また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2172116 全員に公開 山滑走 志賀・草津・四阿山・浅間

根子岳 2週連続

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年01月06日(月) [日帰り]
メンバー
天候ガス 下山して晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
12月29日より積雪は確実に増え、雪の沈降も進んでいる。
地形も埋まりつつある。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

ヘッデンスタート。
直後から、左足甲に当たりを感じて何度もブーツを履き直す。中敷きを外して対応。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッデンスタート。
直後から、左足甲に当たりを感じて何度もブーツを履き直す。中敷きを外して対応。
白んできた。
2020年01月06日 06:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白んできた。
振り返れば北アが浮かび上がっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば北アが浮かび上がっていた。
地形も結構埋まってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形も結構埋まってきた。
トレースを延ばして行く。
ラッセルは踝程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを延ばして行く。
ラッセルは踝程度。
オオマツ・ツバクロに朝日が差し込む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオマツ・ツバクロに朝日が差し込む。
山頂方面はガスで見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面はガスで見えない。
モンスターに成長中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターに成長中。
1
太陽が出そうで出ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が出そうで出ない。
標高2000m付近。
モンスターまであと一歩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2000m付近。
モンスターまであと一歩。
1
小根子岳分岐付近。
強烈に風がシェルを叩いてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小根子岳分岐付近。
強烈に風がシェルを叩いてくる。
山頂直下の樹林帯は風もなく快適。
ラッセルは深いところで脛程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の樹林帯は風もなく快適。
ラッセルは深いところで脛程度。
常に踝ラッセル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常に踝ラッセル。
山頂直下にトレースを延ばす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下にトレースを延ばす。
最後の急登を乗り上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登を乗り上げる。
少しガスが晴れた。
雲海の先に北ア。
乗鞍岳から白馬乗鞍岳まで見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しガスが晴れた。
雲海の先に北ア。
乗鞍岳から白馬乗鞍岳まで見えた。
1
登頂。
山頂までラッセル一人旅。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂。
山頂までラッセル一人旅。
3
山頂貸し切りなので自撮りしてみた。
2020年01月06日 08:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂貸し切りなので自撮りしてみた。
4
山頂にはモンスター。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはモンスター。
2
時間もないのでツアーコースで下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間もないのでツアーコースで下山。
登りトレースと滑走シュプール。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りトレースと滑走シュプール。
降りたら晴れる。
お疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りたら晴れる。
お疲れさまでした。
1

感想/記録

10時30分までに帰宅しなければならず、サクッと根子岳へ。

4時50分に奥ダボススキー場の駐車場手前、グランヴィリオゴルフ倶楽部に着くがゲートが閉まっていた。
どうしようかと思案していたところ、関係者らしき方が来てゲートが開かれた。

ヘッデンを点灯して奥ダボススキー場をハイクアップ開始する。
直後に左足甲に違和感を感じる。甲に強く当たりが出ているのでブーツを何度も履き直したり、靴下を引っ張ったりしたが直らない。
インナーソールを取り外したら改善した。
おそらく一昨日の20劵Εーキング、昨日の関東からのドライブで足が浮腫んでいたのが原因と思われる。

大幅に出遅れてしまった。
風は強いが、気温はそんなに低くなさそうだ。気を取り直し、圧雪車に気を付けてゲレンデから張り切ってラッセルラッセル。
ゲレンデを登り切ったらノートレースの牧場を行く。東の空が白んできたら浅間山のシルエットが美しかった。
牧場の有刺鉄線を跨ぎツアーコースを登行する。先週より確実に積雪は増え、地形を埋めている。所々、笹薮に捕まるのが煩わしいが、気にせずトレースを延ばして行く。

小根子岳分岐辺りで風が一層強くなった。風衝地かな。直ぐに山頂直下のシラビソの樹林帯になり風もなく穏やかになる。急登は雪が柔らかく直登出来ずジグを切る。
西面斜面から山頂へ登り上げる。

ガスっていて眺望はないが、貸し切りなので自撮りしよう。
シラビソを風除けにして滑走準備をし、寒いし時間も無いのでサッサと下山。
今日はピストンで下山...約20分。

下山滑走中には数名とスライドしたが、登りは一人旅ラッセルでした。
帰宅時間は、10時30分には間に合わなかった...。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:755人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ