また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2085401 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

三国峠から縦走 大源太山、平標山 〜大きな手の上を歩くカンジ〜

日程 2019年11月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
平標登山口駐車。三国峠まで自転車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
39分
合計
5時間25分
S三国峠登口09:3409:43三国権現御神水09:4609:58三国峠10:28三国山10:3010:41ワラジカケマツノ頭11:22三角山11:27大源太山分岐11:37大源太山11:4911:57大源太山分岐11:5912:29平標山乃家12:3213:07平標山13:2213:35一ノ肩14:05松手山14:19平標山四合目14:2014:52平標登山口14:5314:56平標登山口駐車場14:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほとんどがぐんま県境トレイルのルート上。
全域で整備されており問題なし。

写真

まず平標登山口に車を止め、そこから自転車で三国峠向かいます。
2019年11月02日 09:07撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず平標登山口に車を止め、そこから自転車で三国峠向かいます。
苗場までのR17は左手に車線が狭く見通しの悪い下りのカーブを80km/hを超えてそうな車が次々に走り抜けていきます。
恐ろしいので右側の歩道を自転車で走ります。
道路交通法違反で結構!
危険を高める道路交通法なんか守る気ありません。安全最優先。
2019年11月02日 09:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場までのR17は左手に車線が狭く見通しの悪い下りのカーブを80km/hを超えてそうな車が次々に走り抜けていきます。
恐ろしいので右側の歩道を自転車で走ります。
道路交通法違反で結構!
危険を高める道路交通法なんか守る気ありません。安全最優先。
苗場では秋のアトラクションをやっているようです。
小さなお子供を連れた家族が次々に駐車場に入っていきました。
2019年11月02日 09:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場では秋のアトラクションをやっているようです。
小さなお子供を連れた家族が次々に駐車場に入っていきました。
三国峠の登山口に到着。
ここに自転車をデポ。
2019年11月02日 09:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国峠の登山口に到着。
ここに自転車をデポ。
整備されすぎなくらいの登山道です。
2019年11月02日 09:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されすぎなくらいの登山道です。
まだ少し色づきが残っていました。
2019年11月02日 09:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ少し色づきが残っていました。
1
いや、結構残ってますね。
太陽がギラギラと美しく照らし出す。
2019年11月02日 09:39撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや、結構残ってますね。
太陽がギラギラと美しく照らし出す。
1
三国峠に到着。
ここから群馬県と長野県の県境を進みます。
ぐんま県境稜線トレイル開始!
2019年11月02日 09:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国峠に到着。
ここから群馬県と長野県の県境を進みます。
ぐんま県境稜線トレイル開始!
三国山までは整備するされすぎていて面白くありません。
2019年11月02日 10:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山までは整備するされすぎていて面白くありません。
最後の長い階段に差し掛かる。
何段あるか不明だけどひたすら長い。
2019年11月02日 10:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の長い階段に差し掛かる。
何段あるか不明だけどひたすら長い。
途中から見下ろすとこんな感じです。
2019年11月02日 10:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から見下ろすとこんな感じです。
三国山に登頂!
「幸せの鐘」と言うのがあったので鳴らしてみたところ、お寺の鐘みたいな音がしました🔔
Wedding Bellみたいな高い音をイメージしていたのでちょっと微妙。
2019年11月02日 10:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山に登頂!
「幸せの鐘」と言うのがあったので鳴らしてみたところ、お寺の鐘みたいな音がしました🔔
Wedding Bellみたいな高い音をイメージしていたのでちょっと微妙。
南方向が開けてきた。
ここからしばらく上州方向の山々を望ながら進みます。
2019年11月02日 10:31撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向が開けてきた。
ここからしばらく上州方向の山々を望ながら進みます。
白砂です。
どこから見てもかっこいいです。
2019年11月02日 10:31撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂です。
どこから見てもかっこいいです。
2
今日の最終目的地が見えてきました。
左遠方が平標山です。
2019年11月02日 10:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の最終目的地が見えてきました。
左遠方が平標山です。
三角山登頂。
大源太までもう少しです。
とにかく気持ちの良い稜線歩きです。
2019年11月02日 11:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山登頂。
大源太までもう少しです。
とにかく気持ちの良い稜線歩きです。
大源太の先に平標と仙ノ倉。
遥か先まで今日進む予定の稜線の道が見えていて安心感が高い。
2019年11月02日 11:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太の先に平標と仙ノ倉。
遥か先まで今日進む予定の稜線の道が見えていて安心感が高い。
大源太に登頂。
平標から谷川まで一望できます。
2019年11月02日 11:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太に登頂。
平標から谷川まで一望できます。
大源太の手前は南側が大きく開けた展望デッキのようでした。
2019年11月02日 11:53撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大源太の手前は南側が大きく開けた展望デッキのようでした。
平標から谷川。
他じゃ見られないここだけ景色。
稜線歩きを継続します。
2019年11月02日 12:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標から谷川。
他じゃ見られないここだけ景色。
稜線歩きを継続します。
1
笹穴沢。
水流音が聞こえるとまた雰囲気変わります。
2019年11月02日 12:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹穴沢。
水流音が聞こえるとまた雰囲気変わります。
平標山ノ家到着。
2019年11月02日 12:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標山ノ家到着。
とても綺麗な小屋です。
2019年11月02日 12:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても綺麗な小屋です。
小屋から平標。
2019年11月02日 12:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋から平標。
小屋の中はとてもきれいでした。
2019年11月02日 12:29撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の中はとてもきれいでした。
さすが谷川山域。
この小屋も水は潤沢にあって、垂れ流し状態です。
2019年11月02日 12:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが谷川山域。
この小屋も水は潤沢にあって、垂れ流し状態です。
テント場は2カ所合わせて15張程度でしょうか。
この日この時間は2張しかありませんでした。
2019年11月02日 12:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場は2カ所合わせて15張程度でしょうか。
この日この時間は2張しかありませんでした。
平標を目指して歩を進めます。
入山から小屋まで10人くらいしか会っていないのに、小屋から平標ピークまでの僅かな区間だけで50人以上とすれ違ったと思います。
2019年11月02日 12:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標を目指して歩を進めます。
入山から小屋まで10人くらいしか会っていないのに、小屋から平標ピークまでの僅かな区間だけで50人以上とすれ違ったと思います。
平標登頂!
5回目?位だけど今回はかなり久々です。
最後に登ったのは2012年。
2019年11月02日 13:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標登頂!
5回目?位だけど今回はかなり久々です。
最後に登ったのは2012年。
2
自宅から見る赤城と正反対の形をしています。
2019年11月02日 13:08撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自宅から見る赤城と正反対の形をしています。
1
いちばん遠方の峰々は、北信五岳にしてはやけに大きいと思って同定したらなんと北アルプス。
右の方が白馬あたりで一番左に少しだけ顔のぞかせているのが剱です。
2019年11月02日 13:15撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちばん遠方の峰々は、北信五岳にしてはやけに大きいと思って同定したらなんと北アルプス。
右の方が白馬あたりで一番左に少しだけ顔のぞかせているのが剱です。
1
あっちは仙ノ倉。
仙ノ倉は2回しか登ったことありません。
2019年11月02日 13:16撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちは仙ノ倉。
仙ノ倉は2回しか登ったことありません。
1
写真中央遠方に山頂だけ出たのが先日行った越後駒ヶ岳。
左側八海山。
よく見えていた。
2019年11月02日 13:17撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央遠方に山頂だけ出たのが先日行った越後駒ヶ岳。
左側八海山。
よく見えていた。
仙ノ倉と谷川全景。
2019年11月02日 13:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙ノ倉と谷川全景。
1
それでは下山します。
2019年11月02日 13:23撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは下山します。
下山もずっと尾根道。
残雪期に来るとここら辺のトラバースが非常に怖かった記憶がある。
2019年11月02日 13:30撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山もずっと尾根道。
残雪期に来るとここら辺のトラバースが非常に怖かった記憶がある。
平標登山口までの道もよく整備されています。
2019年11月02日 13:43撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標登山口までの道もよく整備されています。
ガイドブックでよく見る平標の写真はこの辺から撮ってる感じです。
2019年11月02日 13:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガイドブックでよく見る平標の写真はこの辺から撮ってる感じです。
平標登山口の1200Mより下はまだいくらか色付きが残っています。
2019年11月02日 14:37撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平標登山口の1200Mより下はまだいくらか色付きが残っています。
黄色が眩しいです。
2019年11月02日 14:47撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色が眩しいです。
黄色の差し色に赤が入るととてもきれい。
2019年11月02日 14:52撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色の差し色に赤が入るととてもきれい。
1
駐車場到着。
結局夕方になっても快晴のまま。
駐車場付近の木々も輝いています。
2019年11月02日 15:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着。
結局夕方になっても快晴のまま。
駐車場付近の木々も輝いています。
今朝デポしたバイクを回収して終了。
2019年11月02日 15:57撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝デポしたバイクを回収して終了。

感想/記録

今回もまた自転車を使って縦走で計画。

スタートしてすぐ一昨日の霧ヶ峰縦走の疲れを引きずっていることに気がつく。

1泊2日の山行では前日の疲れを認識しないまま下座完了できる感じ。
翌々日がいちばん辛いのかも。

天候は快晴。
気温は低く太陽光線は柔らかくてそよ風。
動いていれば寒く無いけど、汗もかかない最高の天候。

このトレイルは人が少ない。
三国峠は車が溢れかえり平標側も第3駐車場まで使う状態だったのに。
入山者の中で縦走者は極々一部なようです。

ぐんま県境の各山頂同士が仲良く繋いだ大きな手の上を歩いていく。
群馬で生まれ、育ち、現住する自分としてはそんな感じがとても愛しい。

このトレイル、いつになるかわからないけれども完遂したいし、今回のコースも季節を変えてまた計画したい。
訪問者数:209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ