また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2236180 全員に公開 ハイキング 四国剣山

三嶺〜西熊山〜天狗塚 草原の稜線縦走!

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年02月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名頃登山口駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間21分
休憩
48分
合計
10時間9分
S名頃登山口08:1308:48林道登山口08:4909:46ダケモミの丘10:33三嶺ヒュッテ下の水場10:4110:44三嶺ヒュッテ10:5011:11三嶺11:3712:22オオタオ12:50西熊山13:13お亀岩避難小屋13:47地蔵ノ頭13:54天狗峠14:14天狗塚14:2014:39天狗峠15:121,476mピーク15:40天狗峠登山口15:4118:21名頃登山口18:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースは全体的に良く整備されている。
2月だというのにほとんど雪が無かった。たまに藪に隠れて登山道が凍結している場所があったが、アイゼンを必要とする場面はなかった。多分、例年の2月ならこんな簡単に歩けないはず。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) GPS 保険証 携帯 タオル カメラ サングラス 日焼け止め お昼ごはん

写真

撮影機材:

感想/記録
by kuge

2月22日から25日まで4日間で四国遠征を決行。
22日と25日は移動日、23日に三嶺、24日に東赤石山を歩きました。

インターネットで四国山地の情報を探っているとやたら"三嶺推し"の人が多く、自分の中でも三嶺はずっと気になる存在でした。そして実際に登ってみての感想は、爽快な稜線美が想像以上に素晴らしかったです。片道800kmの道のりを運転してここまで来た甲斐が十分あったどころかお釣りがくるくらいです!

正直、最初は名頃と山頂のピストンだけもいいかな?くらいに考えていたのですが、山頂に辿り着いてその先に見える天狗塚方面に続くあまりにも壮大な稜線を見たとき「これは何としてでも縦走せねば」という気持ちにさせられました。
いやはや、三嶺〜西熊山〜天狗塚へと約2時間半の稜線歩き、本当に天国でしたよ。

ちなみに、三嶺のすぐ近くには百名山の剣山があって、4年位前に剣〜次郎ギュウの稜線を縦走したことがありますが、稜線美で言えば三嶺の方が勝っているような気がします。

記録的暖冬と言えども2月は2月なので、それなりに雪があると思って臨んだのですがほとんど雪はありませんでした。日陰や薮の下に凍った雪が少し残っている程度。縦走だ〜!天国だ〜!などと足取り軽やかに歩きまわりましたが、例年の2月にこんなことはできないかもしれません。

天狗塚から西山林道へ下山後、林道と酷道439号を歩いて名頃へ戻るのはかなり大変でした。3時間近くかかりました…。いやしの里から登っていればもう少し距離を縮められたのに、と後悔しましたが時すでに遅し。。。
名頃に戻れたのは日没後の18時半頃のこと。名頃と言えば、案山子の里として有名な集落ですが、暗い夜道の中で不意に視界入る案山子の群れは少し、いや、かなり怖いです(笑)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:201人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 林道 ピストン 草原 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ