また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2058239 全員に公開 ハイキング霧島・開聞岳

霧島山(大浪池登山口〜韓国岳)-晴天の大パノラマ

日程 2019年10月10日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大浪池登山口の駐車場を利用(無料、トイレあり)。
10:15頃到着で利用率8割ほど。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間38分
休憩
53分
合計
4時間31分
S大浪池登山口10:2010:49大浪池休憩所11:0211:46韓国岳避難小屋12:35霧島山13:1213:45韓国岳避難小屋13:4614:04大浪池14:0514:29大浪池休憩所14:3014:50大浪池登山口14:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース全体が非常に良く整備されている。
道迷いの危険なし。特筆する危険個所なし。(山頂部のみ注意)

【大浪池登山口〜大浪池休憩所】
斜度それなりの樹林帯。足元は全面的に石畳で整備されていて非常に歩きやすい。
ハイキングコース。雨天はとても滑りそう。登山者より観光ハイカーが多い。

【大浪池休憩所〜韓国岳避難小屋】
東ルートも西ルートもコース状況は同じ。距離は少し違う(東:2.1辧∪1.8)。
木々に囲まれ良く整備された細い小道を行く。斜度は緩いが地味なアップダウンが多い。
大浪池はずっと見えているわけではなく、所々に展望の脇道がある。

【韓国岳避難小屋〜韓国岳山頂】
斜度のきつい地獄の木道登り。とにかくひたすら急な木階段を登る。
山頂付近は岩だらけでカラカラの溶岩石のガレ場になる。足を取られ易いので注意。
その他周辺情報◆霧島神宮
〒899-4201 鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
http://www.kirishimajingu.or.jp/

有名な観光スポットでパワースポット。境内は自然豊かで広大。
本殿は非常に色鮮やかで美しく見飽きない。おすすめ。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 タオル ストック カメラ
備考 水2000ml、湯500ml 持参 → 残 水900ml、湯0

写真

10:18 色々あって大幅に遅れたスタートになってしまった
2019年10月10日 10:19撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:18 色々あって大幅に遅れたスタートになってしまった
木陰に囲まれた石畳を進む
2019年10月10日 10:24撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木陰に囲まれた石畳を進む
1
大波池までは終始完璧に整備されている
2019年10月10日 10:36撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大波池までは終始完璧に整備されている
30分程で視界が開けると
2019年10月10日 10:47撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分程で視界が開けると
1
10:49 大浪池がドーン!
2019年10月10日 10:50撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:49 大浪池がドーン!
1
素晴らしすぎる展望
2019年10月10日 10:51撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしすぎる展望
1
なんとも壮大なスケールだ
2019年10月10日 10:52撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとも壮大なスケールだ
1
近くの岩場によじ登って…!
2019年10月10日 10:58撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くの岩場によじ登って…!
2
まずは西側ルートへ。道は基本こんな感じ。ずっと展望があるわけではない。
2019年10月10日 11:12撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは西側ルートへ。道は基本こんな感じ。ずっと展望があるわけではない。
所々に池側への抜け道があり、そこからの光景は…
2019年10月10日 11:13撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に池側への抜け道があり、そこからの光景は…
2
えびの高原側の展望も素晴らしい
2019年10月10日 11:18撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えびの高原側の展望も素晴らしい
1
目指す韓国岳山頂はまだ遠い
2019年10月10日 11:22撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す韓国岳山頂はまだ遠い
1
景色が綺麗すぎて先に進めない問題が発生…
2019年10月10日 11:23撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色が綺麗すぎて先に進めない問題が発生…
2
こんなの立ち止まるでしょ
2019年10月10日 11:30撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなの立ち止まるでしょ
祖母山とは真逆の晴天がうれしすぎる
2019年10月10日 11:33撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祖母山とは真逆の晴天がうれしすぎる
11:43 分岐に到着
2019年10月10日 11:43撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:43 分岐に到着
気持ちの良い木道歩き、なんて言ってられるのは初めだけ。
2019年10月10日 11:45撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い木道歩き、なんて言ってられるのは初めだけ。
木道地獄の始まり…
2019年10月10日 11:52撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道地獄の始まり…
1
永遠と木階段を登り続ける
2019年10月10日 11:57撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永遠と木階段を登り続ける
2
まだ1400mちょっとだが早くも立ち枯れてきた。
2019年10月10日 11:58撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ1400mちょっとだが早くも立ち枯れてきた。
1
エンドレス木階段…
2019年10月10日 12:02撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンドレス木階段…
1
木道地帯を抜けて振り返ればこの上ないご褒美がある
2019年10月10日 12:12撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道地帯を抜けて振り返ればこの上ないご褒美がある
2
山頂の手前300mは岩石地帯
2019年10月10日 12:20撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の手前300mは岩石地帯
右手に新燃岳と中岳が見えてきた!
2019年10月10日 12:22撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に新燃岳と中岳が見えてきた!
3
登るにつれて岩が赤茶けてくる。カラカラの溶岩石に足を取られて歩きづらい。
2019年10月10日 12:27撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにつれて岩が赤茶けてくる。カラカラの溶岩石に足を取られて歩きづらい。
12:35 韓国岳山頂に到着!
2019年10月10日 12:39撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:35 韓国岳山頂に到着!
3
ちょうど太陽が雲隠れしたのでササっと昼飯
2019年10月10日 12:44撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど太陽が雲隠れしたのでササっと昼飯
1
吸い込まれそうな北面の火口
2019年10月10日 12:54撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吸い込まれそうな北面の火口
東側には新燃岳と中岳
2019年10月10日 12:58撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側には新燃岳と中岳
1
ドアップ。新燃岳の火口からは煙が出ている。登れる日は来るのだろうか。
2019年10月10日 13:06撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドアップ。新燃岳の火口からは煙が出ている。登れる日は来るのだろうか。
3
超広角魚眼で撮ると地球!な感じがする。
2019年10月10日 13:09撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超広角魚眼で撮ると地球!な感じがする。
1
楽しすぎた山頂を満喫して下山開始
2019年10月10日 13:11撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しすぎた山頂を満喫して下山開始
下山時も絶景が行く手を阻む
2019年10月10日 13:18撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時も絶景が行く手を阻む
1
新燃岳とウネウネ木道。絵になるなぁ。
2019年10月10日 13:20撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新燃岳とウネウネ木道。絵になるなぁ。
3
ガレ場は油断禁物。足元注意。
2019年10月10日 13:24撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場は油断禁物。足元注意。
よく見かけるのはリンドウかな
2019年10月10日 13:28撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見かけるのはリンドウかな
5
13:45 韓国岳避難小屋に到着
2019年10月10日 13:45撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:45 韓国岳避難小屋に到着
帰路は東側ルートから
2019年10月10日 13:56撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は東側ルートから
こちら側もちょいちょい絶景が現れる
2019年10月10日 14:03撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら側もちょいちょい絶景が現れる
どこを見ても絶景で困る
2019年10月10日 14:11撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを見ても絶景で困る
どれだけ見ても飽きないんだ
2019年10月10日 14:13撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれだけ見ても飽きないんだ
3
遠方にうっすら桜島が見えた!煙を吹いている。
2019年10月10日 14:24撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠方にうっすら桜島が見えた!煙を吹いている。
3
14:29 大浪池休憩所まで帰還
2019年10月10日 14:29撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:29 大浪池休憩所まで帰還
1
あとは石畳を降りるだけ
2019年10月10日 14:36撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは石畳を降りるだけ
1
14:51 大浪池登山口に帰還!最高の山行だった!
2019年10月10日 14:50撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:51 大浪池登山口に帰還!最高の山行だった!
1
(おまけ)霧島神宮。ものすごく綺麗なお社でした。
2019年10月10日 15:41撮影 by E-PL7 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)霧島神宮。ものすごく綺麗なお社でした。
1

感想/記録

2日前の祖母山に続いて2つ目の九州登山。雨降り祖母山と真逆のピーカンで楽しすぎる山行になった。トラブルがあり一時は山行中止の危機だったが、どうにか遅延開始で済んで本当に良かった。

-天気と気候
まさに雲一つない晴天。ろくに太陽など拝めなかった祖母山での鬱憤を吹き飛ばしてくれた。晴れの山は本当に楽しい。気温はそれなりに低かったと思うが、急登と直射日光で汗だく登山になった。一方で吹きさらしの山頂は寒く秋の気配を感じた。

-虫
大浪池周辺から山頂の手前までは羽虫が多く、立ち止まると中型の蠅が集ってくる。刺すタイプではないが顔の周りにガンガン来るのでうっとおしい。山頂の岩石地帯以降はいなくなる。頼むから目に飛び込んでくるのは勘弁してくれ。

-難易度
山頂付近の岩場を除けば危険個所は全くないと言える。百名山の中でもトップクラスに整備された山だ。大浪池までは私服の観光ハイカーも多くみられた。山頂までの急登は中々堪えるが、それでも初心者でも安全に登れる部類の山だったと思う。

-筋肉痛記録
10/11 右太もも:微弱
祖母山での筋肉痛が残った状態での登山となったが、意外と問題はなく登山後のダメージも少なかった。ただ観光も含めて歩きすぎて足は痛い。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ