また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2272672 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

棒ノ嶺〜蕎麦粒山〜長沢背稜〜雲取山〜飛龍山縦走

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月20日(金) 〜 2020年03月22日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:飯能駅よりバスでさわらびの湯
帰り:丹波山温泉からバスで奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間0分
休憩
35分
合計
7時間35分
Sさわらびの湯バス停08:3010:15棒ノ嶺10:3010:50槙ノ尾山11:55クロモ山13:10日向沢ノ峰13:2013:35オハヤシの頭14:15蕎麦粒山14:2514:30仙元峠16:00一杯水16:05一杯水避難小屋
2日目
山行
7時間20分
休憩
1時間5分
合計
8時間25分
一杯水避難小屋05:4506:05天目山07:45酉谷山避難小屋08:0008:05酉谷峠08:25酉谷山08:3009:30滝谷の峰09:3510:10水松山10:1511:00長沢山11:1512:50芋ノ木ドッケ13:1013:50大ダワ14:10雲取山荘
3日目
山行
6時間5分
休憩
30分
合計
6時間35分
雲取山荘06:2506:50雲取山07:0507:20三条ダルミ07:50狼平09:05北天のタル09:1009:45飛龍山09:5010:05飛龍権現神社10:30前飛竜11:25熊倉山11:45サオラ峠11:5012:50山王沢13:00丹波バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・酉谷山〜水松山間の巻道が分かりづらい
・飛龍山と前飛龍は北側が凍結しており、アイゼン必要
・サヲウラ峠から丹波への下山路は崩落箇所あり

写真

棒ノ嶺の尾根ルート使っている人すごく少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺の尾根ルート使っている人すごく少ない
三回ほど車道を横切ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三回ほど車道を横切ります
棒の嶺
山頂は人多かったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒の嶺
山頂は人多かったです
クロモ山
誰が付けた名前なのか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロモ山
誰が付けた名前なのか
日向沢の峰からの眺望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向沢の峰からの眺望
1
蕎麦粒山への登り返しがよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山への登り返しがよく見えます
下りたところで振り返って撮ったのですが、雪が残っているところは泥と混ざって滑りやすくなっていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りたところで振り返って撮ったのですが、雪が残っているところは泥と混ざって滑りやすくなっていました
蕎麦粒山から先は倒木が結構目立つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山から先は倒木が結構目立つ
蕎麦粒山から先は倒木が結構目立つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山から先は倒木が結構目立つ
一杯水は辛うじて水出てました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水は辛うじて水出てました
一杯水避難小屋
初日はここで一泊。この日は2人だけでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯水避難小屋
初日はここで一泊。この日は2人だけでした
日原方面には下りれません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原方面には下りれません
三ツドッケへは小屋の裏から直登します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケへは小屋の裏から直登します
三ツドッケ(天目山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツドッケ(天目山)
長沢背稜は巻道が多いんですが、ハシゴはかなりヤバめ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背稜は巻道が多いんですが、ハシゴはかなりヤバめ
このハシゴもヤバい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このハシゴもヤバい
酉谷山避難小屋も水が出てました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋も水が出てました
酉谷山避難小屋から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山避難小屋から
酉谷山に寄っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
酉谷山に寄っていきます
折角なので滝谷の峰に寄っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折角なので滝谷の峰に寄っていきます
滝谷の峰(標識なし)
最後の登りは雪がついた急坂で両手も使ってよじ登りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝谷の峰(標識なし)
最後の登りは雪がついた急坂で両手も使ってよじ登りました
水松山(あららぎやま)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水松山(あららぎやま)
この先巻道が北側になるので、雪道です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先巻道が北側になるので、雪道です
雲取小屋に到着
二日目はここに宿泊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取小屋に到着
二日目はここに宿泊
雲取山への登りは凍っててアイゼン必要です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山への登りは凍っててアイゼン必要です
飛龍山へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍山へ向かいます
ここから北天のタルまではずっと笹
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから北天のタルまではずっと笹
ここのトラバースがちょっとキモい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのトラバースがちょっとキモい
1
飛龍山への直登ルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍山への直登ルート
前飛龍に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前飛龍に向かいます
前飛龍の北面にカチカチの登りがあり、アイゼンがないと無理かと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前飛龍の北面にカチカチの登りがあり、アイゼンがないと無理かと
サオラ峠(サヲウラ峠)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サオラ峠(サヲウラ峠)
サヲウラ峠からの丹波への下りはトラバース道が細い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サヲウラ峠からの丹波への下りはトラバース道が細い
1

感想/記録

かなり昔に東日原から小川谷経由で酉谷山避難小屋へ上がって雲取山まで縦走したことがあったんですが、長沢背稜全部を歩いたことはなかったので、折角の機会だし棒ノ嶺からのロングコースにしてみました。
予報は晴れ+強風でしたが、長沢背稜は巻道が多いので風の影響は殆どなし。
雪も殆どなかったのですが、雲取山・飛龍山・前飛龍の北面は凍結していて、チェーンアイゼンが役にたちました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:152人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ