また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2055962 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

ヌカザス尾根、三頭山、槇寄山、数馬温泉(クマ遭遇)

日程 2019年10月09日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、心地よい風
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:奥多摩駅、バスで小河内神社
帰り:温泉センターからバス、武蔵五日市駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西原峠からの下りで、べちょべちょ多々あり。
ほかは概ね良好。

浮き橋のジョイントごとにダプン感がちょっと気持ち悪い。
ヌカザス尾根取付き点からいきなり急登、ツネ泣坂は確かに泣きたくなりそう。
その他周辺情報下山後は数馬の湯に直行。
バス時間の都合で食事は諦めました。

クマに出会ったあとは足が速くなりました。
予定より1時間速く下山。

写真

最高のコンディションでスタート。
麦山の浮き橋から。
2019年10月09日 07:06撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高のコンディションでスタート。
麦山の浮き橋から。
9
奥多摩湖、さらに奥の方向。
2019年10月09日 07:09撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩湖、さらに奥の方向。
3
ヌカザス尾根の取り付きからいきなりの急登続き。
2019年10月09日 08:19撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌカザス尾根の取り付きからいきなりの急登続き。
1
まずはここで小休止。
2019年10月09日 08:24撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはここで小休止。
ヌカザス山へ向けて、さらに急登。
2019年10月09日 08:49撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌカザス山へ向けて、さらに急登。
斜度が増してきます。
2019年10月09日 09:01撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度が増してきます。
ここでおむすび休憩。
2019年10月09日 09:21撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでおむすび休憩。
ツネ泣峠からの急坂、想像以上でした。
2019年10月09日 09:34撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツネ泣峠からの急坂、想像以上でした。
ロープもありましたが、足だけで行かせてもらいます。
2019年10月09日 09:37撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープもありましたが、足だけで行かせてもらいます。
上から見下ろして。
2019年10月09日 09:43撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろして。
ここまでくれば斜度は緩みます。
2019年10月09日 09:51撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくれば斜度は緩みます。
気持ちの良いブナの森。
2019年10月09日 09:54撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いブナの森。
1
秋の恵みは動物たちの貴重な食料。
2019年10月09日 09:55撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の恵みは動物たちの貴重な食料。
1
ようやくお花が。
前週の大丹波川沿いに続いてまたトリカブト。
2019年10月09日 09:59撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくお花が。
前週の大丹波川沿いに続いてまたトリカブト。
3
岩の切通しのようなところも。
2019年10月09日 10:18撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の切通しのようなところも。
1
熊遭遇地点。ログ上のヌカザス尾根、P1438と三頭山西峰の間がクマ遭遇地点です。
2019年10月09日 10:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊遭遇地点。ログ上のヌカザス尾根、P1438と三頭山西峰の間がクマ遭遇地点です。
4
広尾根上で西峰に直登のルートを確認するために、たまたま立ち止まったことでクマとの距離が保たれました。
2019年10月09日 10:30撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広尾根上で西峰に直登のルートを確認するために、たまたま立ち止まったことでクマとの距離が保たれました。
4
クマの逃げて行った西峰直登側に行く気になれず、御堂峠へ向かうトラバース道へ。
2019年10月09日 10:36撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマの逃げて行った西峰直登側に行く気になれず、御堂峠へ向かうトラバース道へ。
3
御堂峠から中央峰、東峰を往復。
2019年10月09日 10:43撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御堂峠から中央峰、東峰を往復。
御堂峠から西峰へ上がりました。
人がいてホッとしました。
2019年10月09日 10:50撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御堂峠から西峰へ上がりました。
人がいてホッとしました。
2
富士山は頭だけ。
上空は快晴。
2019年10月09日 10:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は頭だけ。
上空は快晴。
6
鷹ノ巣山、石尾根。
2019年10月09日 10:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山、石尾根。
4
雲取山から続く石尾根、心地よい風の中、青空を仰ぎ。
2019年10月09日 10:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山から続く石尾根、心地よい風の中、青空を仰ぎ。
1
クランクの木も健在。
2019年10月09日 11:24撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クランクの木も健在。
2
大沢山からの眺望のほうが開けていますが、富士山はほぼ雲に隠れてしまいました。
御正体山、大室山、三ツ峠、滝子山などはきれいに見えています。
2019年10月09日 11:38撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢山からの眺望のほうが開けていますが、富士山はほぼ雲に隠れてしまいました。
御正体山、大室山、三ツ峠、滝子山などはきれいに見えています。
2
右の笹尾根に進みます。
ここから先はまた人がいなくなりました。
2019年10月09日 11:47撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の笹尾根に進みます。
ここから先はまた人がいなくなりました。
1
クマとの遭遇以降、些細な物音にもビクつくように。
2019年10月09日 12:23撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマとの遭遇以降、些細な物音にもビクつくように。
2
クマと遭遇したところに似た、広尾根に出ると落ち着きません。
2019年10月09日 12:24撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマと遭遇したところに似た、広尾根に出ると落ち着きません。
1
槇寄山でまた人に出会い、ほっとしました。
落ち着いて休憩。
2019年10月09日 12:30撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槇寄山でまた人に出会い、ほっとしました。
落ち着いて休憩。
西原峠から仲の平BSに向けて降ります。
2019年10月09日 12:44撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西原峠から仲の平BSに向けて降ります。
途中開けたところからは大岳山から馬頭刈尾根がクッキリ。
2019年10月09日 13:03撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中開けたところからは大岳山から馬頭刈尾根がクッキリ。
2
最後は民家の横をそーっと降りてきます。
2019年10月09日 13:29撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は民家の横をそーっと降りてきます。
1
えぇ、いますとも。
2019年10月09日 13:42撮影 by FinePix XP130 XP131 XP135, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えぇ、いますとも。
3
予定よりも1時間以上早く着きました。
ちょうどいいぬるさ加減でゆっくり浸かっていられます。
2019年10月09日 13:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定よりも1時間以上早く着きました。
ちょうどいいぬるさ加減でゆっくり浸かっていられます。
5
撮影機材:

感想/記録

いつかクマに出会うことがあるのかと漠然と思っていましたが、実際に出会うとフリーズしてしまいます。
三頭山の西峰から北へ約250m、尾根が広くなった地点で出会ってしまいました。
クマとの距離は約30m、体長は1mなかったぐらいに見えました。

偶然地図の確認で立ち止まった時に、一呼吸置いてクマのほうから逃げてくれました。
私の接近には気付いていて、逃走するタイミングを計っていたのかな、と感じました。
ここで地図の確認をせずに進んでいたら、クマの潜んでいた地点に踏み込み、もしかしたら襲われたかもしれません。

クマは三頭山西峰直登のルート方向に逃走、斜面にかかる寸前で山梨県側に降りて行きました。
私は西峰直登するつもりでしたが、同じ方向に進むことに気が向かず、御堂峠へのトラバースルートに変えました。
中央峰、東峰を経て、西峰へ戻りました。
数名ながら人がいることに安心しました。
それから下山するまで物音に敏感になり、鳥のはばたきにもビビっていました。
たまたま運良く襲われる事態にならずに済みましたが、またどこかでバッタリお会いすることは無いほうが良いです。
訪問者数:439人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ