また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2063681 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大台ヶ原

日程 2019年10月16日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間15分
休憩
20分
合計
2時間35分
S大台ケ原ビジターセンター07:1307:14「心・湯治館」07:1507:41展望台分岐07:4307:48大台ヶ原山07:5207:56展望台分岐07:5808:19正木ヶ原08:25尾鷲辻08:2608:30本ゴヤ嶺08:3108:39牛石ヶ原08:46大蛇08:5208:58大蛇分岐08:5909:19シオカラ谷吊橋09:2109:47大台ケ原駐車場09:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

整備された森の道からスタート。
2019年10月16日 07:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された森の道からスタート。
紅葉が始まっています。
2019年10月16日 07:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が始まっています。
1
展望台への道は木段。
2019年10月16日 07:46撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台への道は木段。
3
奥に見えるのは大峯奥駈道。雲海も見えます。
2019年10月16日 07:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるのは大峯奥駈道。雲海も見えます。
1
こうして見ると荒々し修験道ということがよく分かります。
2019年10月16日 07:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして見ると荒々し修験道ということがよく分かります。
1
展望台から少し下るとこちらにも展望デッキがあります。
2019年10月16日 07:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台から少し下るとこちらにも展望デッキがあります。
1
この辺りの紅葉が綺麗でした。
2019年10月16日 08:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りの紅葉が綺麗でした。
4
木道を下ります。大台ヶ原らしい景色。
2019年10月16日 08:05撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道を下ります。大台ヶ原らしい景色。
3
なぜここが百名山なのか?はこの景色を見ると納得な気がします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜここが百名山なのか?はこの景色を見ると納得な気がします。
4
海も見えました。大台ヶ原からの景色で山深い吉野から熊野までの大峯奥駈道が頭の中で地図となってイメージ出来ました。
2019年10月16日 08:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海も見えました。大台ヶ原からの景色で山深い吉野から熊野までの大峯奥駈道が頭の中で地図となってイメージ出来ました。
3
大国主命かと思ったら神武天皇でした。
2019年10月16日 08:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大国主命かと思ったら神武天皇でした。
大蛇クラ到着。木道から15分程逸れた場所にあります。
2019年10月16日 08:47撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蛇クラ到着。木道から15分程逸れた場所にあります。
4
かなりの高度感。
2019年10月16日 08:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの高度感。
2
高所恐怖症なので、ここまでが限界。岩が滑りやすいので充分注意しましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高所恐怖症なので、ここまでが限界。岩が滑りやすいので充分注意しましょう。
6
滝が見えました。名瀑百選かな?山深さを感じる。
2019年10月16日 08:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が見えました。名瀑百選かな?山深さを感じる。
4
シオカラ谷。水が綺麗〜。
2019年10月16日 09:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シオカラ谷。水が綺麗〜。
2
この吊り橋、高度感はありませんが、めっちゃ揺れた〜(笑)
2019年10月16日 09:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この吊り橋、高度感はありませんが、めっちゃ揺れた〜(笑)
2
この谷から駐車場まで登り返しです。ですが高低差はさほどないので是非、こちらまで足を伸ばしてみて下さい。
2019年10月16日 09:21撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この谷から駐車場まで登り返しです。ですが高低差はさほどないので是非、こちらまで足を伸ばしてみて下さい。
2
撮影機材:

感想/記録

関西では貴重な百名山。兵庫県からは車で3時間。
4時出発、7時着でした。

大台ヶ原への道は、川上村、吉野川沿い169号を進みます。
途中、40号へ。40号の始めは、道幅が狭い為、慎重に進みましょう。
しばらく進むと、片側1車線となります。眺望が良いので、脇見運転に注意。

大台ヶ原駐車場はとても広いものの、7時着で既に2割くらいはうまっていました。
帰りの10時には8割ほどに増えていました。平日でこの盛況なので、土日はかなり混雑する模様。

急に思い立っての大台ヶ原だったので、特にコースも調べておらず、ハイカーさんの進む方向へとスタートしました。
結果、展望台からの周遊となりました。
コースは木道とややガレた道。
難所はありません。

朝の7時はかなりは冷えていたので、ウィンドシェルの下にダウンを着込みました。
展望台から正木ヶ原あたりで、汗をかいていたのでダウンを脱ぐ。
ですが、私は暑がりです。行き交うハイカーさんはしっかりと着込んでいる人が目につきました。

大蛇瑤鰐敍擦ら15分程、逸れた場所にありました。
高所恐怖症の私はさずがに下までは下りませんでしたが、皆さん、下りられるんでしょうね〜。岩は滑りやすいの充分、注意しましょう。

大蛇瑤らは、シオカラ谷へ。
高低差190m、急峻と案内に書かれていました。
ですが、ここまで登りらしい登りがなかったので、物足りない人はこちらへ進みましょう。
特に難所はありません。木道ではない為、ガレていますが問題なく谷へと下りられます。
沢の水は非常に綺麗です。橋の下にも下りられるようなので、こちらでしばし足を止めてみるのもいいかもしれません。

谷からの登り返し。普段から山を登っている人には問題ありません。
あっと言う間に、駐車場へと着いてしまいます。
「高低差190m、急峻」は、観光目的の人への注意だと思われます。
ただ、ビジターセンター内に熊の目撃情報版がありました。
熊鈴はあっていいと思います。

思い立っての大台ヶ原。
以前、八経ヶ岳へと来たことがある為、車での道のりは覚悟していました。
高速道路を下りてからの一般道。山道が非常に長く感じます。
ですが、1度、訪れたことがあるお陰で、気持ちの上では楽だったかな〜?
片道3時間かけて来たのに、滞在時間が3時間程だったけど…。
ともあれ、登山バッジもGET出来たので満足。
さて次は何処へ行きましょうかね〜。
訪問者数:486人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ