また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2181679 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 志賀・草津・四阿山・浅間

浅間山〜高峯温泉から第一外輪山、第二外輪山のフルコース

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年01月12日(日) ~ 2020年01月13日(月)
メンバー
天候1日目: 雪、2日目: 晴れ、山頂は雲の中
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車坂峠
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間16分
休憩
25分
合計
1時間41分
S車坂峠14:1714:39尾根の休憩地14:4014:52粒ケ平14:5315:03高峰山15:0615:10高峯山15:2915:31高峰山15:39粒ケ平15:4015:58高峰温泉
2日目
山行
9時間17分
休憩
1時間47分
合計
11時間4分
高峰温泉07:0107:27粒ケ平07:3107:49尾根の休憩地07:5008:02車坂峠08:16車坂山08:35コマクサ展望台09:12槍ヶ鞘09:1309:23トーミの頭09:3109:47黒斑山09:5210:13蛇骨岳10:1610:26蛇骨岳標柱11:1511:45仙人岳12:04虎ノ尾12:13Jバンド12:1712:17鋸岳12:1812:31Jバンド12:3212:44Jバンド取付12:4613:56立入禁止告示板13:5814:23前掛山14:3214:47立入禁止告示板15:15賽の河原分岐15:1615:26湯ノ平分岐15:2816:55トーミの頭17:0918:05車坂峠18:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
車坂峠〜高峰温泉: トレースが薄いところもありましたが、なだらかな道で歩きやすい
車坂峠〜賽の河原: トレースははっきり。蛇骨岳まではつぼ足でそこからアイゼンをつけましたが、基本つぼ足で問題ないレベル
賽の河原〜前掛山: 直登したりしたので踏み抜きもありましたが、危険なところは特になし。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

車坂峠から出発。夏はここからまっすぐ高峰温泉へ行けるけど、冬はゲレンデがオープンしているので通行禁止
2019年01月12日 14:05撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車坂峠から出発。夏はここからまっすぐ高峰温泉へ行けるけど、冬はゲレンデがオープンしているので通行禁止
高峰高原ホテルの脇から登り始める
2019年01月12日 14:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高峰高原ホテルの脇から登り始める
反対側は明日登る浅間山方面
2019年01月12日 14:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側は明日登る浅間山方面
鳥居はあまり埋まっていない。やっぱり雪は少なそう。
2019年01月12日 14:23撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居はあまり埋まっていない。やっぱり雪は少なそう。
1
雪が降る静かな森の中を歩く
2019年01月12日 14:29撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が降る静かな森の中を歩く
ガスっていて眺望はゼロ
2019年01月12日 14:42撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスっていて眺望はゼロ
粒ヶ平。左へ行けば高峰山、右へ行けば高峰温泉。高峰山へ向かう
2019年01月12日 14:56撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粒ヶ平。左へ行けば高峰山、右へ行けば高峰温泉。高峰山へ向かう
1
ほぼ平な稜線
2019年01月12日 15:14撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ平な稜線
15分くらいで山頂へ。最高点はここではないっぽい。
2019年01月12日 15:17撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分くらいで山頂へ。最高点はここではないっぽい。
高峰神社の祠
2019年01月12日 15:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高峰神社の祠
1
粒ヶ平に戻って高峰温泉の方へ下っていく。すぐにスキーコースが見えてくる。
2019年01月12日 15:53撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
粒ヶ平に戻って高峰温泉の方へ下っていく。すぐにスキーコースが見えてくる。
あっという間に林道。冬は雪上車が高峰温泉への送迎をしている
2019年01月12日 15:59撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に林道。冬は雪上車が高峰温泉への送迎をしている
1
ランプの宿、高峰温泉。思ったより大きな宿でした
2019年01月12日 16:03撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランプの宿、高峰温泉。思ったより大きな宿でした
2
展望露天風呂から日の入りを楽しむ。太陽がはっきり見えて気持ちよかった
2020年01月12日 14:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望露天風呂から日の入りを楽しむ。太陽がはっきり見えて気持ちよかった
6
2日目のスタート。雪は止んで青空も見えています。このまま晴れるかなー
2019年01月13日 07:21撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目のスタート。雪は止んで青空も見えています。このまま晴れるかなー
2
結構雪が降ったよう。昨日の足跡を逆に辿っていく
2019年01月13日 07:31撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構雪が降ったよう。昨日の足跡を逆に辿っていく
富士山
2019年01月13日 07:43撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山
2
陽の光が眩しい
2019年01月13日 07:47撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽の光が眩しい
3
鳥居まで戻ってきました。これで第1部高峰山は完。
2019年01月13日 08:03撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居まで戻ってきました。これで第1部高峰山は完。
車坂峠から黒斑山方面を目指す。結構遠いなあ
2019年01月13日 08:23撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車坂峠から黒斑山方面を目指す。結構遠いなあ
振り返ると高峰山。こうやってみるとなだらかな山頂
2019年01月13日 08:36撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると高峰山。こうやってみるとなだらかな山頂
2
浅間ブルー
2019年01月13日 08:52撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間ブルー
5
槍ヶ鞘。晴れたのに、浅間山にはガスがかかって全く見えず。
2019年01月13日 09:17撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘。晴れたのに、浅間山にはガスがかかって全く見えず。
1
トーミーの頭から振り返る。結構登ってきたな。
2019年01月13日 09:29撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トーミーの頭から振り返る。結構登ってきたな。
2
トーミーの頭。結構な人で賑わっていました。
2019年01月13日 09:32撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トーミーの頭。結構な人で賑わっていました。
1
緊急放送用のスピーカー。携帯の電波もしっかり入る。
2019年01月13日 09:48撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緊急放送用のスピーカー。携帯の電波もしっかり入る。
トーミーの頭から10分ちょっとで黒斑山。だけど浅間山は全く見えず。
2019年01月13日 09:52撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トーミーの頭から10分ちょっとで黒斑山。だけど浅間山は全く見えず。
1
とりあえず、蛇骨岳へ。黒斑山から20分足らず。途中で、すれ違った方に、Jバンドから降りれそうですよ、という話を聞く。
2019年01月13日 10:25撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、蛇骨岳へ。黒斑山から20分足らず。途中で、すれ違った方に、Jバンドから降りれそうですよ、という話を聞く。
四阿山、草津方面。こっちは割と晴れてるのに
2019年01月13日 10:31撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山、草津方面。こっちは割と晴れてるのに
この後ろにガトーショコラが見えるはず
2019年01月13日 10:55撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後ろにガトーショコラが見えるはず
と思ったら、、、突然晴れた!
2019年01月13日 11:15撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、、、突然晴れた!
13
Jバンド方面。気持ち良さそうな稜線。行けるところまで行ってみよう。
2019年01月13日 11:13撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jバンド方面。気持ち良さそうな稜線。行けるところまで行ってみよう。
3
右側の稜線をずっと歩いてきた。壮観です。
2019年01月13日 11:14撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の稜線をずっと歩いてきた。壮観です。
2
そのまま仙人岳。浅間山が近づいてくる。
2019年01月13日 11:43撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま仙人岳。浅間山が近づいてくる。
4
第2外輪山の終点が見えてきた
2019年01月13日 11:51撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2外輪山の終点が見えてきた
7
振り返れば、歩いてきた外輪山の稜線がくっきり
2019年01月13日 12:00撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば、歩いてきた外輪山の稜線がくっきり
3
すれ違ったのは2人で、黒斑山のあたりとは違って誰もいない
2019年01月13日 12:09撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すれ違ったのは2人で、黒斑山のあたりとは違って誰もいない
1
Jバンド分岐。ここから降りるけど、終点の鋸岳へ。
2019年01月13日 12:15撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jバンド分岐。ここから降りるけど、終点の鋸岳へ。
1
外輪山の外側
2019年01月13日 12:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪山の外側
2
鋸岳。第2外輪山完登!
2019年01月13日 12:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳。第2外輪山完登!
4
Jバンドから降る。どんなかと思ったけど、雪もしっかりあって、トレースもあって、簡単に降りてこられました。下の方は結構踏み抜きも。
2019年01月13日 12:41撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jバンドから降る。どんなかと思ったけど、雪もしっかりあって、トレースもあって、簡単に降りてこられました。下の方は結構踏み抜きも。
1
賽の河原。正面に浅間山。ここから登り返すのかと思うとちょっと憂鬱。
2019年01月13日 12:47撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原。正面に浅間山。ここから登り返すのかと思うとちょっと憂鬱。
3
第2外輪山。結構な高さ。これ帰りに登れるのかちょっと不安にもなる。
2019年01月13日 12:48撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2外輪山。結構な高さ。これ帰りに登れるのかちょっと不安にもなる。
2
浅間山方面へ直登するべく賽の河原を横切る
2019年01月13日 12:50撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山方面へ直登するべく賽の河原を横切る
2
トレースもなくて踏み抜くこともあるけれど、
2019年01月13日 12:54撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースもなくて踏み抜くこともあるけれど、
2
直登するので結構な斜面
2019年01月13日 13:19撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登するので結構な斜面
3
登山道に合流してしばらく歩くと山頂が見えてきた。このまま進むことはできなくて、第1外輪山をぐるっと回る。
2019年01月13日 14:00撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に合流してしばらく歩くと山頂が見えてきた。このまま進むことはできなくて、第1外輪山をぐるっと回る。
避難シェルター
2019年01月13日 14:04撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難シェルター
第1外輪山の稜線。かなり曇ってきました
2019年01月13日 14:15撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1外輪山の稜線。かなり曇ってきました
時間も遅かったのでほとんど人もいなくて静かなウイニングロード
2019年01月13日 14:25撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間も遅かったのでほとんど人もいなくて静かなウイニングロード
1
噴煙を吐き出す山頂。
2019年01月13日 14:27撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴煙を吐き出す山頂。
3
前掛山。山頂標識は倒れていました。もう人は誰もいない。
2019年01月13日 14:29撮影 by NEX-7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前掛山。山頂標識は倒れていました。もう人は誰もいない。
8
来た道を下っていく。賽の河原分岐へ。
2020年01月13日 13:16撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を下っていく。賽の河原分岐へ。
静かな森の中。
2020年01月13日 13:23撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かな森の中。
1
浅間山荘方面へそのまま降りるか、草すべりを登り返すか、若干の逡巡をしたけど、予定通り登ることに。
2020年01月13日 13:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山荘方面へそのまま降りるか、草すべりを登り返すか、若干の逡巡をしたけど、予定通り登ることに。
結構な壁。一気に350m登る
2020年01月13日 13:27撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な壁。一気に350m登る
1
結構な斜面です。先行者のトレースがあるので想像ほどじゃなかったけれど、それなりにしんどい。
2020年01月13日 14:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な斜面です。先行者のトレースがあるので想像ほどじゃなかったけれど、それなりにしんどい。
4
200mくらい一気に登って休憩。
2020年01月13日 14:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200mくらい一気に登って休憩。
2
浅間山にも結構雲がかかってきた。
2020年01月13日 14:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山にも結構雲がかかってきた。
稜線の登山道へ合流。
2020年01月13日 14:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の登山道へ合流。
1
日もだいぶ傾いてきて、賑やかだったトーミーの頭も独占
2020年01月13日 14:55撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日もだいぶ傾いてきて、賑やかだったトーミーの頭も独占
1
最後の下山は夕闇の中。スキー場と高峰高原ホテルの灯が見える。ナイトハイクも楽しい。
2020年01月13日 15:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の下山は夕闇の中。スキー場と高峰高原ホテルの灯が見える。ナイトハイクも楽しい。
2
車坂峠に到着
2020年01月13日 16:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車坂峠に到着
3

感想/記録

車坂峠からアプローチして、1日目は高峰温泉、2日目は浅間山、というプラン。

高峰温泉は噂にたがわず素敵な温泉でした。お風呂も良かったし、宿の方も素敵。雪上車に乗って簡単にこれるし、三連休ということもあって人で賑わっていました。
ただ、そこで聞いた話だと、冬に黒斑山経由で浅間山に登るのは結構難易度高いとのことで、どうするかは翌日へ持ち越すことに。

2日目は、とりあえず黒斑山まで行ってあとは体調と天候で考えようということに。前日の雪もやみ、朝日を浴びながら気持ちよい山行に。樹林帯を抜けると、浅間山はガスの中。がっかりだったけど、とりあえず外輪山回ろうと黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳〜鋸岳、と行けるところまで行ってみることに。蛇骨岳でご飯を食べ終わったところで一気にガスが晴れてテンション上がる。テンション上がった勢いで前掛山まできてしまいました。最後も迷ったけれど、草すべりを登り返すことに。夕暮れの中、ほとんど人のいない山を歩くことができたのも気持ちよかった。

今回は11時間の山行で3回山を登ったり降りたり。そんなに高低差はなかったし、結果的に危険なところは全然なかったけど、なかなかなアドベンチャー気分でした。綺麗なガトーショコラも眺められたし、満足。やっぱり雪山はいい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:696人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ