また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2265416 全員に公開 雪山ハイキング 八ヶ岳・蓼科

入笠山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月20日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
チェーンスパイク、軽アイゼン等は無いよりはあった方が安心。

写真

感想/記録

雪山入門と言う事で入笠山へ
新しく購入したチェーンスパイクも試したいし、ハイドロのホースの保温対策も確認したかったので。
あとはマナスル山荘のカレーバイキングを食べたくて!!(笑)

8時過ぎに駐車場に到着!
昨年7月に来ているのでその時もらった割引券でゴンドラ往復券を購入(300円引き)し準備してゴンドラ乗り場へ。
すでにスキーヤーとボーダーの皆さんが並んでいる。
登山の人も4〜5人並んでいる。

ゴンドラで一気に1700m越え。
しかし、強風!寒いけどワクワク(笑)

先行者は2人!割と軽めの装備の男性と、BCスキーを担いだ男性。
入笠湿原は夏と違って真っ白け。
あっという間に2人は先へ進んでいく。
山彦荘を過ぎて御所平峠からは草原の中を進む。
まだチェーンスパイクは装着しなくても大丈夫。
でも、100m先の先行者の足跡が強風で消されていく。
岩場コースと迂回コースの分岐手前辺りで何回か膝下まで踏み抜いてしまった。

岩場コースに行くところでチェーンスパイク装着。
凍っているところに雪が薄く着いているところもあったが
滑ることなく登っていく。
山頂で先行者の1人と後から来た2人と出会う。
富士山はかろうじて見えたけど八ヶ岳は雲の中。
あまりの強風に直ぐに下山(笑)
仏平峠からの大河原湿原へ。

下り始めてすぐに鹿の鳴き声が!
笛を吹くと返事を返してくる?
姿は見えなかったが2〜3頭は少なくてもいた感じ。
誰も歩いていないまっさらな道を歩くのは気持ちがいい!
チェーンスパイクの雪下駄を何回も取り払いながら分岐に到着。

大河原湿原までは林道歩き。
首切清水からルートはあったけど単独だし初めてなので安全策。
湿原をぐるっと一周!
強風吹き荒れる湿原だけどなんか楽しい!
この雪景色が夏にはどうなるのかとか考えると…

ぐるっと回って林道で御所平峠に戻る!
ここまで行動食1回のみ。
全てはマナスル山荘でのカレーバイキングの為!(笑)

マナスル山荘では先客が定番のビーフシチューを食べている。
自分はカレー!奥の食堂に通されまずは温かいコーヒーでまったりと。
今日はポークカレーとハヤシライス、とんかつとから揚げ。
カロリー爆発!カレーもハヤシも肉がいっぱい!
肉祭り!(笑)
コーヒーに牛乳にリンゴジュースも飲んでパンも食べたら腹いっぱい!

後は下るだけ。重たくなった体が苦しい!食いすぎ!
風が強くても体が重くても楽しくてしょうがない(笑)
ゴンドラ駅に着いても八ヶ岳は見えそうで見えず。

しかし!ゴンドラで温かいおしぼりをもらい、下りはじめて真ん中あたりまで来ると!やっと八ヶ岳がお出ましに!横を向けば富士山の雄姿が!
最後の最後で八ヶ岳とご対面!

短いけれど色々経験できた楽しい山行でした。
(ハイドロのホースの保温対策はできたけど吸い口の部分が不十分だった、要改良(笑))
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:237人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ