き用意していたお握りを食べる。カラ岳〜北比良峠と下山を考えていたが、右の靴の底の前部が剥がれて来ている。靴🥾の寿命です。
最短のリフト下道で降りる。

今日は青空の良い天気(でも遠くは霞んでいた)。気温も10月とは思えない温もりがある。のんびりしたかったが、仕方が無い。
でも良い山歩きができました。
カラダケ谷はそんな面白い谷ではありません。谷の崩落も何か所か見られます。滝部は、滝と滝の間の凸部で簡単に越えられます。
ご訪問ありがとうございました。




訪問者数:222人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ