また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2212322 全員に公開 雪山ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

雪請いのゆきさん(高見山)

日程 2020年02月09日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
30分
合計
5時間5分
S杉谷登山口08:3509:25小峠09:2909:59大峠10:1411:01高見山11:1213:39たかすみの里13:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

登山口下車。すぐ後ろから奈良市のT小学校のバスも到着。3年前も一緒になったんだよな。
2020年02月09日 08:26撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口下車。すぐ後ろから奈良市のT小学校のバスも到着。3年前も一緒になったんだよな。
登山口。
2020年02月09日 08:28撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
最初はうっすら雪がある程度。
2020年02月09日 09:21撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はうっすら雪がある程度。
小峠到着。
2020年02月09日 09:21撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠到着。
小峠からは北に向かう道と東に向かう道がありますが、東に行って大峠に回ります。ただし、途中で左に入らないと林道をだらだら歩くことになるので注意。
2020年02月09日 09:34撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小峠からは北に向かう道と東に向かう道がありますが、東に行って大峠に回ります。ただし、途中で左に入らないと林道をだらだら歩くことになるので注意。
ここで展望が開けます。
2020年02月09日 09:47撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで展望が開けます。
4
めいめいに写真撮影。
2020年02月09日 09:49撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
めいめいに写真撮影。
大峠の石仏。
2020年02月09日 09:58撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠の石仏。
ここでアイゼン装着。私も仕入れたばかりの12本爪を履きました。もちろん、チェーンスパイクで足りるくらいの足元だったのですが、まあ練習ということで。
2020年02月09日 10:06撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアイゼン装着。私も仕入れたばかりの12本爪を履きました。もちろん、チェーンスパイクで足りるくらいの足元だったのですが、まあ練習ということで。
2
この辺から霧氷はきれいになってきます。
2020年02月09日 10:07撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から霧氷はきれいになってきます。
ちょっと空も明るくなってきたのが楽しみ。
2020年02月09日 10:16撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと空も明るくなってきたのが楽しみ。
2
展望台。
2020年02月09日 10:27撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台。
3
霧氷ロードをゆく。この登り、新雪が多いと大変ですが、今日は大したことありませんでした。
2020年02月09日 10:36撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷ロードをゆく。この登り、新雪が多いと大変ですが、今日は大したことありませんでした。
4
山頂に着きました。
2020年02月09日 10:57撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。
4
山頂に着きました。
2020年02月09日 11:02撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。
3
芸術的。
2020年02月09日 11:06撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芸術的。
3
モンスター。
2020年02月09日 11:06撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター。
3
お約束の写真。今年はここに雪がない、悲しい写真を何度か見ましたね。
2020年02月09日 11:11撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お約束の写真。今年はここに雪がない、悲しい写真を何度か見ましたね。
4
三角点。
2020年02月09日 11:11撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点。
1
今年のテーマは、こういう「桜みたいな霧氷」を撮ることでした。
2020年02月09日 11:27撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年のテーマは、こういう「桜みたいな霧氷」を撮ることでした。
3
風が冷たいのですが、なかなか降りられない。
2020年02月09日 11:43撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が冷たいのですが、なかなか降りられない。
2
ようやく下山にかかるのですが、あちこちで止まってしまいます。
2020年02月09日 11:44撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく下山にかかるのですが、あちこちで止まってしまいます。
4
空が青いとまた魅力的。
2020年02月09日 11:47撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が青いとまた魅力的。
5
美しい一日を有難うございます。
2020年02月09日 11:58撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい一日を有難うございます。
2
高見杉。
2020年02月09日 12:57撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見杉。
2
高見杉の手前でアイゼンを脱いでいたのですが、橋とかは滑りやすいので注意が必要。
2020年02月09日 12:59撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見杉の手前でアイゼンを脱いでいたのですが、橋とかは滑りやすいので注意が必要。
弓のポーズで雪請いをするゆきさん(時間軸が狂っているように見えるのは・・・恐らく貴方の気のせいです!)。
2020年02月09日 13:32撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓のポーズで雪請いをするゆきさん(時間軸が狂っているように見えるのは・・・恐らく貴方の気のせいです!)。
3
たかすみ温泉。露天風呂は休止中ですが、内風呂は再開しています。ただし、男性は混雑していて15分待ち。
2020年02月09日 13:40撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たかすみ温泉。露天風呂は休止中ですが、内風呂は再開しています。ただし、男性は混雑していて15分待ち。
だんご庄の大和八木店に来たのですが、昨年末のテレビの影響か、お客さんが多くて購入を断念。またお持ちしますので、ご勘弁ください。
2020年02月09日 16:01撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんご庄の大和八木店に来たのですが、昨年末のテレビの影響か、お客さんが多くて購入を断念。またお持ちしますので、ご勘弁ください。
1
おしまい。
2020年02月09日 16:12撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おしまい。
3

感想/記録
by pers

今回のレポートには一部脚色がなされていることをお断りしておきます。

私が「今シーズンは霧氷は堪能した」とか罰当たりなことを言っていましたが、美しいものは何度見てもいいので、どこかに行きましょうという計画を立てました。例によって、私のグループ登山は大概ゆきさんが中心になって話を転がしてくださるので、ある程度候補を挙げてから先は丸投げで、行き先は高見山に決まりました。

今回は、降りてきてからもお楽しみを用意しましょうということで、電車・バスを利用。榛原駅に集合してから、奈良交通霧氷バスに乗車。予定発車時刻は0815で、7時半に着いたら早すぎるんちゃうんと思っていたら、定員になり次第バスが出発したので、まあまあいい時間でした。

2年前、3年前は、登山口から雪道でしたが、今回は最初の間全然雪がありません。南東方向の展望が開ける頃から、ようやく道は白くなっていきましたが、アイゼンが必要なほどではなし。50分ほどで小峠に到着。ここから大峠に回って山頂を目指しますが、やはり積雪はさほどでもなくて、霧氷も途中からぱらぱらと。ただ、大峠でアイゼン(結果的にはチェーンスパイクでも充分だったと思いますが、歩き方の練習をしたかったので、初めて12本爪を履きました)を装着して登り始めると、道の左右に霧氷が広がります。時々太陽が差すので、その度に足が止まってなかなか前に進めません。大峠から山頂までの道はかなり急登になりますが、3年前ほど深い新雪に悩まされることもなく、無事登頂することに成功しました。

結果的にこの日も雪はさほど多いわけではなかったのですが、頂上付近では土が顔を出すこともなく(風で吹き飛んでいるところは除く)。風は予想通り強くて頬は冷たかったですが、気温そのものはさほど下がらず、シェルのベンチレーションは開けたままでもよかったくらい。人はこれでもかというくらいに多くて、休憩小屋は満員。三角点付近でも何故だか5分くらい立ちつくしている人がいたり、なかなか写真が撮れない。そして、霧氷はつきまくり。モンスターも一部にあり。残念なことに雲は多くて、なかなか思い通りにはいかないにせよ、時々陽が差してくれたのがなによりでした。

しばらく山頂を楽しんで下山に。下りも風が冷たいのではありますが、あちこちに霧氷トラップがあってなかなか降りられません。足元は凍結していることはなくて、12本爪はオーバースペックなんですが、まあ歩く練習にはなりました。ただ、途中から雪がさらに減ってザレてくるようになったので、小峠分岐から少し降りてアイゼンを脱ぎました。また、高見杉では奈良市のT小学校の一団が昼食を摂っていたので追い抜きました。この小学校は、3年前にも行程が一緒になっていて、珍しいものです。

さて、下山してからたかすみ温泉へ。実は、2週間前に「強風のため施設破損で当分の間休業」との告知が流れていたため、かなり不安になっていたのですが、前日から内風呂のみとは言え営業再開していました。このため、天好園で食事してバス待ちという予定を変更して、入浴に切り替え。ただし、男性入浴は混雑していて15分待ちでした。その後帰りのバスに乗りましたが、このバスも人数が集まり次第適宜発車で、最初の便は14時過ぎに出ていたように思います。榛原駅から近鉄に乗り、八木で降りて「ちょっと休憩」のつもりが、随分長居してしまいました・・・

最後に今日の主人公であるゆきさんのご活躍について。行き先とかアレンジして連絡役を買って出て頂いた(私が押しつけた?)のはいつものことですが、雪が降らないと、空も晴れないと、風も吹かないと、といろいろ注文があったので、1週間雪請いをしてくださりました。さらに、たかすみ温泉休業というピンチ情報に対しても、どのような手を回してくださったのかは不明ですが、突貫工事で温泉再開して頂きました。さらにさらに、温泉を出てきてすぐにバスに乗っていたら、榛原駅で急行待ちが10分ほどあったはずなのに、上手に「下駄箱の鍵がない」という小芝居を演じて頂き、おかげで駅に着いたら1分で電車が来たので、暖かい気持ちで帰途につくことができました。「ゆきさんと行くとあまり晴れないんだよな」とか思っていた時期もありましたが、森羅万象に配慮して頂いていることを垣間見ることができ、今後ともよろしくお願いします。

なお、モバイルバッテリにつないでいたのに、給電ボタンを押してなかったので、山頂でログが切れていました。ゆきさんにおかれましては、その箇所のログまで供給して頂いたこと、重ねて感謝です。
訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ