また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2182260 全員に公開 雪山ハイキング 蔵王・面白山・船形山

【厳冬期】熊野岳(蔵王山)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
 satoo(感想)
天候晴れ→曇り
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
山形蔵王PAで仮眠可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間20分
休憩
19分
合計
7時間39分
S温泉駅07:5107:59祓川コース登山口08:0011:00樹氷の家12:01地蔵山頂駅12:0512:05蔵王地蔵尊12:24地蔵山12:3112:46ワサ小屋跡分岐13:31蔵王山13:3413:55馬の背14:08蔵王レストハウス内避難小屋14:11刈田岳14:34馬の背14:43馬の背分岐14:48熊野岳避難小屋14:5014:55大高山分岐14:5615:09ワサ小屋跡分岐15:18地蔵山15:1915:29地蔵山頂駅15:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下部は雪無し
RWで上部まで上がる
その他周辺情報中央RW乗り場前におんせんあり。
雪塩ソフトクリームがうまい
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック 冬靴+靴下 スノーシュー ピッケル アイゼン チェーンスパイク ストック(スノーバスケット) 行動食 ツェルト アウター上下 防寒具 目出し帽 ニット帽 耳当 手袋セット サングラス ゴーグル ビーコン プローブ スコップ ヘッドランプ 予備電池 地形図 コンパス 時計 テルモス トレペ GPS 携帯電話 充電器 保険証 カメラ エマージェンシーキット
共同装備 ガス(A) ガスヘッド(A) ライター(A) コッヘル(A)

写真

感想/記録
by satoo

20200111 蔵王・熊野岳

3連休はスノーシューを使った雪山へ。という事で本来は、伯耆大山や氷ノ山を計画をしていたが、雪不足と事前の計画不足で断念。
それなら一度は見てみたい蔵王スノーモンスターへ。 ついでに安達太良を付けちゃおう! さらにおまけに那須岳のバリエーションルート 朝日岳東南稜も。とよくばりばりな計画を。

金曜日の夜に東京を出発して山形蔵王PAで仮眠。
いざ蔵王を目指す。と…道には全然雪が無い。5キロ手前になっても雪はちらほら。こんなんで大丈夫か?と不安になってくる。
駐車場に着いても2伉度の降雪があるだけ。木々などは黒々していました。とてもスノーシュー山行どころではない。と
急遽予定を変えて、駐車場から熊野岳を目指すことに。夏道の登山道を地元の方に聞いてもどこだろう…とあまりメジャーではなく、ロープウェイ(RW)の終点を歩きで目指すことに皆ビックリされました。
登山道は中央ロープウェイを登った少し上のリフト小屋の脇にありました。
はじめのうちは、ホントに雪が無く快適な登り。トレースは無いが、明確な林道が見て取れます。
段々と登って行くうちに、雪は少しずつ深くなり平坦地に着いた頃には膝上の地獄最中ラッセルに。
今回はスノーシューは、駐車場においてツボ足で来たので、最中ラッセルが、痛めつけてくれます。
これはまずいと下山も検討するも、下山をするよりは登り切ってRWで降りた方が早いという事で、先を目指すと林道が!
神降臨!とばかりに、地獄のような最中ラッセルから解放され、圧雪されたスキー場に降り立つ。
時間も11:00でまだ十分ピークも狙えるとスキー場の端を邪魔にならないように登っていく。とても快適な登りである。
1時間程度で地蔵岳RW駅に到着。ここから地蔵岳は目の前である。
RW駅は、簡単にアクセスが出来る為、沢山の観光客で賑わいみんな、思い思いに雪を楽しんでいる様子。平和な景色です。
だが、一歩稜線にあがると、一面の白の世界。
全てが雪に包まれております。稜線上は広尾根になっているので眼下の世界もみる事も少なくひたすら白と青の世界が広がります。
神社や指導柱などもエビの尻尾がびっしりついていて真っ白になっており、白の雪の塊になっております。
さすがに稜線上を歩く人は少なく疎ら。我々が着いた時でも10名はすれ違っていない感じです。
地蔵岳から熊野岳を目指します。足元も適度に締まりアイゼンが良く聞きます。
エビの尻尾の標柱を追いかけて熊野岳に到着。 本来計画してて、時間があったら行こうとしていた刈田岳。
雪山マジックなのかとても近くに見えます。まだ時間にも余裕があるので向かってみる。
途中雪の砂丘の様な景色が広がり幻想的でテーマパークに居るような不思議な感覚に包まれます。
が…刈田岳は遠く、なかなか近づかない… そうこうしているうちに天気の急変が始まり、暗雲が流れ、だんだんと北風が強まって行きます。 ここで足のある自分が刈田岳を目指す事に。天気が悪化が気になりますが、刈田岳を目指します。
刈田岳手前で2名の登山者とすれ違い無事に刈田岳へ到着。
写真を撮って早々に退散。 だいぶバテが始まっておりましたが、何とか熊野岳の避難小屋に到着。
日も傾き、若干ホワイトアウト気味になりだし、地蔵岳の方角を見失う。が位置を確認し、トレースを確認し自分が違うルートを歩いていることを認識し、再度小屋に戻りトレースを探し地蔵岳へ帰還。ホッと一安心。
その後はRWで下山をするも、最後のRWではスキー客も交じり大混雑。
その頃には雪も本降りになりだし積もりだしてきました。
下山後に冷えた体を温泉が暖めてくれて、2日目の安達太良山へ向かう事が出来ました。

感想/記録

憧れの蔵王の稜線を歩いてきました。

思ったよりも雪は少なかったですが、麓からアイゼンラッセル含みで山頂を目指したので、当初予定していたロープウェイからの稜線計画から大分時間がかかってしまいました。

雪が少ないとはいえ、そこはさすが東北のお山。樹林にはいり少しあるいたら、あっというまに膝以上の重いラッセルに。

稜線上は真っ白な雪と氷の世界で
2000mに届かない山の稜線とは思えない景色が広がる世界。

今回はスノーモンスターに会えなかったので、またモンスターが現れる季節に会いにゆかなければと思っています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:652人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ