また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2172266 全員に公開 ハイキング丹沢

蛭ヶ岳(釜立沢コース↑ 袖平山北尾根ルート↓)

日程 2020年01月05日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黍殻山登山口駐車場(駐車スペース)に車を停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間14分
休憩
1時間29分
合計
9時間43分
S黍殻山登山口駐車場06:1806:34八丁坂ルート入口08:15黍殻避難小屋08:20青根分岐08:36八丁坂ノ頭08:3708:59東海自然歩道最高地点09:0009:04姫次09:1109:25原小屋平09:36地蔵平道標09:3709:47地蔵平10:11ポッチノ頭10:1210:36小御岳10:3710:56蛭ヶ岳11:0111:01蛭ヶ岳山荘11:0211:04蛭ヶ岳11:1111:10蛭ヶ岳山荘11:2411:25蛭ヶ岳11:5712:07小御岳12:0812:21ポッチノ頭12:2212:38地蔵平12:49地蔵平道標13:00原小屋平13:20姫次13:3313:42萩ノ丸13:4313:54袖平山13:5514:32標高1139m地点14:53標高944m地点15:49袖平山登山口15:57黍殻山登山口駐車場15:5816:00黍殻山登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログはスマートフォンアプリ(ジオグラフィカ)で取っています。
写真を撮りながらで、更に生来の鈍足と膝痛の為に歩くペースはかなり遅めです。
コース状況/
危険箇所等
編集中。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 スマートフォン 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ ガスストーブ ガス燃料 風防 ポット マグカップ カトラリー チェーンスパイク

写真

黍殻山登山口駐車場、と言うか駐車スペースより出発。
実は此処からの登山は初めてです。
2020年01月05日 06:17撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍殻山登山口駐車場、と言うか駐車スペースより出発。
実は此処からの登山は初めてです。
6
ゲート。
2020年01月05日 06:19撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート。
2
本当はここから八丁坂コースに入る計画だったんだけど、素通りしてしまった。
2020年01月05日 06:34撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当はここから八丁坂コースに入る計画だったんだけど、素通りしてしまった。
3
戻るのも面倒なので、釜立沢コースに変更。
2020年01月05日 06:42撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻るのも面倒なので、釜立沢コースに変更。
2
昨晩降った雪が出てきた。
2020年01月05日 06:46撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨晩降った雪が出てきた。
8
登山道に入る。
2020年01月05日 06:48撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入る。
1
林道に合流。
単なるショートカット道だった。
2020年01月05日 07:02撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流。
単なるショートカット道だった。
1
ここが林道終点部だね。
2020年01月05日 07:02撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが林道終点部だね。
1
ここからが本当の登山道。
2020年01月05日 07:03撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが本当の登山道。
2
一般登山道のわりには荒れてる感じ。
2020年01月05日 07:09撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道のわりには荒れてる感じ。
2
釜立沢の左岸から右岸側に渡る辺りは分かりづらいです。
2020年01月05日 07:11撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜立沢の左岸から右岸側に渡る辺りは分かりづらいです。
1
階段で堰堤を越える。
2020年01月05日 07:18撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段で堰堤を越える。
2
プチ崩落も有り。
2020年01月05日 07:23撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プチ崩落も有り。
2
真っ白け。
2020年01月05日 07:33撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白け。
3
沢沿い道から尾根道に入る。
2020年01月05日 07:58撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿い道から尾根道に入る。
3
稜線直下。
2020年01月05日 08:06撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下。
2
青根分岐に到着。
2020年01月05日 08:16撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青根分岐に到着。
5
横浜方面を望む。
2020年01月05日 08:34撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横浜方面を望む。
18
蛭ヶ岳が見えた。
2020年01月05日 08:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳が見えた。
11
蛭ヶ岳アップ。
2020年01月05日 08:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳アップ。
19
八丁坂ノ頭に到着。
計画では此処から出てくるはずでした。
2020年01月05日 08:42撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂ノ頭に到着。
計画では此処から出てくるはずでした。
6
此処の左側は榛ノ木丸縦走ルートの入り口。
此処までが未踏区間でした。
2020年01月05日 08:55撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処の左側は榛ノ木丸縦走ルートの入り口。
此処までが未踏区間でした。
3
姫次に到着。
本日、と言うか新年登山の初富士。
2020年01月05日 09:03撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次に到着。
本日、と言うか新年登山の初富士。
14
姫次から遠くに蛭ヶ岳。
2020年01月05日 09:04撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次から遠くに蛭ヶ岳。
6
富士山。
2020年01月05日 09:17撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。
33
原小屋平。
2020年01月05日 09:25撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
原小屋平。
10
地蔵平の道標。
2020年01月05日 09:36撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵平の道標。
3
この辺りが地蔵平かな。
2020年01月05日 09:36撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りが地蔵平かな。
6
予想より雪が残ってた。
2020年01月05日 09:38撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想より雪が残ってた。
6
階段地獄の始まり。
2020年01月05日 09:50撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段地獄の始まり。
10
左奥手前の御正体山と南アルプス。
2020年01月05日 09:55撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥手前の御正体山と南アルプス。
17
階段地獄中盤。
2020年01月05日 10:25撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段地獄中盤。
5
檜洞丸に合わさる富士山。
2020年01月05日 10:26撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸に合わさる富士山。
24
蛭ヶ岳の山頂が見えてきた。
2020年01月05日 10:37撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳の山頂が見えてきた。
12
もう一息。
2020年01月05日 10:42撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一息。
4
蛭ヶ岳に新年初登頂!
相模湾に大島もバッチリ見える。
2020年01月05日 10:55撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳に新年初登頂!
相模湾に大島もバッチリ見える。
22
定番のアングルも。
2020年01月05日 10:55撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定番のアングルも。
21
山荘に入り、取り置きしていた蛭ヶ岳Tシャツを受け取りました。
2020年01月05日 11:02撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘に入り、取り置きしていた蛭ヶ岳Tシャツを受け取りました。
12
昼飯は蛭カレー。
2020年01月05日 11:12撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼飯は蛭カレー。
12
丹沢主脈。
2020年01月05日 11:56撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢主脈。
14
塔ノ岳アップ。
2020年01月05日 11:56撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳アップ。
19
全景。
2020年01月05日 11:56撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全景。
16
熊木沢方面。
2020年01月05日 11:57撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢方面。
10
蛭ヶ岳山頂からの富士。
2020年01月05日 11:57撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂からの富士。
13
富士山アップ。
2020年01月05日 11:57撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山アップ。
14
下山開始。
姫次までピストン。
2020年01月05日 11:58撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始。
姫次までピストン。
7
下りは念の為にチェーンスパイクを装着しました。
2020年01月05日 12:00撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは念の為にチェーンスパイクを装着しました。
3
稜線は風が少しあって寒かったです。
2020年01月05日 12:06撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は風が少しあって寒かったです。
3
絶景ポイント。
2020年01月05日 12:12撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景ポイント。
8
中央やや上に袖平山。
2020年01月05日 12:12撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央やや上に袖平山。
5
倒木も有り。
2020年01月05日 12:57撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木も有り。
2
姫次に戻ってきました。
2020年01月05日 13:21撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次に戻ってきました。
3
袖平山に向かいます。
2020年01月05日 13:34撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖平山に向かいます。
2
富士を望みながら歩く。
2020年01月05日 13:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士を望みながら歩く。
5
振り返ると蛭ヶ岳。
2020年01月05日 13:46撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると蛭ヶ岳。
6
此処から見る蛭ヶ岳はドッシリとしてる。
2020年01月05日 13:53撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処から見る蛭ヶ岳はドッシリとしてる。
9
袖平山の道標。
2020年01月05日 13:52撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖平山の道標。
3
少し登って袖平山に2回目の登頂。
2020年01月05日 13:55撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登って袖平山に2回目の登頂。
5
此処からは未踏の「袖平山北尾根ルート」で下山します。
2020年01月05日 13:57撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
此処からは未踏の「袖平山北尾根ルート」で下山します。
3
予想通り踏み跡有り。
2020年01月05日 13:58撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想通り踏み跡有り。
2
快調に下る。
2020年01月05日 14:14撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快調に下る。
2
本日のラスト富士。
2020年01月05日 14:32撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のラスト富士。
12
P944に到着。
此処から右側の尾根を下降。
2020年01月05日 14:53撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P944に到着。
此処から右側の尾根を下降。
2
壊れた手製道標。
2020年01月05日 14:54撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壊れた手製道標。
2
急斜面が続き、膝にくる。
2020年01月05日 14:57撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面が続き、膝にくる。
3
下降尾根から外れて復帰中。
2020年01月05日 15:06撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降尾根から外れて復帰中。
2
林道っぽいのが見えてきた。
2020年01月05日 15:16撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道っぽいのが見えてきた。
3
最近出来た?ブルドーザー道を横断する。
2020年01月05日 15:22撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近出来た?ブルドーザー道を横断する。
3
2度ほどブルドーザー道を横断して、ヤマレコMAPの足跡はまだ直線下降を指示してるのですが、膝が痛いので此処からブルドーザー道で下ります。
2020年01月05日 15:34撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2度ほどブルドーザー道を横断して、ヤマレコMAPの足跡はまだ直線下降を指示してるのですが、膝が痛いので此処からブルドーザー道で下ります。
5
ブルドーザー道を快調に下る。
2020年01月05日 15:35撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブルドーザー道を快調に下る。
3
ブルドーザー道終点部にも手製道標があった。
2020年01月05日 15:44撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブルドーザー道終点部にも手製道標があった。
2
黍殻山登山口駐車場に帰還。
2020年01月05日 16:00撮影 by DC-G9, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍殻山登山口駐車場に帰還。
9

感想/記録

少し遅れましたが、あけましておめでとうございます。
本年も丹沢メインと言うか、ほぼオンリーですが、よろしくお願いいたします。

神ノ川の日蔭沢橋と早戸川の魚止橋を起点とした蛭ヶ岳登山が、昨年の台風禍で無理な状況なので、実を言うと未踏だった青根起点の蛭ヶ岳登山をしてきました。

初めての黍殻山登山口駐車場まで行くのに少し迷って、更に昨晩の雪でタイヤが少し滑り焦ったりもしました。

青根起点なら、「釜立沢コース」か「八丁坂コース」の登山道を使うのが一般的なのですが、ヤマレコMAPの足跡で気になった「黍殻山北西尾根」と「袖平山北尾根ルート」の両バリルートを歩こうと計画していたところ、tantanmameさん、windmurmurさん、yasu0402さんが上記コースを昨年末に歩かれていたので、登山道の近況が解って参考になり助かりました。

けれども昨年のクリスマスイブに大倉尾根を登った時に太腿が攣って難儀したので、距離が長くてキツそうなバリルート「黍殻山北西尾根」は断念して、一般登山道の「八丁坂コース」を登るルートにしたのですが、分岐を間違えて林道沿いにそのまま歩いてしまったので、急遽「釜立沢コース」に変更しました。

「釜立沢コース」は一般登山道なのでタカをくくってましたが、釜立沢沿いの道が下手なバリルートより荒れていて、ある意味楽しめました。

下りで使った「袖平山北尾根ルート」は尾根の下降する場所が少し分かりづらかった以外はP944まで比較的に歩きやすいルートでした。
P944からの下降はヤマレコMAPに複数の足跡が有って、その中の一番濃い(よく歩かれている)ルートで下降しましたが、急斜面が結構続き膝が少し痛くなりました。
下部はブルドーザー道で寸断されていて、膝も痛いので、途中からブルドーザー道を使い快調に下りました。

蛭ヶ岳山荘では、昨年から長く取り置きしてあった蛭ヶ岳Tシャツを、ようやく受け取ることができて、蛭カレーも食べることが出来て、太腿の痙攣も起こらず、大満足な新年の初山行でした。
訪問者数:513人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/27
投稿数: 1044
2020/1/7 1:44
 あけましておめでとうございます
artpanoramaさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
昨年末に蛭ヶ岳とおっしゃっていましたが、少しだけずれ込みましたね。
でも、少し雪も積もって、天気もよく最高の山初めになって結果オーライですね〜。
ところで、北丹沢は台風でアクセスができなくなったと思っていたのですが、車で行けるようになったんですね。寒い時期は蛭ヶ岳は行かないですけど、春先になったら、北丹沢も検討してみようかと思いました。
登録日: 2011/1/31
投稿数: 760
2020/1/7 8:48
 お会いできるチャンスでした(^^;
artpanoramaさん、あけましておめでとうございます
行かれましたね
お会いできるチャンスでした
夜中の雪で、412号線、413号線あっちこっちで路面凍結
ところどころスリップ
暗い中、先の道志道が心細くなり、
青山信号左折後、しばらくして引き返しました
急遽、大山に変更
意気地なしでした
どこかでばったりを、楽しみにしております。
登録日: 2015/9/7
投稿数: 208
2020/1/7 12:54
 Re: あけましておめでとうございます
Nobu00さん、こちらこそ、あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。
昨年のクリスマスイブに行きたかったのですが、積雪の為に断念したので今回の山行に相成りました。
黍殻山登山口駐車場辺りまでは、昨年12月に車で入れるとの情報を得ていまして、更に通行止めだった道志みちが、限定的に1/15まで通行止め解除になったので、車で行きました。
でも、この日は夜中に雪が降ったみたいで、道路が部分的に氷結している箇所があり、低速走行でヒヤヒヤしながら走りました。
4月以降は道志みちが完全復旧するようなので、その頃ならいいと思いますが、奥にある神ノ川林道の復旧は時間が掛かりそうなので、日蔭沢橋まで車で入れないのは痛いです。
登録日: 2015/9/7
投稿数: 208
2020/1/7 13:12
 Re: お会いできるチャンスでした(^^;
tantanmameさん、こちらこそ、あけましておめでとうございます。
おお、行き先が一緒だったんですか、惜しかったですね。
私も青山交差点の先で少し滑って車のABSが作動して、引き返そうと一瞬思いましたが、車を低速走行させながら、なんとかノーマルタイヤで黍殻山登山口まで走りました。
けれど、林道奥の坂で少しタイヤが空転して焦り、更にここの駐車スペースは初めてなもので少し迷いもしました。
こちらこそ、いつかお会いする事を楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ