また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2218391 全員に公開 講習/トレーニング六甲・摩耶・有馬

妙号岩・菊水ルンゼ アイゼン登攀トレーニング

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候晴れ一時にわか雨
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
新神戸駅近くの1日550円のコインパーキングに停めて、鵯越駅へ移動。
下山は新神戸駅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間9分
休憩
3時間51分
合計
8時間0分
S鵯越駅09:1709:23イヤガ谷入口09:31イヤガ谷東尾根ー鵯越駅分岐10:01妙号岩13:0014:06菊水ルンゼ14:3414:45菊水山14:4615:06天王吊橋15:1515:41鍋蓋山15:4416:11再度越16:1316:32桜茶屋(市が原)16:4016:58布引貯水池16:5917:17新神戸駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
妙号岩は不明瞭で滑落の危険もあるため経験者の同行が必要。また剥がれやすい岩があるので落石注意。
菊水ルンゼも取付きがわかりにくく、岩は丸くなっており、アイゼンが滑りやすいので滑落注意。

装備

個人装備 50mダブルロープ ヘルメット 簡易ハーネス チェストハーネス 確保器 アッセンダー スリング カラビナ ナイフ アイゼン 冬用登山靴 スパッツ コンパス スポーツ飲料500ml1本 お湯500ml 食料
備考 トレッキングポール、水分

写真

四国八十八カ所巡りができる「お砂踏み」を用いた「写し霊場」だそう。写し仏が順番に並んでいる。今日のリーダーに教えてもらった。
2020年02月08日 09:21撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四国八十八カ所巡りができる「お砂踏み」を用いた「写し霊場」だそう。写し仏が順番に並んでいる。今日のリーダーに教えてもらった。
1
イガヤ谷東尾根へ
2020年02月08日 09:29撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イガヤ谷東尾根へ
工事中でイヤガ谷東尾根へはこのアルミ仮階段を上る
2020年02月08日 09:31撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事中でイヤガ谷東尾根へはこのアルミ仮階段を上る
鉄塔通過。
2020年02月08日 09:34撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔通過。
ここから登山道を外れて妙号岩へ。しっかりと道がついている。
2020年02月08日 09:52撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道を外れて妙号岩へ。しっかりと道がついている。
尾根づたいに登っていくと
2020年02月08日 10:00撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根づたいに登っていくと
妙号岩の南峰へ
2020年02月08日 10:01撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙号岩の南峰へ
菊水山や石井ダムが見えて開放的な景観。
2020年02月08日 10:01撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菊水山や石井ダムが見えて開放的な景観。
1
岩の間を少し下ると
2020年02月08日 10:02撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の間を少し下ると
妙号岩・奥の壁の上部の岩にでてきた。
2020年02月08日 10:03撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙号岩・奥の壁の上部の岩にでてきた。
大岩にロープを巻いて、そこに支点を作り、懸垂用1本、登攀用2本ロープを垂らし、アイゼンでの登攀練習開始。
2020年02月08日 10:57撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩にロープを巻いて、そこに支点を作り、懸垂用1本、登攀用2本ロープを垂らし、アイゼンでの登攀練習開始。
1
2ルートの左側がより難易度高め。アッセンダーで確保しながら登るけど、なかなか怖い。
クライミングもかなりお久しぶりのMさん、さすがもと蜘蛛女と呼ばれていただだけあって、難しい方のルートをスムーズにのぼっていた。
2020年02月08日 11:20撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2ルートの左側がより難易度高め。アッセンダーで確保しながら登るけど、なかなか怖い。
クライミングもかなりお久しぶりのMさん、さすがもと蜘蛛女と呼ばれていただだけあって、難しい方のルートをスムーズにのぼっていた。
2
「南無阿弥陀仏」の壁
2020年02月08日 12:58撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「南無阿弥陀仏」の壁
菊水ルンゼ取り付き、わかりにくい
2020年02月08日 13:48撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菊水ルンゼ取り付き、わかりにくい
ルンゼの岩は丸くなっていて、アイゼンでは滑りやすく、慎重に足を置く必要あり。
2020年02月08日 13:53撮影 by SO-01L, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼの岩は丸くなっていて、アイゼンでは滑りやすく、慎重に足を置く必要あり。
1

感想/記録

今日は大山北壁のためのトレーニング。
妙号岩と菊水ルンゼでのアイゼントレは初参加で充実したトレが行えた。
奥の壁はなかなか難易度が高く、ステップも大きく2本登るだけで太ももにかなり堪えてとても疲れた。
中の壁、前の壁を通過して車道に降り昼食をとった後は菊水ルンゼへ。
菊水山山頂手前でアイゼンや登攀具をすべて外し、そこから新神戸までは歩荷トレ。
不安だったことがやっぱり起きてしまった。
アイゼントレだからとあまり考えず、塩分や芍薬甘草湯など摂取していなかったからか、鍋蓋山の登り始めから太ももがつりだした。他のメンバーについていけず、途中止まっては筋肉をほぐしほぐしすすみ、鍋蓋山で芍薬甘草湯を摂取するもすぐには効果が出ず、市ケ原くらいまで下りでも両太ももがつって何度か動けなくなり、迷惑をまたかけてしまった。
大竜寺でアクエリ1本、市ケ原の櫻茶屋でもスポーツ飲料1本を一気飲みし、それからはなんとか普通に歩けた。
水分不足も原因かな、、でも一番の原因は寝不足かな〜。
あとバタフライノットなどすぐにできるよう、練習すべし。
訪問者数:65人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 滑落 登攀 ルンゼ 落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ