また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2150571 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

櫛形山 〜 年の瀬 名山展望山行 〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2019年12月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り 時々 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県民の森キャンプ場グリーンロッジ第一駐車場 利用
櫛形山周辺は良く整備されていて、あちこちに駐車場がある。でも冬期には林道が閉鎖され利用できない駐車場もあるので、下調べが必要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
1時間10分
合計
6時間56分
S伊奈ヶ湖駐車場08:1509:48ほこら小屋09:4910:18裸山10:4311:06櫛形山(最高点)11:0711:15櫛形山11:35池ノ茶屋登山口11:3611:47北岳展望デッキ12:0512:18休憩所12:1912:30もみじ沢12:3212:46裸山のコル12:4713:18裸山13:3213:43アヤメ平13:4514:19見晴らし台14:2215:05イタリア料理ミッシェル15:0615:11伊奈ヶ湖駐車場15:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 櫛形山はいろいろな登山道があるので、1日でなるべく多く通れるように、一筆書きコースを工夫してみた。
コース状況/
危険箇所等
全ルート、良く整備されていて、危険箇所は特にない。
晴れていれば稜線からは、富士山や南アルプスの山々、八ヶ岳、秩父山系の山々など、贅沢な名山の展望が楽しめる。そして落葉広葉樹、カラマツ、カエデ類が多く、花も多そうなので、四季折々の景色が楽しめそう。
その他周辺情報みたまの湯を利用。
南アルプス、八ヶ岳、秩父山系の眺望、甲府盆地の夜景などが楽しめる立地。
過去天気図(気象庁) 2019年12月の天気図 [pdf]

写真

本日は山梨百の櫛形山ハイキング。天気予報によると、基本雲多めで、正午前後に晴れるらしいので、遅めのスタート。
2019年12月21日 07:13撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は山梨百の櫛形山ハイキング。天気予報によると、基本雲多めで、正午前後に晴れるらしいので、遅めのスタート。
仮眠したり、周辺の池を散策したり、駐車場近くの展望台から甲府盆地の景色を見たりして、山行スタート前に暇つぶし。
2019年12月21日 07:45撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮眠したり、周辺の池を散策したり、駐車場近くの展望台から甲府盆地の景色を見たりして、山行スタート前に暇つぶし。
天気予報を信じて、曇り空の下、朝8:20頃山行開始。中尾根登山道を登っていく。
2019年12月21日 08:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気予報を信じて、曇り空の下、朝8:20頃山行開始。中尾根登山道を登っていく。
道はよく踏まれ明瞭。最初は植林帯を行く。
2019年12月21日 08:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はよく踏まれ明瞭。最初は植林帯を行く。
次第に広葉樹の森になっていく。個性的な木が多く、歩いていて飽きない。
2019年12月21日 09:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次第に広葉樹の森になっていく。個性的な木が多く、歩いていて飽きない。
登っていくと、嬉しいことに雲海に大きな富士が浮かぶ。来てよかったと思える景色。
2019年12月21日 09:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていくと、嬉しいことに雲海に大きな富士が浮かぶ。来てよかったと思える景色。
4
足もとを見ると、ほんの少しクリスマス風。
2019年12月21日 09:49撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足もとを見ると、ほんの少しクリスマス風。
1
ほこら小屋到着。誰もいないと思って開けてみたら、先着者が休憩中で、お互いびっくり。気配を感じなくてもノックをすべきだったと反省。お詫びして先を急ぐ。
2019年12月21日 09:52撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほこら小屋到着。誰もいないと思って開けてみたら、先着者が休憩中で、お互いびっくり。気配を感じなくてもノックをすべきだったと反省。お詫びして先を急ぐ。
山頂付近には原生林が広がっている。ここ櫛形山山頂周辺は「やまなしの森林100選」に選ばれている。個性的な木が多く、面白い。
2019年12月21日 10:17撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近には原生林が広がっている。ここ櫛形山山頂周辺は「やまなしの森林100選」に選ばれている。個性的な木が多く、面白い。
さあ、もうすぐ櫛形山のピークの1つである裸山。青空も広がってきていて気分高揚。
2019年12月21日 10:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、もうすぐ櫛形山のピークの1つである裸山。青空も広がってきていて気分高揚。
裸山ピークに到着。待ち望んでいた景色が広がっていた。ピークに至るまでもチラ見えしていたが、見ないようにしてこの瞬間を待っていた。
2019年12月21日 10:38撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裸山ピークに到着。待ち望んでいた景色が広がっていた。ピークに至るまでもチラ見えしていたが、見ないようにしてこの瞬間を待っていた。
2
白根三山。冠雪具合が丁度よく姿良し。
2019年12月21日 10:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根三山。冠雪具合が丁度よく姿良し。
5
聖、赤石、悪沢は、裸山山頂からはすっきりと見えなかったので、この後のルートに期待して先へ。
2019年12月21日 10:48撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖、赤石、悪沢は、裸山山頂からはすっきりと見えなかったので、この後のルートに期待して先へ。
進むうちにすぐに櫛形山到着。ここが櫛形山全体の最高地点。山梨百の標柱あり。でもすっきりと展望はない。先へ進む。
2019年12月21日 11:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進むうちにすぐに櫛形山到着。ここが櫛形山全体の最高地点。山梨百の標柱あり。でもすっきりと展望はない。先へ進む。
1
またまた櫛形山(奥仙重)着。2箇所の櫛形山があり、何かややこしいことになっているが、先ほどの山梨百の標柱のあったところの方が標高が高いらしい。
2019年12月21日 11:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた櫛形山(奥仙重)着。2箇所の櫛形山があり、何かややこしいことになっているが、先ほどの山梨百の標柱のあったところの方が標高が高いらしい。
奥仙重には、国土地理院の三等三角点とケルンあり。時間もあるので、登ってきた登山口と逆の池の茶屋登山道を下りることにする。
2019年12月21日 11:20撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥仙重には、国土地理院の三等三角点とケルンあり。時間もあるので、登ってきた登山口と逆の池の茶屋登山道を下りることにする。
1
ガスが稜線上に流れ込み、カラマツにまとわりついているサルオガセが生き生きとしてる。
2019年12月21日 11:21撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが稜線上に流れ込み、カラマツにまとわりついているサルオガセが生き生きとしてる。
途中には、聖、赤石、悪沢がすっきりと見える箇所がある。この景色も見たかった景色。
2019年12月21日 11:27撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中には、聖、赤石、悪沢がすっきりと見える箇所がある。この景色も見たかった景色。
3
そしてこのルートからも、白根三山はよく見える。そのような展望スポットにはベンチも設置されていて有り難い。
2019年12月21日 11:29撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてこのルートからも、白根三山はよく見える。そのような展望スポットにはベンチも設置されていて有り難い。
3
櫛形山には途中、こういった柵が多い。本当によく整備されている山。
2019年12月21日 11:31撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山には途中、こういった柵が多い。本当によく整備されている山。
富士展望スポットもある。でも只今ガス発生中。ここもベンチが設置されている。
2019年12月21日 11:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士展望スポットもある。でも只今ガス発生中。ここもベンチが設置されている。
そして池の茶屋登山道入口の駐車場に下りてきた。この池の茶屋登山道は、急傾斜箇所もあるが山頂への最短コースであり、景色もよくお勧め。
2019年12月21日 11:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして池の茶屋登山道入口の駐車場に下りてきた。この池の茶屋登山道は、急傾斜箇所もあるが山頂への最短コースであり、景色もよくお勧め。
ここからは、櫛形山トレッキングコースを行く。このコースは、なんと段差のないスロープ状の道に整備されている。
2019年12月21日 11:41撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、櫛形山トレッキングコースを行く。このコースは、なんと段差のないスロープ状の道に整備されている。
大きく迂回しながら標高を稼ぐルートを、ちょっとだけショートカットしながら進んでいく。
2019年12月21日 11:50撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく迂回しながら標高を稼ぐルートを、ちょっとだけショートカットしながら進んでいく。
そして北岳展望デッキに到着。
2019年12月21日 12:08撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして北岳展望デッキに到着。
ちょうど正午で、空腹になってきたのでランチ。
2019年12月21日 12:00撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど正午で、空腹になってきたのでランチ。
1
なるほど北岳がよく見える。
2019年12月21日 11:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるほど北岳がよく見える。
2
北岳山頂、意味無くzoom。
2019年12月21日 11:56撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山頂、意味無くzoom。
3
北岳山荘もなんとか見える。
2019年12月21日 11:55撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳山荘もなんとか見える。
1
北岳の右横にアサヨ峰。その奥に甲斐駒ヶ岳がのぞく。
2019年12月21日 11:51撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳の右横にアサヨ峰。その奥に甲斐駒ヶ岳がのぞく。
その甲斐駒ヶ岳もzoomしてみた。
2019年12月21日 11:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その甲斐駒ヶ岳もzoomしてみた。
3
さらに右には八ヶ岳も見える。ランチを終え、展望デッキを後にする。
2019年12月21日 12:19撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに右には八ヶ岳も見える。ランチを終え、展望デッキを後にする。
もみじ沢まで下りてきた。そして、裸山のコルまで登り返す。
2019年12月21日 12:34撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ沢まで下りてきた。そして、裸山のコルまで登り返す。
反対側の登山口に下りちゃったから、再び裸山を目指さねばならない。
2019年12月21日 12:59撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側の登山口に下りちゃったから、再び裸山を目指さねばならない。
そして、本日2度目の裸山ピーク。
2019年12月21日 13:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、本日2度目の裸山ピーク。
さっきと違い、白根三山の反対側に富士山頂が見えた。さっきはガスっていたんだな。
2019年12月21日 13:24撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきと違い、白根三山の反対側に富士山頂が見えた。さっきはガスっていたんだな。
ここでcoffeeタイムで小休止。そして下山開始。
2019年12月21日 13:28撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでcoffeeタイムで小休止。そして下山開始。
1
下山はアヤメ平経由、北尾根登山道を行く。
2019年12月21日 13:47撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はアヤメ平経由、北尾根登山道を行く。
北尾根登山道からは。富士山がよく見えた。
2019年12月21日 13:57撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根登山道からは。富士山がよく見えた。
2
ずっとこんな道を下りていく。
2019年12月21日 14:03撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとこんな道を下りていく。
この時期、落葉樹林の登山道は枯葉だらけ。紅葉の時期も楽しめそうなコース。
2019年12月21日 14:40撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期、落葉樹林の登山道は枯葉だらけ。紅葉の時期も楽しめそうなコース。
1
そして駐車場に戻ってきた。さあ、温泉温泉。
2019年12月21日 15:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして駐車場に戻ってきた。さあ、温泉温泉。
今回の温泉は、みたまの湯に行くと決めていた。みたまの湯は高台にあり、その露天風呂は、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父の山々を見渡すことができるのである。
2019年12月21日 16:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の温泉は、みたまの湯に行くと決めていた。みたまの湯は高台にあり、その露天風呂は、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父の山々を見渡すことができるのである。
年の瀬の疲れを癒すために、このパノラマの景色を見ながら湯につかりたかったんだよね〜。
2019年12月21日 16:09撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年の瀬の疲れを癒すために、このパノラマの景色を見ながら湯につかりたかったんだよね〜。
1
奥に聳える櫛形山。甲府盆地に灯りが点りだす。暗くなってきたので、本日の山行これにて終了。本日は奇跡的に渋滞せずに帰宅できてラッキー。
2019年12月21日 17:10撮影 by E-M5MarkII , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に聳える櫛形山。甲府盆地に灯りが点りだす。暗くなってきたので、本日の山行これにて終了。本日は奇跡的に渋滞せずに帰宅できてラッキー。
1

感想/記録

 朝のうちはあまりにも曇りがちで、今日は駄目かもと諦めていたが、予報通り青空が広がる時間帯もあり、ガスも取れてきて見たい景色も大体見ることができた。櫛形山は、新緑や紅葉の時期に来てみたい山である。〆のみたまの湯も良かった。終わってみれば良い山行となった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:439人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ