また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2180937 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

槇寄山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月13日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
■八王子08:00〜08:20八高線
■拝島08:25〜08:48ホリデー快速あきがわ3号
■武蔵五日市駅/西東京バス09:00〜09:50数馬行
■浅間尾根登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
3分
合計
3時間43分
S浅間尾根登山口バス停09:5610:49大羽根山10:5111:16笹ヶタワノ峰11:1711:21数馬峠11:2111:37田和峠11:3711:52西原峠11:5212:45槇寄山12:4712:52西原峠12:5413:37大平入口バス停13:3713:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な場所なし。アイゼンも不要。
ただし、これからの季節、北側斜面の道は軽アイゼン必要な箇所はあると思う。
その他周辺情報数馬の湯880円
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 クッカー・ストーブセット 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ(軍手) 防寒着 雨具(カッパ・帰りの傘) ザック 昼ご飯 行動食 非常食 コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 サングラス タオル ツェルト トレッキングポール 短パン 熊避け鉄砲 カメラ 携帯バッテリー サブバッグ 着替え 軽アイゼン 老眼鏡 近視眼鏡

写真

上野原へ降りる分岐
2020年01月13日 11:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上野原へ降りる分岐
少し落ち着いてきたか
2020年01月13日 11:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し落ち着いてきたか
1
木々のトンネル。そう言えば、誰かも書いてた。
2020年01月13日 11:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々のトンネル。そう言えば、誰かも書いてた。
1
また少し吹いてきたか。
2020年01月13日 11:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また少し吹いてきたか。
1
これぞ富士、という感じ。
2020年01月13日 12:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞ富士、という感じ。
1
今日見た唯一のキノコ。
2020年01月13日 13:04撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日見た唯一のキノコ。
今日はどこを見渡しても気持ちがいい。
2020年01月13日 13:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はどこを見渡しても気持ちがいい。
1
国定忠治が遠見した所
全然遠くが見えない。昔は木がなくて遠くが見えたんだろうか。
2020年01月13日 13:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国定忠治が遠見した所
全然遠くが見えない。昔は木がなくて遠くが見えたんだろうか。
この、「数馬バス停」からがちょっと怖かった。
2020年01月13日 13:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この、「数馬バス停」からがちょっと怖かった。
こんな感じ。
2020年01月13日 13:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
やっと降りてきてホッとする。
2020年01月13日 13:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと降りてきてホッとする。
下を流れる秋川が。
2020年01月13日 13:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を流れる秋川が。
撮影機材:

感想/記録

 今年初の山行。あまり冒険はせず、まだ歩いていない数馬峠から西原峠までを歩いてみるルートに。大羽根山も行ったことないし、槇寄山から九頭竜の滝近辺の橋に降りてくるルートもまだ歩いてない。だんだん、山レコの「全ルート地図」でまだ歩いていないルートを塗り潰したくなっている。

 浅間尾根登山口で西東京バスを降りる。トレランと思しき人と、山歩きと思しき人が一緒に降りた。バスの座席の後ろでしきりにおしゃべりしていた妙齢カップルはその先へ。

 トイレを済ませて、さて登り始める。今日は、TG-5をインターバル設定にして12秒ごとに自動撮影タイムラプスで撮影してみる。
 3週間ぶりの山行とあって、ゆっくり登ってみる。道は落ち葉でいっぱい。ところどころ、木に札が掛けてあり、何の木だかわかるようにしてある。ありがたい。
 途中、大羽根山の下で、真っすぐか左に折れるか一瞬迷い、左の道の方がしっかりしていたため左を選択した。が、これは間違いだった。ずっと登っていくと道がなくなり。山レコマップで確認すると、コースはちょっと右手らしい。元来た道を降りてまた登るのも、と思って、ちょっと降りながら右手にずれるように歩いてみる。しばらく歩くと道に出た。作業道との分かれ道は、何か標識が欲しいところ。
 ずっと登っていくと、尾根筋の道と合流。それが本来の道だったのか。

 さらに登っていると、木を叩く音がする。カッコウか?音はすれども姿は見えず。
 さらに登っていると、ブーンっていう音がする。ドローンか?音はすれども姿は見えず。

 と、向こうが開けて青空が見え、ハイカーが2人立っている。もしかして、彼らがドローンを?以前ここに来た時には、そう言えばドローンを飛ばしてる人がいたっけ。けれども、残念ながら今回はドローンを飛ばしてるのでなくて、向こうに見える綺麗な富士山を撮っている人たちだった。と、左手には女性も。今日最初に出会った人たち。
 ぼくも富士山を写真に撮り、足早にまだ歩いたことのない数馬峠西原峠の道を。

 雪が降って積もり、一度融けて冷え込んだら暫く融けないでアイスバーンになるだろうな、と思った箇所を抜け。今日はさらっと降った雪が落ち葉に、粉砂糖のように振りかけてあるような。朴葉に綺麗に乗った雪を見つけた。通り過ぎてしまい、写真に撮っておくんだったと後悔。

 西原峠に出る。程なく槇寄山。山頂では、三脚に乗せた一眼レフで富士山をあれこれ工夫して写真に撮ってる人と、木のテーブルにいた御仁。今日5人目。

 木のテーブルはもう一つあり、木の間から富士山が望め、日当たりが良い。そこに陣取って昼ごはんの支度。御仁は程なくいなくなってしまい。
 と、バスでおしゃべりしていた妙齢カップルが登ってきた。仲の平から来たのだろうか。これで7人目。

 富士を眺めつつ、今朝買ったおにぎりを2つ食い、暖かい味噌汁を飲む。
 チョコレートとチョイスを齧りながらモンカフェ。
 おまけに、淡路島産の玉ねぎで作ったというコープの玉ねぎスープ。

 12時に槇寄山に着き、12時40分くらいまでゆっくりしていたはずなのだが。山レコ記録は、槇寄山に2分しかいなかったというので修正。

 さて、人もいなくなったし、お腹もいっぱいになったし、西原峠から数馬に降りる。
 今日は時間もあるし、トレッキングポールを使わずにゆっくり降りてみる。

 仲の平と数馬に別れる場所に着き、まだ歩いていない数馬への道を辿る。

 標高が比較的高い場所に降りるルートだからか、そこから20分で数馬に降りるという。

 最後はちょっと足元に気をつけないといけない場所だった。まっすぐ降りれば難なく車道に出れたのかもしれない。右に折れる道を行けと標識があり、それに従う。ちょっと急で、足を滑らせたら痛いだろうな、という場所が続く。
 最後まで気を抜くな、と自分に言い聞かせ、車道に出た。橋の袂。

 あとは数馬の湯まで舗装路を降っていくだけだ。九頭竜神社を通り過ぎる。

 で、温泉センター。いつものように、烏の行水で上がり、早々に生ビール。
 山芋の素揚げ。油と味噌が一体になったのを着けて食う。おいねコロッケ。おいねさんが作ったのだろうか。モツ煮は、一人鍋いっぱいにやってきた。

 ぼやぼやしていると、次はバスが53分。あと10分。思案して、日本酒300mL注文。その次は、1時間15分後。ま、いいや。

 ゆっくり飲んで食べてもう一度ざっと温泉に入って。

 帰りのバスは、コンセント付き。いつの間にか眠っていた。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:402人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ