また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2272672
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
奥多摩・高尾

棒ノ嶺〜蕎麦粒山〜長沢背稜〜雲取山〜飛龍山縦走

2020年03月20日(金) 〜 2020年03月22日(日)
 - 拍手
GPS
56:00
距離
50.9km
上り
4,656m
下り
4,270m

コースタイム

1日目
山行
7:00
休憩
0:35
合計
7:35
10:15
10:30
20
10:50
10:50
65
11:55
11:55
75
13:10
13:20
15
13:35
13:35
40
14:15
14:25
5
14:30
14:30
90
16:00
16:00
5
2日目
山行
7:20
休憩
1:05
合計
8:25
6:05
6:05
100
7:45
8:00
5
8:05
8:05
20
8:25
8:30
60
9:30
9:35
35
10:10
10:15
45
11:00
11:15
95
12:50
13:10
40
13:50
13:50
20
14:10
3日目
山行
6:05
休憩
0:30
合計
6:35
6:25
25
6:50
7:05
15
7:20
7:20
30
7:50
7:50
75
9:05
9:10
35
9:45
9:50
15
10:05
10:05
25
10:30
10:30
55
11:25
11:25
20
11:45
11:50
60
12:50
12:50
10
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス
行き:飯能駅よりバスでさわらびの湯
帰り:丹波山温泉からバスで奥多摩駅
コース状況/
危険箇所等
・酉谷山〜水松山間の巻道が分かりづらい
・飛龍山と前飛龍は北側が凍結しており、アイゼン必要
・サヲウラ峠から丹波への下山路は崩落箇所あり
棒ノ嶺の尾根ルート使っている人すごく少ない
棒ノ嶺の尾根ルート使っている人すごく少ない
三回ほど車道を横切ります
三回ほど車道を横切ります
棒の嶺
山頂は人多かったです
棒の嶺
山頂は人多かったです
西へ縦走開始
クロモ山
誰が付けた名前なのか
クロモ山
誰が付けた名前なのか
日向沢の峰
日向沢の峰からの眺望
1
日向沢の峰からの眺望
蕎麦粒山への登り返しがよく見えます
蕎麦粒山への登り返しがよく見えます
下りたところで振り返って撮ったのですが、雪が残っているところは泥と混ざって滑りやすくなっていました
下りたところで振り返って撮ったのですが、雪が残っているところは泥と混ざって滑りやすくなっていました
蕎麦粒山
蕎麦粒山から先は倒木が結構目立つ
蕎麦粒山から先は倒木が結構目立つ
蕎麦粒山から先は倒木が結構目立つ
蕎麦粒山から先は倒木が結構目立つ
一杯水は辛うじて水出てました
一杯水は辛うじて水出てました
一杯水避難小屋
初日はここで一泊。この日は2人だけでした
一杯水避難小屋
初日はここで一泊。この日は2人だけでした
日原方面には下りれません
日原方面には下りれません
三ツドッケへは小屋の裏から直登します
三ツドッケへは小屋の裏から直登します
三ツドッケ(天目山)
三ツドッケ(天目山)
長沢背稜は巻道が多いんですが、ハシゴはかなりヤバめ
長沢背稜は巻道が多いんですが、ハシゴはかなりヤバめ
このハシゴもヤバい
このハシゴもヤバい
酉谷山避難小屋も水が出てました
酉谷山避難小屋も水が出てました
酉谷山避難小屋から
酉谷山避難小屋から
酉谷山に寄っていきます
酉谷山に寄っていきます
巻道との合流点
折角なので滝谷の峰に寄っていきます
折角なので滝谷の峰に寄っていきます
滝谷の峰(標識なし)
最後の登りは雪がついた急坂で両手も使ってよじ登りました
滝谷の峰(標識なし)
最後の登りは雪がついた急坂で両手も使ってよじ登りました
水松山(あららぎやま)
水松山(あららぎやま)
この先巻道が北側になるので、雪道です
この先巻道が北側になるので、雪道です
芋ノ木ドッケ
雲取小屋に到着
二日目はここに宿泊
雲取小屋に到着
二日目はここに宿泊
雲取山への登りは凍っててアイゼン必要です
雲取山への登りは凍っててアイゼン必要です
三条の湯の方へ
飛龍山へ向かいます
飛龍山へ向かいます
ここから北天のタルまではずっと笹
ここから北天のタルまではずっと笹
北天のタル
ここのトラバースがちょっとキモい
1
ここのトラバースがちょっとキモい
飛龍山への直登ルート
飛龍山への直登ルート
前飛龍に向かいます
前飛龍に向かいます
前飛龍の北面にカチカチの登りがあり、アイゼンがないと無理かと
前飛龍の北面にカチカチの登りがあり、アイゼンがないと無理かと
サオラ峠(サヲウラ峠)
サオラ峠(サヲウラ峠)
サヲウラ峠からの丹波への下りはトラバース道が細い
1
サヲウラ峠からの丹波への下りはトラバース道が細い

感想

かなり昔に東日原から小川谷経由で酉谷山避難小屋へ上がって雲取山まで縦走したことがあったんですが、長沢背稜全部を歩いたことはなかったので、折角の機会だし棒ノ嶺からのロングコースにしてみました。
予報は晴れ+強風でしたが、長沢背稜は巻道が多いので風の影響は殆どなし。
雪も殆どなかったのですが、雲取山・飛龍山・前飛龍の北面は凍結していて、チェーンアイゼンが役にたちました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:999人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 奥秩父 [日帰り]
技術レベル
4/5
体力レベル
5/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら