また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2259281 全員に公開 山滑走 白山

白山 東面台地 山スキー 平瀬から

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間57分
休憩
28分
合計
11時間25分
Sスタート地点03:2908:11コブラツリー08:1811:42白山12:0112:43コブラツリー12:4514:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

今朝の雪がうっすらのダムの道からの取り付き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝の雪がうっすらのダムの道からの取り付き
パイセン言いづらいですけどなんか違うっす。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パイセン言いづらいですけどなんか違うっす。
10
アイゼンどこ行った〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンどこ行った〜
人生反省中😇
2020年03月14日 11:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人生反省中😇
4
風弱目で心には余裕が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風弱目で心には余裕が
6
真っ白〜
2020年03月14日 12:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白〜
コブラばいばい🖐
2020年03月14日 12:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コブラばいばい🖐
もう少しでおしまい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しでおしまい
1
アマゾンで1000円くらいのシートポストキャリアはスキー積むためにあるん?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アマゾンで1000円くらいのシートポストキャリアはスキー積むためにあるん?
7
下山後、しらみずの湯からの次平でとろろステーキ!
観光客激減問題、旅館や飲食店どんどん利用して〜って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、しらみずの湯からの次平でとろろステーキ!
観光客激減問題、旅館や飲食店どんどん利用して〜って
1

感想/記録

本日はEXPパイセンと白山を目指した。週末は悪天予報、テンションが上がらない。
当初パイセンのリベンジ大日岳という予定だったがホワイトアウトの可能性があるなかの稜線歩きは流石にビビる。比較的穏やかでそこそこ標高のある所を少ない引き出しからピックアップした結果白山の東面台地を狙ってみることに。パクミン氏の直前のレコをヒントに標高的にダムまでとは行かずともかなりの距離を自転車で稼げるのではないかと言う予測の検証もかねてトライしてみることに。

金曜の仕事が終わると買い出しに行って早めにねた。起きるとかなり激しい雨マジか…「やめときましょう」とラインが来るのを待っていたが「先スタンバってまーす」とのモチ高めメッセージを受け取り逃げ場がなくなった😅
幸い到着すると小雪で気温も高め、凍結の心配もない。この後2400mくらいまで風もなく氷点下になる事はなかった。逆に汗で濡れるほどであった。身体についた雪もすぐに水滴となる。
自転車ではダム手前の九十九折辺りまで行くことができあまりの雪のなさスキーが使えるのか逆に心配になってしまった。取り付きは土が露出していたがしばらくすると雪は繋がった。尾根にぶつかり左側にトラバース気味に進んで細い谷に入ったあたりで滑りやすそうできれいな斜面になった。
順調に標高をあげ谷を登り詰め、室堂側に巻いていくと風が強くなり気温が下りはじめる。濡れたザックのストラップなんかが一気に凍り始め色々な操作に手こずる。山頂直前でスキーのアイゼンが刺さらないほどの氷の斜面になったのでブーツにアイゼンをつけシートラで登頂した。しばらくすると完全にホワイトアウトし逃げるように滑降準備。予定通り山頂からダイレクトに谷まで落とすことにしたが下が見えない。なんなら地面が認識できない…急斜面に入るところで小さい雪庇を踏み崩し雪崩れていった。風も吹き上げてきてここから登り返す準備もできそうになかったのでそのまま降りた。進んでるのか止まってるのかも認識できない中でわずかに確認できる見覚えのある岩などを頼りになんとか安全地帯まで降ることができた。その後も酔いながらふらふら降ることに。かなり転けた笑 2週連続雪はいいのに滑れないという



お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2071人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ