また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2249387 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

西穂高岳 独標まで

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。高曇りぎみ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
松本市から安房トンネルを通り新穂高ロープウェイへ。ロープウェイは往復2900円。モンベルカードがあれば値引きがあったが車内に忘れる。駐車場は新穂高温泉の駐車場マップを見るとよい。登山者用の県営駐車場に駐め料金は取られなかった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間30分
休憩
1時間20分
合計
4時間50分
S西穂高口09:3010:30西穂山荘10:50西穂丸山11:0011:40西穂独標12:1012:40西穂丸山13:00西穂山荘13:4014:20西穂高口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースとタイムはおおよそ。
コース状況/
危険箇所等
トレースは明瞭。独票手前のピークからは少し岩場ミックスも。ピッケルの役立つ急登もあり。
その他周辺情報ロープウェイ手前にある日帰り温泉の中崎山荘(800円)を利用。浴槽に積もるほどの湯の花。すぐ横の川で工事をしており外湯だと騒音が聞こえました。

写真

新穂高温泉の県営駐車場。正面の新穂高センターで登山届を出してロープウェイへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高温泉の県営駐車場。正面の新穂高センターで登山届を出してロープウェイへ。
1
ロープウェイ2本で西穂高口駅へ。観光スタイルの人も多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ2本で西穂高口駅へ。観光スタイルの人も多い。
1
駅を出るといきなり千石園地の雪の壁に出迎えられる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅を出るといきなり千石園地の雪の壁に出迎えられる。
1
西穂丸山まではばっちりくっきりトレースがあるので迷うことはなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂丸山まではばっちりくっきりトレースがあるので迷うことはなかった。
1
給湯を登り切ると西穂山荘が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
給湯を登り切ると西穂山荘が見えた。
1
少し息を整えて西穂丸山へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し息を整えて西穂丸山へ向かう。
1
振り返ると焼岳や乗鞍がよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると焼岳や乗鞍がよく見える。
3
向かう西穂の稜線。かっこいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう西穂の稜線。かっこいい。
2
丸山に到着。もともとはここまでの予定。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山に到着。もともとはここまでの予定。
2
時間はまだあるので穂高を拝みに行けるところまで行くことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間はまだあるので穂高を拝みに行けるところまで行くことに。
2
西穂の稜線。独標とピラミッドピークがよく見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂の稜線。独標とピラミッドピークがよく見える。
3
笠ヶ岳から錫杖岳。手前は白出沢?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳から錫杖岳。手前は白出沢?
2
上高地方面。もうどっちを見てもきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地方面。もうどっちを見てもきれい。
2
独標に近づく。午前中はアイゼンの爪だけ刺さるいい感じの雪面でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標に近づく。午前中はアイゼンの爪だけ刺さるいい感じの雪面でした。
3
この先独標前ピークの下りで少し岩を踏みます。雪歩きの頭だったので少しビビりが入り往路は写真なし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先独標前ピークの下りで少し岩を踏みます。雪歩きの頭だったので少しビビりが入り往路は写真なし。
2
独標直下。ピッケルをスコっと刺しながらラストスパート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独標直下。ピッケルをスコっと刺しながらラストスパート。
3
いや〜、来てしまいました。独標到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや〜、来てしまいました。独標到着です。
3
ピラミッドピーク、西穂、ジャンダルム、奥穂(?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミッドピーク、西穂、ジャンダルム、奥穂(?)
4
吊尾根、前穂高、明神。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根、前穂高、明神。
2
上高地、焼岳、乗鞍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地、焼岳、乗鞍。
3
上高地と霞沢岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地と霞沢岳。
2
記念撮影。撮影ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影。撮影ありがとうございました。
7
風もなく温かいのでまったり一服。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなく温かいのでまったり一服。
1
さあ下りようか、というところで続々登ってきたので少し待ち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ下りようか、というところで続々登ってきたので少し待ち。
下りは怖いな〜と思っていましたがそんなにでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは怖いな〜と思っていましたがそんなにでした。
1
ここがちょっと岩を踏んだところ。アイゼンで狭い岩場は慣れていないので往路でここを下るのが個人的に一番ヒヤっとした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがちょっと岩を踏んだところ。アイゼンで狭い岩場は慣れていないので往路でここを下るのが個人的に一番ヒヤっとした。
2
奥穂高から前穂高への吊尾根を見納め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高から前穂高への吊尾根を見納め。
2
ちょこっと見える山荘。こうして下ると意外と登ってきた感がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょこっと見える山荘。こうして下ると意外と登ってきた感がある。
丸山を通過して振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山を通過して振り返る。
1
行きでスルーした西穂山荘へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きでスルーした西穂山荘へ。
1
西穂ラーメンが有名ですがもつ煮やカレーも捨てがたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂ラーメンが有名ですがもつ煮やカレーも捨てがたい。
1
そういえば桃の節句というものもありましたね・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そういえば桃の節句というものもありましたね・・・。
1
趣のある天井の照明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
趣のある天井の照明。
2
西穂ラーメンしょうゆ。おいしかった。たまごがとろっとしているのもいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂ラーメンしょうゆ。おいしかった。たまごがとろっとしているのもいい。
4
いっきに飛んでロープウェイ駅に帰着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いっきに飛んでロープウェイ駅に帰着。
1
展望テラスへ。天気がいいため景色もよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望テラスへ。天気がいいため景色もよい。
1
山行中は見えなかった槍が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行中は見えなかった槍が見える。
1
にしほくん、らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にしほくん、らしい。
2
西穂山荘から歩いた稜線が全部見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂山荘から歩いた稜線が全部見える。
1
新穂高温泉駅に帰着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高温泉駅に帰着。
1
新穂高センターで下山カードを出して温泉へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高センターで下山カードを出して温泉へ。
1

感想/記録
by SK-II

ようやく山へ行けそうな日ができ、天気もよさそうなので穂高を拝みに西穂高岳へ。
稜線に風もなく暖かな好天気で絶景を楽しむことができました。

*新穂高ロープウェイ
8:00ころ新穂高ロープウェイに到着。登山者用の新穂高センター前の駐車場へ。数台分の空きはありました。新穂高温泉HPのMAPには一泊1000円とありました。日帰りでしたが朝も帰りも誰もおらず料金は取られませんでした。
8:45にはロープウェイ駅が開き登山者と観光者の行列が。ここからロープウェイ駅を出るまでは一応マスクをしました。
*西穂山荘へ
駅を出るといきなり雪の壁。適当なところでアイゼンをつけようと思いつつふらふら歩き出し、結局山荘までノンアイゼンのまま歩いてしまいました。
アイゼンなしでも大丈夫ですが付けたほうが滑らないので格段に歩きやすいと思います。
気温は0℃前後で風もなく登りでは汗が。着心地を確かめるために着込んでいたおNEWのシェルを脱いでフリースに。今思えばR2も暑すぎました。汗拭きタオルも取り出し、よし行くぞ、と急登を登ったらそこが山荘でした。
*丸山から独標へ
アイゼンをつけ丸山へ。当初はここまでの予定だったのですが、時間にも余裕があるので行けるところまでのつもりで進み、独標まで歩きました。
独標までは直下が急登なのと、手前のピークで狭い岩場があるので注意です。その辺りは少し渋滞していました。
稜線はいつも風が強いと聞いたのですが、この日は独標でも風がほぼなく、人もそこまで多くなかったのでのんびり一服できました。
*新装備
Finetrackのアクロジャケット、フロウラップフーディ、スキンメッシュを登山では初使用。
使用感を試したくてスキンメッシュ、ジオライン、R2ジャケット、フロウ、アクロの順で着ていましたが、明らかに着込みすぎ。アクロはすぐ脱ぎ、山荘手前でフロウも脱ぎました。天気のいい日はドラウトクローにフロウラップでよさそうです。
スキンメッシュは今更知って購入したのですが、確かに濡れが肌に戻らずサラッとした状態を保てますね。
また、GREGORYのミウォック18Lも初使用。アイゼンやシェルを含め全てを詰めるにはギリギリサイズでしたが、軽いのに背面やヒップベルトもしっかりして背負心地がよかったです。これからの日帰りはこれでよさそうです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:349人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ